1: 田杉山脈 ★ 2018/08/17(金) 18:29:51.87 ID:CAP_USER.net
中国とインドの著しい成長により、次の5年間でApple Storeのみで80,000人のApple従業員が小売業務に従事することになる、とアナリストが予測しています。

Apple Storeは競争上の優位性となっている?
Loup VenturesのAppleアナリストとして知られるジーン・ムンスター氏は16日、Apple Storeに関する新たな調査についてブログで投稿し、2023年までにApple Storeの数が全世界で600店舗に達する見込みであることを明らかにしました。Apple Storeはすでに今年の始めに500店舗の大台に乗っています。

ムンスター氏は、「Appleの小売ミッション:具現化された価値(Apple Retail’s Mission: Embodied Values)」と名付けられたブログ投稿で、Apple Storeはどの競争相手よりも多くの製品を売るための隠れた競争上の優位性となっていることを指摘しています。

最も伸びるのは中国とインド
ブログ投稿では、小売業界が落ちていく中、Appleがどのように成長し、繁栄していったかの歴史や、アンジェラ・アーレンツ小売担当上級副社長が着任してからApple Storeでの体験がどのよに進化していったのかが語られています。

「Apple Storeの成長はこれからも続くだろう。Apple Storeの数は現在の511店舗からさらに増え、2023年までに600店舗に達する見込みである。最も成長度の高い地域は中国(現在50店舗)とインドである」と、ムンスター氏はコメントしており、Apple Storeで働くApple従業員の数は、現在の65,000人から80,000人へと次の5年間で増えるとされています。

Appleの500店舗目のApple Storeは今年1月にオープンした韓国初のApple Storeであったといわれています。
https://iphone-mania.jp/news-222433/

【Apple Store、2023年までに全世界600カ所に展開か】の続きを読む