Samsung

    1: ムヒタ ★ 2018/11/30(金) 10:56:19.41 ID:CAP_USER.net
    Samsungは2018年11月に折りたたみ式スマートフォンのデモ機を発表し、Googleは同時にスマートフォン向けOSのAndroidが折りたたみ式スマートフォンを正式にサポートすることを発表しました。市場にも間もなく登場するとみられる折りたたみ式スマートフォンですが、その技術的な情報をSamsungのサプライヤーが中国企業に売却したとのことで、Samsungから告発されています。

    South Korea Charges 11 With Selling Samsung Technology to China - Bloomberg
    https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-11-29/south-korea-charges-11-with-selling-samsung-technology-to-china

    Samsungのサプライヤーである2社とそこで働く9人の従業員が、Samsungの開発する折りたたみ式スマートフォンの技術情報を違法に中国企業に売却したということで、告発されました。韓国の検察が出した声明によると、Samsungのサプライヤーであった企業のCEOおよび8人の従業員が、中国企業の2人の代表者に折りたたみ式スマートフォンにおける有機ELディスプレイに関する技術情報を1380万ドル(約16億円)で売却したとのこと。なお、検察による声明では具体的な企業や個人の名前は明らかにされていません。

    知的財産の盗難問題は韓国が国を挙げて精力的に取り組んでいる問題であり、その裏には中国を技術的にリードしていきたいという国としての思惑があります。韓国はSamsungが世界的でもリードしている「メモリチップ」および「ディスプレイ」という2つの分野に対し、これまでに何千億円もの投資を行ってきました。その結果、曲面有機ELディスプレイが誕生しており、これはSamsungの主力プロダクトであるGalaxyシリーズにおけるアイコンとなっています。

    検察による声明の中で、Samsungは「競合他社が技術競争を激化させているタイミングで、検索の調査を受けたということに非常に衝撃を受けた」とコメントしています。

    現地検察によると、中国に技術を売却した韓国のサプライヤーは、2018年5月から8月までの約4か月で中国のディスプレイメーカーに3Dラミネーション技術などの情報も売却しており、この点でもSamsungとの間で結ばれていた非公開協定を違反しているとのこと。なお、技術情報を売却していた9人は韓国行きの船に荷物を積み込む際に、検察当局に捕まったとのことです。

    Samsungは有機EL技術の開発に6年間で約1500億ウォン(約150億円)もの資金を費やしてきたとのことで、これは高度な国家知識に分類されると検察側は主張しています。
    2018年11月30日 10時05分
    https://gigazine.net/news/20181130-selling-samsung-foldable-technology-china/

    【Samsungの折りたたみ式スマホの秘密を中国に売ったサプライヤーが告発される】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/10/19(金) 19:58:48.99 ID:CAP_USER.net
    https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1148/949/01_l.jpg
    Samsung Electronics Americaは18日(米国時間)、Snapdragon採用のWindows 10搭載2in1「Galaxy Book2」を発表した。米国にて11月2日より発売予定で、価格は999.99ドルから。

     「Snapdragon 850(4コア/2.96GHz+4コア/1.7GHz)」を搭載したPCで、Windows 10のSモード有効時で最大20時間のバッテリ駆動時間の実現を謳う。

     SoC内に統合されたSnapdragon X20 LTEモデムにより、4X4 MIMOとCat.18 5CAに対応したGigabit LTE接続が可能であるとしている。

     カバー兼用のキーボードと、「Sペン」が付属するほか、AKGチューニングのステレオスピーカーは、Dolby Atmosに対応する。「Samsung Flow」により、Galaxyスマートフォンと連携して通知やファイル共有が可能となっている。

     そのほかのおもな仕様は、12型2,160×1,440ドットsAMOLEDディスプレイ、4GBメモリ、128GBストレージ、OSにWindows 10(Sモード)を搭載。

     インターフェイスはUSB Type-C×2、IEEE 802.11ac対応無線LAN、microSDカードリーダ、音声入出力。搭載センサーは加速度、指紋、ジャイロ、地磁気、光。

     本体サイズは約288×200×7.6mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約794g。
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1148949.html

    【Samsung、Snapdragon 850搭載の12型Windows 10 2in1「Galaxy Book2」】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/08/14(火) 14:15:10.59 ID:CAP_USER.net
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1808/14/yu_mesh1.jpg
    韓国Samsung Electronicsは8月13日(米国時間)、家庭向けメッシュWi-Fiシステム「SmartThings Wifi」を発表した。米国で同日発売した。価格はルータ1つが119.99ドル(約1万3300円)。

    メッシュWi-Fiは、複数台の連携機能を持つ無線LANルータを組み合わせることで、家庭内にWi-Fiネットワーク網(メッシュ)を構築するシステム。米Googleは2016年から「Google Wifi」を販売している。

    Samsungのシステムの特徴は、米Plume DesignのAIベースのメッシュWi-Fi最適化機能を統合した点。例えば夫がリビングで動画をストリーミング中に妻が書斎で大容量ファイルのダウンロードを始めても、AIがそれぞれに遅延などの影響が出ないようパフォーマンスを調整する。

    ルータのスペックは、プロセッサは米Qualcomm製、412MBのメモリと8GBのフラッシュメモリを搭載し、Wi-Fiは802.11 a/b/g/n/ac Wave2。Bluetooth

    4.1、Zigbee、Z-Waveをサポートする。サイズは約12×12×3センチ、重さは約209グラム。

     設定はAndroid OS 5.0以上あるいはiOS 10以上の端末のアプリで行う。

     1台のルータで約139平方メートル、3台で約418平方メートルのWi-Fiメッシュを構成できる。ルータ3個パックは279.99ドルだ。

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1808/14/news046.html

    【Samsung、AI搭載のメッシュWi-Fiルータ「SmartThings Wifi」発売】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/08/07(火) 13:59:04.25 ID:CAP_USER.net
    https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1136/903/01_o.jpg
     Samsung Electronicsは8月7日(現地時間)、QLC(Quad-Level Cell)を方式採用する業界初のコンシューマ向け4TB SATA SSDの量産開始を発表した。

     第4世代の1Tb(128GB) 4bit V-NANDチップを32個実装した2.5インチサイズのSSDで、シーケンシャルリード速度は540MB/s、同ライトは520MB/s。今年(2018年)中に4TBモデルのほか、1TBおよび2TBモデルも展開する。

     基本的に記録方式が3bitセルから4bitセルになることで、単位面積あたりの容量が増加するとともに、センサーから情報を特定するための電荷も50%減少し、性能維持が困難になるとされるが、同社は3bit SSDコントローラとTurboWrite技術によって3bitタイプのSSDと同等の性能を確保しているという。

     Samsungは同チップを使用したエンタープライズ向けM.2 NVMe SSDも展開予定で、こちらは第5世代の4bit V-NANDを使われる予定。次世代データセンターやサーバーでの採用を狙う。

    Samsung Electronics Starts Mass Production of Industry’s First 4-bit Consumer SSD – Samsung Global Newsroom(英文)
    https://news.samsung.com/global/samsung-electronics-starts-mass-production-of-industrys-first-4-bit-consumer-ssd

    2018年8月7日 12:43
    PC Watch
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1136903.html

    【Samsung、QLC採用のコンシューマ向け4TB SSDを量産開始】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/07/27(金) 00:29:16.93 ID:CAP_USER.net
    韓国Samsung Displayは25日(現地時間)、割れないフレキシブル有機ELパネル(以下OLED)を開発したと発表した。

     従来のOLEDはガラスで覆われていたため、激しい衝撃によって割れる可能性があった。今回新たに開発したのはフレキシブルなOLEDパネルに、割れない基板、そして強化プラスチックを接着し強度を高めた。

     この強化プラスチックは高い透過率を備えるだけでなく、軽量であり、硬度もガラス並みとしている。このため携帯用電子機器に向くとしている。

     このディスプレイは、米国労働安全衛生局の公式テスト会社であるUL(Underwriters Laboratories:3DMarkやPCMarkを開発するFuturemarkを買収)の軍事基準に基づく耐久性テストをクリアしたとしており、地上1.2mからの連続26回の落下、-32~71℃の温度テストなどを実施したあとも正常に動作したという。

     その後、1.8mからの落下にも耐え、正常に動作し、破損の兆候が見られなかったとしている。
    2018年7月26日 14:41
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1134950.html

    【Samsung、割れない有機ELディスプレイを開発】の続きを読む

    このページのトップヘ