Microsoft

    1: ムヒタ ★ 2018/12/07(金) 09:22:32.00 ID:CAP_USER.net
     米Microsoftは12月6日(現地時間)、「Windows 10」のデフォルトWebブラウザ「Microsoft Edge」をオープンソースのChromiumベースに切り替えると発表した。開発者向けのプレビュービルドが2019年初頭に登場する見込みだ。

     Windows担当副社長のジョー・ベルフィオーレ氏は公式ブログで、この移行は「ユーザーにとってより良いWeb互換性を作り、すべてのWeb開発者にとってWebのフラグメンテーションを少なくする」ためであり、「新しいARMベースのWindows端末でのWebブラウジング」に向けてChromiumプロジェクトに貢献していくと語った。

     「Microsoft Edge(および他のWebブラウザ)のユーザーは、すべてのWebサイトの互換性向上、バッテリー持続時間の改善、あらゆる種類のWindows端末でのハードウェア統合を体験し、Web開発者はWebサイトの互換性チェックの労力が減り、Internet Exploreにしか対応していないレガシーなWebアプリを使っている企業のIT管理者はレガシーなWebアプリでも互換性が向上する」(ベルフィオーレ氏)

     Edgeのブランドはこのままであり、一般ユーザー側がこの変更に合わせて何か設定を変更するといったことは必要ない。

     Edgeのデスクトップ版は現在はWindows 10でしか使えないが、Chromiumベースになることで、Windows 7、Windows 8、そしてmacOSでも使えるようになる見込みだ。なお、iOS版EdgeのエンジンはWebKitで、Android版EdgeはChromiumと同じBlinkを採用している。

     開発者向け情報はGitHubにまとめられている。また、開発者のためのMicrosoft Edge Insiderサイトも開設された。
    2018年12月07日 07時24分
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1812/07/news069.html

    【Microsoft、Webブラウザ「Edge」をChromiumベースに ブランドは保持】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/05(水) 19:22:30.34 ID:CAP_USER.net
    米Microsoftは12月4日(現地時間)、開発者向けイベント“Microsoft Connect(); 2018”で「Visual Studio 2019」Preview 1を発表した。現在、同社のWebサイトからWindows版とMac版を無償でダウンロードできる。

     「Visual Studio 2019」は、統合開発環境(IDE)「Visual Studio」の次期メジャーバージョン。初めてのプレビュー版となる“Preview 1”では、その新機能の一部が実装されており、実際に体験することができる。「Visual Studio 2017」との共存も可能なので、興味があれば気軽に試していただきたい。“Azure”の仮想マシンでテストすることも可能だ。

     「Visual Studio 2019」でまず目につくのは、刷新されたスタート画面だろう。新しいスタート画面は“最近開いた項目”とタスクの一覧だけが表示されるシンプルなデザインとなっている。このデザインに関する詳細は、翌週の公式ブログで案内されるという。

     また、IDEにも大きな変更が加えられている。アプリアイコンやテーマがブラッシュアップされたほか、メニューバーがタイトルバーと一体化してコンパクトになった。画面の右上には“Quick Command”にかわる新しいコマンド検索機能が追加されており、スペルが多少間違っていても目的のコマンドを探し出せる“あいまい検索”が利用できる。

    コーディング関連では、ソースコードのメンテナンス性と一貫性の向上に役立つ機能が多く追加されている。たとえば、ループをLINQのクエリに変換したり、タプルを名前付きの構造体へ変換する新しいリファクタリング機能が追加され、ワンクリックでソースコードをより良好な状態に保てるようになった。また、コードの問題点を警告したり、修正案を提案する機能も強化されている。

     さらに、コラボレーション機能も拡充された。「Visual Studio 2019」ではコーディングセッションを他のメンバーと共有できる「Visual Studio Live Share」が標準で組み込まれており、ソースコードを簡単に共同編集することが可能。IDE上で“GitHub”のプルリクエストを扱えるようにする拡張機能が提供される。また、AIを組み込んだコード補完機能“IntelliCode”も改善されており、C++とXAMLが新たにサポートされた。「Visual Studio IntelliCode」はコーディングルールの学習も行えるので、チーム内でコーディングスタイルを統一するのにも役立つ。

     そのほかにも、「.NET Core 3.0」の開発がサポートされた。クロスプラットフォームのC ++開発、iOS向けの.NETモバイル開発、「Xamarin」によるAndroid開発も引き続きサポートされる。
    https://forest.watch.impress.co.jp/img/wf/docs/1156/690/image1_s.jpg
    https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1156690.html

    【Microsoft、「Visual Studio 2019」発表。デザインを刷新、コラボ機能「Live Share」やAIコード補完】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/11/08(木) 17:40:09.15 ID:CAP_USER.net
    米Microsoftは、Windows 10上でのLinuxの動作をサポートする「Windows Subsystem for Linux(WSL)」機能への追加Linuxディストリビューションの配信をMicrosoft Storeで開始した。Windows 10 October 2018 Updateに合わせたアップデートとなる。

     配信が開始されたのはWLinux、OpenSUSE 15/SLES 15の2種類。WLinuxに関しては有償での配布で価格は2,350円となっているが、現在期間限定で1,150円で販売されている。

     このほか、ARM版Windows 10上のWSLにおけるUbuntu 18.04の動作が新たにサポートされ、エクスプローラ上のコンテキストメニューからLinuxシェルが開けるようになったり、コンソール上でのコピーアンドペーストが使えるようになったりと、細かな機能追加もされている。
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1152338.html

    【Microsoft Storeにて2種類のLinuxディストロが配信開始】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/09/25(火) 08:11:59.50 ID:CAP_USER.net
     米Microsoftは9月24日(現地時間)、フロリダ州オーランドで開催の年次カンファレンス「Microsoft Ignite」で、「Microsoft Azure」のクラウド上の仮想デスクトップ環境「Windows Virtual Desktop」(WVD)サービスを発表した。プレビュー版への申し込みサイトが公開された。

     Azureを利用するので、サーバを用意する必要がなく、設定が簡単だとMicrosoftは説明する。WVDで利用できるOSは、Windows 10 Enterprise、Windows 7 Enterprise、Windows Server 2012 R2+。Windows 7は「無料の拡張セキュリティアップデートを提供する唯一のサービス」になる。

     仮想デスクトップなので、非力なノートPCやタブレットでもAzureの性能でWindowsアプリを使える。MacやiPadでも利用可能だ。

     Microsoft 365 Enterprise E3およびE5のユーザーには無料で提供する計画。
    2018年09月25日 07時52分
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1809/25/news059.html

    【Microsoft、「Windows 7」も安全に使える「Windows Virtual Desktop」発表】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/07/13(金) 19:21:49.16 ID:CAP_USER.net
    https://www.youtube.com/watch?v=hG91PYYPDto


    Microsoftは12日(米国時間)、スタイラスなどで手書き入力が可能な「Whiteboard」アプリの正式リリースを発表した。編集内容は自動でクラウド上に保存されるほか、リモートワークなどを意識したリアルタイム共同編集機能も備える。

     WhiteboardはMicrosoft Storeから無料で公開されており、すべてのWindows 10搭載デバイスで利用可能。将来的にはWindowsアプリだけでなく、iOSアプリやWebブラウザによるプレビュー機能も提供される予定。本稿執筆時点での対応言語は英語のみとなっている。

     残念なことに目玉となる共同編集機能は、現時点では同じ法人に属する法人アカウントどうしでなければ利用できない。将来的には異なる法人どうしでの共同編集機能の有効化も計画されているとのことだが、個人間での同機能の利用については不明だ。

     また、2017年12月のプレビュー時から機能が追加され、自動認識により手書きの表が変換する機能や、画像の追加や編集が可能になったことが挙げられている。
    2018年7月13日 18:57
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1132922.html

    【Microsoft、共同編集も可能なホワイトボードアプリを正式リリース】の続きを読む

    このページのトップヘ