1: ムヒタ ★ 2018/08/19(日) 06:20:52.37 ID:CAP_USER.net
 数人を乗せて空中を自由に移動できる「空飛ぶクルマ」の開発が世界で進んでいる。こうした乗り物は長い間、夢物語だったが、ドローンの普及に伴って関連技術が進化。米企業が2020年代に「空のライドシェア(相乗り)」の実現を掲げ、欧米などの航空機メーカーが応じたことで現実味を帯びてきた。一方、安全基準などのルール作りはこれからだ。(杉本崇、田中誠士、松尾一郎)

 欧エアバスのヘリコプター部門は現在、全長・全幅約8メートル、最大離陸重量2・2トンで4人乗りの「シティーエアバス」を開発している。八つのプロペラを使って時速120キロで飛ぶのが目標だ。「空飛ぶタクシー」として、今年末に試験飛行を始め、23年の実用化を狙う。

 ドイツ・ミュンヘンから北西に…

こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り:2783文字/全文:3090文字
2018年8月19日05時00分
https://www.asahi.com/articles/ASL854RP2L85ULBJ002.html

【「空飛ぶクルマ」に現実味 ドローン普及、技術進化】の続きを読む