AI

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2018/11/09(金) 19:09:32.79 ID:CAP_USER.net
    https://i.gzn.jp/img/2018/11/09/first-ai-news-anchor/00_m.jpg
    中国の国営通信社であるXinhuaと検索エンジンのSogouが協力し、2人のAIアナウンサーを誕生させました。生身の人間がニュースを伝えているかのようなリアルすぎる映像を見ると、「現実とは何か」というマトリックスのような問いかけをしそうになります。

    2人のAIアナウンサーは中国・烏鎮で行われたWorld Internet Conferenceで発表されたもの。Xinhuaによると、AIアナウンサーは実際に存在する男性アナウンサーの声や顔から作り出したクローンだそうです。AIは人間のアナウンサーの映像から抽出したスピーチ、唇の動き、表情などから合成されており、ムービーを見るとあまりにリアルな映像に驚きます。一方で、両者の大きな違いとして「人間のアナウンサーは1日8時間しか働けないが、AIは1日24時間、週7日働ける」という利点がXinhuaによって挙げられています。

    AIアナウンサーは、公式にXinhuaのレポーターチームに仲間入りしたとのことで、「他のアナウンサーたちと共に、信頼性が高く、タイムリーで、正確なニュースを中国語と英語で伝えることができます」とのこと。

    英語担当のAIアナウンサーは、以下のムービーから見ることができます。
    https://www.youtube.com/watch?v=GAfiATTQufk



    なお、AIアナウンサーが活躍するのは英語・中国語アプリにおけるニュース、WeChatアカウント、テレビのウェブページ、Weiboアカウントといった、限定的な範囲となっています。
    https://gigazine.net/news/20181109-first-ai-news-anchor/

    【世界初のAIニュースキャスターが中国で誕生、あまりにもリアルで衝撃的な映像が公開中】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/11/02(金) 08:04:10.69 ID:CAP_USER.net
     パナソニックは1日、冷蔵庫や炊飯器など製造する全ての種類の家電で、インターネットとつながる「IoT」製品を国内市場に2021年度までに投入することを明らかにした。人工知能(AI)も搭載する。本間哲朗専務執行役員は「(IoT化により)つながることで機能がアップデート(更新)され、製品価値が高まる」と述べた。

     開催中の創業100周年記念展示会「クロスバリューイノベーションフォーラム2018」の講演で明らかにした。

     パナソニックは10年以上前から、国内外でテレビなどでIoT製品を投入していた。スマートフォンから操作できる点などが受け、中国で先行して普及したものの、日本での浸透は今ひとつだった。今回は白物を中心としたあらゆる家電をIoT化するほか、人工知能化で付加価値を付けた。

     本間氏は「国内では(家電のインターネットへの)接続率の低さに悩んできたが、人工知能化でアプローチする」と力を込めた。今後の日本市場での販売戦略について「家電がかしこく進化する」とアピールし、IoTを前提にした家電の知能化を進める考えを示した。
    2018年11月02日 06時25分
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1811/02/news054.html

    【冷蔵庫や炊飯器も……パナ、全家電をIoT化へ AIも搭載】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/10/15(月) 14:12:06.60 ID:CAP_USER.net
    国内最大の家電・IT(情報技術)国際見本市「CEATEC(シーテック)ジャパン2018」の報道陣向け公開が、15日に始まる。ローソンやライオンなど異業種の出店が目立ち、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の技術を競う。人工知能(AI)やIoTといった先端技術が、生活に近い分野にも広がっている。

    一般公開は16日から。19日までの4日間で、昨年を5%上回る16万人の来場者を見込んでいる。かつて展示会の主役だった家電の新商品は乏しい。日本政府が実現を目指す超スマート社会「ソサエティー5.0」の実現を目指す展示会とし、AIやIoTが生活に溶け込む姿を示す。

    https://www.nikkei.com/content/pic/20181015/96958A9F889DE1E4E6EAE1E7E2E2E3E7E3E2E0E2E3EAE2E2E2E2E2E2-DSXMZO3648464015102018000001-PB1-4.jpg
    ローソンは「未来のコンビニ」を出展する(15日、千葉市)

    ローソンはデジタル技術を活用した「未来のコンビニ」を出展する。ライオンはAIを活用して口内環境を「見える化」する技術を示す。16日にはコマツの大橋徹二社長やローソンの竹増貞信社長らが基調講演するなど、業界の外に開かれた展示会を印象づけている。

    2018/10/15 11:51
    日本経済新聞
    (ソース元に動画があります)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36483500V11C18A0000000/

    【暮らしにAIやIoT 見本市「シーテック」開幕へ】の続きを読む

    このページのトップヘ