ドローン

    1: 海江田三郎 ★ 2017/01/22(日) 18:02:05.05 ID:CAP_USER.net

    http://sorae.jp/030201/2017_01_20_ama.html
    http://sorae.jp/wp-content/uploads/2017/01/20170120nama.jpg

    思わずディストピアという言葉が頭をよぎりましたが、じつは結構実用的です。アマゾンは2016年12月、多数のドローンが合体する「メガドローン」の特許を取得しました。
     
    Amazon Technologies Inc.が2015年2月に出願した「collective unmanned aerial vehicle」というこのドローン特許では、
    小型のドローンをまるでパッチワークのように組み合わせるアイディアが説明されています。
     このように多数のドローンを合体させるメリットとして、「より重いものを持ち運べる/より長距離を移動できる」などのメリットが予測されています。
    さらに一つ一つのドローンは必要があれば分離可能で、それぞれが配達へと飛び立つことも可能なんです。
     
    例えば普通のサイズのドローンは最大でも30分の飛行、重くて4.5kg程度の荷物しか輸送できません。しかしこのような合体ドローンな
    ら「もっと重いものをもっと遠くへ」輸送することができます。しかも、航空機のような滑走路は必要ないんです。これは実現が楽しみですね!
     
    さらに、このようにドローンを組み合わせて飛行させることで「他の航空機や地上施設からも判別しやすい」といったメリットも生まれます。
    このような合体ドローンは実現へのハードルも高くなさそうですし、意外と本当に将来運行されることになるかもしれません。
     



    【アマゾン、多数のドローンが合体する「メガドローン」特許を取得】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/01/13(金) 15:35:36.71 ID:CAP_USER.net

    http://newswitch.jp/p/7536

    国際競争の遅れを挽回―。自律制御による飛行ロボット(ドローン)配送として世界最長距離となる
    約12キロメートルの飛行試験が福島県南相馬市で12日、成功した。離島への配送や、被災地への緊急物資の供給などへ応用が期待される。
     試験ではドローンにスープの容器を持たせ、海岸にいるサーファーに届けた(写真)。英国、ドイツなど
    ドローン配送実証の先進地域でも最長は5キロメートル程度だという。今回は距離を2倍以上に伸ばし、日本のドローン戦略の巻き返しへ大きく前進した。
     ドローンメーカーの自律制御システム研究所(千葉市美浜区)が試験を実施。野波健蔵社長は「小さな一歩だが、
    世界を大きく変える可能性がある」と期待を述べた。ウェザーニューズがドローンの位置確認システムを提供。楽天とNECも協力した。

     12日、福島県南相馬市の海岸沿いで約12キロメートルにわたる飛行ロボット(ドローン)による配送の試験が成功した。
    米アマゾンが英国などでドローン配送の実証を進める中、日本では厳格な規制や手続きなどがあだとなって実証が遅れてきただけに
    、今後の同市での飛行試験への期待は大きい。ただ、未解決の課題も浮き彫りにした。


    米アマゾンが英国などでドローン配送の実証を進める中、日本では厳格な規制や手続きなどがあだとなって実証が遅れてきただけに、
    今後の同市での飛行試験への期待は大きい。ただ課題も浮き彫りになった。今回のドローンの飛行速度は時速43キロメートル。
    実は自律制御システム研究所のドローンは同70キロメートル超で飛べる。にもかかわらず、
    人間の目視内飛行を求める規制があるため、監視者を乗せて並走する船の速度がボトルネックとなった。
    野波社長は、「こんなルールはおかしい。政府には今すぐにでも柔軟な対応をお願いしたい」と訴えた。
    (日刊工業新聞経済部・平岡乾)



    【ドローンで世界最長輸送に成功も課題浮き彫りに 目視内飛行規制、監視者を船で乗せて並走「こんなルールはおかしい」】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/12/16(金) 19:15:36.27 0.net

    始まったな



    【アマゾン、英国で初のドローン配送を完了。Prime Airサービス発表から3年で実現】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/07/16(土) 10:41:17.34 ID:CAP_USER.net

    http://www.gizmodo.jp/2016/07/post_664820.html
    https://youtu.be/9wUbiGVJ0nM



    ドローンは虫をも殺します。
    佐賀県の農林水産部と佐賀大学農学部、そしてITシステム開発会社のオプティムの三者が連携し、夜間にドローンを飛ばし
    害虫を駆除する実証実験に世界で初めて成功しました。
    今回開発された「アグリドローン」は、GPSを使って設定されたルートを自動飛行し、吊り下げられた光源で虫をおびき出して高電圧で殺虫することができます。

    3分間の飛行実証実験で駆除できた害虫は、夜行性の甲虫、蛾、ユスリカ、ウンカなど約50匹。稲などに深刻な被害をもたらすウンカ類は、
    昼間は葉の裏側に隠れたり、薬剤への抵抗性を持つものもあり、なかなか完全に駆除しきれなかったのだそうです。

    ちなみに「ウンカ」という害虫の仲間にはこんな新種もいるそうですよ。
    害虫は夜間に活発化しやすいのですが、基本的に今までの農業では夜間はどうすることもできませんでした。
    この研究開発が現実になれば、「夜の農業革命」が可能になるそうです。

    このアグリドローンには、病害虫が発生している箇所を、オプティムが開発したクラウド人工知能(AI)を用いて
    自動解析して農薬を散布する機能も搭載。AIが不完全だと、逆に病害虫が増えてしまう懸念もあるため、実証実験を重ねながら、
    作物の種類ごとにAIの精度を高めていくそうです。
    今回開発されたアグリドローンは、以下の機能を備え2016年秋の出荷を予定しています。価格は50万円以下を想定しているとのこと。

    ・夜間での無農薬害虫駆除
    ドローンに世界初(2016年6月15日時点、オプティム調べ)となるドローン対応殺虫器を搭載しています。害虫が活発に活動する夜間に
    ドローン飛行を実施することで、農薬を使用することなく害虫駆除が行えます。
    ・自動飛行機能
    設定されたルートをドローンが自動で飛行するため、オペレータの負担を大幅に軽減することが可能です。

    ・カメラ切替え機能(近赤外線カメラ、サーモカメラなどマルチスペクトル撮影)
    ドローンに搭載されているカメラを用途に応じて切り替えることができます。

    ・ピンポイント農薬散布
    病害虫が発生している箇所を自動で解析を行いピンポイントで農薬を散布することで、不必要な箇所への農薬散布をせず、農作物を育てることができます。



    【人工知能搭載ドローンが「寝ている間に害虫駆除」 佐賀で実証実験に成功】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/05/22(日) 09:46:52.72 0.net




    【ドローンって想像以上にパワフルなんだな?この画像見てあっけにとられた】の続きを読む

    このページのトップヘ