楽天

    1: 田杉山脈 ★ 2020/02/28(金) 23:32:45.62 ID:CAP_USER.net
     公正取引委員会が2月28日、「楽天市場」の送料無料化施策について緊急停止命令を東京地方裁判所に申し立てたのに対し、楽天は同日、これまでの予定通り3月18日に送料無料化を実施すると発表した。

     この施策は、楽天市場で3980円以上の注文をした際に送料を無料にする「共通の送料込みライン施策」と呼ばれるもの。送料分を出店者が負担する(送料分を価格に上乗せ)形となることから、出店者で構成する楽天ユニオンなどから「優越的地位の濫用」だと抗議の声が上がっていた。また、公正取引委員会も2月10日に立ち入り検査を実施。28日に独占禁止法第19条(同法第2条第9項5号ハ)違反の疑いがあることから、緊急停止命令の申し立てに至った。

     楽天では、「緊急停止命令の申立てを受けた事実を厳粛かつ真摯に受け止め、裁判所の手続きに適切に対応する」とコメントしつつも、「本施策に関しては法令上の問題はないと考えている」と反論。公正取引委員会の調査については、理解を得るべく全面的に“協力”する所存とする。楽天広報部も、送料無料化について「さまざまな観点から検討し、法令遵守している施策」と説明する。

     なお、今回の施策による出店取りやめを検討している店舗向けに、出店料を日割りで返金する特別措置を実施。さらに、セーフティネットとしての新たな支援施策をを店舗に案内し、売上や利益についての懸念点を解消するしている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200228-35150051-cnetj-sci

    【楽天 送料無料を予定通り実施】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/02/14(金) 00:54:56.13 ID:CAP_USER.net
    13日、楽天の決算説明会の席上で、三木谷浩史社長が楽天モバイルについて「MWCですごいものを発表しようとしていた」と語った。

     2月24日から開催予定だった「MWCバルセロナ」は、コロナウイルスの影響により中止が決まったばかり。講演のひとつに、楽天モバイルのタレック・アミンCTOが登壇する予定だった。

    三木谷氏は「MWCに行けなくて悲しい。通信サービスを国内だけではなく、海外でプラットフォームを展開する」と説明。

     質疑でもその点を問われると「日本企業が初めて世界でプラットフォームを展開できる可能性がある。その話がかなり進んでいる。新しいモバイルのプラットフォームになる可能性がある。日本(での事業)はショーケース。6000億円でできるのか、と思われたが、できちゃっている。自分でも(楽天モバイルのサービスを)使っている。中でどういうことができるか、わかってきている。革命を起こしていると実感がある」と述べ、手応えを見せた。

     なお、あらためて発表する時期などは今回触れられていない。
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1234972.html

    【楽天三木谷氏「MWCですごいものを発表しようとしていた。海外でプラットフォームを展開する」】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/09/06(金) 14:52:18.20 ID:CAP_USER.net
     楽天モバイルは、10月からスタートする携帯電話サービスにあわせて、独自のスマートフォン「Rakuten Mini」を提供する。

     eSIMに対応し、「30秒で使えるようになる」(楽天の三木谷社長)ことが特徴のひとつ。詳細なスペックは明らかにされていないが、大きさは106.2×53.4×8.6mm、重さは79g。FeliCaに対応する。

     楽天モバイルが独自開発した「Link」というサービス基盤に対応。Linkでは通話やメッセージング、ゲーム、ファイル送信、グループチャット/通話、ゲームなどをサポートするという。
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1205/784/03_o.jpg
    2019年9月6日 14:02
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1205784.html

    【楽天モバイル、eSIM対応の独自スマホ「Rakuten Mini」】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/09/06(金) 03:03:41.52 ID:CAP_USER.net
    楽天の携帯電話事業のサービスの本格開始が10月から2020年春にずれ込む見通しであることが5日、分かった。10月からの利用者は5000人に絞り、料金は無料にする。通信基地局の整備の遅れなどが要因とみられる。低価格の料金体系で参入すると見込まれていた同社の本格的なサービス開始が半年遅れることで、携帯市場での価格競争も先送りになる可能性がある。

    6日に発表する。同社はクラウドを使った「仮想化」と呼ぶ…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49477840V00C19A9MM8000/

    【楽天、携帯本格参入を半年延期 来春に】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/11/01(木) 15:01:13.76 ID:CAP_USER.net
    KDDI(au)は、楽天と業務提携する。KDDIはスマートフォン(スマホ)決済で、楽天が持つインフラを活用する。ローミング(相互乗り入れ)契約も結び、楽天が2019年秋に携帯事業に参入する際、通信設備を貸し出す。携帯電話3社の寡占に楽天が挑む構図だったが、KDDIと楽天が手を組むことになる。両社が間もなく発表する見通し。

    携帯電話の基地局の整備にはコストと時間がかかるが、楽天は開始当初から全国エ…
    2018/11/1 14:27
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37221420R01C18A1000000/

    【KDDI、楽天と業務提携 通信設備や決済で連携】の続きを読む

    このページのトップヘ