自転車

    1: あられお菓子 ★ 2018/05/20(日) 17:58:53.26 ID:CAP_USER

    cyclist SANSPO.COM 2018/05/18 21:00
    (記事元に各種製品の写真あり)
    https://cyclist.sanspo.com/400033
    新製品として発表された「XM2」と並ぶパナソニックサイクルテックの片山栄一社長(左)と「XU1」と
    並ぶ平野由香里さん Photo: Kenta SAWANO
    https://cdn.cyclist.sanspo.com/photos/2018/05/IMG_3871-600x400.jpg?x32368

     パナソニックサイクルテックが、電動アシスト自転車スポーツモデルの新モデルとしてMTB「XM2」、
    電動アシストクロスバイク「XU1」の発表会を東京・世田谷区で行った。昨年発表した「XM1」も
    マイナーチェンジし、3車種とも7月2日に揃って発売される。また同社の片山栄一社長は、
    電動アシスト自転車市場の拡大に向け、自転車の楽しみ方を提案するツアーやレンタルバイクなど
    「サイクルツーリズム事業」にも進出することを発表した。


    好評XM1のハイエンドモデル

     「XM2」はXM1のハイエンドモデルと位置付けられ、国内初となる内装2段(フロント)変速マルチスピード
    ドライブユニットを搭載し、リアの外装10段、さらに4モードのアシスト機構によって、80通りの走りを実現した。
    また新たに「セミインテグレーテッドバッテリー」は大容量12Ahバッテリーを採用し、XM1では78km(エコモード)
    だった航続距離を、XM2では約107km(ハイモード61km、オートモード75km)と100km超えを実現した。

     ドライブユニット以外では、より山奥へ入るサイクリストのためにフロントサスペンションのトラベル量が
    100mm(XM1)から130mmへと変更した。フロントライトはバッテリー給電式のLEDライトを新開発。
    走行中の電池切れの不安を解消した。

     同社・商品企画部の金森修一係長は「ワイドギアレシオ(1〜1.41)を採用したことで、より急勾配にも
    対応します。90年代のマウンテンバイクブームでMTBに乗っていて、お金や時間ができてまた山に行きたい
    けれども、体力がついていけない、という人に是非また乗ってほしいです」と話した。またXM1もハンドル幅を
    680mmに変更するなどマイナーチェンジを図った。

     電動アシストクロスバイク「XU1」は、XM1と同じユニットとバッテリーを搭載。シンプルな形ながら、
    50Cのワイドタイヤや雨天時に対応するアルミフェンダー、リアキャリアを標準装備し、ヨーロッパ車のような
    上質なルックスだ。


    レンタル事業とガイドツアー参入

     また同社は「Xシリーズ」のラインナップ拡大と市場拡大を目指すためにも、今年度中に「サイクルツーリズム
    事業」に参入することを発表した。観光地やスキー場などで同社の電動アシスト自転車をレンタル用に配置。
    家族で出かけた旅先で、気軽に電動アシストスポーツバイクに触れられることを目指す。またサイクル
    インストラクターの平野由香里さんをガイドに自転車ツアーも行っていくという。

     片山社長は「高額な電動バイクをいっぺんに買っていただくのは難しく、市場拡大につながらない。
    観光地、リゾート地でのレンタルビジネスも拡大します。『ハードウェアのラインナップ強化』、
    『コト体験のビジネス化』、『(レンタル事業での)所有から使用への対応』の3つがスポーツ電動バイクを
    拡大させる中核的な戦略になる」と今後の展望を話した。

     トークショーでは、同社と「自動車社会との共生」をテーマに連携する全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)の
    片山右京理事長も登壇。欧州での電動アシスト自転車事情を解説するとともに、6月18日の
    「栂池高原ヒルクライム」大会で、この日発表されたモデルの試乗会を開催することも明らかにした。

     年間売り上げ目標200台をわずか1カ月で達成した「XM1」の発売からわずか1年。「XM2」、「XU1」の発表と、
    サイクルツーリズム事業への参入で、市場拡大と自転車の新しい楽しみ方を提案していく構えだ。



    【パナソニックが新型電動MTB「XM2」など3車種発表、サイクルツーリズム事業にも進出(7/2発売予定) 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/10/04(水) 17:06:46.83 ID:CAP_USER.net

    https://www.nikkei.com/content/pic/20171004/96958A9F889DE0E3EAEAE2E4E1E2E2E6E3E2E0E2E3E58A96E0E2E2E2-DSXMZO2188061004102017XD2001-PB1-1.jpg
    パナソニックは4日、11月20日に後部に子どもを乗せることができる電動アシスト自転車を発売すると発表した。自動車で使う電子キーを業界で初めて採用した。かばんやポケットにキーを入れておけば、子どもや荷物を抱えた状態でもハンドルの電源ボタンを押すだけで解錠できる。同社が2018年に100周年を迎えるにあたって発売する記念商品群に加える。

    子どもを乗せるいすには車と同じようなシートベルトを初めて採用した。両肩から回してベルト装着した後にレバーを押すだけで体に密着するように調整する。子どもの着衣などに合わせてベルトの長さを変える手間を省ける。

     フレームの一部をアルミ製に変えたことで従来より軽くなった。フレームの形状もサドルからハンドルまでの距離が長いため男性でもまたぎやすい。

     子育て用の高級モデル「ギュット」シリーズの新製品で、店頭想定価格は税別19万8千円。同シリーズ全体として発売後1年で8万5千台の売り上げを目指す。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21880630U7A001C1XD2000/



    【パナソニック、鍵いらずの電動自転車】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2017/04/25(火) 19:48:15.54 ID:CAP_USER.net

     台湾の世界的自転車メーカー「ジャイアント」が、仙台市若林区の荒井東地区に東北初の直営店を開くことが24日、分かった。9月16、17日にある自転車の復興支援イベント「ツール・ド・東北2017」(河北新報社、ヤフー主催)前日の15日に開店する。
     予定地は市地下鉄東西線荒井駅の南約150メートルで、ライブホール「仙台ギグス」の東側。約600平方メートルの敷地を所有する宮城野区の企画会社が鉄骨2階、延べ床面積約500平方メートルの店舗を建て、ジャイアントがテナント入居する。

     1階に「ジャイアント」ブランド、2階は同社の女性向けブランド「リブ」の専門店が入り、自転車やウエアなどを扱う。1階に国内7店舗目のレンタサイクル拠点を設け、東日本大震災の被災地を巡るサイクルツアーなどを開催する。

     創業者の劉金標会長は昨年8月、訪台した村井嘉浩宮城県知事に対し、同県内への直営店開設を表明していた。東北には北上、いわき両市にフランチャイズ店舗がある。同社はツール・ド・東北のテクニカル・サプライヤーパートナーを務めている。

     荒井東地区には災害公営住宅や防災集団移転団地が整備され、多くの被災者が移り住んでいる。同社日本法人は「復興と荒井のまちづくりの一助になればうれしい」と話した。


    2017年04月25日火曜日
    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201704/20170425_12026.html
    http://storage.kahoku.co.jp/images/2017/04/25/20170425kho000000080000c/001_size4.jpg
    http://storage.kahoku.co.jp/images/2017/04/25/20170425kho000000080000c/002_size3.jpg



    【<ジャイアント>仙台に直営店 9月開店】の続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★ 2016/12/01(木) 22:13:34.52 ID:CAP_USER.net

    ブリヂストンサイクル株式会社(社長:関口匡一)は、毎日の通学にも対応できる耐久性と安心機能を搭載した、男子高校生に向けた
    通学専用クロスバイク「TB1(ティービーワン)」を、12月下旬より全国の販売店を通して新発売します。

    近年、男子高校生を中心にクロスバイク通学に注目が集まっています。
    当社実施の「中高生の自転車利用実態・意識調査」では、男子高校生の約4人に1人が、クロスバイクを乗ってみたいと回答しています。
    そうした市場背景を受け、当社としては、毎日の通学にも対応できる耐久性と安心機能を搭載した、通学専用クロスバイクを新たに開発しました。

    具体的には、『通学専用クロスバイク』をテーマに、クロスバイクならではの走行性能を備えた車体に、
    毎日の通学にも対応できる耐久性と安心機能を備えたパーツを搭載。タイヤは、毎日の通学使用でもパンクしにくい“タフロードチューブガードタイヤ”、
    チェーンは錆によるトラブルを低減する“ステンガードチェーン”、また、電池交換不要の発電式で、点灯のし忘れを防止する自動点灯機能付き“バートップ点灯虫”、
    ワイヤー錠ではなく自転車に固定された“サークル錠”を採用しました。
    さらに、軽量アルミフレームに、外装7段変速を搭載することで、クロスバイクならではの走行性能を実現。デザインも「BRIDGESTONE」ロゴを大胆に配し、
    スピード感溢れるデザインとしました。

    今回は、身長にあわせた2つのフレームサイズから各2色を発売します。また、最高1,000万円の賠償責任補償付き傷害保険(半年間)を無料で付帯。
    通学中のもしもの事故が心配な親御様のご要望にお応えします。

    販売地区 : 全国
    年間目標台数 : 3,000台
    発売日 : 12月下旬
    標準現金販売価格 : 43,800円(税抜き)

    詳細
    http://www.bscycle.co.jp/news/release/2016/3627



    【男子高校生に向けた通学専用クロスバイク新発売…ブリヂストンサイクル】の続きを読む

    1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2016/06/04(土) 09:11:50.91 ID:CAP_USER.net
    http://www.gizmodo.jp/2016/06/dryve.html



    シンプル。だけど、今まで無かった製品です。
    dryve.tokyoはスイス生まれの小型雨よけシールド「dryve」の国内販売を開始しました。後付の「幌」のようなもので、
    重量は1,540gと軽量。ハンドルとシートの後部に固定するだけで、あっという間に雨除けのバリアーが完成します。

    使わない時は折りたたんで自転車のサイドに収納することもできるとのこと。携帯できるというのは便利ですね
    急な降雨でもさっと取り出して装着して、濡れずに帰れるってステキです。カラーバリエーションは5種類で、価格は各4万1040円です。


    横から吹き込むんじゃない?
    とも思えますが、走行中は風の流れが前から後ろへ行くため、横から雨が入ることはないとのこと。
    ただし、横殴りの雨が来るような強風を伴う場合は、安全のため使用を控えるように促しています(風速30km/時間を超える場合)。
    さて、気になるのは道路交通法に関してですが、日本国内で公道を走っても大丈夫なのか問い合わせてみました。販売元からの回答としては、
    現在、dryveについては、前例がないため制限の規定はされておりません。商品については、過去3か月弊社のスタッフが
    都内で利用しておりますが特に問題はございませんでした。
    とのこと。傘さしより確かに安全ですしね。
    ただし、都道府県や自治体、校則・社則などによってジャッジが異なるかもしれませんので、ご心配な方は事前にそれぞれに確認しておきましょう。

    【雨でも濡れずに乗れる 画期的な自転車用雨よけシールドが発売】の続きを読む

    このページのトップヘ