ブラウザ

    1: 海江田三郎 ★ 2016/12/26(月) 13:22:04.62 ID:CAP_USER.net

    http://japanese.engadget.com/2016/12/25/firefox-windows-xp-vista-2017-9-3/

    マルチプロセス化対応を更に拡大するとしていたPC用ブラウザーFirefoxですが、一方で、
    古いOSのサポート打ち切りの話も出ています。これまでMozillaはFirefoxのWindows XP(SP2以降)、
    Windows Vistaのサポートを継続してきたものの、これを2017年9月ごろには終了する意向であることを発表しました。

    Mozillaのブログによると、Windows XPとVistaは2017年3月頃には延長サポートリリース(ESR)へと
    移される予定。ただし、セキュリティアップデートの提供はこれまでどおり継続され、自動的にFirefoxに適用するとのこと。

    そして2017年半ばでいったんMozilla内でXPおよびVistaでFirefoxを使うユーザー数を評価し、
    最終的なサポート終了期日を決定する予定だとしています。

    MozillaはXPおよびVistaユーザーに対し、マイクロソフトがサポートを提供しているOSへのアップグレードを推奨し、
    サポートが終了したOSのセキュリティリスクを訴えています。またやむを得ず旧OSを使い
    続けている企業にも更新を促すため、具体的なサポート終了時期として2017年9月を考慮するよう呼びかけています。

    企業用のアプリケーションはワンオフで製作されたものも多く、アップグレードパスがないこともしばしば。
    いまだにWindows 98やWindows NT 3.5で動作しているシステムなどもあり、
    「もはや一周して逆に安全なんじゃないか」と冗談を言いたくなる管理者もいることでしょう。
    ただ、可能であれば新しい機器へと更新したほうが良いことは間違いありません。
    ブラウザーに限らずレガシーなコンピューターを使い続けている場合は、問題が起きる前に更新予算の申請など、早めにアクションをとるに越したことはありません。
    [Image : Albert Gea /Reuters]



    【Firefox、Windows XP /Vistaのサポート終了を2017年9月に設定】の続きを読む

    1 名前: ◆9NKSEXw3nU @関電φ ★[] 投稿日:2014/03/04(火) 06:07:10.84 P
    ウェブブラウザー 『Firefox』 を開発しているMozilla社から重大な発表がありました。
    同社のセキュリティーに関するブログ『Mozilla Security Blog』 (関連サイト)において、先月28日付けのエントリーで
    「セキュリティー強化のため、将来的にプラグインを廃止する」という記載がありました。

    すでに現行バージョンでは、デフォルト設定でプラグイン無効となってており、ユーザーが有効・無効を選択する
    “click-to-play”機能が動作するようになっている。
    Mozilla側からは、「今後、ウェブサイト制作者はプラグインの利用を停止してもらいたい」と強くコメント。

    しかし、Firefoxのプラグインはなくてはならない存在であることをMozillaも重々承知しており、人気プラグインなどは
    当面利用できるように“plugin whitelist”(Mozillaがセキュリティーが保たれているとお済付きを与えたプラグインのリスト)を設置し、
    ユーザーとのバランスを保つ方針です。プラグインは非常に便利ですが、やはりセキュリティー面でリスクを無視できないという判断を
    下してしまいました。

    ウェブブラウザーシェアの構図が大きく変わるきっかけになるかもしれません。

    ソース:週アスplus
    http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/204/204679/

    【【ブラウザ】火狐「セキュリティー強化のため、将来的にプラグインを廃止する」】の続きを読む

    このページのトップヘ