iPad

    1: ムヒタ ★ 2018/03/25(日) 03:50:58.40 ID:CAP_USER.net

    シャープが、次世代iPad用にIGZOディスプレイの製造体制を強化している、と報じられています。同社は有機EL(OLED)の本格生産に向けた準備も進めている模様です。

    亀山工場の製造能力を液晶からIGZOとOLED用に
    シャープは次世代iPad用にIGZOディスプレイの受注確保を狙っている、とサプライヤーの動向に詳しい台湾メディアDigiTimesが報じています。

    シャープは、亀山工場の液晶パネルの製造能力を、IGZOとOLED用への振り替えを進めている、とのことです。

    IGZOディスプレイは、高解像度と省電力を両立できる利点を持つ液晶ディスプレイで、iPad Proシリーズにも採用されています。

    Appleはこれまで、iPad用のディスプレイを、シャープ、Samsung、LGの3社から調達しています。

    3月27日のイベントで発表されるのは低価格モデル
    Appleが現地時間3月27日にシカゴ市郊外で「教育」をテーマに開催するスペシャルイベントで、新型のiPadが発売されると見込まれています。

    しかし、これは現在日本で37,800円で販売されているモデルの処理性能を向上させ、価格を引き下げたモデルと考えられます。

    次世代iPadシリーズのフラッグシップモデルは、秋に発売され、iPhone Xのようなフルディスプレイデザインと顔認証のFace IDを採用すると見込まれています。

    シャープ、OLEDの本格生産も準備中
    DigiTimesは、シャープがOLEDディスプレイの製造本格化に向けた準備を進めている、とも報じています。

    iPhone X用のOLEDはSamsungが独占供給していますが、供給リスク対策と価格引き下げのため、Appleは複数サプライヤーに発注するのが通常です。

    なお、シャープは2016年9月末、親会社となった鴻海(Foxconn)からの出資を受けて、2018年4月から6月にOLEDパネルの生産を開始できるよう設備投資を行うと発表しています。

    2018年のiPhoneは、iPhone Xの後継となる5.8インチOLEDモデル、大画面のOLEDモデル、安価な液晶モデルの3製品が発売されると予測されており、OLEDの需要が拡大すると予測されています。

    なお、これらのiPhoneは4月~6月に試作品の製造が始まるとも伝えられています。
    2018年3月25日 00時46分
    https://iphone-mania.jp/news-207002/



    【次世代iPad、シャープ製IGZOディスプレイを搭載か】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/03/24(土) 03:02:58.29 ID:CAP_USER.net

    米ブルームバーグ通信は23日、IT大手の米アップルが教育向けに廉価版のタブレット端末「iPad(アイパッド)」とソフトウエアを27日に発表すると報じた。関係者の話として伝えた。

    米IT大手のグーグルとマイクロソフトが、低価格のノートパソコンやタブレット端末を教育向けに投入し、好調に推移しており、アップルも対抗する。学生らが同社端末に使い慣れれば、将来の販売増につながるとの期待もある。

    アップルは27日に米シカゴの学校で発表会を開く予定。内容について「教師や学生向けの創造的で新しいアイデア」(同社)と案内している。(共同)
    2018.3.24 00:07
    https://www.sankeibiz.jp/business/news/180324/bsj1803240007003-n1.htm



    【教育向け廉価版iPad発表か アップルが27日】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/02/09(金) 14:16:07.47 ID:CAP_USER.net

    https://www.youtube.com/watch?v=sQB2NjhJHvY


     年末年始に日本でも放映されていたAppleのiPad ProのCM「What's a computer?」。これに登場する女の子にイライラする人が増えています。皆さんはどうとらえるでしょうか。まずはこちらのCMをご覧ください。

    女の子が朝、自転車で出かけていって、友達とFaceTimeしながらその様子をLivePhotosで記録して落書きしてメッセージで送り、Wordかなにかでレポートを書いているときに目の前のカマキリを写真でパシャリ。タコス屋のカウンターでもiPadを見て何かしていて、片手でピシャッとたたんで店の外へ。カエルのお絵かきをして、手描きイラスト満載のレポートを木の上で仕上げ、バスの中では漫画を楽しみ、家に帰ってきたら芝生の上でタイピング。

     そのとき隣人に声をかけられ「コンピュータで何してるの?」と聞かれて応えた一言がこれ、「コンピュータって何?」。

    面白おかしい批判の文章

     批判コメントの中にはFワード満載のものも多いのでリンクは差し控えますが、おなかを抱えて笑ってしまった記事もあったので、その一端をご紹介しておきましょう。

    「近所につるむ友達もいなくて、朝から自転車で街を走るしかできなくて、遠くで骨を折っている友達とテレビ電話しかできないような女の子に、隣人が興味を持ってくれたのに、なんなんだあの冷たい受けこたえは!」

     まあヒドイ言いようで、「友達が……」とは若干余計なお世話な気もしますが、iPadしか友達がいないんだからもっと愛想良くしたらどうだと、たしなめたい気分になったようです。

     それは冗談としても、「コンピュータって何?」という返しは、エンジニアからの批判もあるようです。いや、そもそもあの子が使っているアプリは、同じAppleがコンピュータとして作っているMacがないと生み出されてこないんだという意見。あるいは歴史的に考えて、コンピュータあってのスマホだし、スマホあってのタブレットじゃないかという意見など。

     気持ちはとてもわかるけれど、そうした反感をAppleが予測していたとしたら、どうとらえるべきでしょうか。

    コンピュータとタブレット、という見方

     Appleは2016年3月にiPad Pro 9.7インチを発表しました。その際にステージに立ったフィル・シラー氏は、「6億台とも言われる、5年以上経過したPCの買い替え需要を狙う」とマーケティングのゴールを明らかにしていました。AppleにはMacというコンピュータ製品はありますが、Windows PCをMacに転換しよう、ではなく、Windows PCをiPadに置き換えよう、というゴールを設定したのです。

     その後、2017年6月のWWDC 2017でiPad Proを10.5インチに拡大しました。10.5インチといえば、筆者が高校生の頃、1998年に手に入れた憧れのVAIOノート505と同じような画面サイズです。

     当たり前のことながら、その505では4Kビデオ編集なんてできないし、ARアプリを動作させることもままならないでしょう。起動するまでしばらく待たなければならないし、10時間のバッテリーライフなんて夢のような話です。

     505と現在のiPad Proを比べれば、「拡張性」「汎用性」という2つのキーワードを除けば、505が勝っている部分を見つけることはできません。でも、やっぱり筆者はコンピュータから使い始めたので、コンピュータとタブレットという区別をどこかで捨てきれずにいます。

    スマホからコンピュータに入った世代にはどうなるか?
    以下ソース
    http://ascii.jp/elem/000/001/627/1627774/



    【iPad ProのCMの「コンピュータって何?」に腹を立てる人たち】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/01/26(金) 22:51:00.41 ID:CAP_USER.net

    年内の発売が期待される次期iPad Proが、iPhone X同様のベゼルが薄いデザインを採用し、Face IDを搭載するかも知れません。iOS11.3のファームウェアにヒントが隠されていたとの指摘が相次いでいます。
    「次期iPadはFace IDを搭載」を示唆する記述

    iHelpBRのエディター、フィリペ・エスポシト氏は、先日リリースされたiOS11.3ベータ1に、「modern iPad」という記述を発見したと報告しています。

    エスポシト氏、また開発者のギルヘルム・ランボー氏によれば、Appleのソフトウェア技術者は以前のファームウェアにおいて、iPhone Xのことを「modern iPhone」と記述していました。

    そして「modern iPad」を含む文字列には、顔認証を示唆する表記があり、ランボー氏は「”Modern iPad”はおそらくFace IDを搭載するiPadだろう」と述べています。
    https://iphone-mania.jp/news-201240/



    【次期iPad ProはベゼルレスでFace ID搭載?iOSファームウェアにヒント】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/10/31(火) 17:37:37.56 ID:CAP_USER.net

    アップル自身が「iPadにとってこれまでで最大のソフトウエアリリース」とうたうだけに、iOS 11は、iPhoneよりも、むしろiPadの飛躍のほうが大きい。一言でまとめるなら、これまでタブレットだったiPadを、パソコンのように進化させるアップデートといえるだろう。生産性が重要なビジネスで利用する際に、欠かせない機能の数々が追加されている。

    iOS 11の配信が始まったばかりで、まだいくつかバグが残されているため、頻繁に小規模なアップデートが繰り返されているが、主な機能はすべて対応済み。致命的なトラブルは起こっていないので、早いうちに入手して、慣れておいたほうがいいだろう。特にiPad Proでは、Apple Pencilと連動した数々の機能が追加されている。

    これまでのiOSとは使い方が大きく変わるため、覚えておきたいことが非常に多い。その代表格が、Macのようにアプリを格納しておける、「Dock」だ。ここをうまくカスタマイズすることで、必要なアプリを呼び出しやすくなる。iPhoneと共通の機能でも、iPadのほうが使いやすいこともある。

    新機能のファイルも、その1つだ。クセも多いため、スムーズに操作するには慣れが必要だが、パソコンのようにファイルを自由に扱えるのはメリットといえる。また、メモアプリの書類スキャナ機能も、Apple Pencilに対応したiPad Proで使うと利便性が増す機能だ。今回は、これらの技を解説していこう。

    1.画面を分割して2つのアプリを表示

    iOS 11をインストールしたiPadは、「Dock」が強化されている。これまでのiPhoneやiPadにも、アプリのアイコンを置いておけるDockは存在したが、置ける数が、iPhoneは最大4つ、iPadは最大6つに限られていた。しかも、これまではこのDockが表示されるのは、ホーム画面を表示しているときのみで、アプリ起動中などは呼び出せなかった。

    iOS 11では、この仕様が大きく進化している。iPhoneは従来どおり、最大4つまでしかアプリを置けず、アプリ起動中も呼び出せないが、iPadのみ、最大15個までアプリを登録可能になった。縦のままでは少々窮屈に見えてしまうが、横にした際に広々としたDockに、よく使うアプリを並べられるのは便利。このDockにはフォルダを入れることも可能なため、レギュラーメンバーとして使いたいアプリは、すべてここに収納してしまってもいいだろう。

    よく使うアプリをすべてDockに格納しておけば、アプリを切り替える際に、わざわざホーム画面に戻る必要がなくなる。Dockは、アプリ起動中に画面下を上方向にフリックすると現れる。1つのアプリを使い終わったら、Dockを開き、次に使いたいアプリをタップすればよい。ホーム画面に戻るひと手間が減り、より効率的に操作できるはずだ。

    また、画面を分割して2つのアプリを表示する「Slide Over」にアプリが対応している場合、Dockからドラッグで表示中のアプリ内にアイコンを移動させると、縦長の小さな画面で起動する。この状態では、2つのアプリを切り替えながら利用できる。Slide Over中のアプリを上方向にドラッグすると、「Split View」として画面を2つに分割可能。アプリ間のドラッグ&ドロップにも対応しているため、メールに画像を添付したり、メールを見ながらカレンダーに予定を入れたりといったことも、簡単に行える。

    ちなみに、Dockには、おすすめのアプリや、直前に利用したアプリを3つまで表示させることができる。ただ、先に述べたように、頻繁に利用するアプリをすべてDockに登録している場合、この機能が邪魔になりがちだ。このようなときは、「設定」の「一般」にある「マルチタスクとDock」で、「おすすめApp/最近使用したAppを表示」をオフにしておくといいだろう。

    2.ファイルやフォルダを管理できるように

    iOSは、ファイルをアプリごとに管理している。ワードのファイルを開くときはワードを、エクセルのファイルを開くときはエクセルを立ち上げるといった具合で、ここがファイルやフォルダありきなパソコンとの大きな違いだ。同じアップル製品でも、Macは後者のように、ファイルありきな作りになっている。
    以下ソース
    http://toyokeizai.net/articles/-/194898



    【「iPad」は、iOS11でパソコン並みに進化した 】の続きを読む

    このページのトップヘ