youtube

    1: ムヒタ ★ 2018/11/08(木) 14:01:15.49 ID:CAP_USER.net
     ソフトバンクとリコーは11月8日、5Gネットワークを使い、高精細・ハイフレームレートな360度映像のリアルタイム伝送と、YouTubeサーバへの同時配信実験に成功したと発表した。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1811/08/yx_bank.jpg

     リコーが開発した、2つの超広角レンズから4Kの360度映像をリアルタイムで生成し、60fpsで出力できるカメラを活用。東京・赤坂の「5G×IoT Studio」で映像を撮影し、5G小型端末から5Gネットワーク経由で東京・汐留のソフトバンク本社内のPCに伝送し、VRヘッドセットで映像を確認した。

     カメラと5G端末を移動させながら映像を確認したほか、ソフトバンク本社からYouTubeサーバに伝送・配信し、YouTube経由・VRヘッドセットを使って映像を確認した。

     360度映像をVRヘッドセットで視聴する場合、映像のちらつきがVR酔いを引き起こすなどコンテンツの質を左右するため、ハイフレームレートの映像が最適だとされているが、大容量のハイフレームレート360度動画は、現行の4Gネットワークでは対応できないという課題があったという。実験の成功により、ユーザー自らが5Gネットワークを介して臨場感あるコンテンツを配信できる可能性が確認できたとしている。
    2018年11月08日 12時17分
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1811/08/news075.html

    【4K・60fpsの360度映像、5Gリアルタイム伝送に成功 YouTubeに同時配信も ソフトバンクとリコー】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/11/02(金) 08:24:01.83 ID:CAP_USER9.net
    2018.11.02 03:00
    https://getnews.jp/archives/2092450
    http://juggly.cn/wpjuggly/wp-content/uploads/2018/11/YouTube-322x700.jpg

    動画共有サービス YouTube の投稿オプションに新しい「プレミア公開」が追加されました。
    プレミア公開は、自分の動画を映画のプレミア上映のような形で投稿できるオプションです。
    プレミア公開のトグルを ON にして投稿すると、動画の再生が始まる前にカウントダウンが挿し込まれ、ライブ配信のようにリアルタイムのチャットも利用できます。
    動画の公開を華々しく飾りたい時にプレミア公開は重宝します。
    公開はスケジュールを組んでおくと視聴者に告知できるので便利です。
    そして視聴者には公開の 30 分前第一弾の通知が届き、公開(カウントダウンスタート)されるとまた通知が届きます。
    公開時は「プレミア公開中」のラベルがサムネイル上に表示され、ライブ配信と同じように途中で観始めた場合は途中から視聴することになります。
    プレミア公開は PC 版で使用可能です。
    スマホアプリでプレミア公開の動画を視聴したり、通知を受け取ったりすることはできますが、プレミア公開での投稿はできません。
    Source : Google

    【YouTubeに「プレミア公開」機能が追加】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/08/28(火) 08:57:44.19 ID:CAP_USER.net
     米Google傘下のYouTubeは8月27日(現地時間)、5月の「Google I/O」で予告していたアプリの使いすぎ防止機能「視聴時間」をモバイルアプリ(AndroidおよびiOS)でローリングアウトしていると発表した。

     YouTubeのトップページ右上にある自分のアカウントアイコンをタップすると表示される「アカウント」画面に「視聴時間」が追加された(下左図)。これをタップすると、自分のアカウントでYouTubeの動画を再生した時間が表示される(下右図)。なお、「シークレットモード」で視聴した時間は含まれない。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1808/28/yu_time1.jpg

     視聴時間の下には、使いすぎを防止するためのツールが並ぶ。休憩を勧めるリマインダーは5月に追加された機能だ。

     YouTubeからのプッシュ通知を1日1回、決まった時間にまとめて受けるように設定する「ダイジェスト配信」も利用できる。また、例えば就寝中など、一定の時間はプッシュ通知の音と振動を無効にする機能もある。こちらは[設定]→[通知]→「音やバイブレーションを無効化」で設定する。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1808/28/yu_face2.jpg

     使いすぎ防止機能は、米Appleも「iOS 12」で追加する予定だ。Googleの最新OS「Android 9 Pie」にも年内に追加される見込み。米Facebookも今月初旬、FacebookとInstagramの公式アプリに同様の機能を追加すると予告した。
    2018年08月28日 08時18分
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1808/28/news063.html

    【YouTubeアプリ、使いすぎ防止機能「視聴時間」スタート】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/08/10(金) 14:46:31.54 ID:CAP_USER.net
    「YouTubeにアップロードされているムービーの再生に適したスマートフォン」が発表されました。ラインナップにはGalaxy Note9やXperia XZ2 PremiumなどAndroid端末19機種が挙げられていますが、iPhoneは推奨スマートフォンに含まれていないようです。

    YouTube Device Report
    https://devicereport.youtube.com/

    YouTube now recommends the best phones for video playback, and it doesn’t suggest an iPhone - The Verge
    https://www.theverge.com/circuitbreaker/2018/8/9/17671362/youtube-signature-device-video-watch-phone-recommend-galaxy-note-9-pixel-2-oneplus-6

    推奨端末に選ばれる条件は以下の通りで、YouTube内の全コンテンツを最大のパフォーマンスで視聴できる点が評価項目となっています。

    1:HDR(ハイダイナミックレンジ)
    2:360度ビデオの再生
    3:4Kデコード
    4:高フレームレート再生(60fps以上)
    5:次世代コーデック(VP9コーデックのサポート)
    6:DRM(デジタル著作権管理)のパフォーマンスが高いこと

    評価は、実際にYouTubeの従業員が端末を触って行ったテストに基づいているとのこと。記事作成時点では推奨スマートフォンとして、Samsungの「Galaxy Note9」やSONYの「Xperia XZ2 Premium」、HTCの「U12+」など計19端末が登録されており、いずれもGoogleが開発したAndroid OSを搭載しています。

    推奨スマートフォンにiPhoneが含まれない点について、特にYouTubeはコメントを行っていません。このため、「iPhoneがAndroidやYouTubeのようにGoogleやその親会社であるAlphabetと強い関わりがない」というのが、推奨端末から除外された理由なのではないかと考えてしまう人がいるはずです。しかし、iPhoneに搭載されているiOSはVP9コーデックをサポートしていない事実があり、YouTubeが条件に設定した「次世代コーデック」に適合しておらず、単純にテストに合格しなかった可能性も考えられています。

    YouTubeは1年ごとに推奨端末の認定基準を見直していくとしており、推奨スマートフォンのラインナップも毎年大きく変わっていくことが予想されています。
    2018年08月10日 12時00分
    https://gigazine.net/news/20180810-youtube-signature-smartphone/

    【YouTubeが「動画再生に適したスマートフォン」を発表、iPhoneは含まれず】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/05/22(月) 00:51:51.79 0.net

    俺もYoutuberになる時が来たようだ



    【YOUTUBE専用の無料OSが発表される!?中古PCの買い占め続出】の続きを読む

    このページのトップヘ