ロボット

    1: ノチラ ★ 2017/11/22(水) 22:19:47.47 ID:CAP_USER.net

    人工知能(AI)を殺人ロボットに搭載したり、AIにドローンなどの兵器を操作させてはならない。技術が確立する前に禁止すべきだ。ロボット先進国の日本が先頭に立って進める必要がある。

    近い将来、AIが自ら敵と判断して殺傷する自律型致死性兵器、通称殺人ロボットが誕生すると考えられている。大量の情報を瞬時に判断し、同時に複数の武器を使うこともできる。感情がなく、疲れも知らない。限りなく殺し続ける大量殺りく兵器である。

    ロボットの専門家やIT企業の経営者らが規制するように働き掛けたこともあり、先週、初めての国連公式専門家会議がジュネーブで開かれた。米ロが消極的な姿勢で、結論は出なかったが、来年以降も議論を続ける。

    現在のAIの能力では、戦場のような複雑な状況下では人の関与を必要とするが、殺人ロボットが実現すれば、火薬や原爆のように戦争の形を変えるとされる。米国は軍事的優位を確保できると考え、熱心に開発を進めている。

    人類は一度、手にした技術を手放さない。殺人ロボットも開発されれば、放棄することは困難だ。自国兵士の生命を危険にさらすことがないので、戦争に踏み切る敷居が低くなる可能性もある。

    残念なことに、日本の産業界は反応が鈍い。AIやロボットは軍事と民生の両方に使えるデュアルユースの技術である。しかも、軍事研究よりも民生用の応用研究の方が進む事態も考えられる。規制の内容によっては、日本の産業界にとって打撃になる。

    日本は積極的に関わるべきである。一つは被爆国として、新たな大量殺りく兵器に反対する義務がある。もう一つは、AIを組み込んだ民生用ロボットは、日本が世界をリードできる可能性が高い分野だからだ。

    多くの国の賛同を得やすいのは、軍事用は開発も生産も禁止、民生用は情報公開を義務づけて推進することである。早期のルール作りが国益につながる。そのルールには、AIが進歩したら倫理を学ぶことを条件に加えたい。

    日本の人工知能学会は倫理指針第一条に「人工知能学会員は、人類の平和、安全、福祉、公共の利益に貢献し…」とし、九条で「人工知能も倫理指針を順守できなければならない」と定めている。鉄腕アトムを生んだ国らしいではないか。開発すべきは殺人ロボットではなく、倫理的なロボットだ。
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017112202000125.html



    【人工知能搭載ロボットにも9条あり】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/11/17(金) 16:59:23.81 ID:CAP_USER.net

     システム開発のフライトホールディングス(HD)と東京慈恵会医科大学などは17日、ソフトバンクグループの人型ロボット「ペッパー」を病院内で活用する実証研究を始めると発表した。健康診断の受付業務や血圧測定などで活用する。慈恵医大などでの研究を通じて実用化につなげたい考えだ。

    フライトHD子会社のフライトシステムコンサルティング(東京・渋谷)と慈恵医大、アプリ開発を手掛けるジェナ(東京・千代田)が共同で研究を始める。フライトシステムが手掛けるペッパー向けアプリの管理システムと、ジェナが開発した人工知能(AI)を用いた自動対話システムを組み合わせる。

     まず、血圧計とペッパーを連携させたシステムを試す。血圧測定では「医師を前にして緊張すると患者の血圧が上がってしまうこともある」(慈恵医大の高尾洋之准教授)。研究ではペッパーが患者と会話をしながら、感情認識機能で緊張がほぐれたタイミングを検知。最適な状態で血圧を測れるようにする。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23606650X11C17A1XB0000/



    【「ペッパー」が血圧測定、患者の緊張ほぐす】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2017/11/01(水) 19:25:16.43 0.net

    前回のメカメカしい顔のほうがよかったんじゃないか?



    【新型AIBOの顔がかわいくなってるな 】の続きを読む

    1: 音泉光征 ★ 2017/08/08(火) 23:28:29.14 ID:CAP_USER.net

    シアトルの「らーめん山頭火」がロボット導入 待ち時間が楽しくなる“おもてなし”

    店頭での待ち時間を楽しくするために生まれた同サービスは、米国ではまだあまり例がなく、家族連れを中心に好評を得ているとい

     和食を海外展開するPlenty USAが米シアトル州に2017年8月5日(現地時間)にオープンした「らーめん山頭火 University Villag
    e店」では、人と空間を認識するAIサイネージと連携するおもてなしロボットで来店客を迎える。

     来店客は、店舗入り口のウェイティングスペースに設置されたロボットとコミュニケーションを取りながら、北海道から始まった
    「らーめん山頭火」のストーリーやアイヌ文化、そして商品について、楽しくかつインタラクティブに知ることができる。

     このシステムは、ヴイストン製のコミュニケーションロボット「Sota」と、55インチのマルチタッチ式大画面ディスプレイ「Micro
    soft Surface Hub」で構成する。Plenty USAとロボットアプリ開発を手掛けるヘッドウォータースが共同開発した。

     Surface Hubには専用開発したアプリを搭載。パネル上で来店客がコンテンツを選んでドラッグ&ドロップすると、動画や画像が表
    示される。パネルには2つのHDカメラが内蔵されており、「Microsoft Azure」のAI機能「Cognitive Services」の「Face API」によ
    って、カメラが捉えた来店客の特徴(年齢、性別など)や、待合状況の人数による空間自動解析を実施。パネルの横に設置されたロ
    ボットSotaが、自動解析したデータを基に、約200パターンのレコメンドパターンに自動分類し、音声でレコメンドを行うという。

     ロボットが発話する内容、商品コンテンツ、レコメンデーション内容は、ヘッドウォータースが開発するクラウドロボティクスサ
    ービス「SynApps(シナップス)」で管理しており、Microsoft Cognitive Servicesの「Bing Speech API」を活用して英語音声での
    発話を実現。「Azure IoT Hub」を活用して、ディスプレイとロボットのデータ連携もSynAppsで一括制御しており、タッチパネルで
    商品がどれだけ選ばれているかなどのデータ分析も可能だという。

     両社は今後、Microsoft Surface Hubから得られる来店客のデータとPOSを連動させ、マーケティングデータとして活用していく考
    えだ。また、接客におけるフルオートメーション化を視野に、さらなるコンテンツの開発に注力していくとしている。
     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170808-00000062-zdn_ep-sci
     https://amd.c.yimg.jp/amd/20170808-00000062-zdn_ep-000-0-view.jpg



    【シアトルの「らーめん山頭火」がロボット導入 待ち時間が楽しくなる“おもてなし”】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/08/01(火) 15:24:15.51 ID:CAP_USER.net

    チャットボットのボブとアリスが突然英語での会話をやめて、2体だけに通じる独自言語で話し始めたため、フェイスブックが機能を停止した。

    プログラマーは独自の交流方法の開発を禁止した上で、ボットを新たに立ち上げた。英ニュースメディア「Metro」が報じた。

    フェイスブックは、彼らが独自言語で話した対話の内容を解読できた。

    ボブが「私は出来る。わたしはわたしは他のすべて」と述べるとアリスは「ボールは私にとって私にとって…ゼロを持ってる」と答えた。

    フェイスブックは、チャットボットは作業中に直面した問題を解決しようと試みたのではと仮定している。

    チャットボットは最初、機械学習アルゴリズムに接続されていた。ボットには、会話スキルを高めるためにメッセージを送り合うよう命令されていた。ボットは独自言語を開発するだけでなく、話し合い改善のための戦略も策定した。

    フェイスブックは、新たな言語の発明は計画外であったため、ボットには修正パッチが当てられたと述べた。

    スペースXとテスラ社のイーロン・マスク社長は先日、人工知能は人類にとっての主要な脅威と指摘していた。一方でFacebookの創業者マーク・ザッカーバーグ氏はこうした姿勢を厳しく批判し、「人工知能は将来、我々の生活をよいよいものに変える」と指摘していた。
    チャットロボットは人間がひとり、ないしは複数の相手と会話する状態を真似て作られた バーチャルな会話相手。航空機券を探すことから開発者の承認数集団の管理まで様々な課題をこなす。チャットロボットは 世界でオーディエンスが増える一方のメッセンジャーに 発展のために最適な環境を見出した。 Facebook, Google, Appleはすでにチャットロボットの開発、どう縫うに積極的な投資を行っている。
    https://jp.sputniknews.com/world/201708013947295/



    【独自言語を開発して会話を始めたロボット、フェイスブックが処分】の続きを読む

    このページのトップヘ