ロボット

    1: ムヒタ ★ 2018/12/17(月) 12:26:59.62 ID:CAP_USER.net
     ソフトバンクロボティクス(東京都港区)の冨沢文秀社長が人型ロボット「ペッパー」の進化に意欲を燃やしている。冨沢氏はペッパーについて、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長と「空を飛ぶまで進化させようと、半分冗談だが言っている」とし、「皆さまがイメージできる以上のヒューマノイドにしたい」と述べた。

     ソフトバンクGは11月19日、ペッパーに続く2種類目として清掃ロボットを開発したと発表した。運営するビジョン・ファンドの投資先である米ブレイン・コーポレーション(カリフォルニア州)の技術を搭載している。

     冨沢社長は「まさに群戦略の初めてのアウトプットになるかもしれない」と発言。配膳など「いろいろな技術の派生が考えられる」との見通しを示した。

     ソフトバンクGでは2015年にペッパー、今年8月には自動運転床洗浄機を発売。17年にはロボット開発を手掛けるボストン・ダイナミクスの買収に合意した。

     今回発表した清掃ロボット「ウィズ」に搭載されるのは、ブレインの自動運転技術「ブレインOS」。主にカーペットなど床清掃を目的に自律走行が可能な乾式バキュームクリーナーで、最初に手押しして清掃エリアの地図データを登録すれば、自動で清掃を行うことができる。

     申し込み受け付けは19年2月から開始し、月額2万5000円のレンタルプランでの提供を3月以降に開始する予定だ。数値目標は明らかにしていない。(ブルームバーグ Yuki Furukawa、Pavel Alpeyev)
    2018.12.17 08:29
    https://www.sankeibiz.jp/business/news/181217/bsc1812170829002-n1.htm

    【空飛ぶまで「ペッパー」進化 ソフトバンクロボ社長、技術開発に意欲】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/12/07(金) 13:53:32.81 ID:CAP_USER.net
    ローソンは唐揚げの主力商品「からあげクン」で、注文後に調理し、揚げたてを提供する「できたてからあげクンロボ」を試験運用する。従来よりも高温で加熱できるデジタル技術を使い、調理時間を5分の1に短縮した。チキンの需要が増えるクリスマスを控え、出来たて商品への需要を取り込む。

    https://www.nikkei.com/content/pic/20181207/96958A9F889DE1EAE4E4E0EAE3E2E2E5E3E0E0E2E3EA9A97E493E2E2-DSXMZO3866277007122018000001-PB1-2.jpg
    ローソンは「できたてからあげクンロボ」を使い、消費者に揚げたての唐揚げを提供する

    「できたてからあげクンロボ」=写真=は高さ約1.5メートル、幅60センチメートル。11~28日までローソンTOC大崎店(東京・品川)に設置する。

    https://www.nikkei.com/content/pic/20181207/96958A9F889DE1EAE4E4E0EAE3E2E2E5E3E0E0E2E3EA9A97E493E2E2-DSXMZO3866279007122018000001-PB1-2.jpg
    パッケージを組み立て、「できたてからあげクンロボ」のボックス内にセットする

    買い物客はこれまで通りレジで「からあげクン」を注文する。店員から渡されたパッケージをロボ内のボックスにセットすると調理が始まる。従来6分かかっていた揚げ時間はロボ導入で1分程度になる。調理を終えると、からあげクンが自動的にパッケージに投入される。

    調理できるのは「からあげクン」のレギュラー、レッド、チーズの3種類。料金は5個入り216円で従来と同じ。

    今回試験運用するロボでは店員が材料を投入するが、将来は完全自動化をめざす。コストや出来たて商品への需要を検証し、今後の運用を考えていく。

    2018/12/7 13:07
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38662810X01C18A2HE6A00/

    【「からあげクンロボ」で揚げたて提供 ローソン】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/11/19(月) 13:19:00.41 ID:CAP_USER.net
     ソフトバンクロボティクスは11月19日、オフィスや業務フロア向けの清掃ロボット「Whiz」(ウィズ)を発表した。月額2万5000円(税別、5年間)のレンタルプランで来年3月以降に提供を始める。人型ロボット「Pepper」に続く、同社の2種類目のロボットだ。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1811/19/kf_sbr_01.jpg

     主にカーペットなどの床の清掃を目的とした自律走行ロボット。最初に人間が手押しで清掃エリアの地図データを作成・記憶させる。一度清掃ルートを記憶すると、後はスタートボタンを押すだけで記憶した地図データを基に清掃ルートを自律走行する。スピードは時速2.5キロほど。

     清掃ルート上に障害物があっても、Whizに搭載する複数のセンサー、カメラが検知して回避する。1回の充電で約3時間稼働でき、約1500平方メートルを清掃できるという。清掃状況はクラウド上で管理。スマートフォンで「バッテリー残量が少ない」「ルート上に障害物があるために掃除できない場所があった」といった情報を確認できるようにする。

     ソフトバンク・ビジョン・ファンドが出資しているAI(人工知能)ベンチャーのBrain Corporation(米国サンディエゴ)と共同開発した。
    2018年11月19日 11時40分
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1811/19/news071.html

    【ソフトバンク、Pepperに次ぐ「Whiz」発表 自律走行する清掃ロボット】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/10/01(月) 15:28:25.07 ID:CAP_USER.net
    https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1145/611/01_o.jpg
     米Microsoftは9月28日(現地時間)、ロボット開発用のオープンソースなライブラリ/ツールであるROS(Robot Operating System)向けに「ROS1 for Windows」の試験的な提供を開始した。64bit版のWindows 10のデスクトップ版およびWindows 10 IoT Enterpriseにて動作する。

     ROS1 for Windowsでは、同社開発環境のVisual Studioのツールセットと連動するリッチなAIやクラウド機能を利用可能。同社はインテリジェントエッジ時代を見据え、Windows Machine Learning、コンピュータビジョン、Azure Cognitive Services、Azure IoTなどの機能によって、将来のロボット開発に大きな進歩がもたらされるとしている。

     なお、まもなく次のバージョンとなる「ROS2」の提供もはじまるという。

    関連リンク
    Microsoftのホームページ(英文)
    http://www.microsoft.com/
    ニュースリリース(英文)
    https://blogs.windows.com/windowsexperience/2018/09/28/bringing-the-power-of-windows-10-to-the-robot-operating-system/
    ROS for Windowsの情報ページ(英文)
    https://ros-win.visualstudio.com/ros-win

    2018年10月1日 13:34
    PC Watch
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1145611.html

    【AI/クラウド機能を利用できるロボット開発向け「Windows for ROS」が試験提供】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/08/06(月) 06:31:27.94 ID:CAP_USER.net
     米アマゾン・ドット・コムが人工知能(AI)スピーカーのアプリ開発者に報奨金を払う仕組みを2019年にも始める。アプリを増やすことで使い道を広げる。スピーカーを通じて得る顧客情報はネット通販での顧客別の「お薦め」などにも生かす。市場規模はいずれスマートフォン(スマホ)を超える可能性があるとみて、米グーグルなどを引き離す。

     アマゾンで機器事業を担当するデイブ・リンプ上級副社長が日本経済新聞の取材に応…
    2018/8/6 1:31
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33828260V00C18A8TJC000/

    【アマゾン、AIスピーカーのアプリ開発に報奨金】の続きを読む

    このページのトップヘ