ロボット

    1 名前: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★[sage] 投稿日:2013/12/22(日) 18:07:30.06 ID:???0
    ★米IT大手、ロボットに熱視線 グーグルは買収攻勢、アマゾンは無人機開発…成長分野を開拓
    2013.12.21 21:08

    米IT(情報技術)大手が、ロボット事業に力を入れ始めている。グーグルが軍事用ロボットなどの
    開発企業を矢継ぎ早に買収しているほか、アマゾン・コムは運搬ロボットに加え配送用無人機の開発に
    着手。インターネットに続く新たな成長分野としてロボットに熱い視線を向けている。

    グーグルは、ここ半年だけでロボット関連の企業を8社も買収した。そのうちの一つで、東大OBらが
    設立した日本企業のシャフトは、災害現場で活躍するロボットを開発。同社は20日から始まった米国
    防総省の国防高等研究計画局(DARPA)が主催する災害救援ロボットの競技会に参加し、初日の
    トップに立った。

    グーグルは、軍事用ロボットを開発している米ボストン・ダイナミクスも買収した。同社はマサチュー
    セッツ工科大で人工知能に取り組む研究者らが設立。移動困難な地形でも歩行できる高性能ロボットを
    国防総省に納入し、ソニーの犬型ロボット「AIBO」の開発を支援したこともある。

    グーグルは、ロボット事業の具体的な目的を明かしていないが、開発中の眼鏡型情報端末や自動運転車
    などITを駆使した次世代機器の一つとして、生産や運搬で活躍する画期的な産業用ロボットが焦点のようだ。

    同社のアンディ・ルービン上級副社長は米メディアに「10年がかりのビジョンが必要だが、(ロボット事業は)
    偉大な仕事になる」との見解を披露、期待を寄せる。(以下略)

    http://sankei.jp.msn.com/world/news/131221/amr13122121100005-n1.htm

    【米IT大手、ロボットに熱視線 グーグルは買収攻勢、アマゾンは無人機開発…成長分野を開拓】の続きを読む

    1 名前:ライトスタッフ◎φ ★[] 投稿日:2013/11/06(水) 08:16:57.69 ID:???
    トヨタ自動車は家庭用ロボットへの搭載を想定した新型のロボットアームを開発した。

    手首、肘、肩の7軸すべてにトルク(回転力)センサーを搭載。外部からの衝撃を
    検知して軌道修正や停止するため、力を最適化でき、安全性が高い。位置決めによる
    通常の制御だけでは困難だった複雑な作業も可能になる。高度なロボットアームの
    開発によってサービスロボットの実用化に弾みを付ける。

    搭載したトルクセンサーはトヨタが自社開発した。検出感度は一般的なひずみゲージを
    使ったものに比べ4―8倍。温度変化にも強く、マイナス10度Cから60度Cの環境下
    でも補正することなく動作する。多様な環境下でも微細な回転力の変化を検出でき、
    ロボットの安全な制御につながる。

    センサーのほかにモーターや減速機も一体化し、駆動部を小型化した。アームの位置や
    力を精密に制御することで、さまざま家庭環境で窓ふきやドアの開閉といった複雑な
    動作がこなせる。

    ●開発したロボアーム。サービスロボの実用化に弾みを付ける


    ◎トヨタ自動車(7203) http://toyota.jp/

    ◎http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0420131106aaaq.html

    【トヨタ、「家庭用」ロボアーム開発--サービスロボットの実用化に弾み】の続きを読む

    1 名前:ライトスタッフ◎φ ★[] 投稿日:2013/09/16(月) 22:44:38.18 ID:???
    高齢化が進み、介護のニーズがますます高まる中、新潟県は介護ロボットの開発拠点を
    目指し、関連製品の試作開発などを行う企業の補助事業を始めた。20年後には介護
    ロボット産業の市場規模は約4千億円になるとみられ、この市場に参入できる企業の
    育成が目的だ。

    県はロボットを次世代の有望産業と位置付け、筑波大発のロボット技術ベンチャー企業、
    サイバーダイン(茨城県つくば市)と提携し、新潟市内に営業拠点を誘致。これに合わせて、
    介護ロボット部品や周辺機器の試作開発、介護ロボットを活用した先進的サービスの展開
    などを行う企業を支援する補助金を支給する。上限は100万円。

    サイバーダインは脳神経疾患や筋力が低下した患者の足の動きをサポートするロボット
    スーツ「HAL」を開発。今夏には欧州で医療機器として認可された。

    新潟県は昨年度もほぼ同様の委託事業を行い、3社が選ばれた。その一つ、ハニー
    インターナショナル(見附市)はロボットスーツの着脱を簡単にするズボンを開発した。

    プロ野球チームのユニホームなどの生地を生産している同社だが、昨年度の試作では
    ロボットスーツと体をつなぐ“配線”を、特殊な開閉ファスナーによってズボンの外側
    からもつけられるようにするなど工夫を重ねた。

    ●参考/サイバーダイン社のロボットスーツ『HAL』 ※関連過去スレより引用


    ◎http://sankei.jp.msn.com/region/news/130916/ngt13091622290003-n1.htm

    ◎関連過去スレ
    【ロボット/医療】ロボットスーツ『HAL』、医療機器に認定--ISO認証を取得 [01/23]
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1358929281/

    【新潟県、「介護ロボット」の開発拠点目指す--介護ロボの市場は20年後には4千億円規模に】の続きを読む

    このページのトップヘ