OS

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2019/01/26(土) 00:27:26.34 ID:CAP_USER.net
    現状のAirPodsの、ちょっと奇妙な特徴は、Siriをサポートしてはいるものの、はじめにイヤホンをダブルタップしなければならないということ。iPhone、iPad、Apple Watch、HomePodとは異なり、「ヘイSiri」に続けてリクエストをしゃべればいいというわけにはいかない。

    最近の噂では、「AirPods 2」と呼び習わされているAirPodsの新しいバージョンは、「ヘイSiri」に応答すると囁かれている。そして、最新のiOSベータ版に隠されていた画面も、それを裏付けているようだ。

    これは一般に公開されている画面ではないが、9to5macのGuilherme Ramboは、リリースされたばかりのiOS 12.2ベータで、次のようなダイアログを表示することに成功した。


    この画面には、「『ヘイSiri』と言って、AirPodsまたはiPhoneでSiriに話しかけてください」と書いてある。

    この機能が現行のAirPodsに搭載されていないのは、つまるところ、バッテリー寿命の問題によるのだろう。Appleは、iPhone 6sで、バッテリー寿命に与える影響を最小限に抑えながら「ヘイSiri」を機能させる方法を見つけ出した。その詳しいしくみは、2018年4月号のMachine Learning Journalの記事に掲載されている。しかし、その同じしかけを小さなイヤフォンで実現するのは、まったく新しい挑戦だ。何しろ、バッテリー容量は片方で93ミリワットアワーしかない。これはだいたいiPhoneの1パーセントに過ぎない。第1世代の製品では、イヤフォンにダブルタップを検出させる方が簡単だった。もしAppleがその問題を解決する方法をみつけたら、新たなセールスポイントにするつもりでとっておいたのだろう。

    噂では、その新しいAirPodsは、防水仕様で、健康データを監視するセンサーまでも装備しているという。残念ながら、それらを暗示するような、こっそり隠されたダイアログは、まだ発見されていない。
    https://jp.techcrunch.com/2019/01/25/2019-01-24-hidden-screen-in-ios-12-2-beta-hints-at-airpods-that-can-handle-hey-siri/

    【iOS 12.2ベータの隠し画面が「ヘイSiri」に応答するAirPodsを暗示】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/09/18(火) 06:27:46.41 0.net
    iOS 12は9月18日配信
    古いiPhoneでも高速化、AR強化や通知改善など新機能多数
    特定状況でアプリ起動が最大2倍など

    日本時間9月18日から、一般ユーザーでも iOS 12にアップグレードできるようになります。

    iOS 12は iPhone / iPad用の最新システムソフトウェア。さらにリアルで一緒に体験できるようになったARや、
    動く3D似顔絵ミー文字、機械学習でiPhoneの使いこなしを提案するSiriショートカットなど最新の機能を導入しつつ、特に動作が重いときのアプリ起動を最大2倍高速化、キーボード表示までを最大50%高速化など、旧機種でもより快適に動くよう最適化したことが特徴です。

    速報:アップルがiOS 12発表。iPhone 6sのアプリ起動が40%高速化など、古め機種での速度向上に力点

    そのほか、アプリごとに通知をグループ化したり、優先度を決められる通知機能の改良、子供(や自分)がどのアプリをどの程度使っているか把握して制限できるScreen Time、
    写真アプリの検索機能強化、Safariブラウザのプライバシー機能強化(どのサイトを見ているか追跡するSNSボタンの無効化etc)、自動パスワード生成と管理など、細かな使い勝手改善も多数。

    iOS 12で追加された「ミー文字」の作り方がこちら:iPhone Tips - Engadget 日本版

    アップル、AR寸法測定アプリ「Measure」発表。引っ越しのときに大活躍しそうなAR定規 - Engadget 日本版

    iOS 12の「写真」はこれが便利!欲しい画像を一瞬で見つける新テクニック:iPhone Tips - Engadget 日本版

    iOS 12の対応デバイスは、

    ・iPhone 5s / iPhone SE以降
    ・iPad Air / iPad mini 2 以降(全てのiPad Proa含む)
    ・iPod touch (第六世代)

    ただしiPhone 6s以降限定のARなど、新しいデバイスでないと使えない機能もあります。

    https://japanese.engadget.com/2018/09/12/ios-12-9-18-iphone-ar/

    【iOS12の配信きたぞぉおおおおおおおおおおお】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/09/16(日) 10:15:30.72 0.net
    iOS 12は9月18日配信
    古いiPhoneでも高速化、AR強化や通知改善など新機能多数
    特定状況でアプリ起動が最大2倍など

    日本時間9月18日から、一般ユーザーでも iOS 12にアップグレードできるようになります。

    iOS 12は iPhone / iPad用の最新システムソフトウェア。さらにリアルで一緒に体験できるようになったARや、
    動く3D似顔絵ミー文字、機械学習でiPhoneの使いこなしを提案するSiriショートカットなど最新の機能を導入しつつ、特に動作が重いときのアプリ起動を最大2倍高速化、キーボード表示までを最大50%高速化など、旧機種でもより快適に動くよう最適化したことが特徴です。

    速報:アップルがiOS 12発表。iPhone 6sのアプリ起動が40%高速化など、古め機種での速度向上に力点

    そのほか、アプリごとに通知をグループ化したり、優先度を決められる通知機能の改良、子供(や自分)がどのアプリをどの程度使っているか把握して制限できるScreen Time、
    写真アプリの検索機能強化、Safariブラウザのプライバシー機能強化(どのサイトを見ているか追跡するSNSボタンの無効化etc)、自動パスワード生成と管理など、細かな使い勝手改善も多数。

    iOS 12で追加された「ミー文字」の作り方がこちら:iPhone Tips - Engadget 日本版

    アップル、AR寸法測定アプリ「Measure」発表。引っ越しのときに大活躍しそうなAR定規 - Engadget 日本版

    iOS 12の「写真」はこれが便利!欲しい画像を一瞬で見つける新テクニック:iPhone Tips - Engadget 日本版

    iOS 12の対応デバイスは、

    ・iPhone 5s / iPhone SE以降
    ・iPad Air / iPad mini 2 以降(全てのiPad Proa含む)
    ・iPod touch (第六世代)

    ただしiPhone 6s以降限定のARなど、新しいデバイスでないと使えない機能もあります。

    https://japanese.engadget.com/2018/09/12/ios-12-9-18-iphone-ar/

    【iOS12は9月18日配信、アプリ起動が高速化など iPhone 5s以降が対象】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ノチラ ★ 2018/06/27(水) 02:07:52.82 ID:CAP_USER.net

    アップルは6月25日(現地時間)、iOSの次期バージョン「iOS 12」のパブリックベータ版の提供を開始しました。日本でも同時に公開が始まっており、ダウンロードできます。

    パブリックベータは、正式リリース前のβバージョンのOSを一般ユーザーに試してもらい、品質を向上させるためのフィードバックを収集することを目的としたプログラム。正式版がリリースされる前に、手持ちのiPhoneやiPadでひと足早く最新OSが試せるのが魅力です。

    さまざまな機能強化が図られるiOS 12
    今年の秋に正式版がリリースされる予定のiOS 12では、現行のiOS 11と比べてさまざまな機能強化が図られます。6月頭に開催されたWWDCでの発表をもとに、iOS 12のおもな特徴を簡単に振り返ってみたいと思います。

    まず目玉となりそうなのが、アップルが推進するAR(拡張現実)が強化されること。ARKitが2.0にアップデートされ、複数のユーザーで同じARを共有して体験できるようになったり、立体物の認識が可能になってよりリアルな表現が可能になります。「USDZ」と呼ばれるフォーマットに対応することで、Safariやメールなど日ごろよく使うアプリでもARのコンテンツが楽しめるようになるのも注目できます。
    https://news.mynavi.jp/article/20180626-655066/



    【「iOS 12」のパブリックベータ提供開始、一般ユーザーも試用可】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ノチラ ★ 2018/05/04(金) 22:09:08.43 ID:CAP_USER.net

    最近、驚いたニュースの1つといえば、これでした。

    Microsoft、LinuxベースのセキュアなIoTイニシアチブ「Azure Sphere」
     セキュアCPU、OS、クラウドサービスを一体化したIoTソリューション、というのはもちろん大きなニュースですが、驚いたのは、OSが「Linux」ベースだということです。「Armチップ+Linux+クラウド」なんて、GoogleかAmazonがやりそうなことではないですか。普通に考えれば、OSは「Windows」でしょう。記事でもその点が強調されています。

    Microsoftはかつて、IoTでもWindowsを推進していた。同社がカスタムLinuxカーネルを配布するのはこれが初

     もっとも、ここ数年のMicrosoftしか知らない人は、それほど驚かないかもしれません。Microsoftが歴史的ともいえる大転換をしたのは、4年ほど前のことです。

    マイクロソフトがLinuxを「大好き」になった理由とは?

    「相性の良くないもの」の代名詞ともいえたLinuxとWindowsの歴史的な和解(Microsoftの一方的な“心変わり”ともいえます)でした。CEOが変わっていなければ、こうはならなかったでしょうね。何しろ前任のバルマー氏は「Linuxはガンだ」と言っていたのですから。

    もはやOSは収益源ではない
     Linuxの採用には驚きましたが、ここ数年、MicrosoftはそれまでのようなOSを中心としたビジネスモデルからの脱却を目指して、着実に手を打っています。それが「Windows as a Service」です。

    「Windows 10」が“最後のWindows”ってどういう意味?
     調べてみると、この話題でブログを書いている人がいました。

    脱OSに向かうMicrosoftのOSは、次のGoogleやAppleに向かうはずが……
     2年前にこの状況を見通していたのはすごいですね。

    マイクロソフト自身がOS本体からの収益より、OSをポータルとした収益モデルに移行し始めたことを意味する。簡単にいえばOSなど100円でも0円でも実は構わない状態に向けて準備を始めたのだ

    「何が何でもWindows」から「できればWindowsも」へ
    結局、選択肢が増え、技術もフラット化している現代において、「プロプライエタリな環境へのロックインはもはや機能しない」ということでしょう。

     これはiPhoneが勢いを増してきた10年ほど前から起こっていたことで、Microsoftもいろいろと手を打ってきたわけですが、根本的に会社を変えるためにはCEOが交代するしかなかったわけです。バルマー氏の英断といえましょう。

    Microsoftは、Windowsをメインとしながらも、幅広い技術をサポートするソリューションを提供し、そこから収益を得るモデルを確立しつつあります。その中で、「Windowsを選んでもらえれば幸せですが、Linuxも他のOSも、分け隔てなくサポートしますよ。なんなら、うちから提供しましょうか?」という姿勢に転じたのでしょう。
    http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1805/02/news051.html



    【もはやOSは収益源ではない Microsoftが目指す「脱」OSとは】の続きを読む

    このページのトップヘ