Facebook

    1: 田杉山脈 ★ 2019/07/25(木) 23:03:45.63 ID:CAP_USER.net
    Facebookは、モバイルアプリケーションの実行に最適化した軽量なJavaScriptエンジン「Hermes」をオープンソースで公開したことを明らかにしました。

    Webアプリとして構築されているモバイルアプリケーションは、現在では非常に複雑で大規模なものになりつつあります。

    これは同時に、アプリケーションのロードや起動にかかる時間が増大することに直結しており、特に発展途上国などで広く使われている低スペックなスマートフォンにおいてはその影響が顕著です。

    Facebookがこうした大規模するモバイル向けWebアプリケーションの課題を取り除くべく調査したところ、JavaScriptエンジンを改善する必要があることを認識し、Hermesを開発することにしたと説明しています。

    低スペックのスマートフォンでも高速に起動、実行
    Hermesでは、JavaScriptを事前コンパイルによりバイトコードを生成することで、より最適化されたバイトコードを生成できるとともに、実行時にJavaScriptをパースしてバイトコードを生成するというステップが省略できることによる起動時間の短縮を実現しています。

    またHermesのバイトコードは全体をメモリに読み込まなくとも実行を開始できる構造になっているため、読み込み速度の遅いフラッシュメモリからの読み込み終了を待つことなくアプリケーションの起動が可能で、これもアプリケーションの起動時間の短縮に貢献します。

    Hermesでは、あえてJIT(Just-in-Compiler)を搭載していません。これはベンチマークテストなどで実行速度を比較した場合には不利な結果がでますが、こうしたベンチマークは実際のモバイルアプリケーションの実行環境を反映していないとFacebookは次のように指摘しています。

    Hermesでは低スペックなスマートフォンでもすぐに起動し、使い始められるような速度を重視しており、そのためにHermesではインタープリタにおける実行速度の性能向上に注力しているとのこと。

    そのほかにもガベージコレクションや仮想メモリ空間の利用などにおいても配慮がされており、デベロッパー向けにはDevTools prtocolに対応し、Chromeのリモートデバッギングを利用可能だと説明されています。

    EcmaScript 6準拠を目標に
    HermesはEcmaScript 6(ES2015)仕様に準拠することを目指しています。

    ただし現時点ではブラウザへの搭載やNode.jsのようなサーバサイドへの組み込みの計画はなく、まずはReact Nativeのオプションとして利用可能にしているとのことで、今後さらにその範囲を拡大していきたいとしています。
    https://www.publickey1.jp/blog/19/javascripthermesfacebook.html

    【モバイルアプリに最適化した軽量JavaScriptエンジン「Hermes」、Facebookがオープンソースで公開】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/08/30(木) 10:30:29.76 ID:CAP_USER.net
     米Facebookは8月29日(現地時間)、動画配信サービス「Facebook Watch」(以下、「Watch」)を日本を含む世界で提供開始したと発表した。利用できるようになると、モバイルアプリでは[≡]に「Watch」ボタンが追加される。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1808/30/yu_watch1.jpg

     Apple TV、Samsung Smart TV、Amazon Fire TV、Android TV、Xbox One、そしてもちろん傘下のOculus TVでも視聴できる。

     Watchは、昨年8月にまず米国でのみスタートした。米Google傘下のYouTubeのように、クリエイターが投稿した動画を視聴できる。「ウォッチリスト」にはユーザーがいいね!したページが優先的に並び、その下には「おすすめの人気動画」が並ぶ。キーワードで検索すると、検索枠の下に「友達」や「グループ」などでフィルタリングするタブが表示される。

     Watchでは、6月に発表したインタラクティブな番組も配信される。ユーザーは番組を見ながらクイズに参加したりリアクションを送ったりできる。

     また、多数の地域(日本を除く)で「Ad Break」広告を出せるようになり、クリエイターやページ管理者に新たなマネタイズの機会になる。

     Watchへの動画投稿についてはFacebook for Creatorsのページを参照されたい。
    2018年08月30日 08時06分
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1808/30/news059.html

    【Facebook、YouTube対抗動画サービス「Watch」を日本を含む世界で提供開始】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/08/02(木) 11:44:31.70 ID:CAP_USER.net
     米Facebookは8月1日(現地時間)、FacebookとInstagramの公式アプリに使いすぎを防止するための機能を追加したと発表した。設定した時間を超えて利用を続けようとすると警告を受けるように設定できる。現在“ローリングアウト”中だ。

     こうした中毒防止機能は、米Googleおよび米Appleがそれぞれの次期モバイルOSに追加する計画だ。また、Google傘下のYouTubeのアプリにも5月に休憩のリマインダー機能が追加された。

     FacebookとInstagramの新機能が利用可能になると、アプリの[設定]にFacebookは「Facebookの利用時間」、Instagramは「アクティビティ」という項目が追加される。これをタップすると、1週間のアプリの利用時間のグラフと、その下に休憩リマインダーの設定項目が表示される。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1808/02/yu_time1.jpg

     利用制限時間は自分で設定できる。設定した時間を超えるとアプリからプッシュ通知がくる。また、[お知らせ設定]→[プッシュ通知をミュート]で、通常は有効にしているアプリからのプッシュ通知を一定時間無効にできる。

     この機能は、「メンタルヘルス専門家や学術機関との協力、Facebookでの研究、ユーザーコミュニティからのフィードバックなどに基づいている」という。
    2018年08月02日 07時34分
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1808/02/news049.html

    【FacebookとInstagramに使いすぎ防止機能追加へ】の続きを読む

    1: ラテ ★ 2018/07/26(木) 12:30:44.63 ID:CAP_USER.net
    [シリコンバレー=白石武志]米フェイスブックが25日発表した2018年4~6月期決算は、純利益が前年同期比31%増の51億600万ドル(約5600億円)と四半期ベースで過去最高を更新した。ただ、個人情報保護規制が強化された欧州では利用者が減少し、偽ニュース対策に伴う費用増などで収益力には陰りが見え始めた。25日の時間外取引で同社株は終値に比べ一時20%超急落した。

    18年4~6月期の売上高は132億3100万ドルと42%増加したが、伸び率は18年1~3月期の49%増に比べ7ポイント低下した。売上高のうち99%を占める広告事業も42%増え130億3800万ドルとなったものの、新興国の通貨安の影響も重なって市場予想(131億6000万ドル)を下回り、成長力は従来の力強さを欠いた。

    5月25日に「一般データ保護規則(GDPR)」が施行した欧州では1日あたりの利用者数(DAU)が18年1~3月期に比べ1%減少した。足元の収益への影響はみられないとしているものの、今後は広告販売に影響を与える可能性がある。25日に電話会見したデビッド・ウェーナー最高財務責任者(CFO)は「18年下半期も売上高の成長率は減速が続く」と述べた。

    フェイスブックでは偽ニュース対策などのためにサービスの監視要員を増やしており、6月末時点の従業員数は1年前に比べ47%増え3万275人に達した。データセンターなどインフラ投資も拡大しており、18年12月期通期の総費用は前年同期に比べ50~60%増加するとみている。ウェーナーCFOは18年4~6月期に44%だった営業利益率について「今後数年間は30%台半ばに向かって推移する」との見通しも示した。

    2018年7月26日 8:43 日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33424020W8A720C1000000/

    【フェイスブック、欧州で利用者減 収益力に陰りも】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/05/15(火) 05:50:27.49 ID:CAP_USER.net

    世界最大の交流サイトを運営するフェイスブックは、最大で8700万人の利用者の個人データが流出した問題を受けて調査したところ、およそ200のアプリについて個人データを不正に流用した疑いがあるとして利用を一時停止したと発表しました。

    この問題は、フェイスブックの利用者を対象に心理学の調査を行っていた大学教授が、2013年、クイズ形式で性格を判断するアプリを開発し、これをおよそ30万人がダウンロードして自分だけでなく、友人の個人データを気づかないまま提供したところ、最大で8700万人の情報が第三者のデータ分析会社に不正に渡ったものです。

    2014年には、フェイスブックが扱う友人などの個人データを外部の事業者に開放する仕組みをやめましたが、フェイスブックは、それよりも以前に大量の個人データを入手できた数千の事業者を調査したところ、14日、およそ200のアプリについて個人データを不正に流用した疑いがあるとして利用を一時停止したと発表しました。

    フェイスブックは、利用を一時停止したのがどういったアプリか明らかにしていませんが、さらに調査をして、実際にデータを不正に利用したことがわかれば、フェイスブック上でアプリの利用を禁止するとしています。
    5月15日 5時28分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180515/k10011438441000.html



    【米フェイスブック 約200のアプリを一時停止】の続きを読む

    このページのトップヘ