Facebook

    1: ムヒタ ★ 2020/09/17(木) 07:41:48.99 ID:CAP_USER.net
     米Facebookは9月16日(現地時間)、バーチャル開催の年次VR/ARイベント「Facebook Connect」で、スタンドアロンVR HMD「Oculus Quest 2」を発表した。10月13日に発売予定。

     既に日本からも予約可能で、価格は64GBモデルが3万3800円(税別、以下同)、256GBモデルは4万4800円。いずれも先代よりそれぞれ約2万円前後安くなった。公式サイトの他、日本ではAmazon、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、GEOなどの小売店からも購入できる予定。

    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2009/17/yu_quest1.jpg

     先代のOculus Questは2018年9月に発表された。スタンドアロン型というのは、PCやケーブルを接続せず、HMDだけて機能するという意味だ。

     新モデルのプロセッサは米Qalcommの「Snapdragon XR2」を採用し、メモリは6GB。ディスプレイ解像度は先代の片目1440×1600ピクセルから約50%アップし、1832×1920ピクセルになった(ただし、有機ELから液晶にダウングレード)。リフレッシュレートは72Hzと先代と同じだが、90Hzもサポートするようになる見込みだ。

     先代同様6DoFトラッキングに対応する。重さも93g軽量化し、約503g。

     付属のコントローラ「Oculus Touch」のデザインも変わり、親指を置くスペースができた。
    2020年09月17日 06時02分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2009/17/news065.html

    【Facebook、スタンドアロンVR HMD「Oculus Quest 2」を10月発売 3万7100円から】の続きを読む

    <div class="t_h" >1: <span style="color: green; font-weight: bold;">ムヒタ ★</span> <span style="color: gray;"> 2020/08/06(木) 11:00:33  ID:CAP_USER.net</span></div>
    <div class="t_b" style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;color:#ff0000;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;">  【シリコンバレー=奥平和行】米フェイスブックは5日、傘下の動画共有アプリ「インスタグラム」に最大15秒の動画を撮影して編集・投稿できる新サービス「Reels(リールズ)」を加えると発表した。同様のサービスで先行した中国発の「TikTok(ティックトック)」が米国事業の中止や売却で揺れるなか、若い利用者を取り込む。 <br />  <br /> 同日に米国や日本などで提供を始めた。リールズはスマートフォンのインスタグラムのアプリを通じて使う。カメラで撮影した映像に音楽を加えたり拡張現実(AR)を使った加工を施したりして編集し、投稿する仕組みだ。投稿した動画は自分のアカウントをフォローする利用者などに見せることができる。 <br />  <br /> フェイスブックは2012年にインスタグラムの運営会社を買収し、13年に動画への対応を始めた。中国のインターネット企業、北京字節跳動科技(バイトダンス)が提供するティックトックが曲に合わせて踊るダンス動画などで若い利用者の支持を得るなか、対抗サービスの準備を進めてきた。 <br /> 2020/8/6 10:17 <br /> <a href="https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62349770W0A800C2I00000/" target="_blank">https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62349770W0A800C2I00000/</a>  </div><br />
    <!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) -->
    【Facebook、インスタでTikTok対抗新サービス】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/06/17(水) 12:02:57 ID:CAP_USER.net
    フェイスブックジャパン(東京・港)は、オンラインショップを簡単に開ける「フェイスブックショップ」という機能の提供を日本でも開始したと発表した。米国では同機能を5月下旬から提供している。

    カスタマイズ可能なオンラインショップを無料で作成できる。自社商品の中からおすすめを選んでコレクションを作成したり、画面の色を変更してショップの雰囲気をブランドイメージに合わせて表現したりできる。

    ショップの利用者はフェイスブックの企業ページや、画像共有サービスのインスタグラムの企業プロフィルなどからフェイスブックショップにアクセスできる。コレクションを見て興味のある商品を保存したり、注文したりできる。注文の際には、企業が用意した外部のウェブサイトに移動して商品を購入する。

    フェイスブックは従来も「フェイスブックページショップ」やインスタグラムのショッピング機能などを提供していた。ただ、これらの機能は同じブランドであってもフェイスブックとインスタグラムで別々に設定や投稿をする必要があった。フェイスブックショップを使えば、利用者がどのサービスを使っても共通のショップを表示できる。

    ユーザーは「(企業管理ツールの機能名である)ビジネスマネージャの管理者」といった条件を満たし、フェイスブックによる審査で承認されれば無料でショップを作成できる。既にフェイスブックページショップやインスタグラムのショッピング機能を利用している場合は、自動的にフェイスブックショップに移行する。(大森敏行)
    2020/6/17 11:17
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60440500X10C20A6X30000/

    【フェイスブック、ショップ機能を日本でも提供】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/06/17(水) 21:18:57.52 ID:CAP_USER.net
    FacebookはC++、Java、Pythonなどの高水準言語で書かれたプログラムコードを別のプログラミング言語に変換するニューラルトランスコンパイラを開発したという。このシステムは教師なし学習を採用しており、同社は従来よりもかなり効率が改善したとしている。

    既存のプログラムコードを別の言語に移行するには、両方の言語について専門的な知識が必要な上、コストがかかってしまいがちだ。たとえばオーストラリアのコモンウェルス銀行はプラットフォームをCOBOLからJavaに移行するために5年の歳月と約7億5,000万米ドルを費やした。

    Facebookは教師なし学習というアプローチ法に取り組み、C++、Java、Python間でソースコードを変換することができる「TransCoder」を開発した。トレーニングには280万件以上のオープンソースリポジトリからなるGitHubコーパスを使用した。TransCoderは元のプログラムコードを別の言語へ変換し、変換したプログラムコードを元の言語へ再度変換することを繰り返して学習している。

    TransCoderのパフォーマンス評価にはGeeksforGeeks(コーディングの問題点や解決方法を集めたオンラインプラットフォーム)から抽出したC++、Java、Pythonの関数852個を使用した。Facebookによると、最も評価の高かったバージョンのTransCoderは、厳密に言えば同一の関数を生成していないことが多かったが、計算精度が高かった。以下にTransCoderが期待される結果を返した割合をまとめる。

    C++からJavaへの変換:74.8%
    C++からPythonへの変換:67.2%
    JavaからC++への変換:91.6%
    PythonからJavaへの変換:56.1%
    PythonからC++への変換:57.8%
    JavaからPythonへの変換:68.7%
    TransCoderが各言語に特有のシンタックスを理解するだけでなく、言語のデータ構造やメソッドも理解したことが証明されたと研究者らは述べている。

    専門知識を持たなくても、TransCoderを使えばあらゆるプログラミング言語で容易にソースコードを生成できます。しかも商業用のソリューションを大幅に上回っています。

    AIによるコード生成システムを開発しているのはFacebookだけではない。今年行われたMicrosoftのカンファレンス「Build」では、OpenAIが英文で書かれたコメントから関数を生成するモデルをデモンストレーションした。2年前にはライス大学の研究者が「意図」を読み取ってコードを生成する「Bayouというシステムを作っている。

    Intel Labsの主任研究者兼ディレクターのJustin Gottschlich氏はVentureBeatのインタビューに対してこう語った。

    これらはソフトウェア開発の無駄を取り除いてくれます。バグ対応の手間が省けるので、プロダクティビティの加速化に役立ちます。そして新たな職を生み出します。なぜならプログラミングをしたことのない人々でもこれらのインターフェイスを通じてクリエイティブな直観を形にすることができるからです。
    https://thebridge.jp/2020/06/facebooks-transcoder-ai-converts-code-from-one-programming-language-into-another

    【Facebook、プログラムコードを別のプログラミング言語に翻訳する「TransCoder AI」を開発】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/05/20(水) 08:01:37 ID:CAP_USER.net
    【シリコンバレー=奥平和行】米フェイスブックは19日、電子商取引(EC)機能を強化すると発表した。中小企業が手軽にネット通販を始められる仕組みを構築。消費者はSNS(交流サイト)アプリなどで商品を選んで購入できる。新型コロナウイルスの流行によりECの利用が増えており、グループ全体で30億人近い利用者を抱える強みを生かして事業を拡大する。

    同日から一部地域で「フェイスブックショップス」の提供を始めた。企業が商品の写真や価格を入力することで「オンラインショップ」を開くことができるようにする。利用者はフェイスブックや画像共有アプリのインスタグラムを通じて商品を閲覧、購入し、米国では代金の支払いも可能にする。

    フェイスブックの動画配信機能を通じて新機能を発表したマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は新型コロナでECの利用が広がっていると指摘し、「数カ月にわたり毎日、担当部門と開発に取り組んできた」と説明した。オンラインショップの開設は無料で、広告収入の拡大につなげる意向も示した。

    インスタグラムの画面下部に「ショッピング」のタブを設け、通販機能を使いやすくする。利用が増えている自社の動画配信サービスとの連携を深め、動画で紹介した商品を買いやすくする。人工知能(AI)やAR(拡張現実)なども活用し、インテリア用品を部屋に置いた様子などを見られるようにする予定だ。

    通販機能の強化にむけてカナダのショッピファイなどこの分野で先行する企業と連携を深める方針も示した。すでに利用実績のあるサービスを組み合わせて自由に使えるようにすることで、通販に関連するサービスを一括提供する米アマゾン・ドット・コムなどとの違いを出したい考えだ。

    フェイスブックは売上高の98%をインターネット広告に依存しているが、ネット広告は成長が鈍化している。また、同社はプライバシーの過度の利用が問題となり、軌道修正を迫られていた。2019年3月にザッカーバーグCEOは新たな事業方針を示し、スマートフォンの対話アプリや、アプリを基盤とした決済やECの育成を急ぐと説明していた。
    2020/5/20 7:11 (2020/5/20 7:51更新)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59320660Q0A520C2000000/

    【Facebook、SNSで通販 中小企業の出店容易に】の続きを読む

    このページのトップヘ