IT

    • カテゴリ:
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/11/13(水) 14:25:55 ID:CAP_USER.net
    サイバーエージェントがインターネットテレビ「アベマTV」の事業モデルを見直している。2016年の開局から広告収入による無料放送で事業を拡大してきたが、課金収入にも軸足を置いて赤字縮小を図る。NHKが19年度中にもテレビとネットで番組の同時配信を検討するなど、放送と通信の融合が進む。ネット戦略を手探りする民放各社などもアベマの動向を注目している。

    「新年度をターニングポイントに赤字を減らしていく」…

    [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

    2019/11/13 11:00
    日本経済新聞 電子版
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52072890S9A111C1TJ1000/

    【サイバー、「アベマ」事業モデル見直し 課金に軸足】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2019/11/08(金) 14:57:23.53 ID:CAP_USER.net
    米アドビといえば、写真編集やグラフィックデザインなどを手がけるクリエイターならば知らぬ人はいないソフトメーカーだ。11月4日から米ロサンゼルス市で世界から1万5000人以上を集めるクリエイター向けイベントに参加し、同社の今後の方向性を探った。会場には日本人の姿を数多く見かける。アドビにとって日本は米国に次ぐ2番目の市場なのだ。

    同社のデジタルメディア事業部門担当の上級副社長兼ゼネラルマネージャー…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51853750W9A101C1000000/

    【サブスクで成功 Adobe、次の挑戦は若者受け】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2019/11/14(木) 02:02:00.67 ID:CAP_USER.net
    検索サービス「ヤフー」を展開するZホールディングス(HD)とLINEが経営統合に向けて最終調整に入った。LINEの対話アプリの利用者は約8千万人で、ヤフーのサービスは5千万人に上る。金融、小売りも手がける1億人規模のサービス基盤が誕生し、国内ネット産業の勢力図が大きく変わる。アジアを舞台に米国や中国のメガプラットフォーマーに対抗する。

    ヤフーとLINEの主な事業の合算規模
    Zホールディングスの株式…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52139820T11C19A1I00000/

    【ヤフーとLINE経営統合へ ネット国内首位に】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2019/11/05(火) 20:25:20 ID:CAP_USER.net
     Dropbox Japanは11月5日、一度に最大100GBのファイルを送ることができるファイル転送サービス「Dropbox Transfer」の正式提供を始めた。共同作業のためにファイルを共有する用途ではなく、完成したファイルをクライアントや社外に一方的に送るといったニーズに応える。

    転送する側は、dropbox.comでログインし「転送」をクリック。ローカル上のファイルをアップロードするか、Dropboxに保存したファイルを指定して、送信用のリンクを作成し、メールなどでURLを伝える。受け取る側はそのURLを開くと、ファイルをダウンロードできる仕組みだ。

     一度に転送可能なデータ容量は、Dropboxの料金プランごとに異なる。無料版のBasicでは100MBまで、有料版のPlus、Business Standardは2GBまで、Professional、Business Advanced、Enterprise、Educationは100GBまで。

     同社は7月に、Dropbox Transferのβ版を公開。利用希望者を募り、試験提供していた。β版はDropbox.com上でしか利用できなかったが、正式版ではDropboxデスクトップアプリやiOSアプリからも使えるようにするなど、機能を追加している。
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1911/05/news100.html

    【最大100GBのファイルを転送可能な「Dropbox Transfer」、正式サービス開始】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2019/10/30(水) 07:19:56.24 ID:CAP_USER.net
    次世代通信規格「5G」をめぐり、政府は日本企業が海外に後れをとっているものの、今後あらゆるものがネットワークでつながれば、ロボット技術や自動運転など日本が強みを持つ分野で挽回できるとして、具体的な戦略を検討することになりました。

    高速・大容量の次世代通信規格「5G」をめぐっては、関連技術の特許の保有数で海外企業が上位を占めているほか、スマートフォンなどに使われる通信用半導体の世界シェアも、アメリカ、韓国、台湾で8割を占めるなど日本企業の後れが目立っています。

    これについて、29日開かれた政府の未来投資会議では、民間議員から「5Gが普及した段階では、家電や自動車、医療機器などあらゆるものがネットワークでつながることになり、ロボットの遠隔操作や自動運転など日本が強みを持つ産業分野で挽回できるチャンスがある」などといった意見が出されました。

    これを受けて、安倍総理大臣は「国際競争力を有する自動車や産業機械といった完成品メーカーとも協力し、わが国の技術力を結集した国家プロジェクトを検討していく必要がある」と述べ、具体的な戦略の検討を関係閣僚に指示しました。
    2019年10月30日 5時19分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191030/k10012156131000.html

    【政府 「5G」普及後の具体的戦略検討へ】の続きを読む

    このページのトップヘ