IT

    • カテゴリ:
    1: 海江田三郎 ★ 2016/05/02(月) 09:39:44.68 ID:CAP_USER.net

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1604/30/news044.html

    米Googleは4月29日(現地時間)、同社が2004年から毎年公開している「創業者からの手紙」の本年版を公開した。

     同社は毎年、企業としての取り組みや方針についてをこの公開書簡で説明している。
    例年は共同創業者のラリー・ペイジ氏(現AlphabetのCEO)とサーゲイ・ブリン氏(現Alphabetの社長)の
    連名あるいはブリン氏の署名で公開してきたが、今回はGoogleが持ち株会社Alphabet傘下になった際
    にCEOに就任したスンダー・ピチャイ氏が主文を綴った。

    ピチャイ氏は、Google創業のころは、わずか3億人がデスクトップからインターネットにアクセスしていたのが、
    今では30億人がモバイル端末からアクセスするようになったという変化はあるが、
    「世界の情報を整理し、誰もが活用できる価値あるものにする」というGoogleの創業ミッションは変わらず、
    むしろモバイル中心になった今こそ、より重要になったと説明する。
     モバイル中心になり、ユーザーの(Googleへの)要求レベルはさらに高まっており、これに応えるために、
    同社は機械学習と人工知能(AI)を採用してきたという。
     Googleフォトの画像検索や自動アルバム作成機能、AlphaGoなどの成果は、まだ機械学習とAIのスタートに過ぎず、
    これらのテクノロジーは今後、日常的なタスク処理から地球温暖化対策や難病診断まで、幅広く役立てられるようになるとピチャイ氏は語る。
     「かつてはデスクトップを指していた“コンピューティング”は、今ではAndroid端末のようなスマートフォンやタブレット、
    Android Wearのようなウェアラブル、Android Autoのような車載コンピュータ、Google CardboardのようなVR HMDなど、
    様々な“スクリーン”で展開されている。コンピューティングは将来、その提供形態がどのようなものであれ、
    ユーザーの日常をサポートするインテリジェントアシスタントになるだろう。われわれは“モバイル第一”から
    “AI第一”の世界にシフトしていく」(ピチャイ氏)
    同氏はクラウドサービスや“残りの43億人”のための取り組みについても述べ、
    「Googleはこれからも、すべての人々のためのテクノロジーを構築するために努力を続ける。われわれにとって、
    テクノロジーとは製品やサービスのことではない。テクノロジーは民主化のための力であり、
    情報を通して人々を力づけるためのものだ。Googleは、創業当時から情報企業であり、現在もそうだ。
    人々がGoogleが提供する情報を駆使する様子は日々私を感嘆させ、鼓舞してくれる」と締めくくった。



    【GoogleのピチャイCEO、「時代はモバイル第一からAI(人工知能)第一へ」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 海江田三郎 ★ 2016/05/04(水) 09:46:35.26 ID:CAP_USER.net

    http://business.newsln.jp/news/201605030603400000.html

    オンライン有料ストリーミングサービス大手のHuluがTV放送のライブストリーミングサービスの提供準備を進めていることが1日、
    The Wall Street Jouornalの報道で明らかとなった。
    ユーザーがこのサービスを登録した場合、TV放送を受信できない環境に居たとしても、インターネットが利用することができれば
    Huluのサービスを通じて、TVを視聴することができるようになる。
    また、ユーザーはTV番組表を通じて、自分の好きな番組を予約録画することもできるようになっており、
    予約登録した番組については、後で見ることも可能となることとなる。

    Huluは、日本などでは比較的高いネームバリューを有しているが、米国内では、先行するNetflixに大きく遅れをとっていることもあり、
    一般のケーブルTV業者が提供している機能を提供することで、遅れを挽回することを検討している模様となる。

    ただし、米国ではミレニアム世代を中心に、既に「TVはもうほとんど見ない派」が増えてきており、
    このサービスがどれだけユーザーから受け入れられるかは見定め難いものともなっている。



    【Hulu、TV放送のライブストリーミング機能を提供へ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: テンバガー ★ 2016/05/03(火) 10:01:13.62 ID:CAP_USER.net

    http://blogos.com/article/173165/

    安倍首相は小学生から「プログラミング教育を必修化」と産業競争力会議で表明しました。教える人材を手当出来ない情勢から、
    街のパソコン教室以下とも言われる高校の必修科目「情報」の失敗を繰り返すのは必至です。「情報」はワードやエクセルなどを教えるだけの
    存在に成り下がったり、厄介者扱いで受験向け科目に振り替えられたりしています。2003年の必修化時にはそれなりの理想は掲げられていたのですが、
    情報専門の人材が高校に入ることはほとんど無く、教える先生の大半は数学などの教諭が夏休み3週間の講習会で免許取得認定を受けたのでした。
    今回も小中学校で同じことが起きると申し上げてはばからないのは、子どもの数が減っていく時期にぴたりと合致しているからです。

     18歳人口の推移グラフです。2003年の「情報」必修化はハイティーン人口が急速に減っていくタイミングで実施されました。
    高校側には新教科導入に即応する新しい人材を雇う余力など無かったのです。現在に至るまでも「情報」が専門の教員が採用される例はほとんどなく、
    他の教科の免許と併せ持つ先生ばかりです。そして、現在の中学3年生がグラフでどこに位置しているか、見てください。
    これから人口が減っていく入り口に立っていると知れます。

     安倍首相の表明を官邸19日の《産業競争力会議》から収録しましょう。
    《日本には、ITやロボットに慣れ親しんだ若い世代がいます。第四次産業革命の大波は、若者に『社会を変え、世界で活躍する』チャンスを与えるものです》
    《日本の若者には、第四次産業革命の時代を生き抜き、主導していってほしい。このため、初等中等教育からプログラミング教育を必修化します。
    一人一人の習熟度に合わせて学習を支援できるようITを徹底活用します》
     昨年末の第510回「米が小学校にコンピュータ科学導入は女子に効く」で米国がプログラミングを含むコンピュータ科学を教えるべく動き出したと伝えました。
    労働市場でプログラマーの需要に供給が追いつかない現状が背景にあります。
    こうした欧米の動きに刺激されたのでしょうが、日本と違って人口が増えていく米国なら子どもに教える人材を新規に雇うことも可能でしょうし、
    IT人材の質と量が日本に優っているのは明らかです。

     子どもが減っていく中で、現在でも学校教員の数は財務省の圧縮要請に文部科学省が激しく抵抗する状況です。
    安倍首相が言う十分なケアが出来るスタッフが小中学校に揃う可能性は限りなく小さいと思われます。

     日経の2014年《高校の「情報」科目、必修は名ばかり 簡単パソコン操作だけ》が
    《情報処理学会は8月、教員向けの講習を初めて開催し、指導力の改善に乗り出した》
    と伝えていますが、まさに焼け石に水としか言いようがありません。現状がまとめられているので紹介します。

     プログラミングは思いついたアイデアを数学上の手順に置き換えてコンピュータの処理として実現します。うまく作れればとても面白く、
    40年前に大学で希少だったディスク・オペレーティング・システム付きミニコンで対戦型麻雀ゲームを作って大学祭で遊んでもらった経験があります。
    隘路を突破していく発見の喜びを教えられれば子どもに刺激的な経験になるでしょうが、決まり切ったプログラミング手順を教えるだけの
    授業に止まるなら苦痛そのものです。長くウオッチしてきた立場からは人材・教材ともにかなり悲観的です。
    性急にプログラミング教育に走るより、2011年『日本人の4割はパソコン無縁:欧米と大きく乖離』で示したデジタル・ディバイド層を何とかする
    問題意識を持って欲しいところです。



    【小学生にプログラミング必修、失敗必至の愚政策】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/06(土) 12:03:53.48 ID:CAP_USER.net

    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160205-OYT1T50090.html

     料理レシピの投稿・検索サイト最大手のクックパッドは5日、創業者の佐野陽光あきみつ氏と、
    穐田誉輝あきたよしてる社長を中心とする現経営陣が、3月の株主総会で取締役の選任議案を
    一本化して提案することで基本合意したと発表した。

     経営方針を巡り対立関係にあった両者が、一転して歩み寄ることになった。
     佐野氏は、自身を含む8人の取締役を選任し、経営陣を入れ替える議案を株主総会に提案する考えを伝えていた。
    今後、クックパッドの経営陣を選ぶ指名委員会で佐野氏の提案を踏まえ、株主総会に諮る取締役の選任議案を決める。
    クックパッドは、「佐野氏と対話を続けてきた結果、本日基本合意に至った」(幹部)としている。

     2012年、佐野氏は取締役だった穐田氏と社長を交代した。その後も、同社は海外のレシピサイトを買収するなどし、
    業績は拡大していた。クックパッドの月間利用者数は5600万人を超える。



    【クックパッド創業者と経営陣、一転して歩み寄り】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 海江田三郎 ★ 2015/11/04(水) 10:53:17.39 ID:???.net

    http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/102700404/


    「無線LANにあまり大きな期待をしないでほしい」――。無線LAN関連の取材をすると、
    ネットワーク担当者や構築を支援したエンジニアの、こんな声をよく耳にする。
     無線LANは家庭ではもちろん、駅やコンビニエンスストアでも無料で利用できるようになっている。
    比較的新しい無線LANアクセスポイント製品には、1Gビット/秒を超える通信速度をうたうものも登場している。
    今や「どこでも高速に通信が可能な技術」、というイメージが定着しつつある(写真)。

     しかし、そのネットワークを構築・運用する“裏方”であるエンジニアは、思った以上に苦労しているようだ。
    とりわけ企業の中で使う無線LANは、スペース当たりのアクセスポイントの数が多く、快適な通信環境作りが難しい。
    冒頭の発言は、有線と同様の高速通信を期待する利用者への、いわば嘆きだ。

     こうしたふと漏れた一言には、無線LANを活用するうえでのヒントが隠されている。
    技術的な構築テクニックや運用手法とは異なるが、参考になる。取材時に耳にした無線LANエンジニアの本音を、いくつか紹介しよう。

    「テザリングを何とかしてほしい」
     エンジニアが最も悩んでいるのが、オフィスへの持ち込み端末問題だろう。従業員が所有する
    モバイルルーターや、テザリング可能なスマートフォンが無線LANの電波を発し、オフィスにおける電波干渉源になっている。
    「本当はそんな物持ち込むなと言いたいが、そうもいかない」という声を多く聞く。

     外出先でモバイルルーターを使って、そのまま帰社すれば、オフィス内にアクセスポイントが1つ増えたのと同じこと。
    こうした従業員が増えれば、無線LANの電波状況は悪くなる。パソコンなどが無線LANに接続しにくくなったり、通信速度が低下したりする原因となる。
     せっかく快適に通信できるよう設計をし、アクセスポイントを配置しても、台無しになる。
    持ち込み機器の無線LAN機能が仕様する周波数帯は、主に2.4GHz帯。今や多くの企業において、
    2.4GHz帯は非常に「混雑」する帯域となってしまっている。
     対策として有効なのは、5GHz帯の無線LAN技術を使うことくらいしかない。ただ、パソコンやスマートフォンには
    、5GHz帯に対応していない機種が少なくない。企業が全面的に5GHzに軸足を移すのは難しいのが実状だ。

    (続きはサイトにて)



    【大きな声では言えない無線LANエンジニアの本音「テザリングを何とかしてほしい」】の続きを読む

    このページのトップヘ