IT

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/12(水) 20:11:49.19 ID:CAP_USER.net
    「Firefox」の新版が米国時間12月11日にリリースされた。ウェブをさらに興味深いものにし、利便性を高めたり、生産性を向上させたりするようなオプションを試しやすくなった。

     「Firefox 64」には「Contextual Feature Recommender(CFR)」という機能が追加されている。Mozillaによると、ユーザーの次の操作を想定し、その操作に役立つ拡張機能や各種機能を勧めるという。たとえば、ユーザーが同じタブを何度も開いている場合、今後アクセスしやすくなるよう、タブストリップにピン留めするよう提案する。ほかにも、Facebookがユーザーのウェブ閲覧を追跡できないようにする「Facebook Container」、Googleの翻訳サービスを利用できる「Google Translate」、「YouTube」でユーザーエクスペリエンスを向上させる「Enhancer for YouTube」などの拡張機能をインストールするよう提案される場合がある。

     この機能によって、Firefoxを自分の好きなようにカスタマイズしやすくなることも想定される。このことは、ブラウザ市場で「Google Chrome」が支配的地位にある中でも、ユーザーがFirefoxを使い続ける理由になるかもしれない。そしてMozillaが、実質的にChromeに支配されるだけではない、プライバシーを尊重するウェブを推進しようと追及することにつながるかもしれない。

    またこの機能は、拡張機能の開発者が自作のツールをFirefoxにもたらす動機になる可能性もある。拡張機能はかつてFirefoxの大きな利点だったが、Mozillaがその技術を見直したために動作しなくなったものが多数ある。現在はChromeがさらなる拡張機能を提供している。

     拡張機能は、ブラウザをカスタマイズする優れた手段だ。ユーザーが別のブラウザに乗り換えるないよう引き止められる可能性も高まる。新しいブラウザがユーザーの好きなように動くようにすることは、面倒であり非常に難しい場合もあるためだ。Mozillaはユーザーや利用数の減少に直面している。Firefoxを利用しているユーザーを維持し、利用していないユーザーにアピールする狙いがあるのは明らかだ。

     CFR機能は通常のブラウジングモードで米国のユーザーのみに提供される。プライベートブラウジングモードでは表示されない。また、Mozillaがユーザーのブラウザ履歴のコピーを取得することはない。

     さらにFirefox 64では、タブを処理する機能が改善されている。Ctrlキーを押しながらクリックして、複数のタブを選択できるようになっている。
    https://japan.cnet.com/article/35129994/

    【「Firefox 64」公開、機能の提案やタブ管理を強化】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/11(火) 19:27:23.76 ID:CAP_USER.net
    ウェブシステムへのサイバー攻撃が後を絶たない。顧客情報が流出して、企業として信頼を損なう事例が相次いでいる。こうした状況を打開するため、ウェブに特化したセキュリティー試験が始まる。第一人者を監修に迎えて、サイト運営者や開発者の受験を見込む。セキュリティー人材が慢性的に不足するなかで、新たにオープンな門戸を設ける。

    ウェブ向けで利用されるプログラミング言語「PHP」の技術認定などを手がける社団法人PHP技術者認定機構(東京・世田谷)が新たな試験を2019年春から始める。この「ウェブ・セキュリティ試験」は、ウェブシステムの開発者や一般企業の運営担当者などを対象にする。

    試験の監修は同分野に詳しく、解説書で著名なコンサルタント、EGセキュアソリューションズ(東京・港)の徳丸浩代表取締役が務める。「セキュリティーの知識を底上げしたい」。今回の試験の狙いを話す。

    「ウェブシステムへのサイバー攻撃の被害が相次ぐ。原因のひとつは絶対的な知識不足だ」(徳丸氏)。そもそもサイバー攻撃による被害は、古典的な手口によるものが多いという。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38742120Q8A211C1X20000/

    【ウェブ特化のセキュリティーの新試験、第一人者が監修】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: trick ★ 2018/12/04(火) 23:28:13.01 ID:CAP_USER.net
    MicrosoftがEdgeに代わり、Chromuimベースの新ブラウザを開発中とのうわさ - Engadget 日本版
    https://japanese.engadget.com/2018/12/04/microsoft-edge-chromuim/

    Windows 10の標準ブラウザであるEdge。人気ブラウザのChromeよりもメモリ消費量が少なく、またWindows 10のタイムライン機能にも対応するなど、それなりのメリットもあるのですが、シェアは低迷が続いており、WEBで使用されるブラウザやOSのシェアを調査しているNet MarketShareによると、11月のシェアは4%ほどに留まります。

    MicrosftはそんなEdgeに代わり、Chromeも採用するオープンソースのレンダリングエンジンであるChromiumを使った新ブラウザ、コードネームAnaheimを開発しているとMicrosoftの動向に詳しいテックメディアWindows Centralが報じています。

    MicrosoftとChrome(Chromium)の関連と言えば、Microsoftの技術者がChromiumのGerritソースコードに大量のコミットを行っているとの話もありました。このときは、Windows 10のARM版で動作するChromeを開発するために協力しているのではと考えられていましたが、実際には、Anaheimのためなのかもしれません。

    なお、Microsoftの情報に詳しいWalking Catによると、Edgeはもともと複数のレンダリングエンジンに対応しているとのこと。これは、初期にIEとEdge、2つのレンダリングエンジンをサポートするために使われていたようです。

    WalkingCat
    @h0x0d
    the architecture of Edge app supports multiple rendering engine since the beginning, it used to support IE/Edge dual engines in the early days... ?
    10:53 - 2018年12月4日
    https://twitter.com/h0x0d/status/1069771550063132672

    このためEdgeのUIのままChromiumを採用するのか、まったく新しいブラウザとなるのかは定かではありません。登場時期も不明ですが、Windows Centralは、2019年第1四半期にWindows InsiderのFastリングで登場するのを期待するとしています。

    MicrosoftはWindowsの新エディションを開発しているとの噂も出ており、2019年は何か大きな変化がありそうです。
    (deleted an unsolicited ad)

    【MSが新型ブラウザ「アナハイム」を開発中】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/11/28(水) 14:31:15.20 ID:CAP_USER.net
     Amazon Web Services(AWS)は米国時間11月27日、世界初の試みとして、人工衛星との通信を行う地上局をフルマネージドサービスとして提供すると発表した。同社の最高経営責任者(CEO)Andy Jassy氏によれば、このサービス「AWS Ground Station」は、衛星データのアップロードやダウンロードを取り扱う簡単な手段がないという顧客の要求に応えて作られたものだという。
    AWS Ground Station – Ingest and Process Data from Orbiting Satellites | AWS News Blog (英文)
    https://aws.amazon.com/blogs/aws/aws-ground-station-ingest-and-process-data-from-orbiting-satellites/
    https://media.amazonwebservices.com/blog/2018/gs_sat_2.jpg

     Jassy氏は、同社が現在2カ所の地上局を所有しており、2019年中頃までにさらに10カ所の地上局を整備する予定であることを明らかにした。

     「データを取得してそれで何かをしようとする際には、そのデータを保存し、処理し、アナリティクスを実行するための何らかのインフラを必要とする」と同氏は言う。

     「そのようなインフラは複雑であるだけでなく、コストもかかる。(中略)『宇宙には非常に多くのデータがあり、それらのデータを利用できる応用分野も非常に多い』という声が顧客から上がっていた」(Jassy氏)

     同氏は、AWSは世界中に19のリージョンを持っており、さらに5カ所のリージョンが準備されているため、人工衛星が生成する大量のデータを受信して保存し、処理し、分析できるだけの面積をカバーできると述べている。

     Jassy氏によれば、AWS Ground Stationは、Amazon EC2がコンピューティングパワーの調達コストを引き下げたのと同じ効果を、地上局にも及ぼすという。

     各地上局は特定のAWSリージョンと結びついており、衛星から受信した生のアナログデータは、データストリームに処理され、EC2のインスタンスで信号処理を行ってバイトストリームに変換される。

     現在このサービスのプレビュー版を利用しているユーザーの名前には、宇宙関連事業を手掛けるLockheed MartinやCapella Space、Open Cosmosなどが挙がっている。

     AWSは、2019年中頃までに12カ所の地上局を整備した後、利用状況と需要を見た上で、必要に応じて地上局やアンテナを増やしていく計画だ。

     利用料はダウンリンクの利用時間に応じて分刻みで課金され、前払いのオプションも用意される。

     またAWSは、Lockheed Martinの新サービス「Verge」との連携を発表した。Vergeは、増大する需要に対応する、低コストで回復力の高い衛星地上間通信ソリューションだ。

     Vergeは、複数のデータストリームを受信できる低コストな地上局のネットワークで受信したデータを、AWSクラウドから利用できるようにする。

     現在利用されているパラボラアンテナは、1度に1つの人工衛星としか通信できない。低軌道人工衛星は今後10年間で1万6000基まで増加すると予想されており、従来の方法では十分に衛星のデータを利用できないという問題がある。Lockheed MartinによるとVergeの顧客は、高コストな地上局ネットワークを構築しなくても、高い頻度でより多くのデータを受信し、クラウドで容易に利用できるようになるという。

    ロッキード・マーティンによるPDF資料
    https://www.lockheedmartin.com/content/dam/lockheed-martin/space/documents/verge/PRODUCT%20CARD_Verge_v6.pdf

    2018年11月28日 12時12分
    ZDNet Japan
    https://japan.zdnet.com/article/35129305/

    【衛星通信地上局をフルマネージドサービスとして提供する「AWS Ground Station」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2018/11/26(月) 18:50:20.24 ID:CAP_USER.net
    日本レコード協会(RIAJ)は21日、2018年第3四半期(7~9月)の音楽配信売上実績を発表した。音楽配信売上は、前年同期比108%の157億1,300万円。2018年1月~9月累計の音楽配信売上は、前年同期比112%の478億2,300万円となった。

    このうち、サブスクリプション(サブスク)の音楽が前年同期比125%の76億1,300万円、サブスク音楽ビデオが同92%の1億2,400万円、広告をあわせたストリーミングの合計は前年比127%の85億5,700万円。

    一方、ダウンロードは合計61億7,700万円。ストリーミングサービスの売り上げがダウンロードを大きく上回った。売上金額構成比はストリーミングが54%、ダウンロードが39%。
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1155109.html

    【ストリーミング音楽は約54%でダウンロード超え、前年比27%増】の続きを読む

    このページのトップヘ