IT

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2019/06/07(金) 23:45:21.86 ID:CAP_USER.net
    システムを構成する機能を切り分けた「マイクロサービス」の活用が進んでいる。プログラムが複雑に入り組んだ「スパゲティ状態」に陥る事態を避けて、開発や運用を容易にする。眼鏡専門店「JINS」を運営するジンズは、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」基盤に採用した。

    【前回記事】クラウド仮想化の進化形、「コンテナ」の正体

    「アプリケーションやデータの種類を柔軟に変えられるようになった」。眼鏡販売大手の…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44083340T20C19A4000000/

    【さらばスパゲティコード、「マイクロサービス」で分割】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/06/03(月) 19:13:07.81 ID:CAP_USER.net
    政府が6月中旬にも閣議決定する新たなIT(情報技術)戦略の概要が明らかになった。自治体が全国に設置している約20万基の信号機をNTTドコモなど国内通信4社に開放し、次世代通信規格「5G」の基地局として利用できるようにするのが柱だ。既存の設備を使うことで世界で競争の激しい5Gを低コストでスピードも早く普及させることができる。自治体は自動運転の実現や災害時の情報伝達などに利用する。

    信号機の5G利用…

    [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

    2019/6/3 18:00
    日本経済新聞 電子版
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45619080T00C19A6MM8000/

    【5G基地局に信号機開放 全国20万基、23年度に】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2019/06/05(水) 06:11:10.06 ID:CAP_USER.net
    楽天とNECは、次世代通信規格「5G」の基地局を整備する。クラウド技術を使ってコストを抑えた基地局向けの無線アンテナを共同開発し、2024年度末までに全国約1万6千カ所で展開する。米中貿易戦争で中国・華為技術(ファーウェイ)製品の調達リスクも目立つ中、楽天とNECは国産技術を使い5Gの普及を図る。NECはアンテナ技術を中核に海外展開も視野に入れる。

    携帯電話のインフラ構築には、基地局間の通信を担…
    2019/6/5 2:00
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45690500U9A600C1MM8000/

    【楽天とNECが5G基地局 国産技術で低価格インフラ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2019/03/30(土) 00:36:53.29 ID:CAP_USER.net
    新たな元号を予想する動きが、インターネットの「住所」ともいえる「ドメイン」にまで波及しています。元号の予想をアルファベットに置き換えるなどしたドメインの取得が相次いでいて、新元号の発表後には、ドメインの取得合戦や高値での転売に発展するという見方も出ています。

    インターネットのドメインは、アルファベットや数字などの自由な組み合わせで誰でも取得できるほか売買も可能で、高値がつきそうな文字の組み合わせに目を付けてドメインを取得する人たちは、「ドメイナー」とも呼ばれています。

    天皇陛下がお気持ちを表明された平成28年から今月にかけて、新元号の予想にちなんだとみられるドメインが新たに取得されるケースが相次いでいます。

    ネット上で話題になった元号の予想がアルファベットに置き換えられたものに加え、末尾が「jp」のドメインでは漢字が用いられたものもみられます。

    ドメインに関する調査などを行う「日本ネットワークインフォメーションセンター」は、新元号にちなんだ文字の組み合わせで転売をねらう、いわば「元号ドメイナー」が登場しているとみていて、新元号の発表後はドメインの取得合戦や高値での転売に発展する可能性もあるとしています。

    センターは「国内でインターネットが本格的に普及してから改元が行われるのは初めてで、今回の動きはネット時代ならではの現象といえる」と指摘しています。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190329/k10011866471000.html

    【”新元号予想ドメイン”の取得相次ぐ そのねらいは?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2019/02/13(水) 12:09:00.52 ID:CAP_USER.net
    【シリコンバレー=白石武志】米アップルが今年後半に始めるとされる定額制のニュース配信サービスについて、参加を交渉中のニュース配信元に対し利用者からの収入の約5割の取り分を主張していることが12日、わかった。一般的なアプリ配信サービスの手数料は最大でも売上高の3割とされており、アップルの強気の姿勢はニュース配信元の反発を招く可能性がある。

    米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)など米メディアが12日、関係者の話として報じた。アップルは複数の米メディアとの交渉の中で、加入者から得られる収入の約5割を自社が受け取ることを主張し、残りは利用者が記事を読むのにかけた時間に応じてニュース配信元に配分するしくみを提案しているという。

    アップルが交渉の際に示した条件では、ニュース配信元はクレジットカード情報や電子メールアドレスなどの加入者情報を閲覧できないことになっているという。ニュース配信元にとっては自前の顧客基盤の開拓につながらないため、米メディアの間ではアップルの条件を受け入れるニュース配信元は限られるとの見方も出ている。

    定額でニュースが読み放題となるサービスは、アップルの自前のニュースアプリの新機能として追加されると見込まれている。月額料金は明らかになっていないが、米メディアでは月額10ドル前後になる可能性があると報じられている。一連の報道について、アップルの広報担当者は日本経済新聞社の問い合わせにコメントを拒否した。

    アップルは中国景気の減速などで主力のスマートフォン「iPhone」が販売不振に陥り、2018年10~12月期決算は9四半期ぶりに減収になった。今後はアプリ配信やクラウドサービスなど端末上の各種サービスに力を入れる方針を示しており、定額制のニュース配信もその有力な柱の一つとして注目を集めている。
    2019/2/13 9:59 (2019/2/13 11:34更新)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41198390T10C19A2TJC000/

    【アップル、ニュース配信元と売り上げ「折半」主張 計画中の定額制サービスで】の続きを読む

    このページのトップヘ