ファッション

    1: ノチラ ★ 2017/11/29(水) 13:37:40.54 ID:CAP_USER.net

     スタートトゥデイの前澤友作社長は、身体を瞬時に採寸できるというセンサー内蔵ボディスーツ「ZOZOSUIT」で、足の採寸機能の研究開発を進めていることを明らかにした。足を正確に採寸することで、「ぴったりの靴」がネットで購入しやすくなる。11月下旬に配布スタート予定の第1弾「ZOZOSUIT」には実装されていないが、「なるべく早いタイミング」でリリースしたいという。

     ZOZOSUITは、伸縮センサーを内蔵した採寸用のボディースーツ。ZOZOTOWNアプリを起動したスマートフォンをかざすと、Bluetoothで通信し、全身の1万5000カ所を精密・瞬時に採寸できるという。ZOZOTOWNで無料配布しており、11月下旬以降、順次発送される予定だ。予約が殺到しているようで、現時点での配送予定は「1月下旬ごろ」となっている。

     前澤社長はこのほどTwitterで、「もちろん靴用に足の採寸もできるようにします」とコメント。「足の場合、寸法だけでなく、立った時や歩いた時の加圧も重要になります。身体以上にZOZOSUITのセンサー技術が活きる部分でもあり、なるべく早いタイミングでのリリースに向け、絶賛研究中です」としている。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/29/news069.html



    【ZOZOSUIT、「足の採寸」研究中 「ぴったりの靴」ネット購入可能に】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/11/22(水) 17:08:35.00 ID:CAP_USER.net

     衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイは22日、かねて立ち上げを公言していたプライベートブランド(PB)について詳細を公開した。ブランド名は「ZOZO(ゾゾ)」。体の寸法を瞬時に採寸できる伸縮センサー内蔵のボディースーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」を無料配布するという。同日よりゾゾスーツの予約を開始した。

    詳細は不明だが、身体のサイズデータを記録し、一人ひとりにフィットする洋服を受注生産でつくるとみられる。今月末にも商品の販売を始める見込み。

     前沢友作社長はツイッター上でPBについて「人が服に合わせる時代から、服が人に合わせる時代へ」とコメント。ボディースーツは「圧倒的な速度で世界中に無料で配りまくり、体重計や体温計のように一家に一台の存在にします」としている。

     仮に、同社が顧客の身体のサイズデータを保持できるようになれば、最適なサイズだけをゾゾタウンのサイトで購入できるなどの発展も可能になりそうだ。

     22日は前沢社長の42歳の誕生日にあたる。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23787850S7A121C1000000/



    【スタートトゥデイ、PB「ゾゾ」発表 ボディースーツで全身採寸】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/10/31(火) 20:56:20.06 ID:CAP_USER.net

    「ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)」は、ブランド初となるランドセルを11月末から販売する。「ポロ ラルフ ローレン チルドレン(POLO RALPH LAUREN CHILDREN)」の扱いのあるショップでオーダーを受け付け、納期は2018年2月を予定する。

     フラッグシップモデルは、一部にコードバンを使用したもので20万円。かぶせを開くとポロプレイヤーをモチーフにしたエンボス仕様のエンブレムが現れる。また、かぶせ裏はネクタイからスタートした「ポロ ラルフ ローレン」らしく、伝統的なレジメンタルストライプ柄となっている。それでいて、ショルダーベルトには夜でも安心なリフレクター鋲を採用するなど、機能面への配慮も抜かりがない。

     他にも、かぶせ裏にタータンチェックを使ったモデルや、女児受けしそうなパステルカラーのモデル。一転、男児が喜びそうな側面にライン取りを施したスポーティなモデルまで、ラインアップは幅広い。6歳児を持つ親や祖父母にとって、ランドセル選びは一大行事。「ポロ ラルフ ローレン」がそんな悩める大人たちに、新たな選択肢を用意した。
    https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/src.wwdjapan.com/admin/v2/wp-content/uploads/2017/10/31125929/171030_polpschoolbag_01.jpg
    https://www.wwdjapan.com/503691



    【ブランド初!「ポロ ラルフ ローレン」のランドセル】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/09/07(木) 17:16:15.13 ID:CAP_USER.net

    https://d1gqg3pzboxq0p.cloudfront.net/admin/v2/wp-content/uploads/2017/09/07102327/170907-ZOFF-01.jpg
    オンザヒルは、女性に特化したアイウエアショップ「ビューティ・オプティカル・サロン」を9月7日、ルミネ新宿2の2階にオープンした。アイウエア選びに精通した専属スタッフ“ビューティ・オプティカル・アドバイザー”が常駐し、客をカウンセリングしながら、ファッションやヘアスタイル、メークに合わせたアイウエア選びを提案することが特徴だ。ターゲットである20代後半から40代女性の「似合うメガネがわからない」に応える。

     従来の眼鏡専門店とは一線を画し、リラックスしてコミュニケーションができる空間をイメージして、店名は“サロン”とネーミングした。商品は、ファッションや美容にこだわる女性を意識したショップオリジナルブランド「ユノ(YUNO)」を中心に販売する。価格は、標準レンズ代込みで1万4000~2万3000円。

     オンザヒルは、「ゾフ(ZOFF)」を運営するインターメスティックの100%子会社で、今年6月に設立された。同社の田口進・社長は、「新しい顧客層を開拓するための1号店。リアルな市場ニーズを吸収し、年間4~5店舗のペースで拡大したい」と話した。
    https://www.wwdjapan.com/465897



    【「ゾフ」子会社が女性のためのアイウエアショップオープン】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2017/04/27(木) 04:30:00.65 ID:CAP_USER.net

     京都大アメリカンフットボール部(京都市左京区)が、紳士服大手のAOKI(横浜市)と共同でアスリート向けスーツを新開発した。ニーズ調査に全部員が協力したほか、商品のPR動画にモデルとして出演している。昨夏に一般社団法人を設立した同部の活動展開の一環。学生の就職活動真っ盛りの春、異色のコラボが注目を集めている。

     神妙な顔で着替える選手たち。その服装はユニホームではなく、スーツに革靴…。同社がホームページ上で公開している「アスリートMAXスーツ」のPR動画の一場面だ。大柄な選手がスーツ姿で駆け回り、高い伸縮性や幅広いサイズ展開をアピールしている。昨夏、同社が初めて手掛ける商品の開発に際し、同部に協力を打診した。同社広報室は「京大アメフット部は長い歴史を持つ人気チーム。法人を設立したばかりでもあり、ぜひ一緒に取り組みたかった」と経緯を説明する。

     同部も法人設立を契機にスポンサーを広く探し始めた矢先だった。シーズン終了後、特に大柄な部員約30人を選び、それぞれの一着を製作。モデルとなって動画を撮影した。三輪誠司ゼネラルマネジャーは「新ブランドの開発を図る同社とわれわれの狙いが合致した。就活中の部員も多いためスーツの提供も大きなメリット。今後も学生スポーツとのコラボにふさわしいスポンサーを見つけたい」とさらなる展開を模索する。

     新スーツは京滋エリアでは京都四条西院店(右京区)で買えるほか、オンラインショップでも販売中。

    【 2017年04月26日 17時00分 】
    http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20170426000095
    http://www.kyoto-np.co.jp/picture/2017/04/20170426151757kyodai.jpg



    【アスリートスーツ開発 京大アメフット部とAOKIコラボ】の続きを読む

    このページのトップヘ