自動車

    1: 海江田三郎 ★ 2017/03/29(水) 20:10:07.06 ID:CAP_USER.net

    https://www.autocar.jp/news/2017/03/29/213461/
    https://www.autocar.jp/wp-content/themes/base/timthumb.php?src=https://www.autocar.jp/wp-content/uploads/2017/03/leaf_170329_001.jpg&h=440&w=660&zc=1
    https://www.autocar.jp/wp-content/themes/base/timthumb.php?src=https://www.autocar.jp/wp-content/uploads/2017/03/leaf_170329_004.jpg&w=660&zc=1

    [編集部より]
    日産リーフ新型の開発車両を初撮りしました。トランク部分の形状が随分変わります。本当に550km走行可能なら、EVも実用的に?

    2018年に登場する次世代型リーフは、スタイリングに大きな変更を受ける。それは新型マイクラのデザインを踏襲したものになるだろう。
    撮影に成功した開発車両は、カモフラージュが施されているものの、日産ファミリーのフロント・フェイスと、
    ジュークのようなV型テールライト・クラスターを確認できる。またトランクは、現行世代のものよりも一般的な形状になるようだ。
    リーフ新型 2018年登場? 航続可能距離550kmへ

    既報の通り、新型リーフは550kmの航続が可能なバッテリーパック・オプションを設定する。これは現行モデルの
    高性能仕様に搭載される30kWhのリチウム・イオン・パックにくらべて、2倍となる60kWhのパックとなる見込みだ。
    また、航続可能距離250kmという30kWh仕様がエントリー・グレードとして用意され、新型のラインナップは、
    テスラのようにパフォーマンスに応じて数車種用意されるようだ。
    日本ではセレナでお馴染みのプロパイロットを導入

    日産は、新型リーフが単一車線の自動運転を可能にするプロパイロット機能を搭載すると認めている。
    また日産のデザイナーは、第2のエレクトリック・モデルの計画が進行中であり、これはサルーンやSUVといったボディ・スタイルになると示唆している。



    【日産リーフ新型の開発車両を初撮り、航続可能距離は最大550kmか】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/03/23(木) 07:57:36.76 ID:CAP_USER.net

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201703/CK2017032302000125.html


    国土交通、経済産業両省は二十二日、自動車メーカーが乗用車のカタログに掲載する燃費に関し、
    市街地、郊外、高速道路の三種類の走行を想定した数値と平均値の計四種の表示を義務付けることを決めた。現
    在は平均値だけが掲載されているが、実際の燃費は一~四割悪いとの指摘を受け、実走行に近い数値の表示を目指す。
     両省は六月をめどに制度を改正し、メーカーには二〇一八年十月以降の新型車からカタログでの新表示を義務付ける。
    ガソリン車、ディーゼル車、ハイブリッド車(HV)が対象で、メーカーは今夏以降、新表示のカタログの導入を進めるとみられる。
     新たに表示するのは、信号や渋滞の影響を受け低速の「市街地」、信号や渋滞の影響があまりない「郊外」、
    高速道路を走行する「高速道路」。これに加え三つの数値から算出した平均値も掲載する。
     現在のカタログ燃費は国がさまざまな速度での走行を想定した測定結果から平均値のみを算出して表示している。
    新表示では走行状況に応じた燃費が分かりやすくなり、ドライバーが使用条件に合った車を選びやすくなるメリットがある。
     車の燃費を巡っては、昨年四月以降、三菱自動車のデータ改ざんや、
    スズキによる法令と異なる方法での測定といった不正が発覚した。新表示により測定方法が厳密になるため、不正を防止する効果も期待されている。



    【乗用車のカタログ燃費 市街地・郊外・高速の走行別に表示へ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/03/17(金) 18:17:21.66 ID:CAP_USER.net

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1703/17/news080.html
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1703/17/kf_jaf_01.gif

     「大根もばっさり切れる!」――日本自動車連盟(JAF)はこのほど、自動車の窓を自動で開閉する
    パワーウインドーに手や頭を挟み込まないよう、Webサイトで注意を促した。窓の閉まる力を検証したところ、軽自動車では大根が切れるほどだったという。

     昨年11月に2歳の男児が首をパワーウインドーに挟まれ心肺停止に陥る事故が発生。
    JAFが使用時の注意を促すために、パワーウインドーが閉まる力の強さ、挟み込み防止機能の作動状況などを調べた。

     軽自動車(ホンダ「N-BOX」)、セダン(トヨタ「プリウス」)、ミニバン(日産「セレナ」)の3車種で窓が閉まる力を検証。
    セダンには全ての窓に挟み込み防止機能が備わっていたが、他2車種はそうではなく、閉まる力に約7~34.6kgfと
    差があると分かった(kgfは、1キログラムの物体に働く重力の大きさの単位)。軽自動車とミニバンの窓が閉まる力を
    大根やゴボウでテストしたところ、どちらも簡単に切れたという。

    さらに「閉まりかけた窓を片手か両手で止められるか」をミニバンの後部座席で試したところ、
    8歳児は両手でも窓を止められず、30代女性は両手では止められるが、片手では難しかった。50代男性は片手でも止められたが、
    止めるのが精いっぱいで、下げることはできなかったという。

     検証結果を基に、JAFは「子どもを乗せる際には十分注意が必要」と注意喚起。ドライバーが助手席や後部座席の窓を閉めるときは、
    安全を確認した上で「窓を閉めるよ」などと声をかけるように呼び掛けている。



    【自動車のパワーウインドーで「大根もばっさり切れる!」――手や頭を挟まないで JAFが注意喚起】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/03/18(土) 15:56:47.98 ID:CAP_USER.net

    https://nikkan-spa.jp/1298144
    https://nikkan-spa.jp/wp-content/uploads/2017/03/auto_170307_01-550x366.jpg

    性懲りもなく、女子にモテるクルマを探している当欄ですが、ついにロールス・ロイス並みの
    モテグルマに出会いました。それがテスラのEV(電気自動車)第3弾のモデルX。
    担当Kの目にはゲンゴロウのように見えましたが、ガルウィング(後席)を開くと、高貴な感じムンムンです。そんなモデルXのモテ度合を検証してみました!

    天才的起業家、テスラCEOのイーロン・マスクはまだまだでした。涙
     私はテスラ社およびスペースX社のCEOであるイーロン・マスク氏を大尊敬している。それは主にロケット事業における限りない野望に対してだ。
     私はロケット打ち上げ見物マニア。マニアと言ってもたった6回しか見に行ってないし、うち2回は打ち上げ延期で見られなかったが、
    しかしロケット打ち上げの神々しさは言語に絶する。あれほどの超絶精密機械をわずか数分間で燃焼させ尽くし、
    重量にして数%程度の衛星部分を残して宇宙の藻屑にするのだ。その高貴さたるや、スーパーカーの比ではない。
     もちろんロケットの使い捨てについては「もったいない」という声が以前からあり、それでスペースシャトルが生まれたわけだが、
    実際使ってみたら使い捨てロケットのほうが安上がりでした!っつー本末転倒で、6年前に退役した。
     ところがイーロン・マスク氏は、それを「ロケットの垂直着陸&再利用」という、想像を絶する精密制御によって克服しようとしているのである!
     しかもNASAじゃなく民間の技術力で! 涙が出る。
     そんなイーロン・マスクが作った電気自動車の第3弾が、このテスラモデルXです。第1弾はスポーツカー、第2弾はセダンでしたが、第3弾はSUVとなりました
    このクルマ、すでに昨年9月から日本でも受注が開始されているが、本誌も今回ようやく乗ることができました。

    で、実物を見た瞬間に思ったのは、「このクルマは絶対モテる!」ということだった。

    理由その1/女子はデカくて見晴らしのいいSUVが大好き。
    理由その2/女子は高級感が大好き。
    理由その3/女子はセレブリティ(有名人)が大好き。

     私には原体験がある。ロールス・ロイス ファントムに女子を乗せた時の上気した顔である。あれにまさるモテグルマはあるまい! 後席じゃないとダメですけど。
     ロールスはSUV並みに背が高くて超高級。加えてロールス・ロイスという名前。これらに女子はイチコロなのである。
    テスラ モデルXはそれに近い! デカくて見晴らしがいいしイーロン・マスクは億万長者のセレブリティだし
    後席ドアはガルウィングだしシートはカリスマ美容院みたいで超オシャレ!

    中身は相変わらずのテスラの電気自動車で、加速はスーパーカー並みに凄くウルトラ静かで半自動運転もできる。
     まあ半自動運転は運転しない女子とは無関係ですが。あと、ハンドルから手を離してる写真を雑誌に載せると怒られます(経験あり)。

     航続距離は、今回試乗した「P100D」という最上級グレードで542km。最大出力は539馬力なのでノートeパワーの約5倍。
    さすが超大国アメリカですなあワッハッハ。お値段は1728万3000円。ちいとばかりお高いがロールスの約3分の1だ。
    電池容量控え目な「75D」(航続距離417km/333馬力)なら、1115万円で買えておトクです。

     というわけで、「これはロールスに比肩するモテグルマに違いない!」と確信したワタクシでしたが、
    実際のところはどうなのか? 扶桑社出入りの20代女子10名に写真を見せ、アンケート調査を試みました。
    「ドア(ガルウィング)がイヤ(ダサい、恥ずかしい、人前で乗り降りしたくないなど)」(10名中4名)

     女子ってこんなにガルウィングが嫌いなのかよ~~~~!
     その他「ポケモンみたい」「空を飛びそう」「かわいくない」「クルマオタクっぽい」など8割方否定的なコメントが並んだ。
    イーロン・マスクについても、10名全員が「知らない」と回答。ちなみにビル・ゲイツは全員知っていたが、
    「海外の俳優」との回答が2名(笑)。ドナルド・トランプでようやく全員正解でした。

     ……もうクルマでモテようと考えるのは、やめることにします。涙。

    写真を見せただけでは20代女子にモテませんでしたが「電気自動車なのに500kmも走れるよ!」と言ったら、少し興味を示してくれました



    【「ガルウィングはイヤ。ダサい恥ずかしい」…テスラの新型EV「モデルX」女子からの評価が最悪だったことが判明】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/03/14(火) 09:33:32.78 ID:CAP_USER.net

    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170314-OYT1T50010.html

    自動車にドライバーの運転を補助する安全運転機能を取りつける動きが広がっている。

     高齢者の事故減少を目指す政府の後押しもあり、2020年には国内で生産されるほぼ全ての
    乗用車に自動ブレーキ機能が搭載される見通しだ。ただ、機能の高度化で新車の価格は上昇しており、消費者の負担は増えている。

     ■標準装備に
     自動ブレーキは前方にある車や障害物を確認すると作動し、自動的にブレーキをかける装置だ。
    火付け役は富士重工業の安全運転支援システム「アイサイト」。10年に改良して装備させた際に知名度が上がり、車選びの新たな目安となった。

     マツダは13日、17年度中に、国内で販売するほぼ全ての車種に自動ブレーキ
    を標準装備すると発表した。価格の安いグレードにも搭載し、「安全性能にも優れたブランドを目指す」(広報)という。



    【自動ブレーキ、20年には全車に搭載へ 新車価格が更に値上がりも】の続きを読む

    このページのトップヘ