自動車

    1: trick ★ 2017/09/01(金) 23:54:28.46 ID:CAP_USER.net

    新型ホンダN-BOXが200万円超え!軽自動車の価値とは? (All About) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170901-00005907-nallabout-prod
    9/1(金) 21:20配信

    ◆なぜ軽自動車の価格が上がっているのか?
    軽自動車の車両価格が200万円を超える――。10年前では考えられなかったことだが、8月31日に発表され、9月1日から発売された新型ホンダN-BOXの一部グレードはついに大台を超えた。価格が上がっている理由、軽自動車の価値を新型N-BOXを交えながら考えてみたい。


    ◆初代は同社史上最速で100万台を突破

    いまやホンダを支える大黒柱のホンダN-BOX。初代は同社史上最速で100万台を突破し、発表されたばかりの新型シビックよりも一部のクルマ好きをのぞいた、一般の注目度は高いかもしれない。

    2代目にスイッチした新型ホンダN-BOX/N-BOXカスタムの価格帯は、138万5640円~208万0080円。ついに、最上級グレードの4WDモデルが200万円を超えた。

    先代はモデューロというカスタマイズモデルが一部200万円を超えていたが、軽のカタログモデルでは異例で、ホンダのコンパクトミニバンであるフリードの一部ガソリン仕様を超えるプライスタグをぶら下げているのだ。


    ◆二極化が進む軽自動車
    いまに始まったことではないが、軽自動車は完全に二極化、あるいは三極化というような状況になっていて、さらに時代が要求する安全装備(被害軽減ブレーキなど)により軽自動全体の価格が押し上げられている。

    ホンダでいえば、約11年前(2006年2月)に発売されたゼストという軽自動車は103万円台から157万円台に収まっている。なお、2011年12月に発売された初代N-BOXは124万円~178万円だった。

    ホンダN-BOXのようにファーストカーとしても使われている最上級クラスは、広くて装備も充実しているのはもちろん、内・外装の見栄え、安全装備も最新かつフル装備状態を揃える(もしくはオプションで選べる)ことが必須だ。



    【新型ホンダN-BOXが200万円超え!軽自動車の価値とは?】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/08/26(土) 19:06:47.41 ID:CAP_USER.net

    テスラが本格的に生産を開始した新型の電気自動車(EV)である「モデル3」。それは単なる新型EVの枠を超え、かつてiPhoneが携帯電話のマーケットに革新をもたらしたかのような、歴史に名を残すクルマになる可能性を秘めている

    テスラの最新の電気自動車(EV)である「Model 3」(モデル3)の出荷が始まった、2017年7月28日。テスラの工場があるカリフォルニア州フリーモントの空気は、まるで電気を帯びたような熱気に包まれていた。

    喜びにあふれていたのは、モデル3のキーを受け取った30人の従業員たちだけではない。世界中で1,000ドルの予約金を支払った数十万人もの人たちが、出荷の通知を期待してメール画面を何度も何度も開いていたのだ。この日はまさに、「モデル3の日」と言っても過言ではなかった。

    これほど多くの人を熱狂の渦に巻き込んだのには、理由がある。モデル3の発売は、100年以上も続いた内燃機関の時代に終わりを告げ、EVの世紀の到来を意味するからだ。そしてモデル3は、それに十分なだけの魅力的なテクノロジーとデザイン、性能を備えていた。

    テクノロジーのトレンドに精通した人なら、世の中を変えるほどの驚きを与えてくれた、2007年の出来事を思い出すかもしれない。そう、アップルの初代「iPhone」の発売である。テスラが成功すれば、モデル3は「自動車業界のiPhone」になる可能性を秘めている。そしてテスラはEVを世に広めるだけにとどまらず、自律走行車が当たり前の世の中へと導いてくれるかもしれない。

    テスラの創業者であるイーロン・マスクは、自分の会社にとっての重要な節目であるモデル3の出荷を祝って、小規模なパーティーを開いた。しかし翌日には、この新しい「手の届く」EVを生産し、自動車業界の主役に躍り出るための闘いの現場へと戻っていった。

    10年前の「iPhone誕生」の再来

    iPhoneの前にもスマートフォンがあったように、いまでも手に入るEVは存在する。しかし、それらのEVは不格好で洗練されていない。先に発売されているシボレーの「ボルト」は、航続距離と価格においてモデル3の競合であるが、人々の心を捉えてはいない。BMWの「i3」は目新しい素材を使い、発電用の小排気量エンジンを用意する点で「未来的」であるものの、消費者が殺到しているわけではない。

    モデル3でテスラは、始動から加速まで極めてスムーズなEVらしい運転体験を約束している。その体験を求めて消費者はテスラの店舗を訪れ、クルマを購入するだけでなく、家庭用のソーラールーフやバッテリーも注文できる。ひとたびクルマを走らせれば、専用の高速充電器のネットワークが張り巡らされているため、長旅に出ることもできる。そのエコシステムは、まるでアップルが築いたそれのように整然とした、閉鎖的なものである。

    そしてアップルと同様に、テスラのブランドとマスクの名声は熱狂的なファンを集め、競合他社を奮い立たせるだけの顧客ベースを生み出すエネルギーをもっている。実際、アウディやジャガー、ポルシェなどは、機能的であるうえにデザイン性に優れたEVのコンセプトモデルを発表した。これらはすべて、テスラに照準を合わせている。

    コロンビア大学教授のR.A.ファロクニアは、テスラの戦略についてこう評する。「テスラや経営陣は、クルマに関するまったく新しいナラティヴ(語り口)を生み出すために派手なマーケティングを実施し、上場までも利用しました。これらを成功させた点で賛辞を送りたいですね」

    自動運転という未来

    テスラは自動運転においても先頭を走ることになるだろう。すでに提供されているテスラの「オートパイロット」機能は、ほぼ自律走行と言えるものだ。現時点では高速道路だけで自動運転が可能で、当然のことながら運転席にドライヴァーが座っている必要がある。だが近い将来、テスラは同社のクルマが完全な自動運転に対応するように、ソフトウェアをアップデートする計画を打ち出している。

    これはアップルが「App Store」を開始したときのようになるかもしれない。当時、携帯電話にソーシャルメディアの隆盛をもたらし、金融や人と人との出会いに革新をもたらし、シェアリングエコノミーの台頭にもつながった。これと同じように、テスラはドライヴァーが自分のクルマをシェアして収入を得るようなプラットフォームを生み出し、これまで考えられなかったような使い道を現実のものにしてくれるだろう。

    以下ソース
    https://wired.jp/2017/08/26/tesla-model-3-more-than-electric/



    【テスラの新型EV「モデル3」は、iPhoneのような革新を自動車産業にもたらす】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/07/25(火) 23:21:25.63 ID:CAP_USER.net

    自動車業界の巨人 ボッシュ。ドイツを拠点に世界120か国以上に展開する世界一の自動車部品メーカーが、創業わずか7年の京都のベンチャー企業 GLMと提携することが明らかになりました。両社が目指すのは次世代の電気自動車の開発です。

    自動車業界では20世紀初頭にガソリンエンジン車が主役となり、世界のメーカーがエンジンの性能向上にしのぎをけずってきました。それから100年。今、車の心臓部とも言えるエンジンが電気モーターに置き換わる劇的な変化が起きようとしています。この急速な“EVシフト”は、いったい何をもたらすのでしょうか。
    中略

    世界で進む“ハイブリッド車外し”
    きっかけは、世界各国の排ガス規制です。アメリカ・カリフォルニア州でエコカーの販売を義務づける「ZEV規制」。ことし秋以降に発売するモデルからエコカーの対象が狭まり、日本メーカーが得意としてきたハイブリッド車の優遇がなくなります。

    また、EU=ヨーロッパ連合では、2021年から排ガスに含まれる二酸化炭素の量を大幅に削減することが求められます。従来のガソリンエンジン車やハイブリッド車では、基準をクリアすることが困難なレベルです。さらに、世界最大の自動車市場、中国も電気自動車に大幅に有利な排ガス規制が、早ければ来年にも導入される見込みです。

    いずれの規制も、日本でエコカーの代名詞となってきた“ハイブリッド車外し”が鮮明になっています。

    一方、ディーゼルエンジンをエコカーの主力としてきたドイツメーカー。最大手のフォルクスワーゲンが排ガスの処理で不正なソフトを取り扱っていたことが明らかになり、エンジン開発への投資が一気に縮小しています。主戦場であるEUの厳しい規制が間近に迫っていることもあり、フォルクスワーゲン以外の各社も電気自動車の開発に舵を切りました。経営資源を集中させ、巨額の投資がこの分野に流れてきています。

    ドイツメーカーを主要顧客とするボッシュのロルフ・ブーランダー統括部門長は「世界中からすでに30を超える電気自動車関連のプロジェクトを受注しており、年間4億ユーロ(日本円で約520億円)の投資をこの分野に行っている」ことを明らかにしました。

    翻って日本の自動車産業はどうでしょうか。

    自動車メーカーを頂点に、関連の企業が幾重にもピラミッド型に連なり、500万人もの雇用を抱え、その中心はエンジンです。エンジン周辺の複雑な金属加工など、高度なすりあわせの技術が求められる関連の産業は、日本の自動車の競争力の源泉でした。このため、大手自動車メーカーの狙いは、急激なEVシフトではなく、エンジンを併用するハイブリッド車を柱とする緩やかなシフトでした。

    しかし、それを許さない各国の規制が、日本の自動車産業の形態を大きく変えようとしています。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の杉本浩一シニアアナリストは「エンジン本体や関連の部品に依存しすぎた会社は、他社との合併やほかの事業への投資など大幅な変化を強いられ、長期的には事業転換をする必要がある」と指摘します。

    新型車の投入で電気自動車のシェア拡大を目指す日産。モーター開発で日立製作所と提携したホンダ。そして、デンソーやアイシン精機などの系列を含めたEV戦略を練り始めたトヨタ。各社は矢継ぎ早に対策を打ち始めていますが、想定以上に“EVシフト”は加速しています。

    貿易摩擦や円高など幾度もの“外圧”を乗り越え、競争力を維持し続けた日本の自動車産業。来たるべき電気自動車時代にも世界で勝ち続けることができるのか、今、大きな岐路に立っています。
    http://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2017_0725.html



    【“EVシフト”100年に1度の大転換】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/07/07(金) 17:53:59.73 0.net




    【白物家電とバカにされてトヨタのデザイナー発狂】の続きを読む

    1: ののの ★ 2017/06/09(金) 01:36:11.47 ID:CAP_USER.net

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ08HW5_Y7A600C1EA1000/

    2017/6/9 1:10日本経済新聞 電子版

     クルマが自らアクセルを踏んだりハンドルを切ったりする自動運転の普及が近づいてきた。SUBARU(スバル)は8月に発売する主力ワゴン車で高速道路の単一車線を自動で走れるようにする。現行車との価格差は10万円以下の見通し。日産自動車は新型の多目的スポーツ車(SUV)で同様の機能を約14万円で追加できるようにした。浸透してきた自動ブレーキに続く動きで、運転の自動化が段階的に進むロードマップが見えてきた…



    【自動運転技術が身近に スバル、2~10万円で】の続きを読む

    このページのトップヘ