タブレット

    1: 田杉山脈 ★ 2018/10/10(水) 02:11:25.24 ID:CAP_USER.net
    https://s.aolcdn.com/hss/storage/midas/bafaac7ac2255bd5e6b5a7c63e9b3269/206723798/gslate_0003.jpg
    ニューヨークで開催のMade by Googleイベントより。GoogleがChrome OS搭載タブレットPixel Slateを発表しました。専用の着脱式キーボードが用意されており、2 in 1スタイルでも利用できます。

    12.3型で3000 x 2000px /293ppiのディスプレイは低消費電力液晶を採用、非常に鮮明であるほか、他の12型高級タブレットの中で最も高密度だとGoogleは豪語します。たしかに、Surface Pro 6(12.3型2736 x 1824px /267ppi)や12.9インチiPad Pro(2732 x 2048px /264ppi)に比べて高密度になっています。

    電源ボタンは指紋認証センサーを兼ねており、すばやくロック解除が可能。再考された(reimagined) Chrome OSはタッチスクリーンで簡単な操作が可能なように設計され、ブラウザーは拡張機能を備えたデスクトップ版Chromeを備えるとのこと。

    CPUにはインテルCeleron / Core m3 /Core i5 /Core i7をラインナップし、仕様に応じて4GB~16GB RAM、64GB~256GBストレージを搭載、カメラは前後とも8MP、前面カメラは広角の明るいレンズでビデオチャットに最適化しています。

    802.11 a/b/g/n/ac WiFi(2.4 / 5GHz)、Bluetooth 4.2に対応。バッテリー持続時間は一般的な使用において最大12時間。充電はUSB-C端子。

    トラックパッドを備える着脱式キーボードは、バックライトで浮かび上がる丸いキートップが特徴的。Googleの説明では打鍵音も小さく、非常にタイピングしやすくできているとのこと。接続はBluetoothではなく電気的な接点を介したものとなっています。また多くのタブレット用キーボードと同様、カバーとしても使えます。

    Pixel Slateは単体ではタブレットモードで利用でき、キーボードに合体させれば自動的にデスクトップモードに切り替わります。スタイラスはPixel Penが利用可能で、タブレットモードで利用するときには強い味方になりそう。

    Pixel Slateの価格は599ドルからとなっています。キーボードは199ドル、Pixel Penは99ドルでそれぞれ別売り。発売時期は2018年後半ですが、まずは米国、英国、カナダから販売開始とのこと。残念ながら日本は含まれていません。
    https://japanese.engadget.com/2018/10/09/chrome-os-pixel-slate-core-m3-i5-2018/

    【Chrome OSタブレット「Pixel Slate」発表。Core M3 / i5 / i7搭載で2018年後半発売】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/07/10(火) 16:38:32.99 ID:CAP_USER.net

     米Microsoftは7月9日(現地時間)、2in1ノートPC「Surface」シリーズの新製品、「Surface Go」を同社公式ブログで公開した。

    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1807/10/l_ki_1609376_ms01.jpg
    新製品「Surface Go」

    □軽い、小さい、安い
     Surface Goの主な特徴は、Surfaceシリーズとしては最薄最軽量で価格も廉価に抑えた点。ディスプレイは10型、厚さは8.3ミリで、重量は約522グラム(1.15ポンド)。

     価格は「399ドルから」と廉価に抑えつつも、高精細をうたう「PixelSense Display」や4096段階の筆圧検知ペンに対応。

     CPUには第7世代のモバイル向けCoreプロセッサである「Pentium 4415Y」(2コア1.6GHz)を採用。バッテリー駆動時間は約9時間という。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1807/10/l_ki_1609376_ms02.jpg

     USB 3.1 Type-Cポートを1基搭載し、データ転送の他、映像出力や充電も可能。ドックステーションとなる「Surface Connect」のポートや、ヘッドフォンジャック、microSDスロットを備える。

     Wi-FiモデルとLTEモデルを用意。Wi-Fiモデルは日本では数週間以内に先行予約を始め、8月2日に発売する。LTEモデルの発売は「今年中」としている。

     より詳しいスペックなど詳細は、現地時間で7月10日午前6時(日本時間10日午後10時)に発表がある予定。

    Introducing Microsoft Surface Go YouTube
    https://youtu.be/krRRskzHWFE



    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1807/10/l_ki_1609376_ms03.jpg
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1807/10/l_ki_1609376_ms04.jpg
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1807/10/l_ki_1609376_ms05.jpg
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1807/10/l_ki_1609376_ms06.jpg
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1807/10/l_ki_1609376_ms07.jpg
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1807/10/l_ki_1609376_ms08.jpg
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1807/10/l_ki_1609376_ms09.jpg
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1807/10/l_ki_1609376_ms10.jpg
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1807/10/l_ki_1609376_ms11.jpg
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1807/10/l_ki_1609376_ms12.jpg

    Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

    依頼があったソース
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32800700Q8A710C1000000/
    (スレ立て依頼から)
    2018年07月10日 11時59分 公開
    ITmedia NEWS
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1807/10/news082.html



    【新タブレット「Surface Go」発表 シリーズ史上、最薄最軽量 399ドルから】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/03/23(金) 17:12:27.04 ID:CAP_USER.net

    https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1113/142/1_l.jpg
     ドスパラは、2,048×1,536ドット表示対応の9.7型液晶を搭載したAndroidタブレット「Diginnos Tablet DG-A97QT」を、限定特価14,980円で販売する。

     2017年10月に販売開始されたモデルで、長らく入荷が待たれていたという。発売当初の価格は27,593円であったが、販売再開を記念して12,613円値引きした限定特価で販売する。

     Google Playストア認証済みで、ゲームのほか、写真や動画、電子書籍リーダとして快適に利用できる。おもな仕様は、SoCにRockchip RK3288(1.8GHz、GPUはMali-T764)、4GB DDR3Lメモリ、32GB eMMC、OSにAndroid 6.0を搭載。

     インターフェイスはMicro USB、Mini HDMI、IEEE 802.11b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0、前面200万画素/背面500万画素カメラ、microSDカードリーダ、音声入出力。

     バッテリ容量は7,200mAhで、本体サイズは約169.1×239.1×8.6mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約570g。
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1113142.html



    【ドスパラ、2,048×1,536ドットの9.7型Androidタブレットを14,980円で販売】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/11/16(木) 17:31:05.64 ID:CAP_USER.net

    https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1091/981/1_l.jpg
    米AT&Tは、Lenovo製の10.1型タブレット「Moto Tab」を17日に発売する。価格は299.99ドル。

     自分好みの番組にすぐにアクセスできるという「TV Mode」を搭載。1,920×1,080ドット(フルHD)表示対応の10.1型IPS液晶、およびDolby Atoms対応のデュアルスピーカーと組み合わせ、エンターテインメントに好適としている。

     また、家族内での共有に配慮したマルチユーザーモードを搭載。子供のアプリ利用やWebサイトへのアクセスを制限するキッズモードも備える。本体下部の指紋センサーにより容易に7人までのユーザーを切り替えられる。

     おもな仕様は、SoCにSnapdragon 625(2GHzオクタコア、ビデオ機能内蔵)、メモリ2GB、ストレージ32GB、OSにAndroid 7.1などを搭載。microSDカードにより容量を128GB増設できる。

     このほか、USB Type-Cによる高速充電への対応、7,000mAhの大容量バッテリによる長時間駆動などが謳われている。専用オプションとして、キッチンやベッドルームでの音声アシスタントの利用に好適というデュアルマイク+3Wスピーカーモジュール「Home Assistant Pack」、およびタッチパッド付きのBluetooth接続ThinkPadキーボード「Productivity Pack」も近日中に用意するとしている。
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1091981.html



    【Lenovo、299ドルの10.1型タブレット「Moto Tab」】の続きを読む

    1: ののの ★ 2017/05/15(月) 22:15:50.15 ID:CAP_USER.net

    縮小するタブレット市場 松村太郎 [2017/05/14]

    アップルが米国時間5月2日に発表した2017年第2四半期(1-3月)決算の中で、振るわなかったのはiPadのカテゴリだった。
    前年同期比12%減の890万台となり、13四半期連続での前年同期比割れという結果を続けている。

    しかしそれでも、アップルはタブレット市場でのトップを堅持している。
    IDCが5月4日に発表した2017年第1四半期(1~3月)のタブレット市場動向によると、アップルのシェアは24.6%だった。
    2位のサムスンが16.5%、4位のアマゾンが6.0%、5位のレノボが5.7%だった。いずれのメーカーも、販売台数を減少させた。

    トップ5の中では唯一、3位のファーウェイが前年同期比31.7%と成長を遂げたが、タブレット市場全体は前年比8.5%減と、市場が縮小している。

    http://news.mynavi.jp/articles/2017/05/14/tablet/images/001.jpg

    「ラップトップ」と「デタッチャブル」への緩やかな移行

    タブレットは、アップルのiPadが2010年に形成した市場だ。前述の通り減少を続けながらも、その市場のトップを走っているが、
    タブレット市場そのものが縮小傾向を続けている。その背景には、デバイスの多様化がある。

    タブレットは、まだまだスマートフォンのディスプレイが小さかった時代に、スマホで慣れた使い勝手で、
    コミュニケーションやゲームを楽しみ、より大画面でビデオ視聴や、生産性の向上、教育などの現場でも快適に使おう、という用途が与えられていた。

    そうしたタブレットの「大画面」というメリットを失わせたのは、スマートフォンの進化だ。アップル自身、
    2015年に5.5インチのいわゆる「ファブレット」(スマートフォン+タブレット)サイズに属するiPhone 6 Plusを発売して成功を収め、
    最新のiPhoneではさらに画面サイズの拡大が見込まれる。

    また、タブレットそのものの市場が、異なるスタイルのデバイスに脅かされている。
    世界最大のPC向けOSをコントロールするマイクロソフトが、タブレットとパソコンの中間的な存在としてSurfaceシリーズを提示し、
    PCのソフトウェアがタブレットで動くという状況を作り出した。…

    http://news.mynavi.jp/articles/2017/05/14/tablet/?rt=top



    【タブレットに明日はあるのか - 縮小する市場に求められるもの】の続きを読む

    このページのトップヘ