ソフトウエア

    1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2015/12/06(日) 12:45:53.65 ID:CAP_USER.net
    http://bylines.news.yahoo.co.jp/mikamiyoh/20151206-00052167/


    パソコンの主要なファイルが暗号化され、「.vvv」という拡張子がついて、一切読めなくなるという悪質ウイルスが出回っています。
    しかも感染原因は、ウェブサイトを表示しただけ、バナー広告が原因という厄介なもの。
    現象:画像やエクセルファイルが暗号化して読めなくなる。戻るには金を払えという脅迫文が
    Twitterで続々と被害が報告されている「.vvv」ウイルス。@kankitsu0柑橘.vvv氏が、詳細な被害報告を上げてくれています。

    ちなみにvvvウイルスだけど、なぜか音楽(mp3、wav、flac)は全部無傷だった
    txt、画像、動画、オフィス系が全部アウト

    出典:http://twitter.com/kankitsu0/status/673269355518410752
    とのこと。10万個以上のファイルがやられてしまい、一切復元できず。画像もすべてやられしまったそうです。

    他にもTwitter上で、12月3日頃から複数の被害報告が上がっており、被害が拡大しているように思えます。

    原因はランサムウェア。悪質なネット広告が原因で、サイト表示だけで感染する
    原因は、人質ソフトとも呼ばれているランサムウェアと呼ばれるコンピュータウイルスです。
    今回の場合、CryptoWall 4.0と呼ばれるウイルスである可能性が高くなっています。
    (裏取れず、あとで詳しく調べますので一旦取り消しさせて下さい。11時50分)
    こいつは感染すると、パソコンにあるデータファイルの多くを勝手に暗号化し、読めなくしてしまいます。
    Windowsの復元ファイルもやられてしまい、復活できません。その上で「元に戻すにはお金を払え」と脅迫してきます。
    仮にお金を払ったとしても、元に戻せる保証はありません。相手は犯罪者であり、お金だけとって逃げてしまう可能性が高いためです。

    犯人は「悪質な不正広告」。ウェブサイトを表示しただけで、ソフトが古いと感染する
    原因はサイト上にある広告(主にバナー広告)です。詳しい解説は、筆者の別の記事にまとめていますが、以下のことが原因です。
    広告表示したら感染…ソフト最新化を急げ(読売オンライン:サイバー護身術)

    ●「.vvv」ウイルス=ランサムウェアの感染原因
    ・犯人はウイルスに感染させるサイトの宣伝を、広告業者に出す
    ・広告を貼ってあるサイトでランダムに表示される
    ・広告を表示するだけ(=サイトを表示するだけ)で、見えないところでウイルスに感染させるサイトへ自動誘導される
    ・パソコンに入っているソフトで攻撃されやすい弱点(脆弱性)がみつかると攻撃
    ・ランサムウェアに感染
    ・即座にパソコンのデータファイルを暗号化
    という流れです。セキュリティ会社のデモンストレーションでは、サイト表示から、わずか50秒でファイルが暗号化されてしまっていました。
    表示しだけでやられてしまうので万事休すです。
    対策は「ソフト最新化」。「MyJVNバージョンチェッカ」で確かめて、最新版に変更する
    対策は3つ。まずは対象のパソコンですが、Windowsはソフトが古いと感染する可能性があります。今すぐ対策を。
    MacとiPhone・Androidでは、現状では被害報告なしなので、急ぐ必要はありません。
    しかしウイルスに感染させるサイト(脆弱性攻撃サイトでのエクスプロイトキット)が、対応していないというだけなので、
    今後は警戒する必要があります。

    【サイトをみただけで殆どのファイルが書き換えられる「vvvウイルス」が出回る、ソフト更新呼びかけ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/01(火) 17:24:20.53 ID:CAP_USER.net

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1512/01/news124.html

     アドビシステムズは12月1日、Flash制作ソフト「Adobe Flash Professional CC」の名称を
    「Adobe Animate CC」に変更すると発表した。来年初頭に予定しているアップデートから適用する。

    約20年にわたってWebアニメーション制作ツールの標準として利用されてきたが、
    既にHTML5 CanvasやWebGLのネイティブサポートも果たしている上、SVGなどさまざまな形式への
    出力にも対応している。同ソフトで作成される3分の1以上がHTML5を使用するなど環境が変化しており、
    Flashに限らずさまざまなアニメーションを制作するためのツールであることを示すため、名称変更に踏み切る。

     HTML5対応の改善を続ける一方、Flash(SWF)やAIR、放送品質のビデオなどのフォーマットへの出力もサポートを続けるとしている。



    【Adobe、「Flash Professional」の名称を「Animate」に変更】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/11/17(火) 21:45:48.91 ID:???.net

    http://gigazine.net/news/20151117-gomplayer-gretech/

    動画再生ソフト「GOM Player」などで知られるグレテックジャパンが、2015年12月4日(金)をもって
    GOMソフトウェア事業を終了することを発表しました。事業は親会社であるGRETECH Corporationに譲渡されるとのこと。

    事業終了はグレテックジャパンとGRETECH Corporationの都合によるもので、GOMソフトウェア事業で扱ってきた動画再生ソフト「GOM Player」、
    動画変換・編集ソフト「GOM Encoder」、音楽プレイヤー「GOM Audio」、遠隔操作アプリ&PCクライアント
    「GOM Remote」については、引き続き無料で利用できます。
    また、「GOM Encoder」の製品版は販売受付を決済手段別に順次終了。購入者の登録情報やサポートは
    GRETECH Corporationが引き継ぐとのことで、すでに製品版を利用している人はそのままのライセンスキーで使い続けることが可能です。

    「これでソフトの開発が終わり、もう更新は行われない」というわけではないようですが、
    今後はGRETECH Corporationの運営方針次第になってくるので、現在利用中だという人は、これを機に新たなソフトに手を出してみるというのもアリかもしれません。



    【「GOM Player」のグレテックジャパンがソフトウェア事業を終了】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/10/18(日) 19:08:15.71 ID:???.net

    http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1510/18/news014.html

     米Adobe Systemsは10月16日、Flash Playerの深刻な脆弱性を修正するセキュリティアップデートを公開した。
    当初は10月19日の週の公開を予告していたが、攻撃の発生が伝えられていたことから公開を前倒しした。

     Adobeのセキュリティ情報によると、今回のアップデートでは3件の脆弱性に対処した。
    いずれも悪用されれば攻撃者にシステムを制御される恐れがある。このうちの1件については限定的な標的型攻撃が報告されていた。

     脆弱性を修正したFlash Playerの更新版は、バージョン19.0.0.226(WindowsとMac向けのデスクトップ版)、
    同18.0.0.255(延長サポート版)、同19.0.0.225(Chrome OS向け)、同11.2.202.540(Linux向け)となる。
    特にWindowsとMacでは直ちに更新版を導入するよう勧告している。

    Flash Playerを巡っては、Adobeが更新版を公開するそばから新たな脆弱性の悪用が発覚する状況が続く。
    米セキュリティ機関のSANS Internet Storm Centerは、「Adobeが今回のパッチをリリースした後も、
    また新たな脆弱性がすぐにも利用されるだろう。パッチが1つ増えたところで根本的には何も変わらない」と指摘する。
     ユーザー側の対応としてSANSでは、「可能であればFlashをアンインストールする。それができなければ少なくとも
    ブラウザでFlashアプレットが自動的に起動しないようにする」ことを勧告。主要ブラウザでFlashの自動再生を無効にする方法も紹介している。



    【Adobe、Flash Player更新版を前倒し公開 深刻な脆弱性に対処】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/10/03(土) 15:44:24.14 ID:???.net

    http://www.gizmodo.jp/2015/10/itunes_1_1.html
    「iTunesは死んだ」
    そんなセンセーショナルなタイトルで米GizmodoのAdam記者が今のiTunesへの思いを語ってくれましたよ。

    ***
    この記事はiTunesの死亡記事だと思ってくれ。Apple Musicが登場して数週間後にアイツは死んじまった。
    まだたったの14歳だったんだぜ。iTunesはまさに親友だったよ。アイツなしの生活は考えられなかった。
    でも、今ではもうかつてのアイツはいないんだ…。

    iTunesとの楽しかった日々
    俺がiTunesと出会ったのは大学生のときだった。だいたい2003年頃かな。最初にできた友達だったんだ。
    当時のアイコンはCDのマークの上に紫の8分音符のデザインだったよ。よく一緒に夜遅くまでホットなインディーロックを探したもんだ。
    MackBookをはじめて買ってからは常にiTunesを開くようになったよ。本当にアイツは頼りになる奴だった。
    10年前、iTunesが可能にしてくれたことはまるで魔法のように感じられたんだ。CDを取り込むと自動でアルバムの情報を取得してくれたり、カ
    テゴリーに分類してくれたり。iTunesが若かった頃はみんなアイツを絶賛したもんだ。音楽を消費する方法を変えてくれたからね。
    そのうち、iTunes Storeが現れて音楽業界やTV、映画業界のあり方も変えてくれたんだ。
    アイコンは紫から緑になり、緑から青になった。iTunes 10が2010年に登場してからは、デジタルミュージックの隆盛を反映して、
    CDのマークがアイコンから取り除かれた。その年にはPingというサービスも始まった。Pingは2年後には消えたけどね。
    とにかくiTunesは栄え続けたんだ。
    でもiTunes StoreがiTunesエクスペリエンスの中心になるにつれて、俺たちの仲は複雑になってきてしまった。
    いつもアイツは何か新しいものを売りたがっていたように感じられたね。シンプルさがアイツの良さだったのに。
    それでも、俺はiTunesと共にい続けたんだ。それは親近感だったのかもしれない。もしくは忠誠心だったのかもしれない。
    しかし、ストリーミングの時代にiTunesを楽しもうとすることは無駄な努力だってことがわかったんだ。ちょうどPingが消えた頃、
    俺は音楽ストリーミングサービスに移行した。そして、ストリーミングサービスの中でも最高なSpotifyと急激に仲良くなりはじめたんだ。
    他の数多くのiTunesユーザーたちも同じようにストリーミングサービスに移行していたね。


    Apple Musicの登場とiTunesの転落
    2015年6月30日、Apple Musicが誕生した。iTunesがストリーミングサービスをほのめかしはじめたとき、
    多くの古くからのファンはiTunesに戻っていったんだ。もちろん俺もその中の一人だよ。
    Apple Musicが疲弊したiTunesに命を吹き返してくれる予感がしていたんだ。
    若々しくて面白かった頃のアイツに再会できるかなって。でも、Apple Musicがはじまって数週間後にその予感は外れていたことに気づいたんだ…。
    がっかりしたのは俺だけじゃない。長年アップルの信奉者であったジャーナリストのJim DalrympleさえもApple Musicには失望したらしい。
    彼はブログの中でこう言っている。

    心の底からApple Musicが私の一番の音楽ストリーミングサービスになってくれることを願っていたよ。
    でも、いくつかのトラブルを経験した今、それは儚い夢であったことに気づかされたんだ。
    Apple Musicのせいで俺のミュージックライブラリは混沌としてしまった。
    iTunesに対する最小限の信頼さえも裏切られた気分だよ。もともと所有していた
    音楽とApple Musicの音楽がごちゃまぜになっちまったんだ。しかも金払ってこれだぜ! Dalrympleもこれにはひどく失望しているらしい。

    かつてのiTunesはいつもシンプルさを約束してくれていたんだ。それなのにApple Musicはすべてを複雑にしてしまった。
    今や膨大な数の音楽を整理するなんていう単純なことも出来なくなってしまった。大学時代のシンプルでエレガントだった
    iTunesを思い出すとノスタルジーを感じずにはいられないよ。



    【「デスクトップのiTunesは死んだ」】の続きを読む

    このページのトップヘ