iPhone

    1: 田杉山脈 ★ 2019/10/04(金) 23:30:07.30 ID:CAP_USER.net
    iPhone 11シリーズが発売された余韻もさめやらぬなか、来年の次期モデルの名称は「iPhone 12」と予測する噂が報じられています。
    この予測を語っているのは、アップルのインサイダー情報でおなじみのアナリストMing-Chi Kuo氏です。海外テックメディアTechradarによれば、Kuo氏は「iPhone 12」が2020年9月に発売されると述べているとのことです。

    毎年の新モデルを発売するごとに革新性を強調しているアップルですが、実際は「前年のマイナーチェンジ」であることがパターンの1つ。2008年発売のiPhone 3Gと2009年のiPhone 3GS、iPhone 6とiPhone 6sのように、ほぼ同じ筐体のまま性能を向上させる「s」型番を出すサイクルが続いていた時期があります。

    そして2017年のiPhone Xのマイナーチェンジ版が、2018年のiPhone XS。そうした流れから、2019年のiPhone 11をベースにした場合、2020年モデルがiPhone 11sになる可能性も考えられるわけです。

    しかし、Kuo氏いわくiPhone 12。すなわちマイナーチェンジではなく、デザインおよび全面的な刷新が予想されることになります。

    iPhone2020年モデルについての噂はすでに多数届けられており、Kuo氏も来年の主力iPhoneデザインが「大幅に」変更されると予測したこともあり。金属製フレームがiPhone 4と同様のデザインになるほか、3モデルとも2019年とは違った画面サイズ(5.4/6.7/6.1インチ)になり、全機種が有機ELディスプレイに統一されるとも述べています。

    さらにKuo氏は3モデルとも5Gがサポートされ、カメラ機能も(ToF式3Dセンサーの導入を含めて)アップグレードされるとも予測。これほどの変更があるとすれば、たしかに「S」の範ちゅうに収まるマイナーチェンジとは考えにくく、「iPhone 12」の名前に相応しいメジャーアップデートになると思われます。

    そうなると、外部ポートもLightningからUSB-Cに移行するのかが気になるところです。台湾の業界情報誌DigiTimesをはじめ、今年のiPhoneこそUSB-Cポートが搭載されるはずーーといった予測は毎年繰り返され、そのたびに外れてきた経緯があります。

    iPhone Xの開発版ではLightningポートを搭載せずワイヤレス充電のみとしたモデルがテストされていたとの噂もありましたが、2020年モデルはUSB-Cを通り越して「外部ポートなし」もありうるのかもしれません。
    https://japanese.engadget.com/2019/10/04/2020-iphone-11s-iphone-12/

    【2020年は「iPhone 11s」ではなく「iPhone 12」か】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/10/04(金) 08:59:11.14 ID:CAP_USER.net
     より安価で優れた「iPhone」を探しているユーザーは、2020年初頭に所望の製品にめぐり合うかもしれない。TF Securitiesの著名アナリストであるMing-Chi Kuo氏の新しいレポートによると、Appleは2020年第1四半期に「iPhone SE」の後継機を発売する計画だという。

     9to5Macが報じたKuo氏の最新レポートによると、その製品は「iPhone 8」に似ているが、「iPhone 11」シリーズと同じ「A13」プロセッサと3GBのRAMを搭載するという。「iOS 13」の最新機能は欲しいが大枚をはたいてアップグレードする気はない「iPhone 6」ユーザーをターゲットとしているようだ。

     9月にリリースされたiOS 13は、「iPhone 6S」以降が対象だ。iPhone 8は現在、449ドル(日本では5万2800円)からの価格で販売されているが、「iPhone SE」に似たこの後継機種はさらに価格が抑えられる可能性がある。2016年に発売された初代iPhone SEは、当時の最高位機種だったiPhone 6Sと同じ内部仕様の多くを備えつつ、当初の価格は399ドル(日本では5万2800円)だった。

     Kuo氏がレポートで指摘しているように、このiPhone SE後継機種は、拡張現実(AR)やゲームサブスクリプションサービス「Apple Arcade」など、iPhone 6では利用できないiOS 13の機能やサービスを求めるユーザーに、Appleが訴求するための手段となる可能性がある。

     次期iPhone SEがiPhone 8と同じく4.7インチのディスプレイを搭載するかは不明だ。4インチの初代iPhone SEは、小型のiPhoneを求めるAppleユーザーの強い支持を集めた。
    2019年10月04日 08時41分
    https://japan.cnet.com/article/35143520/

    【アップル、「iPhone SE」後継機を2020年第1四半期に発売か】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/10/05(土) 19:58:42.34 ID:CAP_USER.net
    アップルが特定のiPhone 6sやiPhone 6s Plusにつき、一部のコンポーネントの故障により電源が入らなくなる問題があるとして、無償修理プログラムを発表しました。この問題が確認されているのは、2018年10 月から2019年8月までの間に製造され、シリアル番号が特定の範囲内にあるデバイスのみとのことです。
    お使いのiPhone 6sやiPhone 6s Plusにこの問題が起きたことがあると思われる方は、こちらのサイトにてiPhoneのシリアル番号をボックス内に入力すると、本プログラムの対象となるか確認できます。本プログラムの対象となる場合は、無償で修理が受けられます。

    該当するiPhoneを修理するには、下記のいずれかの方法で手続きを行うことになります。ただしアップルにて実機検査を行い、そのiPhoneが本プログラムの適用対象かどうかが検証されるとのことです。

    Apple 正規サービスプロバイダ:こちらからお近くの正規サービスプロバイダをお探しください
    Apple Store 直営店:あらかじめこちらからご予約ください。

    また修理に出す前には、iTunesまたはiCloudにiPhoneをバックアップすることをお忘れなく。画面のひび割れなど、修理に支障をきたす損傷がある場合は、そちらを先に修理する必要があり、場合によっては別途修理料金がかかるとも告知されています。

    本プログラムの対象となると思われるiPhone 6sやiPhone 6s Plusをすでに有償修理された方は、返金についてこちらから問い合わせができます。

    また、本プログラムは対象となるiPhone 6sおよびiPhone 6s Plusに対し、その最初の小売販売日から2年間適用されるとのことです。修理を受けられるのは、最初の購入国/地域に限られる場合もあるとされています。

    ともあれ、お手持ちのiPhone 6sやiPhone 6s Plusに思い当たる症状がある方は、上記の手順でシリアル番号をチェックし、該当する場合は速やかに手続きを取ることをお勧めします。
    https://japanese.engadget.com/2019/10/04/iphone-6s-iphone-6s-plus/

    【iPhone 6sとiPhone 6s Plusの無償修理プログラム発表。電源が入らなくなる問題に対処】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/09/22(日) 19:59:29.05 ID:CAP_USER.net
    発売されたばかりということもあり、まだまだ未知の部分が残されているiPhone 11シリーズですが、早速iPhone 11 Pro Maxの分解レポートが公開されました。搭載RAMの容量や噂の「双方向ワイヤレス充電機能」についての手がかりが明らかとなっています。
    本レポートを公開しているのは、「新製品が発売されたら直ちに分解」で知られる修理業者iFixitです。いつも通りX線照射による透視図も撮影されており、前年モデルのiPhone XRとiPhone XS MaxとともにiPhone 11 Pro Maxが並べられ、おおまかな内部構造の違いが概観できます。

    お次はドライバーセットなどによる物理的な分解です。アップルは「スマートフォンが搭載した中でも最も耐水性能の高いiPhone」(最大水深4メートルで最大30分間)といった趣旨をアピールしているものの、ディスプレイ周りの接着剤などは前年モデルと似た感じだと述べられています。

    そしてロジックボードは2枚重ねの構造で、iPhone XS Maxよりも高密度になりました。なおこのボードはiPhone 11 Proと同じものと見られ、現時点では違いが確認できないとのことです。

    さらにA13 Bionicプロセッサー周りでは、搭載RAMの容量は多くの情報ソースが伝えていたように4GB(Hynix製)となっています。iOS開発者のSteve-Troughton Smith氏はこの他にもRAMがあるかもしれないと示唆していますが、今のところ見つかっていないもようです。
    https://japanese.engadget.com/2019/09/21/iphone-11-pro-max-ram-4gb/

    【iPhone 11 Pro Max分解レポ、早速公開。やはり搭載RAMは4GB】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/09/21(土) 20:52:05.63 ID:CAP_USER.net
    [東京 20日 ロイター] - 米アップル(AAPL.O)が20日に発売した新型iPhoneは、国内で最大1万円の値下げをした。初代発売から10年を経てなお根強い多くのファンの存在が販売を下支えすると見られるが、世界的な低価格スマホの台頭や総務省のルール変更といった向かい風が吹いている。

    今回の新型iPhoneは、処理速度やカメラの性能が向上するなかで、従来モデルからの値下げを実現した。例えば「11」は7万4800円からとし、前機種の「XR」に比べ1万円安く価格を設定した。「端末の販売だけでは先行き厳しいとの危機感の現れ」(携帯電話会社関係者)と見られている。アップルは音楽や映像の配信といったサービスにも力を入れてきている。まず端末を購入しやすくして、その後のサービス利用を促そうとしている。

    <内外からの逆風>

    確かにiPhoneを巡る環境はさえない。世界の市場で中国勢を中心に低価格・高機能のスマホが台頭してきている一方、ファン層以外の一般消費者が短期間で買い替えを迫られたり新規購入を促されるほどの目新しい進化はここ数年、見られない。

    国内市場では、10月から始まる総務省の新ルールによる環境変化も逆風となり得る。

    iPhoneのシェアがアンドロイド端末に比べて大きい日本市場は「世界で一番高額で性能の良い憧れのモデルが実質ゼロ円で買える特異な市場」(MM総研の横田英明研究部長)と見られてきた。

    しかし新ルールでは、端末購入補助の上限が2万円となった。iPhoneと低価格スマホがともに2万円の値引きなら、iPhoneの方が価格が高いだけに値引率は低くなる。新ルール案が示された6月には、iPhoneの国内販売の大幅な減速を予想する声が一時、市場に広がった。

    高価格スマホの市場は「若干、落ちる傾向は否めないだろう」(MM総研の横田氏)という。新ルールによって通信料金と端末代金が分離される。このため「ゼロ円端末」に代表されるような、端末代金の値引き分を通信料金に負担させる従来の手法が用いられなくなり、端末代金に割高感が生じやすい。

    もっとも、足元では「当初想定したより、影響はあまりないのではないか」(MM総研の横田氏)と、冷静な見方が優勢となっている。ソフトバンク(9434.T)とKDDI(au)(9433.T)が、48カ月分割払いで端末を購入し25カ月目以降に端末を返却すれば半額になるプランを9月に打ち出したことで、影響が緩和されるとの見方だ。

    <根強いファンが支えに>

    逆風の中でも、ファンの支持は根強い。新型iPhoneを求めてApple丸の内を訪れた埼玉県在住の会社員、芝伸紀さん(48)は、その魅力について「(アップルは)OS(基本ソフト)とハードの両方を手掛けるだけに操作性が良い」と話す。

    ファンがiPhoneを支持する背景には、アップルの関連製品やサービスが連携する「エコシステム」の存在がある。クラウドサービスのiCloudを通じて、iPhoneやiPad、Apple Watchといった端末間でデータを共有しやすいという。埼玉県の芝さんも、自宅で使用する同社製パソコンとの連携もスムースで、ほかのスマホの購入は考えられないという。

    アップルウオッチの新型を購入しようとストアを訪れた都内在住の学生、内野沢安紀さん(20)も、アップル製品はエコシステムが魅力だとし「これから一生iPhoneを使っていくことになりそう」と話した。

    国内スマホ市場でのiPhoneのシェアは、ソフトバンクが取り扱いを始めた08年に7割を超えた。NTTドコモ(9437.T)がアンドロイド携帯に力を入れた時期に3割台に縮小したが、11年にau(KDDI)、13年にドコモが取り扱いを始める中で、5割前後に回復した。その後は5割付近で、ほぼ横ばいとなっている。
    https://jp.reuters.com/article/iphone-japan-idJPKBN1W50YL

    【新型iPhone、環境変化が逆風 根強いファンが支え】の続きを読む

    このページのトップヘ