ゲーム

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/05(月) 07:24:02.47 ID:CAP_USER9.net
    11月12日に発売を予定している、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の最新ゲーム機「PlayStation 5」(PS5)。発売前の「予約合戦」が加熱したことで、その報道の印象が強い、という人もいるだろう。

    一方、コロナ禍でイベントの開催中止・オンライン化が続いたことから、関係者をのぞき、実機に触れた人は世界でもごく少数しかいない。ユーザー向けのイベントも、今後開催の予定はない。

    今回特別に、PS5の実機でのゲーム体験取材が許された。

    試遊にあたって、システム周りは体験できず、あくまで「ゲームのみの取材」となったが、取材では制約なく自由にゲームプレイができた。そこから、次世代機「PS5とはどんなゲーム機なのか」を探ってみよう。

    なお、プレイの様子の動画も記事末尾に収録している。そちらも合わせてご覧いただきたい。

    実機でわかったPS5。「大型ボディーは“静かに冷やす”ため」
    まず外観から。PS5は、PS4までのゲーム機よりボディーサイズが大きくなっている。白い曲線のボディーが少々目立つ。

    だが、実際にプレイしてみると、このボディーサイズになった理由が、おそらく「放熱のため」だろう、というのがわかってくる。

    現在のデジタル機器の課題は、どれも「発熱」だ。特に据え置き型ゲーム機やデスクトップPCの場合、いかに静かに放熱して動かすかが重要になる。PS4は残念ながら、動作音が大きめだった。

    ファンを使っていて、発熱が大きくなっているとすれば、できることは決まっている。なるべく大きな口径のファンを、できるだけゆっくり回し、効率的に冷やすことだ。そのためには、ボディーが大柄にならざるを得ない。

    PS5を体験してみると、プレイ中も冷却ファンの音はあまり目だたたなかった。厳密に音を計測したわけでなくあくまで「体感」だが、ファンの音はPS4よりずいぶん小さくなったように思う。

    このことは、快適にゲームをする上で重要なことだ。

    性能向上はもちろん、グラフィックや音質の向上に使われる。

    PS4は「フルHDが基本、4Kにも対応可能」なゲーム機だったが、PS5は「4Kが基本、8Kにも対応可能」なゲーム機になる。

    同じフルHD・4Kであっても、光の表現やディテールの密度は上がる。描画コマ数も、より安定しやすくなり、滑らかな表現が可能になる。

    今回プレイできたのは、PS5に付属する3Dアクションゲーム「ASTRO's PLAYROOM」と、ハードと同時に発売されるアクションRPG「Godafall」(日本発売元:PLAYISM)の2本。

    どちらも滑らかで密度の高いCG表現になっており、PS4との違いを感じる。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/af53dff036d1f241e6c46ba7eaa1da02e7675cd8
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20201004-00000001-binsiderl-000-2-view.jpg

    【国内最速、PlayStation 5実機を初プレイ。ソニーが目指す「ストレスのないゲーム環境」の意味がわかった】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/09/18(金) 13:10:05.95 ID:CAP_USER.net
    新型ゲームコンソール「PlayStaion 5」(PS5)が本日から各ショップで予約開始となった。うまく予約できれば11月にはこのゲーム機が手に入ることになる。ここで気に掛けたいのがセットで使うディスプレイ/TVのスペックだ。

     PS5は、最大表示解像度がPS4の4Kから8Kに拡大。加えて、4Kでも最大120Hzでの高速表示に対応した。公式な仕様としては「4K 120Hz TV、8K TV、VRR 対応」となっているが、これはフルHDについても最大120Hz表示と考えていいだろう。すでに120Hzに対応したTVや液晶ディスプレイもある。しかし、そのすべてがPS5の120Hz出力に対応できるわけではないことは知っておいたほうがいい。

     まず、TVの場合は倍速補間による120Hz表示を謳うものもあるが、これは120Hz入力には対応しない。60Hzで入力された映像に対して、映像エンジンが各コマの中巻コマを補間描画することで映像を滑らかにするためのものだ。

     TV以外のディスプレイについては、120Hz(およびそれ以上)に対応したものは、120Hz入力にも対応していると考えていい。ただし、ここでも注意が必要。と言うのも、とくに古めの製品では、HDMIのバージョンが1.4以前の場合があるからだ。HDMI 1.4では、帯域の問題からフルHD/120Hz入力には対応せず、DisplayPort接続時のみ120Hz(およびそれ以上)に対応となる。

     HDMIでフルHD/120Hz入力に対応できるのは、HDMI 2.0以降となる。と言うことで、PS5で120Hz環境を楽しみたい場合は、HDMI 2.0による120Hz入力に対応した製品を選ぶ必要がある。
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/1277931.html

    【PS5用に液晶を買うときはHDMIのスペックに注意】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/09/17(木) 06:14:27.73 ID:CAP_USER.net
    ソニーは16日、新型ゲーム機「プレイステーション(PS)5」を11月12日に発売すると発表した。通常版の価格は499.99ドル(日本は4万9980円)で、米マイクロソフトの「Xbox」の新型機と同じ価格に設定した。ディスクドライブを省いた機種は399.99ドル(同3万9980円)。7年ぶりのゲーム機の大型商戦が幕を開ける。

    ゲーム事業を手掛けるソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が16日にオンライン配信した発表会で明らかにした。同社はすでにPS5の本体性能や代表的なゲームソフトを公表しており、発売時期と価格が焦点になっていた。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63947570X10C20A9000000/

    【ソニーのPS5、3万9980円で11月12日発売】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/09/08(火) 19:19:55.50 ID:CAP_USER.net
    マイクロソフトは8日、新型ゲーム機「Xbox Series S」の希望小売価格が299ドル(約3万2000円)になると、公式ツイッターで明らかにした。
    https://assets.bwbx.io/images/users/iqjWHBFdfxIU/ioiV6h1VvqnM/v0/1800x-1.jpg
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-09-08/QGBX3ET0G1KX01?srnd=cojp-v2

    【マイクロソフト、Xbox Series Sの希望小売価格は299ドル】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/09/13(日) 00:01:57.94 ID:CAP_USER.net
    いよいよ今年の年末商戦期に迫るPlayStation?5の発売に向けて、ローンチ期やその先に発売される素晴らしいゲームの数々をご紹介する映像イベントの放送が決定!

    今回の映像は約40分程度を予定しており、SIEワールドワイド・スタジオや、世界トップクラスのソフトウェアメーカー各社の最新タイトルに関するアップデートをお届けします。

    本映像は日本時間9月17日(木)午前5時より、YouTubeおよびTwitchにてご覧いただけます。PS5の未来をお見逃しなく。
    https://blog.ja.playstation.com/2020/09/12/20200912-ps5/

    【PS5に関する映像イベントが、日本時間9月17日(木)午前5時より放送決定】の続きを読む

    このページのトップヘ