アプリ

    1: ノチラ ★ 2017/09/22(金) 08:16:25.11 ID:CAP_USER.net

     Google日本法人は9月20日、日本語IME「Google日本語入力」に対応したiOS向けキーボードアプリ「Gboard」が日本語に対応したと発表した。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1709/20/yx_g_01.jpg
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1709/20/yx_g_02.jpgGoogle日本語入力が利用できるキーボード。アプリから直接Google検索したり、検索結果を共有したり、絵文字を入力したりできる。

     例えば、チャットアプリで友人とランチの場所を相談している時に、ブラウザアプリに切り替えてお店を検索し、URLをコピーしてチャットアプリに戻る――といった手間をかけず、Gboardから簡単にお店情報を検索・共有できる。

     キーボードのデザインのカスタマイズも可能だ。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1709/20/news086.html



    【Googleのキーボードアプリ「Gboard」iOS版が日本語対応】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/08/18(金) 11:17:06.89 ID:CAP_USER.net

    トヨタ自動車は17日、カーシェアリング事業者が使うスマートフォン用アプリを開発したと発表した。年内にも米ハワイ州ホノルルで運用を始める。

     アプリをダウンロードすれば、スマホを通じてサービスの利用登録や車の予約、決済などができるようになる。スマホ自体が車の鍵代わりになり、エンジンを始動させる機能も備えている。

     同州は学生や観光客によるカーシェアの需要が多く見込める。効果や課題を確認後、他の地域の事業者に広げる方針だ。

     世界的にカーシェアが普及しつつあり、トヨタ自動車は関連の取り組みが将来の収益源の一つになると見込む。小型電気自動車(EV)を使ったカーシェアの実証実験を国内外で実施している。
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/170818/bsa1708180500001-n1.htm



    【トヨタ、カーシェア用アプリ開発 年内にもハワイで運用】の続きを読む

    1: あらいやだ… ★@\(^o^)/ 2017/03/23(木) 09:39:41.16 ID:CAP_USER9.net

    フラー株式会社が提供するアプリマーケット市場データ分析「App Ape」(アップエイプ)によると、相撲好き女子「スー女」の中でも20代女性が急増していること事が分かりました。
    相撲アプリ売れる前から目をつけ「出待ち」「追っかけ」をする女子まで現れ、フォトジェニックな力士によるSNS投稿では3000を超えるいいね!が付くなど相撲業界も新しいファン層を取り入れることに成功しているようです。

    19年ぶりに日本出身横綱が登場し盛り上がりを見せる相撲。
    おじいさんおばあさんのファンだけでなく、 日本相撲協会による「力士によるお姫様抱っこ」イベントや力士によるSNSを通じた投稿などをきっかけに若い女性の間で人気急増したと言われています。
    日本相撲協会公式アプリ「大相撲」をはじめとする相撲関連アプリでは20代女性ユーザー比率が10%以上になり、1年で約2倍に伸びていることがわかりました。

    http://s.eximg.jp/exnews/feed/Prtimes/Prtimes_2017-03-22-5362-50_277f_1.jpg

    力士の存在が「きゅんとする」「癒される」というスー女。
    中にはまだ名の知れていない「駆け出し」力士に目をつけ「青田買い」で追っかけをする女子もいるようです。
    大きな体格がフォトジェニックな力士側からもSNSやブログを通じて積極的な情報発信や写真投稿が行われるようになり3000以上のいいね!が付くこともあります。

    日本相撲協会公式アプリなどより、家でTVを見なくても身近に楽しめるようになり、ブログでスー女を公言する女性芸能人も出てくるようになりました。
    このように、インターネットで相撲がより身近に感じられるようになったことが20代スー女人気急増の要因かもしれません。

    http://www.excite.co.jp/News/release/20170322/Prtimes_2017-03-22-5362-50.html

    お探しのニュースはこちらにあるかもしれません。

    萌えニュース+ http://potato.2ch.net/moeplus/
    アイドル+ http://daily.2ch.net/idolplus/
    PINKニュース+ http://phoebe.bbspink.com/pinkplus/
    イベントnews+ http://potato.2ch.net/ticketplus/
    SNS+ http://karma.2ch.net/snsplus/



    【“相撲”アプリの女性20代ユーザーが1年で2倍に 「出待ち」「追っかけ」「青田買い」『スー女』の中でも20代女性が急増中!】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/03/07(火) 19:52:59.00 ID:CAP_USER.net

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/170307/bsj1703071754002-n1.htm

     スマートフォンなどのアプリ情報を提供する米アップアニーは7日、
    2016年にアプリによる収益額が最も多かった52社を発表した。
    日本からは6位にミクシィ、7位にLINE(ライン)、8位にバンダイナムコエンターテインメントと、
    10位以内に3社がランクイン。52社のうち、約3分の1の17社を日本企業が占め、世界最多だった。
    これとは別に、日本発祥のキャラクターを使った「ポケモンGO」の米ナイアンティックも10位に入っており、日本の“アプリ大国”ぶりを印象づけた。

     アップアニーのバートランド・シュミット最高経営責任者は東京都内の発表会で、
    「ゲームにお金を使う利用者が多い日本は、世界のアプリ市場をリードする立ち位置にある」と述べた。

     1位は中国でゲームだけでなく、交流サイトや対話アプリの運営も行うテンセントだった。



    【スマホアプリ収益、日本企業が3分の1を占める】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/01/24(火) 12:28:15.20 ID:CAP_USER.net

    http://japan.cnet.com/news/service/35095427/

    「Android Instant Apps」が実現に一歩近づいた。Googleは米国時間1月23日、Instant Appsの第1弾を限定テストとしてAndroidユーザーに公開したと発表した。

     モバイルデバイスでアプリを利用するには、通常、まずアプリをダウンロードしてインストールする
    必要がある。Instant Appsの場合は、インストールの過程なしで、ウェブページを読み込むようにアプリをすぐに実行できる
    。Googleは2016年の「Google I/O」開発者会議でInstant Appsを披露した。Instant Appsは、
    ダウンロードを要するアプリとウェブサイトとの境界線を曖昧にするものであり、モバイルウェブ体験を大きく変える可能性がある。

     Googleの「Android Developers Blog」の23日付けの投稿によると、「BuzzFeed」「Wish」「Periscope」「Viki」がInstant Appsとして
    同日から提供開始された。フィードバックを収集し、この体験をさらなるアプリとユーザーに拡大していく計画だとGoogleは説明している。

     また開発者向けに、GoogleはInstant Appsに備えるための重要な手順を説明している。ソフトウェア開発キット(SDK)の完全版は数カ月以内に提供される予定だ



    【グーグル、インストール不要のアプリ「Android Instant Apps」第1弾をテスト公開】の続きを読む

    このページのトップヘ