カメラ

    1: 田杉山脈 ★ 2019/12/05(木) 18:27:53.75 ID:CAP_USER.net
    キヤノンマーケティングジャパンは、カラビナデザインで気軽に持ち歩ける新コンセプトカメラ「iNSPiC REC(インスピック レック)」を12月下旬より発売する。価格はオープンプライスで、直販価格は15,180円(税込)。カラーはブルー、ピンク、グリーン、ダークグレーの4色を用意。

    iNSPiCは、[instant] [picture] [inspiration]を組み合わせた造語で、感性をその場で写真にすることをコンセプトにしたブランド。手軽にプリントを楽しめるミニフォトプリンター「iNSPiC ZV-123」(直販15,268円/税込)なども販売中。

    新モデルiNSPiC RECは、手のひらサイズという外形寸法約45.2×110.5×18.5mm(縦×横×厚さ)、重量約90gのカラビナデザインを採用したデジタルカメラ。IP68相当の防塵防水性能や2mの耐衝撃性能を備え、「アウトドアから日常の時間まで、さまざまなシチュエーションで気軽に持ち運び撮影できる」としている。最大1,920×1,080ドット/60fpsの動画撮影も可能。

    新機種のiNSPiC RECは、キーホルダー感覚で持ち運べるというカラビナデザインで、服やバッグに付け外し可能。ディスプレイは搭載せず、スマホアプリを使って「撮影した写真を後から見返す楽しさを提案する」点も特徴。

    専用アプリ「Canon Mini Cam」でスマートフォンとカメラが連携。撮影したデータをスマホで閲覧/保存したり、スマホ画面を見ながら撮影できる。

    1/3型で有効画素数1,300万画素のCMOSセンサーを搭載。レンズは固定焦点で、35mm判換算の焦点距離は25.4mm。動画撮影時は撮影画角が狭くなる。撮影可能距離は50cmから。感度はオート(ISO 100~3200)、ホワイトバランスや露出補正もオート。動画時は電子手ブレ補正機能が有効となる。

    静止画記録はJPEG、動画はMP4。動画は最大1,920×1,080ドット/60pだが、初期設定は1,280×720ドット/30pで、変更はスマホアプリから行なう。記録メディアはmicroSD/SDHC/SDXCカード(Class 10以上、最大容量256GB)。

    レンズ周りのジャケット部分は交換可能で、別売で3色の着せ替えジャケット「301-F」も12月下旬より発売する。価格は各1,980円。ジャケットは今後も追加予定。
    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1222/679/01_s.jpg
    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1222/679/08_s.jpg
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1222679.html

    【キヤノン、モニター省いたカラビナ付き新提案カメラ「iNSPiC REC」】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/11/06(水) 16:15:40 ID:CAP_USER.net
    株式会社ユーエヌは、温湿度計がついたリアキャップ(UNX-8595)を11月8日に発売する。販路はインターネット限定。価格はオープン。推定実売価格は税別1,800円前後の見込み。

    マイクロフォーサーズ用レンズのリアキャップに温湿度計を組み込んだアイテム。保管時に限らず、持ち運び中でもレンズ付近の温度および湿度を確認できるという。

    温湿度計の盤面は白色、枠は金色。

    外形寸法は54×16.6mm。重量は34.5g。
    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1216/699/02_l.jpg
    https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1216699.html

    【レンズのリアキャップに「温湿度計」がついた】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/10/29(火) 14:34:50.63 ID:CAP_USER.net
    iPhone11 Proと、キヤノンのフラッグシップデジタル一眼レフカメラ「EOS-1D X Mark II」で撮った写真を並べて比較する動画が公開されました。

    あなたは5枚の写真のうち何枚を見分けられるか
    10月中旬に、iPhone11 Proと、一億画素のデジタル一眼レフで撮影した写真を比較する動画が公開されましたが、今回新たにiPhone11 Proと、キヤノンのプロ向けデジタル一眼カメラ「EOS-1D X Mark II」で撮った写真の比較動画が登場しました。

    キヤノン「EOS-1D X Mark II」は、35mmフルサイズ約2020万画素CMOSセンサーと2基の映像エンジン「デュアルDIGIC 6+」を搭載したプロ向けデジタル一眼レフカメラで、50万円ほどで販売されています。

    YouTuberのマッティ・ハーポヤ氏は、iPhone11 Proと、「EOS-1D X Mark II」で撮影した5枚の写真のうち、いくつを正しく見分けることができたかを視聴者に問いかけました。
    https://iphone-mania.jp/wp-content/uploads/2019/10/SS_0-08_iPhone-11-Pro-VS-7500-Pro-DSLR-Camera1.png
    iPhone11 Proとキヤノンの一眼レフの見分けがつくでしょうか?正解はAがEOS-1D X Mark IIで、BがiPhone11 Proです。

    https://iphone-mania.jp/wp-content/uploads/2019/10/SS_1-32_iPhone-11-Pro-VS-7500-Pro-DSLR-Camera1.png
    こちらの比較もきわどいところですが、正解はAがiPhone11 Proで、BがEOS-1D X Mark IIです。


    https://iphone-mania.jp/wp-content/uploads/2019/10/SS_1-44_iPhone-11-Pro-VS-7500-Pro-DSLR-Camera1.png
    どちらの写真もボケ効果がよく効いていますが、正解はAがiPhone11 Proで、BがEOS-1D X Mark IIです。

    以下ソース
    https://iphone-mania.jp/news-265039/

    【どっちが一眼レフで撮った写真?iPhone11 Proとキヤノンカメラを見分けられるか】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/10/24(木) 19:49:15.62 ID:CAP_USER.net
    キヤノンは10月24日、デジタル一眼レフカメラのフラグシップモデル「EOS-1D X Mark III」の開発を進めていると発表した。米ニューヨークで同日に開催される写真イベント「PHOTOPLUS」に開発中のモデルを参考出品するという。

    スペックや価格、発売時期には言及していないが、「従来機種『EOS-1D X Mark II』より、さらなる高画質と高速連写、快適な操作性を目指す」(同社)としている。

     従来機種のEOS-1D X Mark II(2016年4月発売)は、約2020万画素のCMOSセンサーと画像処理エンジン「DIGIC6+」2基を搭載するフラグシップモデル。秒間約14コマ(ライブビュー撮影時は秒間16コマ)の高速連写などが可能で、報道やスポーツの撮影といった現場で使われている。
    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1910/24/ki_1609376_canon.jpg
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/24/news087.html

    【キヤノン、フラグシップ一眼レフ「EOS-1D X Mark III」開発を発表】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/10/25(金) 20:04:27 ID:CAP_USER.net
     OmniVision Techonologiesは22日(米国時間)、同社のイメージセンサー「OV6948」が商用イメージセンサーで世界最小としてギネス世界記録に登録されたと発表した。

     内視鏡などの医療用イメージセンサーで、サイズはわずか0.575×0.575mmとなっている。200×200ドット(4万画素)解像度の映像を30fpsでキャプチャ可能。本センサーを搭載したカメラモジュール「OVM6948 CameraCubeChip」も、本体サイズが0.65×1.158×0.65mm(幅×奥行き×高さ)に抑えられている。

     高効率なウェハレベルパッケージング技術により小型化を実現。センサーにはバックサイド光源を備えており、LED光源の発熱を抑えながら、低照度環境下においても優れたイメージを出力可能という。独自の「OmniBSI」技術を搭載し、容易にキャリブレーション可能なほか、4ピンのインターフェイスによりシンプルな接続性を実現する。

     カメラモジュールとしては、120度の視野角と、3mm~30mmのフォーカスレンジを備えており、アナログ出力は4m超の転送が可能。消費電力は25mWとしている。

     本センサーおよびカメラモジュールにより、神経、眼科、耳鼻咽喉科、心臓、脊椎、泌尿器科、婦人科および関節など、身体のもっとも細い血管内の映像を映し出すことができるとしており、需要が拡大を続けている内視鏡分野のニーズに応えるとしている。
    https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1214/663/1_l.jpg
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1214663.html

    【OmniVision、血管のなかも通れる砂粒大の極小カメラ】の続きを読む

    このページのトップヘ