カメラ

    1: 田杉山脈 ★ 2019/03/08(金) 02:02:09.43 ID:CAP_USER.net
    ライカカメラ社は、35mmフルサイズセンサー搭載のレンズ一体型デジタルカメラ「ライカQ2」を3月に発売する。希望小売価格は税別65万円。

    2015年6月に発売した「ライカQ」の後継機。外観のイメージや28mm F1.7の単焦点レンズを継承しつつ、35mmフルサイズの撮像素子を有効4,730万画素の新開発品に変更した(ライカQは2,400万画素)。新たに防塵防滴の保護シーリングも施し、天候を気にせず撮影できるとしている。

    設定可能な感度はISO 50-50000。ダイナミックレンジはライカQと同じ13段としている。動画記録は新たに4K/シネマ4K解像度に対応。ステレオマイクとモノラルスピーカーを内蔵している。

    クロップにより望遠効果を得る機能では、従来の35mmと50mm相当に加えて75mmの画角も選べるようになった。クロップ時のJPEG記録サイズは、35mmで3,000万画素、50mmで1,470万画素、75mmで660万画素。クロップ撮影時には、M型ライカのブライトフレームのようにクロップ枠が表示される。

    EVFは新開発の368万ドット有機EL。液晶方式だった従来モデルより高コントラストで深みのある色を実現し、電力消費も抑えたという。また、アイセンサーによる背面モニターとの表示切り換えスピードは、認識できないレベルにまで速くなったとしている。アイピース光学系の一新により、倍率は0.7倍から0.76倍に向上した。

    最短撮影距離は通常時30cm、マクロモード時17cm。マクロモードへの切り換えは鏡筒部ダイヤルを操作する。フィルター径はE49。

    シャッター速度はメカニカルで最高1/2,000秒、電子シャッターで最高1/40,000秒。最高連写速度はメカシャッターで10コマ/秒、電子シャッターで20コマ/秒。シンクロ速度は最高1/500秒(メカシャッター時)。

    従来モデルに引き続き、光学式手ブレ補正機構を内蔵。新たに手ブレ補正のオン/オフに「オート」が加わり、オート選択時はシャッター速度が1/60秒より遅い場合のみ手ブレ補正がオンになる。従来のライカQでは、手ブレ補正機構の動作による画質低下を鑑みてデフォルト設定を「オフ」にしていた。

    外装はトップカバー/背面カバーともにマグネシウム製。ライカQはトップカバーがアルミ削り出しで、背面部分がマグネシウム製だった。より剛性感があり軽量な素材だという。

    電源レバーはON/OFFの2段階に変更し、連写モードはメニュー内に移設した。背面は左手側のボタンを従来の5つから3つに減らし、それぞれのサイズを大きくしている。

    無線通信はWi-FiおよびBluetooth LE。Bluetoothは常時接続に対応しており、スマートフォンからカメラの電源をオンにしたり、必要に応じてWi-Fi通信を起動することができる。専用アプリ「Leica FOTOS」(4月3日から対応予定)と連携して、画像転送や共有、リモート撮影などが可能。

    記録メディアはSDXC/SDHC/SDカード(UHS-II推奨)。

    バッテリーはBP-SCL4(ライカSLと同じ)に変更。撮影可能枚数は約350枚。

    外形寸法は130×80×91.9mm。重量はバッテリー込みで718g、本体のみで637g。
    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1173/017/63_l.jpg
    以下ソース
    https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1173017.html

    【4,730万画素フルサイズCMOSと28mmレンズ搭載の「ライカQ2」】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/04/08(月) 17:04:57.31 ID:CAP_USER.net
    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1178/620/01.jpg
    パナソニックは、コンパクトデジタルカメラ「LUMIX TZ95」を4月25日に発売する。カラーはブラックとホワイト。希望小売価格はオープン。店頭予想価格は税別5万5,000円前後。

    2017年6月に発売された「LUMIX DC-TZ90」の後継となるモデル。前モデルから引き続き、有効2,030万画素の1/2.3型CMOSセンサーと焦点距離は35mm判換算24-720mm相当の30倍ズームレンズ「LEICA DC VARIO-ELMAR 24-720mm/F3.5-6.4」を搭載するほか、手ブレ補正機構(静止画時POWER OIS/動画時5軸ハイブリッド)や感度設定範囲ISO 80-3200(拡張ISO 6400)に対応する。

    本モデルの進化点は、EVFが1型センサー搭載モデルのLUMIX TX2譲りの233万ドット(倍率は0.53倍)になったほか、Bluetooth v4.2を新たに搭載し、スマートフォンへの常時接続やジオタグデータの常時転送、リモートコントロール対応など連携操作が強化されている。

    このほか、ハード面では一時的に広角側へ画角を変える「ズームバック機構」が搭載され、被写体を見失った場合に素早く探せるようになった。

    4Kフォトを応用した撮影機能にも引き続き対応しており、新たに動く被写体の軌跡を1枚に合成する「軌跡合成」とあらかじめ設定しておいた位置に被写体の動きや顔がきたカットに自動でマークがつく「4Kフォト オートマーキング」を搭載した。これまで同機能には「フォーカスセレクト」「比較明合成」「フォーカス合成」があった。

    背面モニターは3.0型のタッチ対応104万ドットを前モデルから引き続き搭載する。180度のチルト操作対応も変更なし。

    自分撮りに関しては、背景を広くとることができる広角4Kセルフィー(15fps)に新たに対応。また人物モードでビューティー効果が得られる「スリム・美肌」が搭載された。

    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1178/620/02.jpg
    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1178/620/03.jpg
    電源オン時
    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1178/620/04.jpg
    ズーム時
    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1178/620/05.jpg
    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1178/620/06.jpg

    □撮像素子
    有効2,030万画素1/2.3型CMOSセンサー
    □レンズ
    LEICA DC VARIO-ELMAR 24-720mm/F3.5-6.4
    □シャッター速度
    4~1/2,000秒(メカシャッター)、1~1/16,000秒(電子シャッター)
    □連写
    AFS:10fps、AFC:5fps
    □連続撮影枚数(RAW)
    26枚以上
    □ISO設定感度
    ISO 80-3200(拡張ISO 6400)
    □4K動画記録
    3,840×2,160/30p、24p(最大15分)
    □ファインダー
    0.21型233万ドット相当(倍率は0.53倍)
    □背面モニター
    3.0型104万ドット(タッチ・180度チルト対応)
    □ネットワーク
    Wi-Fi(2.4GHz)、Bluetooth Ver.4.2
    □撮影可能枚数
    モニター:380枚
    LVF:250枚(eco30fps時は340枚)
    □外形寸法
    112.0×68.8×41.6mm
    □質量
    約328 g(本体、バッテリー、メモリーカード含む)、約286g(本体)

    関連リンク
    デジタルカメラ「LUMIX」DC-TZ95 発売 | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan
    https://news.panasonic.com/jp/press/data/2019/04/jn190408-2/jn190408-2.html

    2019年4月8日 13:10
    デジカメ Watch
    https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1178620.html

    【パナソニック、EVF搭載光学30倍ズームモデル「LUMIX TZ95」】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/04/08(月) 17:05:43.86 ID:CAP_USER.net
    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1178/632/15_o.jpg
    パナソニックは、ミラーレスカメラ「LUMIX G99」(DC-G99)を5月23日に発売する。価格はオープン。店頭予想価格はボディ単体が税別12万5,000円前後、14-140mmレンズが付属するHキット(DC-G99H)が税別16万5,000円前後。

    マイクロフォーサーズ規格のレンズ交換式デジタルカメラ。プロ用途を意識した上位機種のLUMIX G9 PRO(2018年1月発売)に対し、G99はG9 PRO譲りのハイエンド機並み性能と操作性を求めるハイアマチュアに向けた兄弟機という位置づけ。2016年10月発売のLUMIX G8も販売を継続するという。

    撮像素子は有効2,030万画素の4/3型Live MOSセンサー。感度はISO 200-25600(拡張でISO100も設定可能)。画素数は同じだが、G9 PROのほうが読み出しスピードの速いイメージセンサーを採用しているという。

    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1178/632/08_o.jpg
    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1178/632/07_o.jpg
    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1178/632/10_o.jpg
    最高シャッター速度は1/4,000秒。最大30分までのバルブ撮影に対応する。

    連写速度はAF追従のAFCで6コマ/秒。ピント固定のAFSで9コマ/秒。G9 PROはそれぞれ9コマ/秒、12コマ秒。

    手ブレ補正は対応レンズ内の補正機構と協調するDual I.S.2に対応。5軸・5段分の補正効果を得られる(G9 PROは5軸・6.5段)。

    動画はG9 PROが4K60p記録に対応するところ、G99は4K30pまで。8bitだがV-LogLを搭載している。記録時間の制限は4K/FHDともにない。

    仕上がりを確認しながら比較明合成が可能な「ライブビューコンポジット」機能を新搭載。モノクロ絵作りの「L.モノクロームD」や、モノクロ撮影時に効果を与えられる「粒状」効果も他の最新LUMIXと同様に搭載した。

    EVFパネルは約236万ドットOLED。ファインダー倍率は35mm判換算で0.74倍。接眼光学系は新規のものとしている。

    背面モニターは3型約124万ドットのフリーアングル式。タッチ操作に対応する。

    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1178/632/12_o.jpg
    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1178/632/17_o.jpg

    通信機能はWi-Fi/Bluetooth。QRコードペアリングが可能。

    USB端子はUSB 2.0で充電および給電に対応。HDMI Type-D、リモート端子、マイク端子、ヘッドフォン端子も備える。

    外形寸法は約130.4×93.5×77.4mm。重量は電池/SD込みで約536g、ボディのみで約484g。本体のサイズ感はG9 PROとG8の中間になる。

    撮影可能枚数はファインダー/モニターどちらの使用時にも290枚。こまめにカメラをスリープさせる「省電力ファインダー」設定では、1,000枚の撮影が可能としている。

    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1178/632/16_o.jpg
    バッテリーグリップはLUMIX G8用をそのまま使える。

    □14-140mmのレンズが刷新
    キットレンズにも設定されてきた14-140mmレンズを、防塵防滴仕様の「LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH. POWER O.I.S.」(H-FSA14140-K)に刷新。基本的な外観イメージなどは従来モデルを継承している。単体での希望小売価格は税別9万5,000円。

    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1178/632/13_o.jpg
    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1178/632/14_o.jpg
    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1178/632/18_o.jpg

    LUMIX Gシリーズの14-140mmレンズは、LUMIX GH1のキットレンズとして2009年に登場した「LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4-5.8 ASPH. MEGA O.I.S.」(H-VS014140)が最初。35mm判換算28-280mm相当の画角を得られ、動画撮影時のフルタイムAFに対応するレンズとして発売された。

    2013年には新たに「LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.」(H-FS14140)がLUMIX G6のキットレンズとして登場し、2015年にはマットブラックのカラーが追加されている。

    関連リンク
    LUMIX「G9 PRO」の思想を継承した小型・軽量モデル誕生 デジタルカメラ「LUMIX」DC-G99発売 美しい光の跡を記録できる「ライブビューコンポジット」新搭載
    https://news.panasonic.com/jp/press/data/2019/04/jn190408-1/jn190408-1.html

    2019年4月8日 13:30
    デジカメ Watch
    https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1178632.html

    【パナソニック、G9 PRO継承のスタンダード機「LUMIX G99」】の続きを読む

    <div class="t_h" >1: <span style="color: green; font-weight: bold;">名無し募集中。。。</span> <span style="color: gray;"> 2019/04/01(月) 00:38:14.87 0.net</span></div>
    <div class="t_b" style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;color:#ff0000;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;"> 取り合えずこの動画でスゴさを確認しろ <br /> <br /> <a href="http://www.youtube.com/watch?v=I-RPyb_gz8Q" target="_blank">https://www.youtube.com/watch?v=I-RPyb_gz8Q</a><br /><iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/I-RPyb_gz8Q" frameborder="0" allowfullscreen=""></iframe><br /> </div><br />

    【Huawei P30 Proの50倍ズームが凄すぎると話題】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/02/28(木) 17:53:42.83 ID:CAP_USER.net
     独カール・ツァイスが昨年発表した、フルサイズセンサー搭載コンパクトデジタルカメラ「ZEISS ZX1」の実機が、国内最大のカメラ見本市「CP+ 2019」で展示されている。国内での展示は初めて。

    実機はショーケース内にあるため、触って試すことはできない。背面モニターにはデモ動画が流されており、「電源の入る個体があることを、まずはご確認いただければ」(展示担当者)という。

    実機のデザインは、発表時のモックアップ画像と変わらないように見受けられる。レンズには「ZEISS Distagon 35mm f/2 T*」を搭載。軍艦部やレンズ部の文字色を黄色にすることでツァイスらしさをかもし出している。

    側面にはUSB Type-C端子を配置。背面は背面モニターの他、左上に電子ビューファインダーと、中央上に1つの物理ボタンを置くのみのシンプルなユーザーインタフェース。OSにAndroidを採用するため、背面モニターから画像編集ソフト「Adobe Lightroom CC」を利用できるとしているが、動作している様子は確認できなかった。

    18年9月の発表当初、「2019年初頭に発売」としていたが、現時点で発売日、価格ともに未定。
    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1902/28/ki_1609376_cppzeiss01.jpg
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1902/28/news111.html

    【ツァイスのフルサイズコンデジ「ZEISS ZX1」の実機が展示中】の続きを読む

    このページのトップヘ