ソフトバンク

    1: おちんちんくん'17 ◆ftO04t2inw @\(^o^)/ 2017/07/13(木) 00:37:53.64 0.net

    ペッパー、採算取れず 開発会社、債務超過300億円 開発費など負担先行
    2017/7/12付日本経済新聞 朝刊

     ソフトバンクグループ傘下でヒト型ロボット「ペッパー」=写真=を開発・販売するソフトバンクロボティクス(東京・港)が、今年3月末時点で債務超過だったことが分かった。開発費などの負担が先行し、赤字が続くため。
    非上場企業であるロボティクスには、ソフトバンクグループが販売支援や資金を援助している。 http://www.nikkei.com/article/DGKKZO18743060R10C17A7DTA000/



    【ペッパー君、大赤字だった】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/11(日) 10:56:00.45 0.net

    ソフトバンクグループ(SBG)は6月9日、Alphabet傘下のロボティクス企業であるBoston Dynamicsが、SBG子会社による買収合意に至ったと発表した。買収額などの取引詳細については非公開としている。

    Boston Dynamicsは、マサチューセッツ工科大学(MIT)でロボット工学を研究していたマーク・レイバート氏が立ち上げたロボティクス企業。国防高等研究計画局(DARPA)の支援で開発した四足歩行ロボット「Big Dog」や、二足歩行ロボット「Petman」「Atlas」などを開発している。
    2013年には、Google(現Alphabet)が同社を5億ドルで買収したが、収益化の面から売却計画も取沙汰されていた。

     SBG代表取締役社長の孫正義氏は、「今日、人間の能力では解決できない数多くの課題が存在する。スマートロボティクスは情報革命の次のステージの重要な推進役であり、また、Boston Dynamics創業者のマーク・レイバートとそのチームは、最先端のダイナミックなロボット分野における明確なテクノロジリーダーだ。私は彼らをソフトバンクファミリーに迎え入れることができ感激している」とコメントしている。

     また、今回の買収にともない、二足歩行ロボットを開発するベンチャー企業のSchaftを買収することにも合意している。同社は、2012年に東京大学情報システム工学研究室で設立された企業で、2013年にGoogleに買収されていた。

    【ソフトバンクがBoston Dynamicsを買収、ロボット開発分野に進出へ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/07/15(金) 18:17:50.71 ID:CAP_USER.net

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1607/15/news125.html

    米国滞在中に通話・ネットが使い放題になるソフトバンクの「アメリカ放題」が知らない間に終了し、
    高額請求が来た――米国と日本を行き来するソフトバンクユーザーの間で、こんな悲鳴があがっている。ソフトバンクは
    問題を把握しており、高額請求に困っているユーザーには「柔軟に対応する」という。

     アメリカ放題は2014年にスタート。米Sprintのネットワークを活用したサービスで、iPhoneやiPadなど対象機種を使っている
    日本のソフトバンクユーザーが、米国内で電話かけ放題/パケット使い放題になる。

     料金は、(1)「スマ放題」で月間データ量5Gバイト以上のユーザーは無料、(2)それ以外のユーザーは月額980円――だが、
    「キャンペーン期間」として6月末まで、(2)のユーザーも申し込み不要・無料で利用できた。

    7月1日以降は(2)のユーザーのみ、申し込みと月額料金が必要になったが、それを知らずに米国で通話やネットを使い、
    高額の請求を受けたというユーザーが続出。「突然1万円以上の請求が来た」など高額請求に困惑する声がTwitterなどにあがり、騒ぎになっていた。

     ソフトバンクによるとキャンペーンの終了は、Webサイトで6月7日から案内してきたほか、6月24日時点で米国にいるユーザー全員にSMSで案内、
    24日以降米国に到着し、Sprint網に接続したユーザー全員にSMSで案内したという。
     ただ、キャンペーン終了を知らずに米国で通話・ネットを利用し、高額請求に困っているユーザーに対しては、「柔軟に対応する」としている。
    対象となるユーザーの範囲や具体的な対応内容については明らかにしていない。



    【「アメリカ放題」キャンペーン終了、突然の高額請求に悲鳴 ソフトバンク「柔軟に対応する」】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/07/15(金) 21:21:59.42 ID:CAP_USER.net

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1607/15/news159.html


     ソフトバンクは7月15日、米国滞在中に通話・ネットが使い放題になる「アメリカ放題」の
    無料キャンペーンを再開すると発表した。6月末に終了していたが、終了の告知が不十分だったため、
    「終わったと知らずに米国で通話やネットを利用し、高額請求を受けた」と訴えるユーザーが相次いでいた。

     アメリカ放題は、iPhoneやiPadなど対象機種を使っている日本のソフトバンクユーザーが、
    米国内で電話かけ放題/パケット使い放題になるサービス。サービス開始の2014年から「サービス開始記念キャンペーン」として

    全ユーザーに申し込み不要・無料で提供していたが、6月末にキャンペーンを終了。一部のユーザーは、改めて申し込みを行い、
    月額料金を支払わないと利用できなくなった。

     だが、キャペーン終了を知らせるSMSをユーザーに送り始めたのは6月24日と、終了まで1週間を切っており、送った対象は、
    6月24日以降に米国でSprintネットワークに接続したユーザーのみで、日本にいたユーザーには届いていない――など、終了の告知が不十分だったため、
    キャンペーンが終了したことを知らずに米国で通話やネットを利用し、数万円の請求が届いたと困惑するユーザーが続出していた。

     同社は「十分な告知期間を設けられなかったことなどでお客さまを混乱させてしまったことを踏まえ、キャンペーンを再開する」と発表。
    「お客様にはたいへんご迷惑をおかけした」と謝罪した。キャンペーンの終了時期は未定だが、「終了する場合は十分な告知期間を設けて改めて知らせる」としている。



    【突然終了した「アメリカ放題」無料キャンペーン再開 「お客様を混乱させた」 ソフトバンクが謝罪】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/08(火) 19:18:06.81 ID:CAP_USER.net

    http://buzzap.jp/news/20160308-softbank-android6-marshmallow-update/

    ソフトバンクがAndroid 6.0へのOSアップデートが提供される機種一覧を公開しました。詳細は以下から。
    これがアップデート予定のスマホ一覧。ドコモ版の兄弟機がアップデートされる「AQUOS Xx」「AQUOS Xx2」
    「AQUOS Xx2 mini」や、ワイモバイルでの販売も決まった「AQUOS CRYSTAL 2」など、
    シャープ製スマホが軒並み対象外となったほか、KDDI同様、Xperia Z3も対象外に。
    ・ソニー
    Xperia Z5、Xperia Z4

    ・Samsung
    Galaxy S6 edge

    他社と比べてモデルを絞り込む、少数精鋭型の展開であるにもかかわらず、アップデートが見送られるモデルが相当数あるソフトバンク。
    ソフトバンク広報によると上記の機種は「あくまで現時点でアップデートが決まっているモデル」ということであるため、追加情報を待ちたいところです。




    AU スマホなど計12機種アップデート提供へ
    http://news.mynavi.jp/news/2016/03/07/112/

    ドコモは全20機種にAndroid 6.0へのアップデートを提供開始
    http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1603/08/news094.html



    【ソフトバンクがAndroid 6.0アップデート機種を公開、シャープ全滅&Xperia Z3も対象外に】の続きを読む

    このページのトップヘ