Mac

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2020/02/26(水) 20:52:11.85 ID:CAP_USER.net
    長らく噂が絶えないARMベースのMacBook。その登場は我々が思っているよりも早いかもしれません。そう予測するのは著名アップルアナリスト、TF SecuritiesのMing-Chi Kuo氏です。

     同氏の予測によると、むこう12~18ヵ月の間に、Intel CPUの代わりに自社設計のプロセッサーを搭載する新製品がリリースされると指摘。自社設計のプロセッサーとは、iPhoneやiPad、HomePodにも採用されるAシリーズのチップのこと。

     製品が登場するタイミングとなる2021年には、現在の7nmプロセスから5nmプロセスへとさらに微細化が進むとみられており、ARMベースのMacが搭載するのもこの5nmプロセスのAシリーズチップ(A15?)になるのではないか、と思われます。

    ●IntelからARMへのスイッチ
     アップルはプロセッサーの変更を最も上手くこなしている企業といえます。直近では自社も設計に加わってきたPowerPCからIntelへMacのプロセッサーを変更し、これによって性能向上と省電力性を実現。わかりやすく言えば、当時からすれば超薄型デザインを採用したMacBook Airを誕生させることができたのも、Intelへの移行があったからでした。

     プロセッサーの変更には、ソフトウェアやアプリの対応が伴います。しかしアップルはIntel移行の際、Mac OS X TigerのままIntelへばっさりとプラットホームを移行しました。細かい互換性の違いは存在していましたが、ソフトウェアとネイティブアプリを共通化しながらも一気に移行することで、この以降を成功させたと言っても良いでしょう。

     今回ARM版Macの噂が向こう1年程度で実現する可能性が言及されましたが、今回は完全なARMへの移行というよりは、低価格モデルの優位性向上を狙ったものになるのではないか、と考えられます。つまり、Intelも残しつつ、ARM版Macを登場させるというアイデアです。

    ARM版Macについてはまだその詳細が明らかになっていません。また、結果的にはより安いモデルに採用されるか、そうしたモデルを新設あるいは復活させる形で、ARM版Macが登場してくるのではないか、と個人的にはイメージしています。

     2017年に登場したiPhone Xは、同じ年の13インチMacBook ProのIntel Core i5を搭載するベーシックモデルよりもGeekbenchのプロセッサベンチマークの値が高くなったことが話題になりました。もちろんピークパワーの比較であり、iPhoneが継続的に高負荷の作業をするよう設定されているかと言われれば、そうしたチューニングではないと考えられます。

     ただし、ARMだから性能が劣るというイメージを必ずしも持つ必要はない、という点はおさえておきたいポイントです。

     もっともシンプルな実現パターンを考えれば、

     「macOSが動作するMacのプロセッサがARMベースのApple独自設計チップ」

     になるというアイデアです。

     もちろんこの場合でも、5nmへと微細化が進み、高い処理性能と優れた消費電力を両立するチップに仕上がることが予想できるため、既存のMacBookやMacBook Airの筐体を使えば、排熱システムを刷新することなく、パフォーマンスとバッテリー持続時間を高めた製品に仕上げることができるでしょう。
    以下ソース
    https://ascii.jp/elem/000/004/003/4003966/

    【安価な「ARM版Mac」2021年登場か】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2019/12/11(水) 08:48:44.56 ID:CAP_USER.net
     Appleの新型「Mac Pro」の注文受付が米国時間12月10日に始まった。同製品の価格は5999ドル~(日本では税別59万9800円~)だが、フルスペックまでカスタマイズした場合は5万ドル(日本で570万円)を超える。しかもこのなかにはソフトウェアやディスプレイの分は含まれていない。

     新型Mac Proと、4999ドル(日本では税別52万9800円)の6K対応ディスプレイ「Pro Display XDR」は、Appleが6月に開催した開発者会議「WWDC19」で大きな注目を集めていたもの。新しいMac Proは2013年以来のメジャーアップグレードとなる製品で、Appleにはこの製品の投入を通じて、より高性能な「Windows」搭載マシンに移ってしまったクリエイティブ分野のプロ顧客を取り返したいとの思惑がある。

     Mac Proの高額なカスタマイズオプションとしては、2.5GHz、28コアの「Intel Xeon W」プロセッサ(Turbo Boost使用時には最大4.4GHz)が7000ドル(日本では税別77万円)、1.5TB(12x128GB)のDDR4 ECCメモリが2万5000ドル(同275万円)、タワー本体にホイールを付けると400ドル(同4万4000円)などがある。Appleのウェブサイトでフルスペックまでカスタマイズしたところ、価格は52748ドル(同574万600円)となった。
    2019年12月11日 07時41分
    https://japan.cnet.com/article/35146669/

    【新型Mac Proの受注開始--フルスペックで5万ドル超】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 47の素敵な(SB-Android) (4段) 2019/12/11(水) 19:23:39 .net
    Appleの新型「Mac Pro」、1.5TBメモリのフルスペックで574万円(税別) 「ベンツ買える」と話題に(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00000056-it_nlab-sci  VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:1000:512: EXT was configured

    【Appleの新型「Mac Pro」 1.5TBメモリのフルスペックで574万円www 「ベンツ買える」と批判殺到www】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2019/12/09(月) 12:29:45 ID:CAP_USER.net
    AppleがWWDC 2019の中で発表した新型「Mac Pro」は、2019年12月10日から予約受付を開始することになると海外テクノロジーメディアのTechCrunchが報じています。

    新型Mac Proについては2018年4月頃からウワサが出ていましたが、2019年6月についに正式に発表されることとなりました。新型Mac ProはCPUに最大28コアのIntel Xeon W-3175Xプロセッサ、グラフィックカードには「世界で最もパワフルなグラフィックカード」というAMD Radeon Pro Vega II、メモリ(RAM)は最大1.5TBまで増設可能。そのほか、PCI Expressスロットを8基、10Gbのイーサネットポートを2つ搭載するという驚異のスペックを持った端末です。

    販売価格は5999ドル(約65万円)からとなっているMac Proは、当初は2019年秋ごろの発売が予定されていました。そんなMac Proの予約受付が2019年12月10日からスタートすることが明らかになっています。

    TechCrunchはテクノロジー系YouTuberのMarques Brownleeさんが最初に「12月10日から予約受付がスタートする」ことを発見したと指摘しています。

    AppleはMac Proの発表と同時に32インチ液晶ディスプレイの「Pro Display XDR」も発表しており、その解像度はなんと6016×3384ピクセル。Pro Display XDRの販売価格は4999ドル(約54万円)です。

    そのほか、専用のVESAマウントが199ドル(2万2000円)、専用スタンドの「Pro Stand」は999ドル(約11万円)となっています。

    なお、これらのオプション品もMac Proと同時に発売されることとなるのかどうかは不明です。
    2019年12月09日 11時13分
    https://gigazine.net/news/20191209-mac-pro-order-december-10/

    【「65万円から」のスペックも価格もモンスター級な新型「Mac Pro」の予約受付が12月10日からスタート】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2019/11/13(水) 14:51:38.12 ID:CAP_USER.net
     Appleが準備しているとされる16インチの「MacBook Pro」については、この数カ月にわたりうわさが流れていた。これが米国時間11月13日についに発表されるかもしれない。 Bloombergが12日、匿名の情報提供者の話として報じた。この新製品にはより大型の画面と新しいキーボードが搭載されるという。

     Appleは5月、MacBook Proのラインアップのマイナーアップデートを発表した。13インチ版と15インチ版で従来より高速なIntelの第8世代および第9世代「Core」プロセッサーをそれぞれ採用し、15インチモデルでは8コアも選択可能になった。キーボードも改良された。しかしその後まもなく、Appleが別のバージョンのMacBook Proに取り組んでいるとのうわさが流れ始めた。

     10月には、16インチMacBook Proのデザインに関する新たな画像が「macOS Catalina 10.15.1」のリリースビルドから見つかったと、9to5Macが報じた。それによると、新型キーボードでは「Touch ID」キーが「Touch Bar」から独立している。このことから、Escキーも物理的なキーに戻される可能性があると考えられるという。

     8月には、AppleがMacBook Proの新モデルの生産を9月に開始する見込みで、15.4インチMacBook Proは11月に生産終了になる可能性があるとも報じられていた。Forbesは当時、16インチ型MacBook Proには、Intelの「Coffee Lake H Refresh」プロセッサーが搭載されると伝えていた。

     新型MacBook Proについてはその他に、2019年にはキーボードが刷新され、バタフライ式キーボードに代わってシザー式キーボードが搭載されるなどのうわさが流れている。

     Appleは、2015年に同社のコンピューター製品を刷新し、ノートPCをそれまでよりも薄く軽量にすることを目指して、バタフライスイッチキーボードを搭載し始めたが、ユーザーからは、押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、文字が勝手に反復入力される、文字が表示されないなどの苦情が寄せられていた。

     Appleはコメントの依頼にすぐには応じなかった。
    2019年11月13日 13時02分
    https://japan.cnet.com/article/35145321/

    【16インチ「MacBook Pro」、まもなく発表か】の続きを読む

    このページのトップヘ