Mac

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2019/11/13(水) 14:51:38.12 ID:CAP_USER.net
     Appleが準備しているとされる16インチの「MacBook Pro」については、この数カ月にわたりうわさが流れていた。これが米国時間11月13日についに発表されるかもしれない。 Bloombergが12日、匿名の情報提供者の話として報じた。この新製品にはより大型の画面と新しいキーボードが搭載されるという。

     Appleは5月、MacBook Proのラインアップのマイナーアップデートを発表した。13インチ版と15インチ版で従来より高速なIntelの第8世代および第9世代「Core」プロセッサーをそれぞれ採用し、15インチモデルでは8コアも選択可能になった。キーボードも改良された。しかしその後まもなく、Appleが別のバージョンのMacBook Proに取り組んでいるとのうわさが流れ始めた。

     10月には、16インチMacBook Proのデザインに関する新たな画像が「macOS Catalina 10.15.1」のリリースビルドから見つかったと、9to5Macが報じた。それによると、新型キーボードでは「Touch ID」キーが「Touch Bar」から独立している。このことから、Escキーも物理的なキーに戻される可能性があると考えられるという。

     8月には、AppleがMacBook Proの新モデルの生産を9月に開始する見込みで、15.4インチMacBook Proは11月に生産終了になる可能性があるとも報じられていた。Forbesは当時、16インチ型MacBook Proには、Intelの「Coffee Lake H Refresh」プロセッサーが搭載されると伝えていた。

     新型MacBook Proについてはその他に、2019年にはキーボードが刷新され、バタフライ式キーボードに代わってシザー式キーボードが搭載されるなどのうわさが流れている。

     Appleは、2015年に同社のコンピューター製品を刷新し、ノートPCをそれまでよりも薄く軽量にすることを目指して、バタフライスイッチキーボードを搭載し始めたが、ユーザーからは、押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、文字が勝手に反復入力される、文字が表示されないなどの苦情が寄せられていた。

     Appleはコメントの依頼にすぐには応じなかった。
    2019年11月13日 13時02分
    https://japan.cnet.com/article/35145321/

    【16インチ「MacBook Pro」、まもなく発表か】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2019/10/12(土) 16:10:33.81 ID:CAP_USER.net
    まるでおろし金のような斬新なフロントパネルデザインを持つと話題の新「Mac Pro」。価格はまだ未定なのだが、そのスペックから想像するに決して安くはないはずだ。ともすれば、自作PCで、安価に、せめて外観だけでも、それらしく見せることはできないか? という安直な考えから生まれたであろう製品が、DUNE CASEと名乗る企業から生まれた「Dune Pro」だ。

     上部にステンレスのハンドル、下部にステンレスのスタンドを備えている点はもちろんのこと、シンプルな側面の佇まいは、まさにリンゴのマークを抜いただけのMac Pro。ステンレス製フレームと3mm厚のアルミニウムを採用するとしており、質感も良さそうだ。

     標準で装備される前面パネルは、残念ながら円形のパンチ穴を開けただけのもののようだが、Mac Pro風の外観を実現し、ノイズを減らす効果があるという特許出願済みの「Dice Y」カバーも、アクセサリとして用意する見込みがあるという。これを装着すれば友人に自慢できること請け合いだ。

     ちなみに中身は業界標準規格に則っており、SSE-EEB、Extended ATX、ATX、microATX、Mini-ITXフォームファクタに対応。前面は最大360mmの水冷ラジエータを装着できる。拡張カードは最大380mmまでの長さのものに対応する。

     Dune Proは10月21日にIndiegogoでクラウドファンディングを募るとしており、より詳細なスペックや価格などが明らかにされるだろう。
    https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1212/323/1_l.jpg
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1212323.html

    【“Mac Pro風”の自作PCが組めるタワーケース】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2019/07/25(木) 02:15:41.65 ID:CAP_USER.net
    うわさの新型16インチMacBook Proが、今年10月に発売されるかもしれないとの予測が報じられています。また、同時期に13インチMacBook ProとMacBook Airの最新版が発売される可能性も伝えられています。
    台湾の経済系新聞メディア経済日報はサプライチェーン筋の情報として、16インチのMacBook Proが10月に発売される予定だと報道。この画面サイズは従来のMacBook Proシリーズにはなかったもので、今年2月に有名アナリストが予測したのをはじめ、同様の観測が何度かありました。

    ディスプレイの解像度は、現行15インチMacBook Proの2880×1800に対して、3072×1920にアップしながら、引き続きLCDパネル採用とのこと。こうした見通しも、市場調査会社IHSマークィットと一致しています。

    そこまでは既出の情報から大きく出ませんが、目を引くのが「アップルのノートPCにとっては新境地を開拓するほどの高価格」が予想されている点です。サプライチェーン業界の見積もりでは基本価格が9万~10万台湾ドル、日本円で約31万円~35万円とのこと。現在のハイエンドMacBook Proは30万2800円(税別)~ということで、画面の分だけ価格もビッグになるようです。

    Mac製品ラインナップの中での位置づけは、iMacとMac Proの間とされ、主に専門家のプロユース向けとのこと。元より学生向けや普及価格など意識していない製品カテゴリというわけです。

    かたや13インチMacBook ProとMacBook Airの新型については、それ以上の具体的な情報はありません。13インチMacBook Proのエントリーモデルも、Retinaディスプレイ搭載モデルのMacBook Airも、最新型が今月発売されたばかりです。

    そこで思い当たるのが「今年中にバタフライ構造の薄型キーボードに代えてシザー式のキーボードを採用したMacBook Airが登場する」との噂です。バタフライ式は特定のキーが効かなくなる、文字が勝手に反復入力されるなどトラブル続きで集団訴訟が起こされた上に、アップルにとっても歩留まりが悪くて製造コストが高く付くとされていました。

    それは頷ける見通しではあるのですが「新シザー式キーボードは、2020年までMacBook Proに採用されない」との予測も合わせて伝えられていました。最高級の16インチMacBook Proに、搭載した全モデルがキーボード無償修理プログラムの対象となっているバタフライを今さら採用するのか......?といった根深い疑問もあります。

    もしかしたらバタフライを溺愛するパワーユーザー向けの人を選ぶ製品となるかもしれませんが、16インチMacBook Proの続報を待ちたいところです。
    https://japanese.engadget.com/2019/07/24/16-macbook-pro-10/

    【16インチMacBook Proが10月登場?「新境地拓く高価格」とのうわさ】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/07/27(土) 21:28:48.11 ID:CAP_USER.net
    信憑性の高いアナリストであるTF International SecuritiesのMing-Chi Kuo(ミン・チー・クオ)氏の最新レポートをApple Insiderが見つけた。読んでみたところ、Apple(アップル)と共同作業する可能性のあるキーボードメーカーに特化した内容だった。そしてAppleは、問題のあるバタフライ構造を新しいシザー構造に置き換えるようだ。

    最初にこの変更を受けるのは長らく噂されてきた 16インチMacBook Proになりそうだ。クオ氏は新製品のリリース時期タイムラインを更新し、同機の予想発売時期は2020年から2019年最終四半期中に変わった。

    そこで終わりではない。AppleはすでにMacBook全機種の更新作業に取り組んでいる。2020年終わりまでには、ノートパソコン全機種のキーボードが新しくなっているはずだ。

    クオ氏のタイムラインによると、Appleは15インチMacBook Proと16インチMacBook Proの両方を製品ラインアップに載せている。おそらく新製品はこれまでの15インチMacBook Proよりも高価になるだろう。このため、MacBook Air、13インチMacBook Pro、および15インチMacBook Proのいずれもが来年新しいキーボードに切り替える可能性がある。

    Appleが最初にバタフライ構造を採用したのは12インチMacBookで2015年のことだった。その後同社は、全機種にこの新しいキーボードデザインを広めていった。

    しかしここ数年多くの人々が、キー入力の取りこぼしや二重入力などの不調を訴えてきた。ホコリがキーの動きを妨げやすくキーボード自体の修理も困難だ。Appleがバタフライ構造キーボードのMacBook全機種に対して無料交換プログラムを実施しているのはそのためだ。

    新デザインでAppleは、基本的に信頼できるデザインに立ち返ることになる。シザースイッチはほとんどのWindowsノートPCで使われており、Appleの外付けキーボードでさえもそうだ。AppleはMacBook製品でも、バタフライ構造にする前はシザー構造を採用していた。

    もし今回の噂どおりなら、伝統的デザインのキーボードが使われたMacBookを見るまでには少し待つ必要がありそうだ。しかし、もうすぐやってくる!
    https://jp.techcrunch.com/2019/07/26/2019-07-25-apple-could-gradually-switch-to-new-laptop-keyboard-mechanism-starting-this-fall/

    【AppleがMacBookのキーボードを今秋から順次新方式に変更か】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2019/07/10(水) 09:49:19.56 ID:CAP_USER.net
    嬉しいアップデート! しかし、ちょっとフクザツに感じる人も?

    電撃的な発表で、ちょっと混乱していますので、事実だけ伝えます。いきなりですがMacBook Pro 13インチとMacBook Airがアップデートされました。

    まず最初に驚いたのが、MacBook ProからTouch Bar無しモデルが消えました。

    これまでMacBook Pro 13インチのエントリーモデルでは、ファンクションキー搭載でTouch Barは未搭載でしたけど、今回のアップデートによって全モデルTouch Barへと統一されています。これは賛否両論すごそうなので、僕としてはノーコメント…。まぁ、喜ぶ方もいれば、がっかりする方も居るかと思います。

    また、これまでエントリーモデルはデュアルコア(2.3GHzデュアルコアIntel Core i5)スタートでしたが、アップデートによってクアッドコア(1.4GHzクアッドコアIntel Core i5)スタートになっています。

    画面もアップデートされていて、エントリーモデルもTrue Tone対応へ。他にもTouch BarでのTouch IDに対応したことで、Apple T2 Securityチップが搭載されたりといった変更点もあります。スペック的には、単純に大幅アップ!と見ていいですねー。ただ、Thunderbolt 3ポートはエントリーモデルは変わらず2ポート構成なのでご注意を。

    このアップデートされたエントリーモデルの価格は税別13万9800円(学生教職員向け価格は12万9800円)です。詳しい仕様はこちらをどうぞ。

    True Tone対応で価格は11万9800円からになったMacBook Air

    MacBook Airにもアップデート。価格が13万4800円→11万9800円へと値下げされています。

    さらに学生・教職員では10万9800円(!!!!)で購入できるようになりました。加えてこちらもTrue Toneに対応しています。うひょー!機能追加されて値下げとか最高じゃない? このカジュアル価格、まさにMBAっぽいようんうん!
    https://www.gizmodo.jp/2019/07/macbook-2-model-update-2019-summer.html

    【MacBook2機種がアップデート! MacBook Pro 13インチは全モデルTouch Bar搭載へ】の続きを読む

    このページのトップヘ