Mac

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2018/10/06(土) 22:53:42.91 ID:CAP_USER.net
    米メディアMacRumorsは4日(現地時間)、Apple独自のセキュリティチップ「T2」を搭載するiMac Proおよび2018年モデルのMacBook Proについて、同チップによる部品紐づけのために自家修理が困難であると報じた。

     これは入手したAppleの内部文書に基づいたもので、正規サービスプロバイダ以外での修理(DIYなど)の場合、部品の交換後に自己診断プログラム(Apple diagonostics)でエラーが発生するとのこと。エラーを解消するためには、認証を受けたサービスプロバイダに提供される「Apple Service Toolkit」とよばれるソフトを用いて修理を完了する必要がある。

     MacBook Proではディスプレイ、ロジックボード、Touch ID、トップケース(キーボード、バッテリー、トラックパッドを含む)のモジュール交換が監視の対象で、iMac Proでは比較的ゆるやかなロジックボードとSSDのみとなる。

     もっとも、対象となるMacBook Proはメモリ、SSDともにロジックボード上にはんだ付けされているため、最初からメモリやストレージの交換や増設は不可能となっている。iMac Proではメモリは汎用品であるものの、SSDは特殊形状のものが搭載されているため、これも気軽に交換ができるようなものではない。

     MacRumorsは、これらのiMac ProやMacBook Proが旧製品の区分「ビンテージ」や「オブソリート」に該当するようになった場合、Appleで修理することもできず自分で修理することもできなくなる恐れがあるとした。

     Touch IDは決済などでも利用されるため、高度なセキュリティが要求される。そのため、すでにiPhoneでも同様な指紋センサー部とロジックボードの紐づけが行なわれている。米国では「修理する権利」にまつわる法律を根拠に、こうした特殊なセキュリティを採用したデバイスの修理を自由化するための議論が行なわれている(Apple、破損したiPhone液晶カバーガラスの修理設備を外部修理業者に提供予定との報道)。
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1146589.html

    【セキュリティチップ搭載のMac、部品交換が困難に】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2018/08/23(木) 18:52:18.77 ID:CAP_USER.net
    今秋リリース予定の「macOS Mojave 10.14」は、さまざまな新機能を搭載する一方で、廃止となる機能もある。「どこでもMy Mac」がそうだ。

    米MacRumorsの2018年8月21日の記事によると、macOS Mojaveのベータ版で、どこでもMy Macが間もなく終了するという警告が表示されるようになった。米Appleが2018年8月9日付けで公開したサポート情報を見ると、macOS MojaveでどこでもMy Macが使えなくなることについて公式な説明がある。

     どこでもMy Macとは、Macにリモートでアクセスし、ファイルや画面を共有できる機能だ。同一のiCloudアカウントに紐付けられたMac同士で利用でき、「OS X Lion 10.7.5」以降が必要だった。

     macOS Mojaveにアップグレードしなければ、どこでもMy Macは引き続き使える。どこでもMy Macの設定方法については、Appleのサポート情報に説明がある。

    廃止後の代替策は
     どこでもMy Macを愛用してきた人がmacOS Mojaveにアップグレードする場合の代替策を見ていこう。準備について詳しくは、Appleのサポート情報を参照してほしい。

    ファイル共有
     複数のMacで同じファイルにいつでもアクセスしたい場合は、iCloud Driveを利用し、「“デスクトップ”フォルダと“書類”フォルダ」オプションを有効にすることをAppleは勧めている。同オプションを有効にする手順や、この機能を活用するヒントについては、Macworldのこちらの記事やこちらの記事も参考にしてほしい。

     同じネットワーク上のMac同士でファイルを転送するだけであれば、「AirDrop」が使える。

     また、「Dropbox」「Microsoft OneDrive」「Google Drive」など、サードパーティーのファイルストレージサービスを利用する手もある。ただし、利用するサービスの専用ソフトか、Webブラウザーを使って、ファイルの保存や同期を行う必要がある。

    画面共有
     macOSは画面共有機能を標準で備えている。「システム環境設定」→「共有」を開き、左側の項目の中から、「画面共有」にチェックを入れると有効になる。画面共有を特定のユーザーにのみ許可するか、すべてのユーザーに許可するかも選択可能だ。画面共有の設定方法については、Appleのヘルプに詳しい説明がある。

    Apple Remote Desktopの使用
     Macのリモート管理でもっと込み入った作業を行いたい場合は、「Apple Remote Desktop」アプリ(79.99ドル)を使うことをAppleは勧めている。
    https://tech.nikkeibp.co.jp/it/atcl/idg/14/481542/082300540/

    【「どこでもMy Mac」はmacOS Mojaveで廃止に】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 名無し募集中。。。 2018/08/22(水) 05:28:22.20 0.net
    暇すぎるから買おうと思うんだけど30万以上したら無理

    【今年出るらしいMac mini proっていくらくらいする?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2018/08/21(火) 07:41:11.31 ID:CAP_USER.net
     米Appleが約4年ぶりに「Mac mini」の新モデルを年内に発表すると、米Bloombergのマーク・ガーマン記者とデビー・ウー記者が8月20日(現地時間)、この件に詳しい情報筋の話として報じた。

     現行のMac miniが発売されたのは2014年10月。ティム・クックCEOは2017年10月、「まだ詳細を明かす時ではないが、Mac miniを今後、Appleの製品ラインアップの重要なパートにする計画だ」と語っていた。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1808/21/yu_mini1.jpg

     ディスプレイもキーボードも付かない安価なMac miniは、開発者などのハイエンドユーザーの間で、ホームメディアセンターやサーバファームマネージャー用途で人気があるという。

     新モデルはこうしたニーズに合わせ、ストレージとプロセッサをアップグレードできるオプションがあると情報筋は語った。

     Bloombergはまた、MacBook Airの後継モデルとされるMacBook (13-inch, 2018) について、これまでのうわさに加え、ベゼルが狭く(画面占有率が高く)なるとしている。現行の「MacBook Air」と併売するという。

     なお、「Mac Pro」については4月、Appleの幹部が「2019年の製品になる」と語っている。
    2018年08月21日 06時21分
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1808/21/news050.html

    【「Mac mini」4年ぶりに今秋登場か──Bloomberg予測】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/08/03(金) 04:23:36.66 ID:CAP_USER.net
    Appleが発表した第3四半期(6月30日締め)の決算は、投資家らの失望を招くことはないだろう、同社は今回も「iPhone」から好調な四半期決算を引き出し、「iPad」からもまずまずの成果を挙げている。ただし、「Mac」の販売台数は数年ぶりの低さとなった。

     iPhoneから見ていこう。販売台数4130万台は、アナリスト予想の約4160万台にかなり近い結果となったが、販売台数では前年同期比でわずか1%増だったのに対し、同期間の売上高は20%増加した。
    https://japan.cnet.com/storage/2018/08/01/6ca96aedcee876da46e586d6e41fdead/2018-07-3122-06-48.jpg

    そのため、平均販売価格(ASP)が724ドルに押し上げられ、予想されていたASPの699ドルを上回った。ただし、ASPは前四半期の728ドルからはわずかに減少したが、前年同期の606ドルからは増加した。

     注意すべき重要な点として、第3四半期というのは、iPhoneに関して年間売上高に占める割合が最も小さい四半期だということだ。

    Macの売り上げはかなり残念な状況で、7年ぶりの低水準となる372万台まで落ち込んだ。ASPは実質的に前四半期から変わっておらず(前四半期の1434ドルに対して1432ドル)、むしろ前年同期の1303ドルからは増加した。
    https://japan.cnet.com/storage/2018/08/01/0b8613baf0f279f10795802d2f2d23f2/2018-07-3122-08-44.jpg

    しかし、この大幅な販売台数の減少は、AppleがMacから目をそらしており、その結果として売り上げが著しく減少したという説を改めて裏付けるものだ。

     「AirPods」「Apple TV」「Apple Watch」「Beats」製品群、「HomePod」「iPod touch」、その他のAppleブランドおよびサードパーティー製アクセサリを含む「その他製品」によるAppleの売上高は37億4000万ドルとなり、前四半期の39億5000万ドルからは5%減少したが、前年同期の27億3000万ドルからは37%増加した。

     この増加は、アナリストらによる予想の範囲内に収まる結果となった。
    https://japan.cnet.com/article/35123374/

    【グラフで見る「iPhone」の売れ行き、「Mac」の停滞】の続きを読む

    このページのトップヘ