Mac

    • カテゴリ:
    1: ムヒタ ★ 2020/04/24(金) 07:33:49 ID:CAP_USER.net
     Appleは、次期「iPhone」に搭載予定の「A14」をベースとした自社設計プロセッサーを搭載する「Mac」の販売を2021年に開始する計画だと、Bloombergが米国時間4月23日に報じた。同社は、3種類の独自チップの開発に取り組んでいるとされ、これまで採用していたIntelチップから移行するとみられる。

     これらのカスタムチップは、まず新型ノートブックに搭載される可能性が高いという。Appleのハイエンドコンピュータに採用されているIntelチップと同じレベルにはならないためだ。これらのプロセッサーは、8つの高性能コアと少なくとも4つの高効率コアを搭載する可能性があり、前者は「Firestorm」、後者は「Icestorm」というコード名で開発されているという。

     Appleが自社設計プロセッサーに移行するとのうわさは2018年から出回っていた。2020年2月には、アナリストのMing-Chi Kuo氏がこれについて、5G対応iPhoneと中サイズパネル技術採用の「iPad」と並んで同社戦略の重要な要素だと述べたことが報じられた。

     AppleとIntelにコメントを求めたが、本稿掲載までに回答は得られなかった。
    2020年04月24日 06時41分
    https://japan.cnet.com/article/35152885/

    【アップル、独自チップ搭載の新型「Mac」を2021年に発売か】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2020/05/05(火) 01:04:15 ID:CAP_USER.net
    アップルは本日、13インチMacBook Proをアップデートしました。画面は13.3インチのまま、全ラインナップでストレージ容量が倍増、改良されたシザー構造のMagic Keyboard採用になりました。


    また上位モデルは第10世代Coreプロセッサを搭載し、標準で16GB RAMや1TB SSDが用意されます。

    すでに予約受付も始まっており、日本での価格も案内されています。

    新たなラインナップは、下位モデルが従来と同じ4コア第8世代Core i5プロセッサに8GB RAM、SSDは増えて256GBまたは512GB。

    上位モデルは4コア第10世代Core i5プロセッサ、16GB RAM、SSDは512GBまたは1TB。RAMは32GBまで、ストレージは4TBまで選べます。

    キーボードももちろん、新MacBook Airや16インチMacBook Proと同様に、シザー式のMagic Keyboardが採用されています。1mmのキーストロークを確保し、バックライトを搭載するところも他2モデルと同じです。上記のKuo氏は2020年以降のMacBookシリーズがシザー式に移行すると予測していましたが、今後もこの路線が続きそうです。


    本体カラーは前モデルと変わらず、シルバーとスペースグレイ。オンラインストアではすでに販売が開始され、価格は上位モデル512GBが18万8800円、1TBが20万8800円。

    従来は下位モデル128GBが13万9800円、256GBが15万9800円、上モデル256GBが19万8800円、512GBが22万800円だったため、新モデルは大きなパワーアップを果たしつつ、下位モデルで5000円、上位モデルでは1万円~1万2000円安くなりました。

    発表直後の時点では、上位モデルは5月15日から19日発送のステータスです。
    https://japanese.engadget.com/mbp-125345400.html

    【新13インチMacBook Pro発表。第10世代チップ搭載】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2020/03/29(日) 11:28:05 ID:CAP_USER.net
    アップル独自開発のArmベースプロセッサを搭載したMacが準備中との噂はたびたび報じられており、先月も2021年前半に登場との予測が伝えられたばかりです。

    そんななか、2021年以降にアップルが「積極的なプロセッサ交換戦略」を採用し、デスクトップ版を含めて多くのMacがArmに移行するとのアナリスト予測が報じられています。アップルのインサイダー情報で知られるアナリストMing-Chi Kuo氏は、新たな研究ノートを発表。それによるとArmプロセッサへの移行はローエンドのラップトップフォームファクタ(MacBook Airなど低価格デバイス)から始まり、徐々にラインアップを広げるとのことです。

    さらにKuo氏は、アップルはIntel製プロセッサを独自設計のArmベースCPUに置き換えることで、パフォーマンスやバッテリー持続時間の向上のみならず、大幅なコスト削減も実現すると述べています。

    具体的にはIntelから独自開発Armベースに切り替えることで、CPUコストは40~60%も低下するとのこと。こうしたコスト削減は、アップルがMacBook Airなど1000ドル未満の低価格ノートPCを維持するうえで重要というわけです。

    ただし単純にコストが下がるわけではなく、プロセッサの移行にともなって部分的にコストが増える場合もあると述べられています。

    たとえば現在アップル製品のUSBコントローラはIntelチップセット頼りですが、これを他社から調達する必要があるということ。Kuo氏は、ASMedia(台湾の半導体メーカー。SATAコントローラやUSBコントローラ等で自作PCユーザーに知られる企業)がArm版MacにUSBコントローラを供給する唯一のサプライヤーになると確信しているとのことです。

    2020年~2021年にかけては、アップル製品は現状のUSB3.1接続を引き続きサポート。その後の2022年以降は、ASMediaが次世代のUSB4コントローラを供給し、I/Oスループットがさらに高速化するとの見通しが示されています。

    Ku氏は、長期的にはArmベースMacの魅力が売上高を大幅に増加させると期待しているとのことです。現在Macの出荷台数は年間2000万台ですが、これが時間の経過とともに3000万台に増加すると予測されています。

    アップルはiOSやiPadOSアプリをMacに移植しやすくするCatalystを開発者に推奨しており、今年3月から自社の複数プラットフォーム向けアプリを一度にまとめて販売できる「ユニバーサル購入」も導入しています。MacにiPhoneやiPadのAシリーズチップと同じArmベースのプロセッサを採用することで、そうしたMacアプリの充実をさらに加速する意図もあるのかもしれません。
    https://japanese.engadget.com/jp-2020-03-27-arm-mac-macbook.html

    【ArmベースMac、続々と登場?まず低価格MacBookに採用とのアナリスト予測】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2020/03/18(水) 22:55:57.95 ID:CAP_USER.net
     Appleは3月18日、13.3型モバイルノートPC「MacBook Air」の新モデルを発表した。税別価格は104,800円から。本体色はスペースグレイ、ゴールド、シルバーの3色を用意する。なお、前モデルの価格は発表時の最小構成で119,800円だった。

     新しいMacBook AirではCPU性能が2倍に、内蔵GPUはIntel Iris Plus Graphicsとなり、グラフィックス性能は最大80%向上した。また、SSDは256GBからとなり、前モデルから倍増した。ディスプレイは変わらず、IPSパネルを採用する2,560×1,600ドットのRetinaディスプレイで、TrueToneテクノロジーをサポート。Touch IDセンサーも搭載する。

     キーボードはMacBook Pro 16インチでも採用された新しいMagic Keyboardを搭載。シザー構造となり、キーストロークは1mmだが打鍵感が向上し、安定した入力が行なえるとする。新キーボードの採用にともない、カーソルキーもT字型に変更されている。
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1241825.html

    【Apple、CPU性能とSSD容量2倍で安価になった「MacBook Air」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2020/03/06(金) 22:50:35.55 ID:CAP_USER.net
    なんだか、「soon」(まもなく)らしいですよ。

    Apple(アップル)のハードに関しては、先日も新しい噂をお伝えしましたが、また別の情報筋からもハードウェアアップデートの情報が出てきました。それは、iMacとMac miniがまもなく登場するというもの。

    噂の出どころは、これまでも多くのリーク情報を発信・的中してきた謎のリーカーアカウントCoinX。

    Twitterにはそれぞれ一言、iMacとMac miniがまもなく登場するといった予言と、iPadには新しいカメラが搭載されるといった予言が投稿されています。

    CoinXの最近の実績としては、iPhone XSシリーズの名称、iPhone 11Proの「Pro」というブランド名、10.2インチiPadや10.5インチiPadAir、細かなところだと2018年のiPad Proの厚さ(5.9mm)なども的中させています。これらを鑑みると、信ぴょう性は高め。

    また、ミンチー・クオのレポートでもiMacのアップデートは2020年第4四半期。といった報告もありますし、iMacアップデートは、前向きに期待しちゃっていい系かもしれません。

    個人的には、iMacに心が揺れているんですよね。この話題を見る度に「我が家のiMac様(5K Late 2015)はもう5年目だから、買い替え時かもなぁ」という、自分を納得させるための理由付けゲージが溜まりつつあります。

    噂どおりミニLED搭載で大幅リニューアルになるなら、ゲージは一気に振り切れるんですけどね。いや、どちらかというと、振り切らせてほしいクチです。
    https://www.gizmodo.jp/2020/03/coinx-said-new-mac-coming-soon.html

    【謎の高精度リーカーの予言「新型iMac、Mac miniがまもなくやって来る」】の続きを読む

    このページのトップヘ