SAMSUNG

    1: 田杉山脈 ★ 2019/02/20(水) 16:55:05.76 ID:CAP_USER.net
    サムスンはラスベガスで開催された「The Kitchen & Bath Industry Show」で、調理を助けるロボットアームなど、キッチンで使用する新しいロボットを複数展示した。

    サムスンによると、「Bot Chef」ではさまざまな調理器具をアームに取り付けて、食品をスライスさせたり調味料を入れさせたりできるほか、レシピをダウンロードすることも可能だという。

     「Bot Clean」は空間認識センサを備えた掃除ロボットで、本体に搭載されたスクリーン上の顔の表情で動作モードと清掃状況を伝えてくれる。

     バジルや小野菜を栽培できる環境を備えた冷蔵庫「Chef Garden」も披露された。Chef Gardenのソフトウェアは湿度と温度、照明を制御して、植物の生長に最適な環境を維持するという。

     サムスンはこのイベントで、障害者や高齢者の歩行を支援するロボット「GEMS(Gait Enhancing and Motivating System)」や移動式空気清浄ロボット「Bot Air」も披露した。
    https://japan.cnet.com/storage/2019/02/20/a7cdeda861779aceaddfd7780cd70109/03.jpg
    https://japan.cnet.com/article/35132995/

    【サムスン、料理を手伝うキッチンロボを披露--食材を切って調味料も入れられる】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/02/21(木) 19:57:55.53 ID:CAP_USER.net
    韓国サムスン電子は20日、画面を2つに折り畳めるスマートフォンを4月26日に北米など一部の地域で発売すると発表した。たためば4.6インチのスマホ、広げれば7.3インチのタブレットとして利用できる。スマホ市場の停滞が色濃くなるなか、携帯性と大画面の見やすさをあわせ持つ「1台2役」の新端末で需要の底上げをめざす。

    新製品は「ギャラクシーフォールド」。両面にサイズの異なる有機ELディスプレーがあり、7.3インチのディスプレーを内側にして本のように畳むことができる。開いた状態では動画が見やすくなるほか、画面を3分割して複数のアプリを同時に使うといった従来のスマホにはなかった特徴も打ち出す。全部で6つのカメラを搭載した。

    日本での発売時期は未定。サムスンは日本でスマホの直接販売をしていないため、今後販売されるかどうかはNTTドコモやKDDIといった通信事業者の方針次第となる。

    スマホ大手による折り畳み式端末の発表は初めて。20日に米サンフランシスコで開いた記者会見で、スマホ事業を率いる高東真(コ・ドンジン)社長は「スマホ市場は成熟したと言われるが、我々はそれが誤りだと証明する」と話した。

    米調査会社のIDCによれば、世界のスマホの出荷台数は18年に前年比4%減の約14億台にとどまり、2年連続でマイナスとなった。業界では「フォルダブル」と呼ばれる折り畳みスマホが、停滞する市場を活気づかせる「カンフル剤」になると期待されている。ただ普及に向けては、端末の価格や、折り畳み式ならではの使い勝手を提示できるかといった課題もある。


    ギャラクシーフォールドの価格は1980ドル(約22万円)から。サムスンが20日に発表した、3眼カメラやディスプレー上での指紋認証機能などを備える6.1インチの新型スマホ「S10」(899.99ドルから)が2台以上買える水準だ。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41540090R20C19A2000000/

    【サムスン、折り畳みスマホを4月発売 約22万円】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/02/18(月) 08:49:51.20 ID:CAP_USER.net
     韓国Samsung Electronicsは2月14日(現地時間)、「Galaxy」シリーズ10周年を記念して、米国でだ規模直営店「Samsung Experience Store」を展開すると発表した。まずはニューヨーク、ロサンゼルス、ヒューストンで開店する。

     名称通り、Samsungの様々な製品をその場で体験できる。Galaxyシリーズだけでなく、8Kテレビなどの家電も扱い、VR/AR体験も可能。4Kゲーム体験ラウンジや、米Appleの直営店にあるGenius Barのように、Samsung製品を持ち込んで修理やバッテリー交換などができるSamsung Careコーナーもある。

     Samsungは2013年に全米のBest Buy店舗内に専門ショップ「Samsung Experience Shop」を開設し、2018年にはニューヨークに大型ショールーム「Samsung 837」を開設した。

     ニューヨークのSamsung Experience Storeが開店する20日には、同地で新製品発表イベントを開催する計画だ。ニューヨークの店舗があるルーズベルトフィールドモールには、Appleの直営店もある。
    2019年02月18日 07時40分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1902/18/news056.html

    【Samsung、Galaxy10周年でニューヨークなどに製品修理も受け付ける直営店開店】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/01/30(水) 23:22:56.07 ID:CAP_USER.net
    スマートフォンがアプリや写真やビデオなどですぐに満杯になってしまうから、かったるいって? でも近未来にはスマートフォンの内部ストレージが1TBになり、しかもふつうのメモリーカードの10倍速くなるかもよ。

    Samsungはスマートフォンのメーカーとしてよく知られているが、同社の本当の稼ぎ頭であるメモリ部門が今日(米国時間1/29)、スマートフォン用の1TBのフラッシュメモリーの量産を開始した、と発表した。それがいつスマートフォンに搭載されるのか、それは分からないが、今年の前半の間に生産量を増やすそうだ。

    Samsungは曰く、“スマートフォンのファンはもうすぐ、ノートブックPCの高級機なみのストレージ容量をエンジョイできるようになる。もう、予備のメモリーカードを持ち歩く必要はない”。

    容量1TBといえば、同社のこれまでの最大容量の倍だ。それによってGalaxy Note 9の512GBモデルが可能になり、さらに512GBのSDカードをプラスして‘テラバイト’の壁を超えたのだ。しかしこれからは、カードがなくても本体だけで1TBになり、しかもパフォーマンスもアップするらしい。

    Samsungによると、その新しい技術によりスピードは最大で毎秒1000メガバイト(MB/s)に達した。全長5GBのHDビデオなら、わずか5秒で転送できる。従来のmicroSDカードなら1分近くもかかっていた。速くて大容量となれば、高画質のビデオ撮影も十分に可能だろう。

    しかし、搭載機の年内出荷は可能なのか? Samsungの噂工場は、Galaxy Note 10が1TBモデルだと言っているが、まだなにも証拠はない。今後のリークを、拾いそこねないようにしたいね。
    https://jp.techcrunch.com/2019/01/30/2019-01-30-samsung-1tb-storage/

    【Samsungのメモリチップ新製品でスマートフォンの内蔵ストレージが1TBになるだろう】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/01/14(月) 20:36:06.04 ID:CAP_USER.net
    韓国サムスンは2019年2月20日にGalaxyスマートフォンの発表イベントを開催します。そして同イベントにて、サムスンの折りたたみスマートフォンの詳細が披露されるとの情報が、海外にて報じられています。

    ウォール・ストリート・ジャーナルによれば、イベントでは次期フラッグシップスマートフォンの「Galaxy S10」だけでなく、折りたたみスマートフォンが動作する状態で公開されるとのこと。さらに2月20日の情報公開というタイミングは、中国ファーウェイの折りたたみスマートフォンの発表を出し抜く最適なタイミングになると解説されています。

    サムスンは2018年11月に、開発者イベントにて折りたたみディスプレイ「Infinity Flex」を公開しました。こちらは手帳のように内側に折り畳めるディスプレイで、タブレットの大画面とスマートフォンの持ち運びやすさを両立した技術。また、米GoogleからもAndroid OSによる折りたたみスマートフォン用インターフェイスの正式サポートが発表されています。

    さらにサムスンの発表に先駆けて、中国メーカーのRoyoleは世界初となる折りたたみスマートフォン「FlexPai」を発表しています。こちらは正直端末としての完成度はかなり低いものの、折りたたんだ状態でもディスプレイ表示やタッチ機能がきちんと動作していました。

    現時点では、Infinity Flexを搭載した折りたたみスマートフォンがどのような名称で、いつリリースされるのかについての確かな情報はありません。一方今回の報道では、Galaxy S10が3月に、そして折りたたみスマートフォンが4月に販売されるとも伝えています。20万円を超える価格になるとの噂もある折りたたみスマートフォンですが、はたしてスマホ業界にどのようなイノベーションをもたらすのでしょうか。
    https://japanese.engadget.com/2019/01/13/galaxy-10/

    【サムスンの折りたたみスマホ、Galaxy 10と共に来月に詳細公開か】の続きを読む

    このページのトップヘ