SAMSUNG

    1: 田杉山脈 ★ 2020/09/27(日) 01:23:02.15 ID:CAP_USER.net
    サムスン電子は23日、日本の通信会社KDDIと第5世代(5G)移動通信ネットワークスライシング技術検証に成功したと発表した。

    今回の検証は東京にある研究所で5G基地局と5G単独モード(SA)コア装備、試験用端末を使って進められた。業界で初めてサービス状況により基地局資源を効果的に制御する基地局知能型コントローラー(RIC)を利用した。

    ネットワークスライシングは物理的な移動通信網を多数の仮想網で分けて超高速・超低遅延・超連結通信特性を各サービスにより最も適した形で活用できるようにする5G必須技術だ。自動運転車の場合、トラフィック容量そのものは大きくないが、反応速度がミリ秒(ms)水準である超低遅延ネットワークが使われる。バーチャルリアリティ(VR)・拡張現実(AR)、動画ストリーミング、クラウドゲーミングサービスは数ギガビット毎秒(Gbps)水準で一度に多くのトラフィックが速く通過する超高速ネットワークが必要だ。この技術が商用化されれば自動運転車、クラウドゲーミング、産業用モノのインターネットなどの核心サービスが急速に拡散すると期待される。

    サムスン電子は今回の検証でユーザーが利用するサービスにより超高速仮想ネットワークと超低遅延仮想ネットワークの間を移動しても品質が安定的に保障されることを確認した。

    また、急病患者搬送など緊急通信が必要な仮想ネットワークに資源を割り当てる場合、接続端末増加やデータ急増にも安定した通信サービスを提供するということを立証した。

    サムスン電子とKDDIは今回の基地局からコアまで合わせた「エンド・トゥ・エンド」5Gネットワークスライシング検証結果を基に国際標準団体に標準規格を提案する計画だ。
    https://japanese.joins.com/JArticle/270552

    【サムスン電子、日本で5Gネットワークスライシングの検証に成功】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/08/06(木) 07:26:39.20 ID:CAP_USER.net
     韓国Samsung Electronicsは8月5日(日本時間)、ディスプレイを広げてタブレットとしても使える折りたたみスマートフォンの新モデル「Galaxy Z Fold2」を発表した。搭載する2つのディスプレイを大型化するなど、2019年2月に発表した初代モデル「Galaxy Fold」のユーザーから寄せられた意見を基に改良したという。一部のモデルは5Gに対応する。詳細なスペックは9月1日に発表する。

    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2008/05/ky5622_z-01.jpg

     本体を閉じた状態で使う外側の有機ELディスプレイは4.6型から6.2型に大型化し、カメラはレンズをディスプレイに埋め込むパンチホール型に。一般的なスマートフォンの使い勝手に近づけた。

     本体を開いた状態で使う内側のフレキシブル有機ELディスプレイは、7.3型から7.6型に大型化。こちらも右上に配置したカメラをパンチホール型に変更し、初代モデルに比べて四隅まで表示領域を広げた。

     同日に開催したオンラインイベント「Galaxy Unpacked August 2020」では、ディスプレイのリフレッシュレートは120Hz、開いた状態の本体の厚さが6mm、バッテリー容量は4500mAhになることが明らかになった。ヒンジ部分やディスプレイの素材も大幅改良を加えたとしている。

     カラーバリエーションはミスティック ブラック、ミスティック ブロンズ。ファッションブランド「Thom Browne」(トム ブラウン)とのコラボレーションモデルも展開する。
    2020年08月05日 23時50分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2008/05/news153.html

    【サムスン、新型折りたたみスマホ「Galaxy Z Fold2」発表 画面を大型化、片手でも使いやすく】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/08/06(木) 21:49:10.81 ID:CAP_USER.net
    韓国サムスン電子は5日、新型スマートフォンの旗艦モデル「ギャラクシーノート20」を発表した。価格は999ドル(約10万5000円)から。米マイクロソフト(MS)と協業し、ゲーム機「Xbox」の100タイトル余りを同スマホ向けに供給する。21日から世界で順次発売する。

    オンラインで開かれた製品発表会で、スマホ部門トップの盧泰文(ノ・テムン)氏は「これまで以上に技術が重要な役割を果たす。ノート20はコンピューターのような生産性とゲーム専用機のような高性能を併せ持つ」と胸を張った。高い演算処理能力と高速通信規格「5G」の機能を備え、Xboxの複雑なゲームも遅延なく楽しめるという。

    MS側にとっては、年間3億台のスマホを出荷するサムスンと手を組むことで、豊富な自社ゲームの"出口"を確保して利用者を増やす狙いがある。MSのメールソフト「アウトルック」などとも連携させることで、スマホ上でMSの業務ソフトを簡単に利用できる。

    「ノート20」と上位モデル「ノート20ウルトラ」の2機種を発表した。画面サイズは6.7インチと6.9インチで、前年モデルと比べて0.1インチ大きくした。カメラ性能はノート20が6400万画素で30倍ズーム、ノート20ウルトラは1億800万画素で50倍ズームとした。2モデルそれぞれに3色のカラーを用意した。

    サムスンは5日、折り畳み型のスマホの最新モデル「ギャラクシーZフォールド2」の仕様を一部公開した。開いた状態のディスプレーサイズは7.6インチ、閉じた状態の背面片側ディスプレーは6.2インチ。黒とブロンズの2色を用意する。発売日程、価格などの詳細情報については9月1日に発表するとしている。

    米調査会社のIDCによると、サムスンは2020年4~6月期に初めて中国の華為技術(ファーウェイ)にスマホ出荷シェアで世界首位を明け渡した。高い端末性能を持つ旗艦モデルを投入し、MSなど外部連携を増やして端末の魅力を高めて7~9月期の首位奪還を目指す。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62347880W0A800C2FFE000/

    【サムスン、5G新スマホ MS「Xbox」ゲーム供給】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/07/09(木) 17:21:42.78 ID:CAP_USER.net
    米国で来月5日に発売予定のサムスン電子「ギャラクシーノート20ウルトラ(仮称)」の開封動画が公開された。

    ユーチューバーのジミー・イズ・プロモが8日(現地時間)、ギャラクシーノート20の上位モデルのギャラクシーノート20ウルトラと、昨年発売されたギャラクシーノート10プラスを比較した動画を公開した。

    サムスン電子が公式に公開した動画ではない。ジミー・イズ・プロモは、自身のユーチューブに「流出したもの」という意味の「リーク」という括弧書きを付けた。

    この動画で公開されたギャラクシーノート20ウルトラは、既存のギャラクシーノート20のトレードマークの三色信号型のカメラがまるでキッチンのインダクションレンジのように突出している点が目を引いた。

    3つのカメラは、それぞれ広角、超広角、望遠レンズで機能が異なる。動画ではカメラ駆動画面は公開されなかったが、100倍ズーム対応を意味する「100×」の表示がないことから50倍ズームまで対応するものとみられる。

    スマートペンの「Sペン」は従来と同じだが、下方のSペンとスピーカーの位置は左に移され、前作と反対に変わった外観が目につく。

    動画を公開したジミー・イズ・プロモによると、Sペンはポインタとしても使うことができるようになる。ジミー・イズ・プロモは動画で「これからはSペンをポインタとして活用できるようになった」とし「ポインタの色やアイコンを選ぶことができ、特定の領域をハイライト(強調)にすることもできる」と述べた。

    ディスプレイは、前作よりも大きくなった。通常のディスプレイが6.7インチなのに対し、ウルトラは6.9インチだ。ディスプレイの形状は前作同様カーブのあるエッジ設計だ。

    ギャラクシーノート20シリーズは来月21日に韓国で発売される予定だと伝えられた。価格は一般モデルが120万ウォン(約11万円)~144万ウォン、ウルトラモデルが156万ウォン~174万ウォン前後とみられる。
    https://japanese.joins.com/JArticle/267944

    【来月発売のギャラクシーノート20ウルトラ流出…「カメラ、インダクションのように突出」】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/07/08(水) 11:04:25 ID:CAP_USER.net
     サムスンは米国時間7月7日、新製品発表イベント「Galaxy Unpacked」を8月5日にオンラインで開催すると発表した。

     米国東部時間8月5日午前10時からwww.samsung.comで配信する。新型コロナウイルスの影響で、Appleなど多くの企業が既にイベントをオンラインに切り替えて開催している。

     サムスンは同イベントで折りたたみ式スマートフォン「Galaxy Fold」の後継機を発表すると予想されており、その名称は「Galaxy Fold 2」または「Galaxy Z Fold 2」になるとみられている。また、次世代Galaxy Noteである「Galaxy Note20」と折りたたみ式の5G版「Galaxy Z Flip」の発表も予想されている。
    2020年07月08日 10時44分
    https://japan.cnet.com/article/35156432/

    【サムスン、新製品発表イベント「Galaxy Unpacked」を8月5日に開催へ】の続きを読む

    このページのトップヘ