docomo

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/06/09(火) 00:22:46 ID:CAP_USER.net
    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1257/542/do00_o.jpg
    Magic Leap 1

    NTTドコモは、リアルとデジタルが融合した世界を体験できる軽量MRグラス「Magic Leap 1」を6月19日より発売する。価格は249,000円。発売に先駆け、ドコモオンラインショップにて9日10時より予約受付を開始する。

    Magic Leap 1は、米Magic Leapのウェアラブルヘッドセット。空間コンピューティングを利用した、軽量・広視野角性能が特徴で、高精度な空間認識機能を備える。全国102店舗のドコモショップ5Gコーナーにて展示されている。

    9つのセンサーで空間認識するLightwear、メモリやバッテリーを搭載したプロセッシングユニットLightpack、そして6方向の動きに対応したコントローラーを組み合わせて使用。Lightwearを頭部に装着することで、モニターがなくても、シームレスにデジタルコンテンツに見て触れることができる。

    自宅のリビングでゲームコンテンツを利用した場合、リビングとゲームの世界を融合し、実際のリビングの壁からキャラクターが出てきたり、テーブルの上にキャラクターを置いて歩かせることができるなど、これまでにない臨場感あるインタラクティブな体験ができるとしている。

    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1257/542/do1.jpg
    家の中での利用イメージ

    法人利用では、離れた場所にいても同じ空間にいるように作業ができるため、メンバーが遠隔地からリアルタイムにファイルを共有して異なる知見を持ちあっての共同作業や、実際に体験しながらトレーニングを行なえるプログラムを使った従業員の支援などができるほか、熟練者による遠隔指導を実施するなど新たなソリューションに活用できるとする。

    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1257/542/do2.jpg
    ビジネス利用イメージ

    Lightwearの解像度は片眼あたり1.3Mピクセルで、視野角は50度。120Hzのリフレッシュレートと、1,680万以上の表示色を備える。重量は316g。

    Lightpackは、システム周りを処理する3つのコアプロセッサ、アプリケーション用に3つのコアプロセッサを搭載し、最大1.7GHzの処理速度を実現。メモリーは8GBで、ストレージは128GB。バッテリーを搭載し、約3.5時間の連続使用が可能。

    コントローラ、ショルダーストラップ、Fit Kit、ACチャージャ、USB-Cケーブルなどを付属する。アクセサリーとして、キャリーケース(10,300円)、PCとの接続と給電が同時に行なえるのHub(6,500円)を用意する。

    また、ドコモはXR技術を活用したサービスの普及および業界全体の発展に寄与することを目的に、5月20日よりXRコンソーシアムに参画。空間コンピューティング技術と5Gの持つ高速・大容量・低遅延といった特長を活かしたエコシステムの提言や、XR市場拡大に向けた業界ルールの策定や普及活動などを積極的に行なっていくとしている。

    □関連リンク
    NTTドコモ
    https://www.nttdocomo.co.jp/
    ニュースリリース
    https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/06/08_00.html
    製品情報
    https://www.nttdocomo.co.jp/product/magicleap1/

    2020年6月8日 17:43
    AV Watch
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1257542.html

    【ドコモ、リアルと現実が融合するMRグラス「Magic Leap 1」。24.9万円で販売開始】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/05/13(水) 12:38:27 ID:CAP_USER.net
     NTTドコモは5月11日、ナビゲーションアプリ「地図アプリ」上で、全国の混雑情報を確認できる機能「混雑度マップ」を期間限定で無料提供すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、やむをえず外出するユーザーが混雑を避けられるようにする。

     混雑度マップでは、地図の画面を長押しすると、該当するエリアの1~24時間前の混雑状況とその推移を確認できる。

     情報源には、ドコモが携帯ネットワークの仕組みを利用して作成している人口統計「モバイル空間統計」を使わず、同アプリで位置情報の利用を許可したユーザーのデータを統計加工したものを活用している。

     地図アプリは、ドコモの位置情報サービス群「ドコモ地図ナビ」の1つ。対応するOSはAndroid OS 5.0.以上、iOS 10以上。
    2020年05月13日 12時12分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2005/13/news077.html

    【ドコモ、全国の混み具合がスマホで分かる「混雑度マップ」期間限定で無償提供 新型コロナ予防を支援】の続きを読む

    1: HAIKI ★ 2020/04/28(火) 20:58:01.48 ID:CAP_USER.net
    NTTドコモは4月28日、2019年度の決算説明会をオンラインで実施した。営業収益は前年同期比3.9%減の4兆6513億円、営業利益は15.7%減の8547億円で減収減益となった。

    通信事業での営業収益は前年同期比2901億円減の3兆6870億円となったが、非通信事業のスマートライフ領域での営業収益は前年同期比1082億円増の9977億円となった。

    モバイル通信サービス収入の減少と、端末販売数の落ち込みが影響し、通信事業では赤字となった。

    続きはソース元で
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1250170.html

    【ドコモ、2019年度は新料金プラン影響で減収減益に】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/03/28(土) 04:58:45.58 ID:CAP_USER
    NTTドコモは3月26日から、同社の「ドコモオンラインショップ」において、SIMカード単品の新規契約とMNP契約を受け付け始めた。現時点ではXi(LTE)契約の「ギガホ」「ギガライト」「データプラス」の3プランを受け付けており(>>0�、SIMカード(ドコモUIMカード)のサイズも「標準」「mini(micro SIM)」「nano」の3種類から選択できる。事務手数料と配送料は無料だ。

    従来、ドコモでSIMカード単品の契約を結ぶには、「技適マーク」のある携帯電話機(端末)をドコモショップに持ち込む必要があった。オンラインショップでも単品契約を受け付けることで、混雑したショップで手続きをする必要がなくなることが最大のメリットだ。

     オンライン購入では利用端末の確認は省略されるが、技適マークのある端末で利用する必要があることには変わりない。ドコモ以外のキャリアから発売された端末を利用する場合は、SIMロックをあらかじめ解除する必要があることも同様だ。

     月額料金の支払い方法は、「クレジットカード払い」か「口座振替払い」となる。すでにドコモと契約している回線を持っている場合は「一括請求」も申し込める。一括請求を希望する場合は、請求回線の「dアカウント」でログインして手続きを進めればよい。
    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2003/27/news140.html

    【ドコモオンラインショップが「SIMカード」を発売 SIMフリー端末でも利用可能】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/03/17(火) 19:45:13 ID:CAP_USER.net
    NTTドコモは今春始める予定の次世代通信規格「5G」のサービスで、現行の4Gよりも大容量の通信データプランを導入する。5Gの利用者を増やすため、当面はデータ通信量に上限のない「無制限」にして、動画やゲームの利用を促す。KDDIなどもデータ通信量に上限を設けないプランを検討している。

    ドコモは18日に5G向け料金や新サービス、対応端末について発表する予定だ。現行の4Gはデータ通信量の上限が60ギガ…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56900630X10C20A3TJ2000/

    【ドコモ、5Gで大容量の通信データプラン 当面は「無制限」】の続きを読む

    このページのトップヘ