東芝

    1 名前:おっおっおっ( ^ω^)φ ★[] 投稿日:2013/07/06(土) 15:15:11.37 ID:???
     東芝は2日、NAND型フラッシュメモリーを増産するため、8月から生産拠点である
    四日市工場(三重県)の増設工事に入ると発表した。投資額は約300億円。
    建屋の完成は来年夏を予定、設備導入や生産開始時期などは今後決定する。

     増設するのは四日市工場の第5棟の第2期分に当たる床面積約9万3千平方メートル。
    同様の床面積の第1期分は11年7月に稼働している。

     スマートフォン(高機能携帯電話)やタブレット端末などモバイル機器の
    データ記憶用などに需要拡大を見込み、増産対応を決めた。

    ソース:msn産経ニュース
    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130702/biz13070217000010-n1.htm

    東芝:プレスリリース
    http://www.toshiba.co.jp/about/press/2013_07/pr_j0201.htm#PRESS

    東芝:株価
    http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=6502

    【【半導体】東芝、フラッシュメモリー増産へ 300億円かけ四日市工場を増設 [13/07/02]】の続きを読む

    1 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2013/06/17(月) 23:04:10.03 ID:???
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20130617_603956.html

     東芝は、2,560×1,600ドットの10.1型液晶を搭載した「AT703」など、Android 4.2タブレット「レグザタブレット」2モデ
    ルを6月21日より発売する。10.1型/2,560×1,600ドット液晶の「AT703」と、10.1型/1,280×800ドット液晶の「AT503」
    の2モデルで、価格はオープンプライス。店頭予想価格はAT703が9万円前後、AT503が5万円前後。カラーはシル
    バー。

     AT703/58Jは、10.1型で2,560×1,600ドット(300ppi)の高精細液晶と、ペン入力可能な独自のノートアプリケーショ
    ン「TruNote(トゥルーノート)」の搭載が特徴のAndroid 4.2タブレット。ペン入力用のデジタイザーペンや87キーのBlue
    toothキーボードが付属。パソコンのような文書作成にも対応する。

     TruNoteは、アイデアやメモなどをノートに書き込んだり、線の種類や色を変更してイラストが描けるアプリケーショ
    ン。書き込んだ文字の検索や、手書きした文字のテキストデータへの変換/メール添付、書き込んだ図形のOffice形
    式の文書への変更などの機能を備えている。

     ペン入力では、ディスプレイとペン先の摩擦抵抗を調整して、「紙に書いているような書き心地」を目指したほか、独
    自の筆跡予測エンジンを搭載し、表示速度を高速化。ペンには1,024段階の感圧センサーを搭載し、筆圧に応じて線
    の太さを変更する。

     高精細液晶を活かした複数ページの縮小表示に対応。会議などで利用したホワイトボードの内容などをデータ化
    するアプリ「TruCapture」も搭載している。Webのクリッピングにも対応する。

     REGZAやREGZAブルーレイの録画番組の視聴や持ち出しに対応した、「RZプレーヤー」「RZライブ」、「RZポー
    ター」や、録画や番組関連情報が閲覧できる「RZ番組ナビ for Android Tablet」も搭載している。

     CPUはTegra 4(1.8GHz)、RAMは2GB、ストレージメモリは32GB。無線LANはIEEE 802.11b/g/nとDraft IEEE 802.11ac
    に対応し、Bluetooth Ver.4.0 Smart readyも搭載する。microSD/SDHC/SDXCカードスロットも備えている。HDMIマ
    イクロ出力やヘッドフォン出力を装備。harman/kardon製のステレオスピーカーを搭載する。

     レゾリューションプラスなどの高画質化技術や、自動で画質を調整する「Adaptivve

    【【Surface死亡】東芝、10.1型/2.560×1,600ドット液晶搭載Androidタブレット】の続きを読む

    このページのトップヘ