東芝

    元スレ:http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1409034324/
    1 名前:こたつねこ◆AtPO2jsfUI[] 投稿日:2014/08/26(火)15:25:24 ID:wH8XtGp4i
    600L級なのに本体幅を70cm以下に抑えた「マジック大容量」冷蔵庫

    東芝ライフスタイルは、同じ本体幅で容量を増やした冷凍冷蔵庫「GR-H610FV」を10月に発売する。
    価格はオープンプライス。店頭予想価格は40万円前後(税抜)。

    容量605Lの6ドア冷蔵庫。同じ本体幅で容量を増加させた「マジック大容量」を搭載する。
    マジック大容量は、冷蔵庫外壁の薄型化により実現。冷凍室の背面ではウレタンを従来機種の
    約半分にすることで、外壁の厚さを88mm~49mmに約45%削減、冷凍室と野菜室51mm~21mmに約60%。
    業界初のウレタンレス構造により実現したという。

    (中略)

    冷蔵室は、ドア側から庫内を照らす「フロントブライト照明」を新たに採用した。
    従来の天井灯のみでは、上段の食品が陰になり、見えにくかった下段の食品も明るく照らす。
    冷蔵庫全体を前から照らすことで、従来機種と比べて約6倍の明るさを実現にしたという。

    また冷蔵室のドアには、タッチ操作でドアが開く「静電式タッチオープンドア」を搭載した。
    手がふさがっていても、ひじや手の甲などで軽く触れるだけでドアが開くようになっている。
    手をかざすと表示される「タッチスイッチ」は、使わない時は自動で消灯する。

    (中略)

    冷凍室は、設計を見直し、163Lの大容量を実現した。冷凍室下段は約22cmと深いため、
    冷凍食品を立てて保存することもできる。

    容量が555Lの「GR-H560FV」、508Lの「GR-H510FV」、458Lの「GR-H460FV」の3機種もラインナップする。
    価格はオープンプライスで、店頭予想価格は順に37万円前後、35万円前後、33万円前後。いずれも税抜価格。

    画像1:GR-H610FV。右はカットモデル
    http://kaden.watch.impress.co.jp/img/kdw/docs/663/039/01.jpg
    画像2:マジック断熱構造により大容量化と省エネを両立した
    http://kaden.watch.impress.co.jp/img/kdw/docs/663/039/19.jpg
    画像3:ファミリーパックのアイスクリームや冷凍食品を立てて保存できる
    http://kaden.watch.impress.co.jp/img/kdw/docs/663/039/14.jpg

    ↓全文を読む場合は以下をクリック↓
    http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20140822_663039.html

    家電 Watch 中野 信二 2014/8/22 00:00

    【東芝、600L級なのに本体幅を70cm以下に抑えた「マジック大容量」冷蔵庫を10月に発売】の続きを読む

    元スレ:http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1401175621/
    1 名前:こたつねこ◆AtPO2jsfUI[] 投稿日:2014/05/27(火)16:27:01 ID:MCCZkhGX7
    東芝、メガネ型「ウェアラブル・ディスプレイ」試作機を公開

    東芝は2014年5月22日、都内で開催した経営方針説明会において、メガネ型の
    「ウェアラブル・ディスプレイ」の試作機を公開した。こめかみ付近から、
    メガネのレンズ部分に映像を投映する仕組み。東芝が液晶テレビやPC向けに
    開発した「グラスレス3D」技術を応用している。

    自ら装着して“お披露目”した田中久雄社長(写真1)は、「(レンズに投映した)
    図面と実際のモノを比較したり、手順書を見ながら実際に作業したりといった
    用途に使える」と説明した。作業者が両手を自由に使えるため、社会インフラ設備の
    保守作業などを円滑化できるという。

    実用化の時期は未定だが、「B2CではなくB2B、特に社会インフラのメンテナンス
    用途などに特定して展開したい」と田中社長は述べた。

    画像:ウェアラブル・ディスプレイを装着した東芝の田中久雄社長
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20140522/558684/DSC05838.JPG

    ↓全文を読む場合は以下をクリック↓
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20140522/558684/

    ITPro 小笠原 啓=日経コンピュータ 2014/05/22

    【東芝、B2B向けのメガネ型「ウェアラブル・ディスプレイ」試作機を公開】の続きを読む

    元スレ:http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1394672626/
    1 名前:こたつねこ◆AtPO2jsfUI[] 投稿日:2014/03/13(木)10:03:46 ID:mzOuKWkAY
    生活家電とAV家電を一体運営する「東芝ライフスタイル」が4月1日に設立

    東芝は、テレビなどの映像機器事業と、生活家電事業を一体運営する
    新会社「東芝ライフスタイル株式会社」を4月1日に設立する。

    現在、社内カンパニーであるデジタルプロダクツ&サービス社の映像機器事業を分割し、
    生活家電を担当している東芝ホームアプライアンス株式会社に統合する。
    これにより、コストの最適化を進め効率的な事業運営を図るとしている。

    本社機能は東京都青梅市末広町に集約し、
    東芝ホームアプライアンス代表取締役社長の石渡敏郎氏が社長に就任する。

    リリースでは、「ライフスタイル事業において、デジタルプロダクツと生活家電の
    一体運営による相乗効果を発揮することで、同事業の体質強化を図るとともに、
    共通の技術資産を活用した新サービス・製品の投入を加速します」と述べている。

    ↓全文を読む場合は以下をクリック↓
    http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20140312_639344.html

    家電Watch 伊達 浩二 2014/3/12 19:21

    【【電機】東芝、「東芝ライフスタイル」を設立―生活家電とAV家電を一体運営】の続きを読む

    1 名前:依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★[] 投稿日:2014/01/05(日) 00:25:09.03 ID:???
     東芝は韓国SKハイニックスと共同で、2016年度にもスマートフォン(スマホ)などの
    性能を大幅に高める新型半導体メモリーの量産に乗り出す。現行品に比べ記憶容量を10倍に
    高めながら、搭載する機器の消費電力を3分の2に減らせる。18年にも量産を目指す
    米マイクロン・テクノロジーより先行する。

     新型品はMRAM(磁気記録式メモリー)と呼ばれ、電源を切ってもデータが消えないのが
    特長。パソコンやスマホなどに広…

    ソース:日本経済新聞
    http://www.nikkei.com/article/DGXNZO64794860R00C14A1MM8000/
    記者注:ソース先の記事全文は会員限定ですので、一般閲覧可能部分だけをソースといたしました。

    【【半導体】新型メモリー量産で先行 東芝と韓国ハイニックス 容量10倍、16年度にも】の続きを読む

    1 名前:おっおっおっ( ^ω^)φ ★[] 投稿日:2013/07/06(土) 15:15:11.37 ID:???
     東芝は2日、NAND型フラッシュメモリーを増産するため、8月から生産拠点である
    四日市工場(三重県)の増設工事に入ると発表した。投資額は約300億円。
    建屋の完成は来年夏を予定、設備導入や生産開始時期などは今後決定する。

     増設するのは四日市工場の第5棟の第2期分に当たる床面積約9万3千平方メートル。
    同様の床面積の第1期分は11年7月に稼働している。

     スマートフォン(高機能携帯電話)やタブレット端末などモバイル機器の
    データ記憶用などに需要拡大を見込み、増産対応を決めた。

    ソース:msn産経ニュース
    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130702/biz13070217000010-n1.htm

    東芝:プレスリリース
    http://www.toshiba.co.jp/about/press/2013_07/pr_j0201.htm#PRESS

    東芝:株価
    http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=6502

    【【半導体】東芝、フラッシュメモリー増産へ 300億円かけ四日市工場を増設 [13/07/02]】の続きを読む

    このページのトップヘ