イヤホン

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/18(土) 22:24:48.69 0.net

    付属のイヤホンを1万円のイヤホンに変えただけなのに今まで聞こえなかった音が聞こえるようになった
    今まで聴いてた音は偽物だったのか・・・



    【イヤホンを変えただけで世界が変わった】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/03/09(木) 19:03:53.98 ID:CAP_USER.net

    http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/030906662/
    http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/030906662/0309_1.jpg


    スタートアップ企業のBoCoは、“ハイレゾ級”をうたう骨伝導クリップ型イヤホン「EarsOpen」について、
    先行販売の受付を開始した(製品紹介ページ)。耳穴をふさがない骨伝導タイプのため、外部音は通常通り聞くことができるが、
    従来の一般的な骨伝導イヤホンに比べて音質が高いという特徴を持つとする。
    同社では、元ソニー オーディオ事業部の設計・開発者らが中心となり製品開発を進めている。

    今回の製品では、骨伝導製品を手掛けるメーカー、ゴールデンダンスの持つ「ダイナミック振動子」技術を採用している。
    振動子が円柱状であるため、振動方向が一定となり、磁力の放射を振動子内に取り込むことができて振動のムダを抑えられるという
    特徴があるという。今回の製品は、直径10mmの小型素子の開発と量産体制の確立により実現できたとする。
    加えてアンプ回路設計やデバイスから筐体まで含めた音響特性の最適化などにより、
    聞きやすい再生帯域4Hz~40kHzのハイレゾ級音質を実現したという。

     鼓膜ではなく骨を使うため、難聴者の聴覚補助に役立つケースもあるとして「聴覚補助用earsopen」も用意している。
    2つの無指向性ステレオMEMSマイクを採用しており、前後左右といった音の方向と距離感を表現することができるとする。
    スマートフォンとBluetoothで接続する。

     クラウドファンディングは、CCCグループのクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING by T-SITE」で、
    2017年3月7日に開始した。48時間で550万円以上の支援を集めたとする。一般販売は2017年5月中旬を予定する。
    一般販売時の販売価格は、音楽用の有線タイプ「WR-3CL-1001」が9800円、無線タイプ(ネックバンド型)「BT-3CL-1001」が2万5800円。
    聴覚補助用「HA-3CL-1001」も無線タイプになっており、価格は9万8000円としている。



    【“ハイレゾ級”骨伝導イヤホン、ソニー出身者らが開発】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/22(水) 23:20:16.68 0.net




    【エアポッドと言うブナピーみたいな無線イヤフォン流行ると思う?】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/04/01(金) 19:25:32.64 0.net

    3月23日、目覚まし機能付きのカナル型イヤフォン「めざましイヤホン」(NMR10)を発表
    http://www.kingjim.co.jp/sp/nmr10/



    【寝過ごしに防止 振動して時間を知らせる「めざましイヤホン」 キングジム】の続きを読む

    1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2016/03/09(水) 10:43:44.94 ID:CAP_USER.net



     NECは3月7日、長岡技術科学大学の協力により、耳の穴で反響した音の違いによって、個人を判別する生体認証技術を開発したと発表した
    。体の一部を機器にかざす必要がなく、移動中や作業中でも、音を聞くような自然な動作で認証できる。

    装着したイヤホンから音を出し、耳の中を伝わる音をマイクで収集する。「耳の中で音がどのように響くか」は、
    個人特有の耳の形状で決まり、認証率99%の高精度な認証を実現したという。測定にかかる時間も1秒程度に抑えた。



    インフラ施設の保守・管理や警備でのなりすまし防止のほか、通話中の秘密保持、医療現場での移動中や作業中の認証、
    音声ガイドサービス――などへの応用を視野に入れ、2018年度中の実用化を目指すとしている。

    【イヤホンからの音の反射で“耳認証” NECが開発】の続きを読む

    このページのトップヘ