イヤホン

    1: ノチラ ★ 2017/10/12(木) 17:22:13.42 ID:CAP_USER.net

    http://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1085/493/00_s.jpg
     Shureにとって初のBluetoothイヤフォンが、10月13日から発売される。既に多くのユーザーがいる「SE215 Special Edition(SE215 SPE)」と、シリーズの中で最も手ごろな「SE112」が、それぞれBluetoothに対応したモデルだ。

     これら2モデルに加え、Bluetooth搭載のケーブル単体モデル「RMCE-BT1」も同日より登場。SE215や他のShure SEシリーズなど、MMCX端子を備えたイヤフォンを既に持っている人は、このケーブルを追加するだけでイヤフォンをBluetooth対応にできる。これらの使い勝手や音質などをチェックした。

     iPhoneの新機種がステレオミニ端子を省くようになり、多くのメーカーからBluetoothイヤフォンが発売される中で、オーディオファンに根強い人気のShureが、今までBluetoothに対応していなかったのは意外に思う人もいるだろう。9月19日に発表されたBluetoothモデルのニュース記事への閲覧数や反応を見ても、待望していた人たちから新モデルは歓迎されているようだ。

    もともと同社はプロがステージで使うイヤモニターを長年手掛け、プロも認める高音質が一般のコンシューマにも受け入れられて広まった経緯がある。多くのユーザーから「Shureは、いつBluetooth製品を発売するのか」という問い合わせが、米国本社の担当者にも多く寄せられていたとのこと。待ち望んでいたのは日本人だけではなかったようだ。

     今回試したのは、「SE215 Special Edition Wireless」(オープンプライス/店頭予想価格18,380円前後)と、「SE112 Wireless」(同12,800円前後)。イヤフォン部はそれぞれ、既存の有線モデルSE215 Special Edition(SE215 SPE)やSE112と共通だ。SE215 SPE Wirelessのケーブルは、MMCX端子でイヤフォン部が着脱できるのが特徴。SE112 Wirelessは、Bluetoothケーブルと一体になっている。そのほかにも、イヤフォン部がSpecial Editionではない「SE215 Wireless」もあり、店頭予想価格は18,380円前後。
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/review/review/1085493.html



    【Shure初のBluetoothイヤフォンはどんな音? SE215 SPE/SE112 Wirelessを聴いた】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/08/17(木) 23:01:36.28 ID:CAP_USER.net

    ハイレゾ音源に対応したイヤホンの売れ筋価格が下がっている。従来のハイレゾ対応イヤホンは1万円以上だったが、今年に入り安価な新製品が増加。5000円以下の製品の人気が高まっている。

     ヨドバシカメラマルチメディアAkiba(東京・千代田)では、オーディオ機器メーカーのエスネクスト(川崎市)が5月に発売した「final E2000」(店頭価格4300円前後)が人気だ。1万円を超えるハイレゾ対応モデルと…
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDJ09H31_X10C17A8QM8000/



    【ハイレゾイヤホン、5000円以下の製品増加 人気高まる】の続きを読む

    1: trick ★ 2017/07/13(木) 20:53:57.22 ID:CAP_USER.net

    Westone、定番モニターイヤフォン「UM Pro」を刷新。装着性向上、MMCX Audio採用 - AV Watch
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1069708.html
    中林暁2017年7月10日 14:59

     テックウインドは、米Westone Laboratories製のユニバーサル型モニターイヤフォン「UM Pro」シリーズをリデザインし、5モデルを7月22日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はドライバ5基の「UM Pro50」が70,000円前後、3基の「UM Pro30」が45,000円前後、2基の「UM Pro20」が35,000円前後、1基(フルレンジ)の「UM Pro10」が18,000円前後。

     ステージ上のミュージシャンのために開発されたWestoneのユニバーサルインイヤーモニターの「UM Pro」シリーズは、2002年より発売された「UMシリーズ」を継承し、2013年にMMCXリケーブル対応へリデザインされた時に「UM Pro」シリーズとして登場した。15年以上にわたるロングセラーとなり、「Westoneらしい音を象徴するモデル」としている。

     新UM Proは、「従来のクリアで暖かく解像度の高い音質はそのままに、人間工学的に耳の中でフィットするデザインになった」という点が特徴。よりコンパクトになり、長時間の装着でも疲れにくく、ステージ上のアーティストやオーディオファンのリスニング環境を改善するという。価格は従来モデル同等としている。

     ステージ上でのハードな使用にも耐えるよう、堅牢性も強化。ケーブル接続の端子には、接続部分を改良したWestone MMCX Audioコネクタを採用した。

     4モデルともドライバはバランスド・アーマチュア(BA)型を搭載する。クリアシェルにWestoneロゴを刻印し、シェル内部構造が見えるスケルトンデザイン。モデルごとにシェル内部のユニット部分のカラーが異なり、区別しやすくなっている。

     「UM Pro50」は、3ウェイ5ドライバ(高域2/中域2/低域1)のシリーズ最上位モデル。カスタムイヤフォンの「ES50」と同じテクノロジーを使用し、「カスタムイヤフォンと同じサウンドクオリティを楽しめる」としている。再生周波数帯域は20Hz~20kHz、入力感度は115dB、インピーダンスは45Ω。重量は12.7g。カラーはクリア×ブラック。

     「UM Pro30」は3ウェイ3ドライバ(高域1/中域1/低域1)を搭載。カスタムイヤフォンのES30と同じテクノロジーを使用している。再生周波数帯域は20Hz~18kHz、入力感度は124dB、インピーダンスは56Ω。重量は12.7g。カラーはクリア×グリーン。

    最上位モデル「UM Pro50」
    http://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1069/708/50_s.jpg

    (続きはソース)



    【Westone、定番モニターイヤフォン「UM Pro」を刷新。装着性向上、MMCX Audio採用】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/03/18(土) 22:24:48.69 0.net

    付属のイヤホンを1万円のイヤホンに変えただけなのに今まで聞こえなかった音が聞こえるようになった
    今まで聴いてた音は偽物だったのか・・・



    【イヤホンを変えただけで世界が変わった】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/03/09(木) 19:03:53.98 ID:CAP_USER.net

    http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/030906662/
    http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/030906662/0309_1.jpg


    スタートアップ企業のBoCoは、“ハイレゾ級”をうたう骨伝導クリップ型イヤホン「EarsOpen」について、
    先行販売の受付を開始した(製品紹介ページ)。耳穴をふさがない骨伝導タイプのため、外部音は通常通り聞くことができるが、
    従来の一般的な骨伝導イヤホンに比べて音質が高いという特徴を持つとする。
    同社では、元ソニー オーディオ事業部の設計・開発者らが中心となり製品開発を進めている。

    今回の製品では、骨伝導製品を手掛けるメーカー、ゴールデンダンスの持つ「ダイナミック振動子」技術を採用している。
    振動子が円柱状であるため、振動方向が一定となり、磁力の放射を振動子内に取り込むことができて振動のムダを抑えられるという
    特徴があるという。今回の製品は、直径10mmの小型素子の開発と量産体制の確立により実現できたとする。
    加えてアンプ回路設計やデバイスから筐体まで含めた音響特性の最適化などにより、
    聞きやすい再生帯域4Hz~40kHzのハイレゾ級音質を実現したという。

     鼓膜ではなく骨を使うため、難聴者の聴覚補助に役立つケースもあるとして「聴覚補助用earsopen」も用意している。
    2つの無指向性ステレオMEMSマイクを採用しており、前後左右といった音の方向と距離感を表現することができるとする。
    スマートフォンとBluetoothで接続する。

     クラウドファンディングは、CCCグループのクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING by T-SITE」で、
    2017年3月7日に開始した。48時間で550万円以上の支援を集めたとする。一般販売は2017年5月中旬を予定する。
    一般販売時の販売価格は、音楽用の有線タイプ「WR-3CL-1001」が9800円、無線タイプ(ネックバンド型)「BT-3CL-1001」が2万5800円。
    聴覚補助用「HA-3CL-1001」も無線タイプになっており、価格は9万8000円としている。



    【“ハイレゾ級”骨伝導イヤホン、ソニー出身者らが開発】の続きを読む

    このページのトップヘ