イヤホン

    1: ムヒタ ★ 2020/09/11(金) 12:40:29.33 ID:CAP_USER.net
     米Boseは9月10日(現地時間)、ノイズキャンセリング機能付きの完全ワイヤレスイヤフォン「QuietComfort Earbuds」を発表した。価格は279ドル。9月29日に発売する予定で、米国では予約受付を始めている。

    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2009/11/ts0153_bosenc02.jpg

     Boseのノイズキャンセリングヘッドフォンと同じ「QuietComfort 」(クワイエットコンフォート)を冠した初めての完全ワイヤレスイヤフォン。複数のマイクを使ったアクティブノイズキャンセリングとイヤーチップの遮音効果により、「ヘッドフォンと同様の“静寂”を提供する」としている。

     スマートフォンアプリからの操作で、ノイズ低減効果は外音を取り込みから静寂に近い状態まで11段階で調節できる。イヤフォン側面には楽曲の再生操作や通話応答、パーソナルアシスタントが使えるタッチ式の操作部を設けた。

     イヤフォン本体のバッテリーで約6時間。バッテリー内蔵の充電ケースを併用すれば計18時間の使用が可能になるという。
    2020年09月11日 12時05分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2009/11/news088.html

    【ボーズがノイキャン付き完全ワイヤレスイヤフォン「QuietComfort Earbuds」発表、米国で予約開始】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/09/03(木) 19:01:07.76 ID:CAP_USER.net
     「AVIOT」ブランドのワイヤレスフォンを手掛けるPreseed Japanは、テクノユニット・電気グルーヴの石野卓球さんがチューニングした完全ワイヤレスフォン「TE-D01d mk2-TQ」を9月11日に発売する。税込1万4850円。「オーディオ製品を作ってみたかった」という本人の思いもあり、コラボが実現したという。

    既存のモデル「TE-D01d mk2」を卓球さんがチューニング。わずかに残っていた中高音域のピークを丁寧に調整することで、「まるでスタジオモニターのように、さらにフラットなトーンバランスに仕上げた」という。特にアナログシンセサイザーが気持ち良く鳴り、卓球さんが手掛けるテクノサウンドをより楽しめるとしている。

     単体で連続11時間再生(ケース併用で最大120時間)が可能。周囲の音を取り込めるアンビエントマイク機能を搭載した。卓球さんのシンボルロゴを本体やケースにあしらい、イエローのカラーリングを施した。オリジナルデザインのポーチが付属する。
    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2009/03/yx_avi.jpg
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2009/03/news131.html

    【石野卓球チューニングの完全ワイヤレスイヤフォン登場】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/04/20(月) 11:58:54 ID:CAP_USER.net
    スマートフォンなどと無線だけでやりとりする「完全ワイヤレス」と呼ばれるイヤホンが広がる中、さらに利便性を高めようと業界団体のブルートゥースSIGが新たな規格づくりに乗り出している。1つの端末に複数のイヤホンをつなげられる規格の開発などが柱だ。空港や駅で不特定多数の人が接続できるようになり、難聴者の支援や複数の言語でのアナウンスが可能になるなど、使い方も広がりそうだ。

    完全ワイヤレスイヤホンは20…
    2020/4/20 11:00
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58177000X10C20A4TJ1000/

    【普及進むワイヤレスイヤホン、新規格で利便性向上狙う】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/07/05(金) 13:30:45.04 ID:CAP_USER.net
     ソニーは7月5日、完全ワイヤレスイヤホンに、強力なノイズキャンセリング技術を搭載した「WF-1000XM3」を発表した。業界最高クラスと言われるノイズキャンセリングヘッドホン「WH-100XM3」と共通の技術を採用する。発売は7月13日。想定税別価格は2万6000円前後になる。
    https://japan.cnet.com/storage/2019/06/28/c8a9e1f588728970868c4023fadcf880/190705_1000xm3_1280.jpg

     WF-1000XM3は、高音質ノイズキャンセリングプロセッサー「QN1e」を採用。WH-100XM3に搭載されている「QN1」を、完全ワイヤレス向けに最適化しており、省電力化することで、小型モデルへの採用を実現した。

     フィードフォワードマイクと、フィードバックマイクを左右に1つずつ合計4つ搭載し、QN1eで高精細に逆位相信号を生成。飛行機音から人の声まで幅広いノイズの抑制が可能になるとしている。

     完全ワイヤレスモデルでは初めてとなる「DSEE HX」を備え、ハイレゾ相当の高音質再生を実現。MP3など圧縮で失われがちな高音域などの音を再現し、ハイレゾ相当の高解像度にアップスケーリングする。

     QN1eには、DACとアンプも内蔵し、ノイズを抑え、クリアな音質を追求。新Bluetoothチップの採用により、従来LからRのイヤホンにリレー伝送していたものを、LR同時に伝送できるようになり、安定性を向上した。

     L側のタッチセンサーを長押しすると、一時的に外音が聞こえる「クイックアテンション」が起動し、イヤホンを外すことなく、アナウンスを聞くことが可能。耳の3点で支える構造にすることで、外れにくく、密閉度も高い形状になっているという。

     本体6時間、充電ケース18時間で合計24時間の長寿命設計。約10分の充電で90分の再生ができる急速充電機能も備える。

     タッチセンサーでは、ノイズキャンセリングモードの切り替えや音楽の再生、停止、曲送り、戻し、ボイスアシスタントなどに対応。両側をつけた状態で一時的に片側を外すと、自動で停止、装着すると自動で再生する装着検出機能も追加した。

     本体には6mmのドライバユニットを備え、対応コーデックはAACとSBC。LR単独での使用ができ、片方だけでリスニングをしたり、両側で通話したりと、自由度の高い使い方ができる。
    2019年07月05日 13時00分
    https://japan.cnet.com/article/35139216/

    【ソニー、完全ワイヤレスイヤホンに一段上のノイキャン性能--「WF-1000XM3」登場】の続きを読む

    <div class="t_h" >1: <span style="color: green; font-weight: bold;">田杉山脈 ★</span> <span style="color: gray;"> 2019/06/11(火) 17:02:19.00 ID:CAP_USER.net</span></div>
    <div class="t_b" style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;color:#ff0000;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;"> ソニーは、ネックバンド型のBluetoothイヤフォン2モデルを7月6日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は光沢ハウジング&amp;フラットケーブルの「WI-C310」が5,000円前後、マット仕上げの「WI-C200」が4,500円前後。カラーは、WI-C310がブラック、ホワイト、ブルー、ゴールドの4色。WI-C200がブラックとホワイトの2色。 <br /> <br /> いずれもエントリー向けのワイヤレスイヤフォンで、高磁力ネオジウムマグネットとCCAWボイスコイル搭載の9mm径ダイナミック型ドライバーを採用。通気量を調整する孔を小さくした筐体構造により、中高域の音漏れを抑えている。Bluetoothの対応コーデックはAACとSBC。 <br /> <br /> 2機種の大きな違いはハウジング表面とケーブルのデザイン。C310は「ファッションになじみやすい」という光沢のあるカラーを採用。C200はベーシックなマット仕上げとなっている。ハウジングは耳に沿う形状とし、フィット感を高めた。 <br /> <br /> 柔らかいネックバンドを備え、装着性と携帯性を向上。ハウジング部のマグネットにより、使わない時は左右を繋げてまとめられる。C310のみ、絡みづらいフラットケーブルを採用している。ネックバンドにバッテリーボックスとコントロールボックスを左右バランス良く配置したことで、装着中もずれにくいという。 <br /> <br /> スマホのハンズフリー通話にも利用可能で、HD VOICEに対応。音声アシスタントも利用可能で、Siri/Googleアプリを起動できる。ケーブルのコントローラ部で、接続機器の音楽再生/一時停止、曲送り/戻し、着信/終話の操作が可能。 <br /> <br /> 最大15時間動作のスタミナも特徴。充電時間は3時間。10分の充電で約1時間利用できる。重量は約19g。充電用のUSB Type-Cケーブルや、ハイブリッドイヤーピース(S/M/L)が付属する。 <br /> <a class="image" href="http://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1189/509/03_s.jpg" target="_blank">https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1189/509/03_s.jpg</a> <br /> <a href="http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1189509.html" target="_blank">https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1189509.html</a> </div><br />

    【ソニー、15時間動作する約5,000円のワイヤレスイヤフォン】の続きを読む

    このページのトップヘ