ASUS

    1 名前:海江田三郎 ★[] 投稿日:2015/05/03(日) 00:32:42.93 ID:???.net
    http://news.livedoor.com/article/detail/10073767/

    スマートウォッチ「ASUS VivoWatch」を発表!
    ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は1日(現地時間)、今年4月に披露していた
    腕時計型ウェアラブル端末(いわゆる「スマートウォッチ」)の最新モデル「ASUS VivoWatch」(以下、VivoWatch)
    を正式発表しています。台湾にて2015年5月8日(金)に発売し、価格は4,588台湾ドル(約18,000円)。

    独自プラットフォーム「Kood OS」を採用し、通常使用で約10日間バッテリーが持つとし、
    対応するスマートフォン(スマホ)向けOSはAndroidおよびiOSとなっています。


    VivoWatchは低電力タッチスクリーンに対応した約1.28インチ128×128ドットディスプレイを搭載したスマートウォッチです
    ディスプレイはCorning製強化ガラス「Gorilla Glass 3」で覆われており、IP67準拠の防水・防塵に対応しています。
    各仕様は加速度センサー(3軸)や心拍数センサー(光学式「ASUS VivoPulse」技術採用)、紫外線センサー、
    Bluetooth 4.0など。充電時間は約1~2時間。ストラップサイズは約22mm、質量は約50g。
    同社ではスマートウォッチ第1弾としてGoogleが開発を進めるウェアラブル向けプラットフォーム「Android Wear」を採用した
    「ASUS ZenWatch」(以下、ZenWatch)を投入してきました。一方、VivoWatchは独自のKood OSを採用しており、バッテリー持ちを重視しています。

    ここ最近はスマートウォッチではAndroid Wearを搭載したモデルを出しつつも、携帯電話ネットワークに対応したり、
    特別な特長を出すモデルにはサムスン電子では「Gear」シリーズにTizen OS、LGエレクトロニクスでは
    「LG Watch Urbane LTE」にWebOSベースの独自OSを採用するなどしており、Android Wearだと現状、iOSに対応していませんし、
    VivoWatchもそうした流れのひとつかと思われます。

    【ASUSがスマートウォッチの最新モデル発表 約10日持つバッテリー搭載 価格は約18000円】の続きを読む

    1 名前:北村ゆきひろ ★[ageteoff] 投稿日:2015/04/21(火) 12:19:51.91 ID:???.net
     ASUSは20日、5.5型液晶およびAndroid 5.0を搭載するSIMロックフリースマートフォン「ZenFone 2」(型番:ZE551ML)を
    国内発売することを発表した。

     1月に米国で開催されたCES 2015にて発表されていた製品。上位機種の主な仕様は、
    CPUが最大2.33GHz駆動クアッドコア/64bit命令対応(物理メモリアドレスは32bitまで)のAtom Z3580、
    スマートフォンで世界初のメモリ4GB、1.080×1,920ドット表示対応5.5型液晶、64MBストレージ、下り150Mbps対応LTE、
    Android 5.0などを搭載と、既存の「ZenFone 5」よりもハイエンドな位置付けとなる。

     国内モデルのラインナップは、メモリ4GB/ストレージ64GB/Atom Z3580、メモリ4GB/ストレージ32GB/Atom Z3580、
    メモリ2GB/ストレージ32GB/Atom Z3560(1.8GHz)の3モデルで、税別価格は順に50,800円、45,800円、35,800円。
    なお、4GBでの全メモリ領域の利用に当たっては、後日提供される64bit OSへのアップデートが必要となる。

     発売は5月16日で、本日4月20日より予約を受け付けるが、ストレージ64GBモデルのみ発売は5月下旬となる。
    IIJ、geanee mobile、DMM mobile、TNC、NifMo、楽天モバイル、ユーモバイル、Y!mobileという、国内8社のMVNOとも回線面で協業する。

    20日に行なわれた発表会では、ASUS台湾本社会長のジョニー・シー氏が新製品を紹介したが、特に見た目の美しさ、
    性能の高さ、写真品質の高さなどを強調。性能については、Atom Z3580のCPU性能について、ARMのA53+Adreno 405搭載8コアSoCに
    比べて2~3倍、GPUについても2倍以上、そしてQualcommのKrait 400+Adreno 330搭載4コアSoCよりも一段高い性能であることをアピール。
    また、上位モデルでメモリを4GB搭載したことで、2GBモデルよりも、アプリの切り替え速度が30~170%程度高速になるとした。
    また、タッチパネルの反応時間も60msと、従来製品より高速であり、滑らかに動作するという。

    Micro SIMを2枚搭載可能なデュアルSIM対応で、データ通信と通話のSIMを分けて運用できるのも大きな特徴。
    メインSIMは、LTE 2,100(1)、1,900(2)、1,800(3)、1,700/2,100(4)、850(5)、800(6)、900(8)、1,700(9)、800(18)、800(19)、700(28)MHz
    (括弧内はバンド)、W-CDMA(HSPA+) 2,100(1)、1,900(2)、850(5)、800(6)、900(8)、800(19)MHz(同)、
    GSM/EDGE 850、900、1,800、1,900MHzに対応。2つ目のSIMはGSM/EDGE(2G)のみに対応する。
    このほか、無線関連では、Wi-FiがIEEE 802.11ac/a/b/g/n対応で下り速度は最大433Mbps、GPSがGLONASS/BDS/QZSS/SBASにも
    対応し、より迅速で正確に位置情報を取得できるとしており、昨今流行の位置情報を使ったゲームにも好適と思われる。

     カメラは、独自の「Pixel Master」技術を搭載し、暗所でも鮮明に撮影できるローライトモード、逆光でも色が飛んだり潰れたりせず撮れる
    HDRモードを搭載。ソニーの「Xperia Z3」、Appleの「iPhone 6 Plus」よりも高品質な写真が撮れるという。
    昨今の自撮りブームに併せ、前面カメラについても140度のパノラマ写真が撮れるモードも用意した。
    背面のフラッシュは自然な色味を残しながら明るく撮影できるというデュアルカラーLED。オプションで、音声端子に接続する
    外付けフラッシュも発売される。

    基本UIは、従来と同じZen UIを踏襲するが、新機能も搭載。タッチジェスチャー機能を使うと、スリープモードでも画面の
    ダブルタップでスリープが解除されるほか、スリープ状態で画面に「C」を描くとカメラを起動したり、「e」を描くとメールアプリを起動したりという
    ジェスチャーが使えるようになる。また、片手操作モードをオンにすると、画面全体を半分程度までの範囲で縮小し、
    画面内の好きな場所に配置できる。このほか、利用時間やアプリの種類の制限が可能なキッズモードも搭載。







    続きはソースで
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150420_698613.html

    【ASUS、5.5型のAndroid 5.0端末「ZenFone 2」を国内発売】の続きを読む

    元スレ:http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1411605086/
    1 名前:こたつねこ◆AtPO2jsfUI[] 投稿日:2014/09/25(木)09:31:26 ID:czfUFicO9
    ASUS、液晶が360度回転する15.6型2-in-1「TransBook Flip」

    ASUSは、液晶が360度回転する15.6型2-in-1 PC「TransBook Flip TP550LA」を26日に発売する。
    価格はオープンプライスで、税別店頭予想価格は64,630円。

    レノボの「Yoga」シリーズのようにディスプレイが360度回転し、「ノートパソコンスタイル」、
    「タブレットスタイル」、「テントスタイル」、「スタンドスタイル」の4つの形状で利用できる
    ノートPC。ノートパソコンスタイル以外はキーボードやタッチパッドが無効となり誤操作を防ぐ。

    主な仕様は、CPUにCore i3-4030U(1.9GHz)、メモリ4GB、500GB HDD、DVDスーパーマルチドライブ、
    1,366×768ドット表示/10点マルチタッチ対応15.6型ワイド光沢液晶、OSにWindows 8.1(64bit)を搭載する。

    画像:TransBook Flip TP550LA
    http://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/668/094/1.jpg

    ↓全文を読む場合は以下をクリック↓
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140924_668094.html

    PC Watch 劉 尭 2014/9/24 11:30

    【ASUS、液晶が360度回転する15.6型2-in-1「TransBook Flip」を9月26日に発売】の続きを読む

    元スレ:http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1406726185/
    1 名前:こたつねこ◆AtPO2jsfUI[] 投稿日:2014/07/30(水)22:16:25 ID:QnigrYlQb
    モバイルバッテリーとしても使える、手のひらサイズのプロジェクター

    ASUSTeK Computerは23日、コンパクトな手のひらサイズのコンパクトプロジェクター「S1」を
    日本で発売すると発表した。発売は7月25日、価格はオープンで予想実売価格は36,870円(税別)。

    「S1」は、幅110.5mm×奥行102mm×高さ30.7mm、重量は342gという軽量コンパクトで持ち運びに
    適したコンパクトプロジェクター。6,000mAhのバッテリを搭載しており、電源が取れない環境でも
    最大約3時間の投影が可能。また、USBポートからスマートフォンへの給電もでき、モバイル
    バッテリとしても使用できる。

    プロジェクターとしては、投影はDLP方式、光源はLED (寿命約30,000時間)を採用。
    最大輝度は200ルーメン、解像度は854×480ピクセル、コントラスト比は1,000:1、
    アスペクト比は16:9/4:3、投影サイズは30~100型で、約1mの距離で41型が投影できる。
    HDMI (MHL対応)、内蔵スピーカー (2W×1)などを装備する。

    画像:コンパクトな手のひらサイズのコンパクトプロジェクター「S1」
    http://img.response.jp/imgs/zoom/726102.jpg

    ↓全文を読む場合は以下をクリック↓
    http://response.jp/article/2014/07/26/228570.html

    レスポンス 関口賢@RBB TODAY 2014年07月26日(土) 15時15分

    【ASUS、モバイルバッテリーとしても使える手のひらサイズのプロジェクターを発売】の続きを読む

    1 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2013/06/13(木) 21:10:46.87 ID:???
    ASUS VivoPC 仕様公開。802.11acや16GBメモリ、3.5インチHDD対応のミニデスクトップ
    http://japanese.engadget.com/2013/06/12/asus-vivopc-802-11ac-16gb-ram-3-5-hdd/

    http://www.blogcdn.com/www.engadget.com/media/2013/06/619x348xasusvivopc-1371066669.jpg.pagespeed.ic.6o-Otohg_I.jpg

    ASUS が小型デスクトップPC VivoPC の仕様を公開しました。最近のASUS製品ではお約束
    のスピンメタルな筐体と、802.11ac WiFi や最大16GB RAM、SonicMaster スピーカーなど
    ミニPCらしからぬ仕様が特徴の製品です。

    http://www.blogcdn.com/www.engadget.com/media/2013/06/620x340xvivodsc03026.jpg.pagespeed.ic.cvpCS9LF1w.jpg

    VivoPC は Computex 2013 ASUSプレスカンファレンスで多数の新製品とともに発表された
    ものの、詳しい仕様はこれまで公開されていませんでした。

    更新されたASUSグローバルサイトの製品ページによると、主な仕様は Intelプロセッサ、Intel HD
    グラフィック、SO-DIMMスロット x2 で最大16GB RAM、3.5インチまたは2.5インチの SATA
    6Gbps 接続 HDD/SSD内蔵ベイ。

    ネットワークは 10/100Mbps 有線LAN、802.11a/b/g/n/ac WiFi、Bluetooth 4.0。

    ポート類は USB 3.0 x2、USB 2.0 x4、HDMI、VGA、アナログオーディオ出力 x3、光デジタル
    出力、RJ45。また不思議なことに、ミニPCにもかかわらず SonicMaster スピーカーを内蔵します。

    http://www.blogcdn.com/www.engadget.com/media/2013/06/620x349xpic-large-03.jpg.pagespeed.ic.esc36O2-MY.jpg

    本体サイズは 190 x 190 x 56.2mm。インテルの NUC やギガバイト版 BRIX は約12cm角で
    4cm厚の手のひらサイズですが、VivoPC はそれよりは大きく、Mac mini を厚くわずかに小さくした
    階級です。

    NUC級の超小型よりは大きいだけあって、天板を簡単にスライド開閉して3.5インチ / 2.5インチ内蔵
    ドライブやメモリなどの換装がしやすくことが利点です。販売計画や価格についてはまだ不明。

    【[アップル] Mac mini キラー登場。ASUS VivoPC [窮地]】の続きを読む

    このページのトップヘ