テレビ

    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/01(土) 18:27:13.73 ID:CAP_USER.net
     12月1日午前10時から、新4K8K衛星放送が開始された。それにあわせて、一般社団法人放送サービス高度化推進協会(A-PAB)は、東京・紀尾井町のホテルニューオータニで、「新4K8K衛星放送開始セレモニー」を行った。

    会場には、総務大臣の石田真敏氏、一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)会長の柵山正樹氏、日本放送協会会長の上田良一氏、一般社団法人日本民間放送連盟会長の大久保好男氏、4K8K推進キャラクターである深田恭子さんらが参加して、カウントダウンを行い、午前10時のゼロのかけ声とともに、放送開始ボタンを押した。

     この日、放送を開始したのは、NHK BS4K、ビーエス朝日、BS-TBS、BSテレビ東京、ビーエスフジ、ショップチャンネル、QVC、映画エンタテインメントチャンネル、スカチャン4Kの9局。BS日テレは2019年9月、WOWOWは2020年12月に放送が開始される。

     一般社団法人放送サービス高度化推進協会理事長の福田俊男氏は、「2000年のBSデジタル放送、2003年の地上デジタル放送の開始も、12月1日であり、今日から3度目の新しい放送が始まる。BSおよび110度CS放送において、17チャンネルの放送が一気に開始され、世界に先駆けての放送になる。これまでの4K放送は限られた一部のサービスであったが、4000万以上の世帯で視聴が可能になる。放送業界が厳しい環境に置かれている中での新放送のスタートであり、新たな放送は、放送全体にスポットを当てる絶好の機会である。また、4Kおよび8Kは放送以外でも多くの活用分野が想定されているのも魅力のひとつである。4Kテレビの世帯普及率は目安としていた10%を超えており、受信機の買い換え需要を追い風として、2020年の東京オリンピック、パラリンピックの開催時には、多くの視聴者が家庭のテレビで、新しい放送を楽しんでもらっている状況を目指して、努力をする。新4K8K衛星放送のキャッチフレーズは『別世界』である。画質も、音質も別世界であり、これからも訴求を続けていく。放送が始まる今日からが普及に向けた新たなスタートであり、勝負である」とした。

     総務省の石田真敏大臣は、「4K/8K放送がいよいよ始まる。立体感があり、鮮やかで臨場感があふれる、これまでとは別次元の視聴体験が始まる。これだけの規模で4K/8K放送が実用化されるのは世界で初めてのことである。総務省からも関係者には、さまざまなお願いをし、準備をしてもらった。尽力に感謝する。これからの課題は、新4K8K衛星放送の普及である。これには国民視聴者の期待に応える4K/8Kならではの魅力ある番組を作ってもらうことが重要である。これまでのノウハウを生かして、これまでにない感動を視聴者に与える番組を期待している。2020年に向けては、さまざまなスポーツイベントが開催され、4Kならではの臨場感と迫力により、選手の躍動感、細やかな表情、応援で盛り上がる観客席を鮮明に伝え、スタジアムにいるような体感をしてもらいたい。総務省としても、引き続き、4K/8Kのすばらしさと、それを視聴する方法を丁寧に周知、広報し、新4K8K衛星放送を盛り上げたい。日本が、放送分野をはじめとする4K/8Kの牽引役となることを期待したい」と語った。
    以下ソース
    https://japan.cnet.com/article/35129480/

    【新4K8K衛星放送開始で画質、音質が別世界へ--「ぜひ視聴したいは11.2%」】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/08/29(水) 18:10:13.09 ID:CAP_USER.net
    韓国LG電子は29日、有機ELパネルを使った高精細の8Kテレビを世界で初めて開発したと発表した。大型テレビで現在主流の4Kに比べ4倍の解像度を持つ。韓国勢ではサムスン電子も2018年中に液晶パネルを使った8Kテレビを発売する見通し。世界市場を先導する韓国2社が、8K市場の立ち上がりで存在感を発揮しそうだ。

    LG電子は独ベルリンで31日に開幕する家電見本市「IFA」で、画面サイズ88インチの有機ELパネルの8Kテレビを公開する。LG幹部は「有機ELと8Kの組み合わせで高級機市場をリードする」と話す。

     同社は、自発光する約3300万個の素子が、映像ごとに最適な色彩を表現すると説明。早ければ年内に発売するとみられるが、LG側は29日「発売日は確定していない」と言及を避けた。8Kの液晶テレビでは、シャープが17年10月に世界で初めて中国市場に投入し、12月に日本でも販売を始めた。

     英調査会社ユーロモニターによると、17年の薄型テレビ市場は世界シェア21%のサムスンと同16%のLGが2強。LG関係者は、今年の8Kテレビ市場は6万台規模にとどまる一方、22年には530万台規模に拡大するとみる。今後、ソニーやパナソニックなど日本勢が追随すれば、業界内で19年が「8K元年」に位置づけられるとの見方が出ている。

     8Kテレビについて、韓国の電機大手幹部は「4Kと比べると画質に明確な差がある。有機ELと液晶の差は消費者には分かりにくいかもしれないが、8Kは違う」と話す。数年後には8Kテレビが大型テレビの主流に切り替わる可能性が大きい。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34735590Z20C18A8FFJ000/

    【韓国LG、8K画質の有機ELテレビ開発 世界初】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/07/05(木) 04:21:56.49 ID:CAP_USER.net

     船井電機は7月4日、同社初の有機ELテレビ「7010シリーズ」を発表した。店頭予想価格は65V型が39万9800円前後、55V型が25万9800円前後の見込み。7月14日から全国のヤマダ電機および通販サイト「ヤマダウェブコム」で販売する。
    http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1807/04/ts0153_funai01.jpg

     4K解像度の有機ELパネルを搭載。狭額縁のミニマルデザインと正面からは見えない位置に配置したスタンドで「映像に没頭できるテレビに仕上げた」という。また1TBのHDDを内蔵し、視聴中でも2番組の同時録画が可能だ。番組ジャンルや出演者など、事前に登録した項目に沿って自動録画する「おまかせ録画」機能も備えている。

     HDR(ハイダイナミックレンジ)は、Ultra HD Blu-rayなどに使われるHDR 10の他、Netflixなどが採用したDolby Vision、12月に放送が始まる新4K8K衛星放送で使われるHLG(Hybrid Log-Gamma)を網羅した。ただし新4K8K衛星放送のチューナーは内蔵していない。

     有機ELテレビは自発光デバイスならではの高いコントラストや漆黒表現が特長。日本国内では17年の春に東芝映像ソリューション、ソニー、パナソニックが相次いで参入し、先に販売していたLGエレクトロニクスと合わせて4社の製品が店頭に並ぶ。価格の高さから販売台数構成比はテレビ全体の2%台にとどまるものの、この1年間で平均販売価格は十数万円も下がり(BCN調べ)、年末の新4K8K衛星放送開始を控えて需要の高まりも期待されている。

     船井電機は16年10月に大手家電量販店のヤマダ電機と提携し、国内テレビ市場に再参入すると発表。17年5月から液晶テレビやBlu-ray Discレコーダーを独占供給している。再参入の発表時から18年夏に有機ELテレビを投入すると予告していた。
    2018年07月04日 20時26分
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1807/04/news117.html



    【船井電機が有機ELテレビ投入 55V型で約26万円 HDD内蔵で2番組同時録画も】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/07/04(水) 08:34:21.81 0.net

    ソニーは業務用 (法人向け)Android 4Kテレビ「BZ35F/BZシリーズ」を7月下旬から発売します

    今年3月に発表されるやいなや話題となった、通称「NHKが映らないテレビ」。
    この製品、チューナーは無いので通常のテレビ放送は映りません。
    ただ、PCモニタやディスプレイと異なりAndroid が載っているために、Tverなどテレビアプリを導入すれば民放だけは映る代物に。

    業務用とはいえ、一般ユーザーも通販で普通に購入可能。
    43インチが9万3000円からと、4Kテレビとしてさほど高い価格でもないのも魅力的。
    本体価格は43インチが9万3000円、49インチが13万6000円、55インチが19万5000円、75インチが63万8000円となっています(いずれも価格コムでのもの)。

    http://socius101.com/sony-4k-tv-nhk-40588-2/



    【ソニー「NHKが映らない4Kテレビ」を7月下旬に発売 43インチ9万3000円から】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/06/26(火) 06:09:57.81 ID:CAP_USER.net

     インドでは、液晶テレビの大画面化が進んでいる。ネットフリックスやアマゾン・コム、ユーチューブなどが展開する動画サービスの視聴者拡大を背景に、55インチ以上のインターネット接続機能を備えた「スマートテレビ」の需要が、小型テレビの成長ペースを大きく上回った。現地紙タイムズ・オブ・インディアなどが報じた。

     液晶画面の大型化のトレンドはこの2年ほどで加速しており、これまで24インチや32インチの製品を大量生産していたメーカー各社は大型スクリーンの生産に力を入れるようになっている。

     地場Vuの幹部は「液晶パネル価格の値下がりがスクリーンの大型化を後押ししている」と指摘する。パナソニックインドのマニッシュ・シャルマ社長は「55インチのスマートテレビが3年前は20万ルピー(約32万円)以上したが、今では8万ルピーで購入できる」と述べた。ソニー現地法人テレビ部門責任者、サチン・ライ氏は「テレビ市場全体は年間に約10%増のペースで拡大しているが、55インチ以上の大型テレビは50%を超える伸びを示している」と指摘した。
    2018.6.26 05:00
    https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180626/mcb1806260500006-n1.htm



    【インドの液晶テレビ、55インチ以上の大型に照準】の続きを読む

    このページのトップヘ