モバイル

    1 名前:本多工務店φ ★[] 投稿日:2013/10/07(月) 01:31:45.26 ID:???
    競争がますます激しくなっている月1000円以下の格安データ通信SIM。
    最近の注目の動きは、IIJmioが10月7日開始するSMSオプションと、もうワンランク上で月1500円前後のサービスの値下げ合戦だ。

    SMS対応でバッテリーの過剰消費が防げる
    SMSを利用した認証機能も利用可能に

    MVNOで提供されているデータ通信専用SIMをスマートフォンで利用すると、
    機種によってはアンテナ表示がされなかったり、バッテリー消費が激しくなる現象(セルスタンバイ問題などと呼ばれる)が発生する。
    しかし、SMSに対応することで、この問題が解決されると考えられている(IIJmioのエンジニアブログに詳しい解説が掲載されている)。

    また、LINEやオンラインゲームなど、会員登録を行う際の認証用にSMSを利用するケースが多くなっている。
    これにもSMSオプションで対応が可能だ。

    IIJmioのSMSオプションは月945円の「ミニマムスタートプラン」でも追加可能。
    オプション料金は月147円(国内SMS送信は1通3.15円)。
    既存ユーザーでも追加が可能だが、SIMカードの交換が必要で手数料は2100円。
    交換の際にSIMカードのサイズ変更が可能なのはうれしいところ。
    ちなみに、SMSオプションは、DTIやU-NEXTのサービスで先行して提供されていた。

    月2GB高速通信などのサービスが次々値下げ
    月1500円前後でも激しい争いに

    格安データ通信SIMの主流はこれまで月1000円以下のサービスだったが、
    それよりワンランク上のプランをOCNとIIJmioが相次いで値下げしたことで、月1500円前後での争いが激しくなっている。

    まず先行したのが、U-NEXTの「U-mobile*d スタンダード」。
    月3GBまで高速通信が利用でき、月額料金は1764円だ(3GB以降は128kbps)。
    つづいて動いたのが、「OCN モバイル ONE」の「2GB/月コース」で、月1780円から月1580円に値下げ。
    IIJmioも月2GBまで高速通信の「ライトスタートプラン」を月1974円から月1596円に値下げしている。

    なお、OCN モバイル ONEには「1GB/月コース」(月1260円)、「60MB/日コース」(月1480円)も用意されている。
    月500MB、1日30MBの高速通信では足らないという人にはこれらのプランも検討するといいのではないだろうか。
    なお、3社ともに月単位でのプラン変更が可能である。

    ソース:asii.jp(図表あり)
    http://ascii.jp/elem/000/000/831/831584/

    【格安データ通信SIM、SMS機能&月1500円前後の争い激化】の続きを読む

    1 名前: 中年'sリフト(新疆ウイグル自治区)[] 投稿日:2013/10/05(土) 09:57:26.15 ID:8ShWRzne0

    Microsoft、HTCのAndroid Phoneを使ってWindows Phoneとのデュアルブートを画策中?!
    http://jp.techcrunch.com/2013/10/05/20131004microsoft

    AndroidフォンのセカンドOSとしてWindowsを搭載するというのはどうだろう。
    そんなアイデアを持って、MicrosoftがHTCにアプローチしているのだそうだ。
    報じているのはBloombergだ。2つのOSをどのような形で共存させるのかは定かでない。
    デュアルブートを行うのか、それともハードウェアが共通というだけで、
    どちらかのOSが搭載されている端末を選択するということなのだろうか。
    いずれにせよ、Microsoftは、自社製モバイルOSの普及に向けて、
    できることはなんでもやろうと考えて、そして動き出したのかもしれない。

    Bloombergの情報源によれば、話はまだまだ始まったばかりなのだそうだ。
    HTCの気持ちを動かすために、Windows Phoneのライセンス価格を低く、
    あるいはなしにするという提案も行っているらしい。この話の相手がHTCであるのは、
    既にMicrosoftのパートナーとしてWindows搭載のスマートフォンを出したこともあり、
    Androidを含めた双方に経験を持っているからだ
    (Windows Phoneに肩入れしていたというわけではないが、それは置いておくことにしたようだ)。
    MicrosoftのOS部門トップのTerry MyersonがHTCとの話を進めるために台湾を訪問するのだとBloombergは報じている。

    【WindowsPhoneが全く売れない…そうだ、タダでいいからAndroidとデュアルブートにしてもらおう!】の続きを読む

    1 名前:ライトスタッフ◎φ ★[] 投稿日:2013/09/21(土) 08:11:40.87 ID:???
    経営不振に陥っているカナダの携帯端末メーカー「ブラックベリー」は20日、
    従業員全体のおよそ40%に当たる4500人を削減する計画を明らかにしました。

    ●参考 

    ◎http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130921/k10014712461000.html

    【『ブラックベリー』(加)、従業員4割削減へ】の続きを読む

    1 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[age] 投稿日:2013/07/28(日) 01:14:39.17 ID:???
    http://hk.news.yahoo.com/%E4%B8%89%E6%98%9Fs4%E7%88%86%E7%82%B8%E5%99%B4%E7%81%AB%E7%84%9A%E5%AE%85-230032312.html
    【太陽報專訊】三星手機爆炸噴火,烈?焚屋,夫婦險死。前?丈夫拿着三星GALAXY S4手機,邊充電邊玩,豈料手機突然爆炸,他嚇了一跳,隨即掟手機落梳化。
    不料手機噴火,燒着梳化及窗簾,火勢迅速蔓延,全屋陷火海,夫婦倉皇逃命。
    消防員?至將火救熄,幸無人受傷,惟全屋已燒毀。?事手機及充電器報稱是原廠,均已燒成灰燼。
    這是九日?第三宗?及三星手機的爆炸事故。

    http://l.yimg.com/bt/api/res/1.2/5Zyos.48rxFR2aRLIRi0NA--/YXBwaWQ9eW5ld3M7Zmk9aW5zZXQ7aD0zOTU7cT04NTt3PTUxMg--/http://media.zenfs.com/zh_Hant_hk/News/TheSun/0727-00407-006b2.jpg
    http://l2.yimg.com/bt/api/res/1.2/ehnQ1QLsF0L3GKVnbLlqnw--/YXBwaWQ9eW5ld3M7Zmk9aW5zZXQ7aD0zMzU7cT04NTt3PTUxMg--/http://media.zenfs.com/zh_Hant_hk/News/TheSun/0727-00407-006b3.jpg

    【Galaxy S4が充電中に爆発して部屋が全焼!!!】の続きを読む

    1 名前:やるっきゃ騎士φ ★[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 08:36:23.97 ID:???
    ソースは
    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/130727/mca1307270730005-n1.htm
    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/130727/mca1307270730005-n2.htm

    総務省は26日、携帯電話会社が国に支払う電波利用料を2014年度から初めて軽減する方針を
    決めた。スマートフォン(高機能携帯電話)の普及に伴って電波の利用機会が増える中、事業者の
    経済的負担を減らし、携帯電話の一層の普及を促す。
    ただ、軽減分を携帯の利用料金に反映させるかどうかは「携帯各社の経営判断」(同省)のため、
    利用者にメリットが還元されるかどうかは不透明だ。

    軽減措置は公共性の高い放送局などにこれまで認められてきたが、東日本大震災の際に安否確認や
    救急通報に大きく貢献したことから、携帯電話の公共性を認定した。

    電波利用料のあり方は3年ごとに見直しており、今回の軽減措置は14~16年度に実施する。
    総務省は電波法の改正案を14年初めに召集される見込みの通常国会に提出する。

    携帯電話事業者は現在、使用している周波数幅に応じて算出する「周波数割」と、
    基地局数に応じて算出する「局数割」の合計額を電波利用料として支払うことになっている。

    この仕組み自体は踏襲するが、14年度以降は、周波数割では実際に使用している周波数の
    2分の1相当にだけ課金することで負担を軽減する。
    また、局数割でも基地局の開設計画に基づく定額制とし、実際に建設した基地局が計画を上回っても
    追加の支払いは求めない。

    スマホの需要増加で携帯各社が設置する基地局数が急増する中、現行の料金体系を維持すれば
    「事業者の首を絞めかねない」(総務省総合通信基盤局)と判断した。

    -以上です-
    総務省のサイトhttp://www.soumu.go.jp/から、電波利用料の見直しに関する検討会(第9回)配布資料
    http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/denpa_minaoshi/02kiban11_03000028.html

    【携帯会社の電波利用料軽減へ 反映は業者任せ、メリット還元は不透明】の続きを読む

    このページのトップヘ