モバイル

    1: 田杉山脈 ★ 2020/01/21(火) 20:16:54 ID:CAP_USER.net
    TAKUMI JAPANが1月21日、2020年に展開するサービスや新製品について発表した。

     新製品の注目は、1月21日に発売した大容量のデータ通信向けSIM「KAZUNA 神SIM」だ。MVNOではなくソフトバンク回線を使ったデータ通信を利用できるのが特徴。プランは毎月100GBまでのデータ通信ができる「100GBプラン」と、使い放題の「UNLIMITEDプラン」を用意している。なお、SMSや音声通話には対応していない。

    月額料金はいずれも初月3000円(税別、以下同)。2カ月目以降の料金は、100GBプランが3980円、無制限プランが4980円だが、“会員”になると100GBプランが990円引きで2990円に、UNLIMITEDプランが1500円引きで3480円に割り引かれる。会員になるには、神SIMのTwitterアカウント「@Kamisim_Kazuna」をフォローするだけでよい。フォローすると専用のURLが送付され、そこから申し込めば、割り引きされた料金で契約ができる。

     13カ月目までは「最低利用期間」となっており、期間内に解約をすると、100GBプランは9500円、UNLIMITEDプランは4980円×残月数の解約手数料が掛かる。

     神SIMに、スマートフォン「Black Shark2」や、翻訳デバイス「KAZUNA eTalk5」をセットにした販売も同日に開始する。Black Shark2はメモリ12GB+ストレージ256GBと、メモリ6GB+ストレージ128GBの両モデルが対象。端末代金は分割払いとなる他、セット割として毎月1500円または990円の割り引きを受けられる。端末セットは25カ月までが最低利用期間に設定されており、期間内に解約すると、月額料金×残月数の解約手数料が発生する。

     この神SIMを搭載したモバイルWi-Fiルーター「神SIMルーター」も、2020年春~夏にかけて発売する。海外でのデータ通信にも対応しており、設定変更不要で100カ国以上で利用できるという。

    神SIMは、ソフトバンクのSIMを再販する形を採用。UNLIMITEDプランは基本的に使い放題だが、キャリア側の設備に著しい支障を及ぼす、またはその恐れがある行為が確認できた場合、通信を制限する場合がある。

     代表取締役の増田薫氏は、Black Shark2の取り扱いをきっかけに、スマホでゲームをする機会が増えたが、外出先ですることが多いため、「通信料金がとんでもないことになった」という。YouTubeなどの動画視聴やネットゲームなどを、MNO品質の快適なスピードで楽しんでほしいと同氏はアピールする。
    https://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/2001/21/st52693_tj02.jpg
    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2001/21/news131.html

    【TAKUMI JAPAN、月3480円でデータ使い放題の「神SIM」発表】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/01/06(月) 11:56:51.35 ID:CAP_USER.net
     米連邦通信委員会(FCC)のAjit Pai委員長は数カ月前、6GHz帯で1200MHzを超える免許不要の周波数帯域をWi-Fiの利用に割り当てる計画について、これを支持する姿勢を改めて示したが、Wi-Fi業界も2020年に入り、さらなる帯域幅の確保に向けて早速動き出している。まず、非営利の業界団体であるWi-Fi Allianceは、最新世代の無線LAN規格を「Wi-Fi 6」としてブランド変更したばかりだが、今度は追加帯域を利用できる製品の識別に役立つ新たな規格「Wi-Fi 6E」を発表した。
    https://japan.cnet.com/storage/2020/01/06/b5c47bdaec19cd10d9ee93f1c1eb73a2/wi-fi-6-logo-spectrum.jpg

     Wi-Fi Allianceによると、6GHz帯はWi-Fiがすでに運用されている5GHz帯に隣接しているため、Wi-Fiの持続的成長を促すのに適しているという。6GHz帯では、2.4GHz帯における古い規格である「Wi-Fi 4」または「Wi-Fi 5」対応デバイスからの干渉が少なく、クリアな通信が可能なことに加えて、利用できるチャネルの帯域幅が広がり、80MHz幅なら14チャネル、160MHz幅なら7チャネルが追加できる。

     6GHz帯は、4K動画のストリーム配信や仮想現実(VR)など、より高速なデータ通信が必要な高周波数帯域アプリケーションの開発で重要な役割を果たす可能性がある。
    2020年01月06日 11時35分
    https://japan.cnet.com/article/35147617/

    【Wi-Fi Alliance、新規格「Wi-Fi 6E」を発表--6GHz帯を追加】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/01/04(土) 07:19:27.53 ID:CAP_USER.net
    ことしは次世代の通信規格5Gの商用サービスが始まります。高速・大容量の通信が遠隔診療など、社会的な課題の解決にも活用されることが期待されます。

    高速・大容量の5GはNTTドコモ、auのKDDI、ソフトバンクの3社がこの春から商用サービスを始めるほか、楽天モバイルもことし6月のサービス開始を目指しています。

    5Gに対応するスマートフォンも国内外のメーカーから発売される見込みで、スポーツや音楽イベントの映像配信などエンターテインメント分野での活用が見込まれています。

    一方、携帯各社は離れた場所にいる医師が立体的な映像をもとに診察する遠隔診療や、競技場などでドローンで撮影した高精細の映像を警備の拠点に送って活用するといった実証実験をさまざまな企業と進めていて実用化に道筋がつくか、注目されます。

    一方、建物の中などの限られたエリアで活用する「ローカル5G」も来月にも実用化され、携帯各社ではなく、企業や自治体、大学などに電波が割り当てられます。

    すでに企業や自治体などが免許の申請を始めていて、NECや富士通が自社の事業所で活用する予定にしているほか、東京都も中小企業などが5Gを使った事業の実験ができる施設を整備する計画で、企業や地域のニーズにあった活用の広がりが期待されます。
    2020年1月4日 4時21分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200104/k10012234981000.html

    【通信規格5G 商用サービス開始へ 遠隔診療など課題解決に期待】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/01/06(月) 14:55:37.46 ID:CAP_USER.net
    楽天の三木谷浩史社長は限定的なサービスにとどまっている携帯電話事業について、ことし4月から本格的なサービスを始める方針を示しました。

    楽天は去年10月、第4の事業者として携帯電話事業に参入しましたが、基地局の整備の遅れなどから東京23区や大阪市などに住むおよそ5000人を対象に、無料の限定サービスを行うのにとどまっています。

    これについて6日、記者団の取材に応じた楽天の三木谷社長は「4月にサービスインする。順調に進んでいるが、万全には万全を期して二重、三重、四重の手を打って安定的なサービスになるように頑張りたい」と述べ、本格的なサービスをことし4月から始める方針を示しました。

    楽天の参入と同じ去年10月に、各社の競争を促し料金の引き下げにつなげる新たなルールが導入されたましたが、楽天の本格的なサービス展開が遅れたこともあって、期待ほど料金が下がっていないと指摘されています。

    このため楽天が今後示す料金や、それを踏まえた大手3社などの対応が注目されます。
    2020年1月6日 14時29分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200106/k10012236541000.html

    【楽天 携帯電話事業4月から本格サービス開始へ 三木谷社長表明】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/12/16(月) 19:12:10.02 ID:CAP_USER.net
    UQモバイルは、24時間国内通話し放題の「かけ放題(24時間いつでも)」の提供を12月18日に開始します。月額料金は1700円。従来の10分かけ放題などとは異なり、通話時間の制約がない完全かけ放題サービスとなります。

    完全かけ放題といえば、主にドコモ・au・ソフトバンクなど大手3キャリア(MNO)で利用できるサービスという印象が根強くあります。これが、auの格安サブブランドであるUQモバイルでも、auと同料金で利用できるようになりました。

    なお、ワイモバイルも同様のオプションサービスを提供しています。

    完全かけ放題サービスは他の格安SIM事業者(MVNO)も提供していますが、専用の通話アプリから発信する必要があったり、電話番号の頭に接頭辞をつける必要があったりと、使い勝手は良いものではありません。UQモバイルの通話定額はアプリや接頭辞を不要で利用できます。

    なお、不正な長時間通話とUQモバイルが判断した場合には、通話を切断する場合があるとしています。
    https://japanese.engadget.com/2019/12/15/uq-1700-18/

    【UQモバイル、完全かけ放題を月1700円で提供 18日から】の続きを読む

    このページのトップヘ