モバイル

    1: ムヒタ ★ 2020/08/27(木) 10:58:07.82 ID:CAP_USER.net
    総務省は、同一の電話番号のまま携帯会社を乗り換える際の手数料について原則無料とする案をまとめた。現在は各社が一律3000円を徴収している。乗り換えによって携帯会社間の競争を促し、国際的にみても高いとされる携帯電話コストの引き下げにつなげる。

    同省が27日に開く有識者会議で提案する骨子案に盛り込む。「番号持ち運び制度(MNP)」で他社に移る際の手数料について、ネット手続きを無料とする方向を示す。9月ごろに報告書案をまとめ、一般からの意見公募を経て、関連ガイドラインの改定をめざす。

    携帯各社のコスト負担も勘案し、店舗で手続きする場合は上限1000円までの手数料を認める考え方も併せて示す。そのうえで、ネット上での手続きについて、24時間利用できるようにすることを求める。現在、大手は午前9時~午後8時などに限定している。

    月額料金が安い自社の別プランに誘導したり、買い物などに利用できるポイントを付与したりし、乗り換えを引き留める行為も禁止する。

    MNPは消費者の利便性向上をめざし2006年に導入された。当初は2000円だった手数料は後に3000円に引き上げられた。利用件数は13年度の657万件がピークで、近年は500万件前後で推移している。

    米英仏など主要国では乗り換え手数料を無料としている国が多い。総務省は、手数料の高止まりが消費者に乗り換えをちゅうちょさせ、携帯会社間の競争を阻害する一因になっていると見る。

    総務省によると、3月時点の東京(NTTドコモ)のスマートフォンの通信料金は標準的とされる月5ギガ(ギガは10億)バイトのデータプランでニューヨークに次ぐ2番目の高さだった。改正電気通信事業法の施行で端末代金と通信料金を分離した後も、国際的にみてなお高水準とされる。
    2020/8/27 9:50
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63095290X20C20A8MM0000/

    【携帯会社乗り換え原則無料、総務省案 競争促す】の続きを読む

    1: HAIKI ★ 2020/09/04(金) 23:30:54.79 ID:CAP_USER.net
    Qualcommが9月3日(日本時間)、ミッドレンジスマートフォン向けに5G対応プロセッサ「Snapdragon 4」シリーズを発表した。
    コストパフォーマンスに優れる比較的安価なスマートフォンに適用できるSnapdragon 4が5Gに対応したことで、世界各国の5G普及に弾みをつけたい考え。
    Snapdragon 4シリーズを搭載したスマートフォンは2021年の早い段階で登場予定だ。

    続きはソース元で
    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2009/04/news112.html

    【Qualcommが安価な5Gプロセッサ「Snapdragon 4」発表 「誰もが5Gを利用できるように」】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/08/31(月) 13:37:20.52 ID:CAP_USER.net
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1273/874/top_o.jpg
    ソフトバンクホームページより

     ソフトバンクは、ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えキャンペーン「ワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典」を9月19日から実施する。MNPで乗り換える際の事務手数料を免除するほか、「メリハリプラン」の月額料金から2800円を12カ月間割引する。

     乗り換え時の事務手数料が免除となるのは、ワイモバイルの計画日から365日以上経過しているか「おうち割 光セット(A)」の割引特典が適用中のユーザーが対象。ワイモバイルから転出時の契約解除料とMNP手数料、ソフトバンク転入時の契約事務手数料が最大1万5500円分が免除される。

     さらに、「メリハリプラン」に加入するユーザーを対象に、データ定額サービス料金を12カ月間最大2800円割引する。データ利用量が2GB以下の月は1300円、2GBより多い月は2800円割引する。なお、「メリハリプラン」のデータ定額サービスでは、月のデータ利用量が2GB以下の月は自動で1500円割引が適用されるため、これを含めると2800円割引となる。

    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1273/874/cont102_o.jpg
    キャンペーン適用後の料金(ソフトバンクホームページより)

     「ワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典」の月額利用料割引と「半年おトク割」を組み合わせることで、ワイモバイルの「スマホベーシックプランM」と同じ月額利用料金(3680円)で、ソフトバンクの「メリハリプラン」を6カ月間利用できる。

     なお、「メリハリプラン」には、国内通話無料サービスはないため、通話定額サービスを利用するには別途有料オプション契約が必要。通話定額オプションは、月額800円で1回5分以内の国内通話が何度でもかけられる「準定額オプション+」と、月1800円で24時間いつでも国内通話かけ放題の「定額オプション+」がある。

     「ワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典」や「ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム」がこれまでに適用されたことがある電話番号は、キャンペーンの対象外となる。また、法人契約やプリペイド携帯電話も同キャンペーンの対象外となる。

     また、同キャンペーンの開始により「ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム」は9月15日で受付を終了する。

    □関連リンク
    ニュースリリース:「ワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典」を9月16日から実施
    https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2020/20200831_01/
    ソフトバンク:ワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典
    https://www.softbank.jp/mobile/campaigns/list/ymobile-softbank-norikae/
    ソフトバンク:メリハリプラン
    https://www.softbank.jp/mobile/price_plan/data/merihari-plan/

    2020年8月31日 12:49
    ケータイ Watch
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1273874.html

    【メリハリプランが12カ月間2800円割引、ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換え特典をリニューアル】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/08/28(金) 12:44:43 ID:CAP_USER.net
    菅義偉官房長官は28日の記者会見で、携帯電話料金を巡り「大幅な引き下げの余地がある」と語った。「政府の役割は事業者間で競争がしっかり働く仕組みを整備することだ」とも述べた。総務省が27日公表した同じ番号で携帯会社を乗り換える際の手数料を原則無料にする案に関し答えた。

    菅氏は携帯大手3社のシェアが9割と寡占状況にあると指摘した。料金水準について「諸外国と比べて高い水準で大手3社の利益率も20%と高止まりしている」と言及した。

    「国民の財産であり公共の電波の提供を受けていることを認識して経営にあたってほしい」とも強調した。
    2020/8/28 12:30
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63149080Y0A820C2EA3000/

    【携帯料金「大幅な引き下げ余地」 官房長官】の続きを読む

    <div class="t_h" >1: <span style="color: green; font-weight: bold;">田杉山脈 ★</span> <span style="color: gray;"> 2020/08/12(水) 21:11:21  ID:CAP_USER.net</span></div>
    <div class="t_b" style="font-weight:bold;font-size:18px;line-height:27px;color:#ff0000;background-color:#f5f5f5;margin:5px 20px 10px;padding:10px;border:1px solid #cccccc;border-color:#cccccc;">  中略 <br /> 基地局整備の順調さをアピール、5Gは9月末に開始 <br />  さらに三木谷氏は、楽天が現在力を入れている「楽天モバイル」の携帯電話事業の最新動向についても説明。サービス開始から3カ月で契約申し込み数が100万回線に達するなどユーザー数が増加しており、本体代が1円になるキャンペーンを実施したオリジナルスマートフォンの「Rakuten Mini」は「売れすぎて在庫がなくなり、入荷するのに1~2カ月かかっていた」(三木谷氏)ほどの人気だったという。 <br />  <br /> ただ、三木谷氏はこの契約数に関して「大体そんなものかなという感じ」と、爆発的に加入者を伸ばしているわけではないと説明。エリア整備が進んでいない状態で加入者を大幅に増やすとKDDIへのローミング費用がかさむことから、2020年度の加入者数は「程よいところ」(三木谷氏)にとどめ、全国でのネットワーク整備が進んだ時点で「第2弾のロケットを打ち上げていく」と三木谷氏は話した。 <br />  <br />  そのエリアに関しても、一時は大幅な遅れが目立った基地局整備の前倒しが進んでいるとのことで、6月末時点では5739局が電波を射出、「設置完了しているのは1万局以上」(三木谷氏)だという。そこで、2021年3月までに人口カバー率70%を達成するだけでなく、当初2026年末までに人口カバー率96%以上の達成を目指していた計画を、5年前倒しして2021年夏に実現したいとしている。 <br />  <br /> 5年もの大幅な前倒しを実現する理由について、三木谷氏は最も難しい都市部でのエリア整備を乗り切ることができたためと説明。エリア整備を前倒しする分投資も前倒しになることから、2021~2022年度にかけては投資コストが大幅に増える形となるが、KDDIとのローミングを減らし利益は得やすくなることから、将来的に見れば大きなプラスに働くと三木谷氏は話す。 <br />  <br />  さらに将来的には、楽天独自のエコシステムを積極活用することで楽天モバイルの加入者を増やしていく計画とのこと。楽天カードが約10年で2000万契約をしているが、楽天モバイルではそれを超える規模の契約獲得を実現できる、将来の可能性が期待できる事業になると三木谷氏は意欲を示す。 <br />  <br />  ただ三木谷氏は、国内でのサービス展開はあくまで「第1章、いや序章くらいかなと思っている」と話し、完全仮想化ネットワークを採用したRCP(Rakuten Communications Platform)の世界展開に意欲を示す。 <br />  <br />  これは仮想化技術や無線設備のオープン技術などを取り入れ、通信機器ベンダーに依存することなく、モバイル通信事業者が簡単かつ低コストでネットワークを構築できるプラットフォーム。三木谷氏によると、RCPには世界各国の政府や携帯電話事業者が関心を寄せ、多くの問い合わせが来ていることから、その開発に注力する姿勢を示している。 <br />  <br />  一方、海外でコロナ禍の影響を受けサービス開始が9月に延期されている5Gの商用サービスに関しては、NECとコアネットワークの共同開発に合意しており、予定通り9月末頃にはサービスを開始する予定だという。当初より5Gの性能をフルに発揮できるスタンドアローン運用でサービスを提供するとしており、「来るべきタイミングで大々的に発表する。料金プランにまた驚きがあると思う」(三木谷氏)と話した。 <br /> <a href="https://japan.cnet.com/article/35158017/" target="_blank">https://japan.cnet.com/article/35158017/</a>  </div><br />
    <!-- Generated by まとめくす (http://2mtmex.com/) -->
    【楽天モバイル、9月開始の5Gでは「驚きの料金プラン」を発表へ】の続きを読む

    このページのトップヘ