モバイル

    1: HAIKI ★ 2021/01/13(水) 19:06:17.02 ID:CAP_USER
    KDDIと沖縄セルラーが1月13日、UQ mobile向けの新料金プラン「くりこしプラン」を発表。2021年2月1日から提供する。

    くりこしプランは、月額1480円(税別、以下同)で3GBのデータ容量が付く「くりこしプランS」、月額2480円で15GBのデータ容量が付く「くりこしプランM」、月額3480円で25GBのデータ容量が付く「くりこしプランL」を用意する。データ容量超過後の通信速度は、くりこしプランSが300kbps、くりこしプランM/Lが1Mbpsとなる。

    期間限定の割引は用意しておらず、1人でもこの料金で利用できる。余ったデータ容量は翌月に繰り越すことができる。

    くりこしプランMとくりこしプランLのデータ容量は…

    続きはソース元で
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2101/13/news102.html
    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2101/13/l_dy_mm_01.jpg
    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2101/13/l_dy_mm_02.jpg

    関連ソース

    UQ mobile、ひとりでもおトクな「くりこしプラン」を提供
    https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2021/01/13/4910.html

    UQ mobileも料金値下げで15GBが月2480円! ワイモバと差をつける
    https://ascii.jp/elem/000/004/039/4039995/

    KDDI、月2480円で20GBの新プラン「povo」 5G通信も対応 「3キャリアで最安値目指した」
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2101/13/news076.html

    auが月額6580円の新プラン「使い放題MAX 5G/4G」発表 5Gは2070円の値下げ
    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2101/13/news073.html

    【【2chまとめ】UQ mobile、月3GB・1480円からの新料金 夏には5Gサービス提供へ】の続きを読む

    1: HAIKI ★ 2020/11/07(土) 20:27:11.33 ID:CAP_USER
    携帯キャリアがサブブランドを続々と展開している。月額料金は安いが、ユーザーを自社ブランドにとめおき上位プランに移行させる「アップセル」がねらえる。


    10月28日、政府による携帯料金の値下げ要請を受け、KDDIとソフトバンクはサブブランドに20GBの新料金プランを加えることを発表しました。
    こうしたプランの追加に対し、「いま使っているプランを値下げしてほしい」との声が高まる中、キャリアがあえて別ブランドで展開する「マルチブランド」戦略に注目が集まっています。
     
    ■サブブランドに20GBの新料金プランを追加

    KDDIとソフトバンクは、それぞれUQモバイルに「スマホプランV」、ワイモバイルに「シンプル20」という名称で、20GBで月額4000円前後の新プランを追加することで…

    続きはソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/175524ce339e6eaadb0d1f2b14f4ca55a97275e5

    【携帯サブブランドが安くても儲かる理由】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/11/30(月) 18:40:35.02 ID:CAP_USER
    オプテージは、MVNOサービス「mineo」において、5G通信が利用できる「5G通信オプション」の提供を12月1日に開始する。利用料金は200円。

    基本料+200円で5Gが使える
     5G通信オプションは、4G通信で利用中の基本料金にプラス200円で5G通信が利用できるようになるサービス。

     5G端末を利用中であれば、同オプションに加入するだけで端末はそのままに5G通信ができる。

     業界初となるNTTドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアの5Gネットワークに対応する。

     Dプランの場合、シングルタイプ(SMS機能あり)では利用できない。また5G通信オプションを利用時は3G通信ができなくなる。Aプランの場合、au VoLTE対応SIMが必要。法人ユーザーは対象外。

    無料キャンペーンや5GSIM入り自販機も設置
     サービス開始を記念して、「5G通信オプションサービス最大6カ月無料キャンペーン」を実施する。2020年12月1日~2021年3月31日の期間中、5G通信オプションを申し込むと最大6カ月間、同オプションを無料で利用できる。
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1291266.html

    【プラス200円で5G、mineoから「5G通信オプション」】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/11/20(金) 12:48:12.43 ID:CAP_USER
    携帯電話料金の値下げをめぐって、武田総務大臣は、大手携帯電話会社が主力のブランドで新たな料金プランを発表していないことを「問題だ」と指摘し、料金が下がったことを利用者が実感できるようにすることが必要だという認識を示しました。

    政府の携帯電話料金の値下げ要請にこたえる形で、先月、KDDIとソフトバンクは、主力のブランドではなく、別ブランドで新たな料金プランを発表しました。

    これについて、武田総務大臣は、閣議のあとの記者会見で、「サブブランドによる割安なプランの発表で選択肢は増えたが、多くの利用者が契約しているメインブランドでは、全く新しいプランが発表されていないのが問題だ。羊頭狗肉という例えが適切か分からないが、あまりにも不親切ではないか」と述べました。

    そのうえで、「コロナ禍での家計への負担を考えた時、利用者が携帯電話料金が下がったと実感できないと全く意味がない。総務省として、データに基づいた継続的なモニタリングを行い、負担軽減が進んでいない場合は、さらに踏み込んだ『アクション・プラン』を作る準備をしている」と述べました。

    また、武田大臣は「利用者の皆さん方は、今一度、ご自身の携帯料金の実態を見つめ直し、いろいろな人に相談するなどして携帯電話料金が安くならないか努力してほしい」と呼びかけました。
    2020年11月20日 11時59分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201120/k10012722061000.html

    【携帯料金「主力ブランド 新プランないのが問題」武田総務相】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/10/12(月) 18:30:57.45 ID:CAP_USER.net
    楽天モバイルが、SIMカードの交換、再発行とeSIMの再設定に必要だった3,000円(税別)の手数料を無料化しています。

    SIMカード、eSIMともに交換・再発行が無料に
    楽天モバイルが、物理SIMカード、eSIMともにSIMカードの交換、再発行手数料を無料としています。

    これまで、SIMカードの交換・再発行、eSIMの再設定には3,000円(税別)の手数料が発生していました。

    楽天モバイルの公式Webサイトにも「0円」と記載されています。
    https://iphone-mania.jp/news-319458/

    【楽天モバイル、SIMとeSIMの交換・再発行手数料を無料化】の続きを読む

    このページのトップヘ