モバイル

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2021/02/09(火) 14:09:19.41 ID:CAP_USER
     武田良太総務大臣は、9日の記者会見において、携帯電話大手各社に対してMVNOへのデータ接続料の値下げを求める方針を明らかにした。
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1305/332/sub_o.jpg

     会見の中で武田総務相は、大手各社が打ち出した中容量帯プランを「家計負担の軽減につながる」と評価する一方でMVNOを含む市場環境に重大な影響を与えるとも指摘。「接続料の適正性の確保が重要」とコメントした。

     MVNOからの要望や2月8日に開催された有識者会合において、大手各社とMVNOの競争環境を確保するにはデータ接続料のさらなる低廉化が必要という意見が出たことなども踏まえて、来年度以降のデータ接続料については、より低廉な料金として算定するよう大手各社に要請するという。

     来年度以降に適用されるデータ接続料の届け出は2月末。

    □関連リンク
    総務省
    https://www.soumu.go.jp
    総務省|武田総務大臣閣議後記者会見の概要(令和3年2月9日)
    https://www.soumu.go.jp/menu_news/kaiken/01koho01_02000990.html
    □関連記事
    MVNOが「携帯大手の廉価プラン対抗は困難」、接続料や音声卸料金の引き下げを総務省に要望
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1301322.html

    2021年2月9日 11:55
    ケータイ Watch
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1305332.html

    【武田総務相、「20GBプランは市場に重大な影響」接続料値下げ要請へ】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2021/01/28(木) 21:37:31.78 ID:CAP_USER
    ジュピターテレコムは、MVNOサービス「J:COM MOBILE」の新プランを発表した。2月18日から提供を開始する。

    1GBで980円から
     新プランでは、1GB、5GB、10GB、20GBの4種類の容量バリエーションが提供される。月額利用料金は、それぞれ980円、1480円、1980円、2480円。10GBと20GBプランは容量超過後も1Mbpsで通信できる。

    余ったデータ容量は翌月に繰り越しできる。オプションとしては5分以内の国内通話かけ放題が500円(※キャンペーン価格)で、公衆Wi-Fiサービス「ギガぞう」やテザリングを無料で利用できる。

     スタート割として、10GBプランは1580円で、20GBプランは1980円でそれぞれ12カ月間利用できる。

    違約金は廃止に、MNP転出手数料も値下げ
     従来、1年としてきた契約期間と1000円の契約解除料金は廃止される。契約事務手数料は4500円から3000円に値下げされ、MNP転出手数料は4月1日から無料となる。

    このほか、端末のセット販売は完全分離、割賦回数は最大36回でスマホmoreプログラムは廃止となる。
    以下ソース
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1302925.html

    【J:COM MOBILEが新プラン発表、1GBで980円から――違約金は廃止、学割・シニア割も提供】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2021/01/28(木) 17:02:52.19 ID:CAP_USER
     総務省は、「スイッチング円滑化タスクフォース(第4回)」を1月27日にオンライン開催した。同タスクフォースでは、通信事業者に対してSIMロックを原則として禁止するほか、MNPのワンストップ化、キャリアを変更してもキャリアメールを継続利用できる仕組みの導入、eSIMの導入促進などが検討されている。

    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1303/064/main_Soumu_o.jpg

     同タスクフォースでは、端末の割賦代金を支払いしない行為や、端末の詐取を目的とした不適切な行為を防止するためににSIMロックを行っているという事業者の主張について、そういった行為を行わない大多数の購入者にとって合理的な理由がなく、不要な手間や不便が課されている。と現状の問題点を指摘している。

    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1303/064/01_o.jpg
    SIMロック解除の一層の推進(検討中の案)

     SIMロックについて検討する仲では、通信事業者が独自に実施したWebサイトでのアンケートで「SIMロック解除を希望しない消費者がいる」という主張もされたが、既に購入者の申し出なしにSIMロック解除を行っている事業者からは、利用者からの苦情やトラブルは生じていないという説明があったことや、総務省に対しても同様のトラブルや苦情が寄せられていないことを踏まえると、同様の回答はSIMロックについて十分理解していなかったものと推測して検討を進めたという。

    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1303/064/02_o.jpg
    SIMロック解除の一層の推進(事業者間協議での検討状況)

     タスクフォースでは、携帯電話やスマートフォンにSIMロックを設定することを原則禁止した上、端末購入時に不適切な行為が行われる可能性が低いことが確認できなかった場合に限って、SIMロックを行うことが許容されるのではないか、としている。

     MNO4社のSIMロック解除に対する対応状況は、NTTドコモが2020年8月から本体代金を一括払いまたは本体代の分割支払をクレジットカードに設定するユーザーを対象に、SIMロックの解除手続なしにSIMロックが行える対応を行っているほか、KDDIおよびソフトバンクについても、NTTドコモと同様の対応を行う方針。なお、楽天モバイルが販売する携帯電話・スマートフォンなどには、販売時点からSIMロックがかけられていない。

     このほか、タスクフォースではMNP手続を転出先の事業者のみの手続で完結するワンストップ方式の導入や、通信事業者が提供するメールアドレスを一緒に持ち運べるようにする仕組みの導入、MNOとMVNOを対象としたeSIM早期導入などが検討されている。

    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1303/064/03_o.jpg
    eSIMの提供状況、世界55か国以上、100以上の事業者が提供(MM総研)

    □関連記事
    総務省、eSIM普及など検討のタスクフォース設置へ――円滑なキャリア移行の実現目指す
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1288732.html

    □関連リンク
    スイッチング円滑化タスクフォース(第4回)
    https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/denkitsushin_shijo/02kiban03_04000647.html

    2021年1月28日 13:19
    ケータイ Watch
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1303064.html

    【総務省、SIMロック原則禁止やeSIM早期導入の方針示す】の続きを読む

    1: HAIKI ★ 2021/01/27(水) 18:36:48.57 ID:CAP_USER
    オプテージが1月27日、MVNOサービス「mineo」の新料金プラン「マイピタ」を発表。2月1日から提供する。

    mineoの現行プランでは、500MB、3GB、6GB、10GB、20GB、30GBの6種類を提供しているが、新プランではこれを1GB、5GB、10GB、20GBの4種類のみとする。また現行プランではAプラン(au回線)、Dプラン(ドコモ回線)、Sプラン(ソフトバンク回線)によって価格が異なっていたが、新プランではこれを統一…

    続きはソース元で
    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2101/27/news101.html
    https://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/2101/27/l_st52693_mineo-01.jpg

    【mineoが新料金プランを発表 データ増量で値下げ、月額1180円/1GBか】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2021/01/07(木) 12:50:14.83 ID:CAP_USER
    楽天は7日、自社の携帯電話端末の購入価格が実質無料になるポイント還元キャンペーンを始めたと発表した。楽天の携帯電話料金プランに加入して自社端末を購入した人が同社の通話アプリを利用すると、楽天ポイントで最大2万4999ポイントを還元する。NTTドコモなどが低価格のプランを発表し競争が激しさを増すなか、キャンペーンで利用を拡大する。

    キャンペーンは7日に開始し、終了日は未定としている。楽天はすでに自社のプランに初めて契約する人を対象に、楽天ポイントで5千ポイントを還元している。今回さらに、楽天の自社端末「Rakuten Hand」(価格は2万円)をプラン契約日と同日に購入し、メッセージと通話が無料になる自社アプリを利用すると、追加で1万9999ポイントを還元する。合計で最大2万4999ポイントを還元することで、楽天の携帯電話端末を実質無料で利用できる仕組み。

    楽天は2020年12月、自社回線による携帯電話サービスの契約の申込数が累計で200万回線を超えたと発表した。当初は20年末までに300万人の契約を目指していたが未達になっていた。
    2021年1月7日 12:21
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ071TV0X00C21A1000000

    【【2chまとめ】楽天モバイル、自社携帯端末を実質無料 ポイント還元で】の続きを読む

    このページのトップヘ