モバイル

    1: HAIKI ★ 2020/09/25(金) 22:42:59.24 ID:CAP_USER.net
    UQモバイルが10月1日からauのサブブランドとなります。KDDIは「au」と「UQモバイル」の2ブランドを直接手掛けることで、安価な「楽天モバイル」や、ソフトバンクのサブブランド「ワイモバイル」への対抗を強化します。

    このサブブランド化は、UQコミュニケーションズのUQモバイル事業を、親会社のKDDIが吸収する形で行われ…

    続きはソース元で
    https://japanese.engadget.com/uqmobile-024801891.html

    【UQモバイルが10月1日からauサブブランドに 「使い放題」と「低価格」で棲み分け──KDDI高橋社長 「UQモバイルはMNOになる」】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/09/19(土) 20:35:33.96 ID:CAP_USER.net
    菅義偉首相は18日、官邸で武田良太総務相と会談し、携帯料金値下げの「具体的な結論」を出すよう指示した。武田氏は会談後、「百パーセントやる。やるかやらないかの話だ」と強調した。値下げ幅は「1割程度では改革にならない。海外では健全な競争原理を導入し、7割ほど下げた国もある」と述べた。

    ある携帯大手の幹部は「政権の本気度を感じている。値下げに向けて何らかの対応をせざるを得ない」と話す。

    昼の武田総務相…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64080780Y0A910C2EA2000/

    【携帯料金下げ、菅政権動き急 大容量プラン焦点】の続きを読む

    1: HAIKI ★ 2020/08/21(金) 22:01:41.09 ID:CAP_USER.net
    5Gのサービスが始まって間もない中、早くもその次のモバイル通信規格「6G」に向けた議論や研究が進みつつあるようです。
    一体6Gはどのような性能を持つと見られており、なぜこれほど早くから取り組みが進められようとしているのでしょうか。

    総務省が打ち出す「Beyond 5G推進戦略」とは

    国内では2020年に5Gの商用サービスを開始したばかりで、エリア整備も満足に進んでおらず普及はこれからといった状況にあります。しかし、ここ最近その5Gではなく、次のモバイル通信規格となる「6G」に向けた話が聞こえてくるようになりました。

    実際、総務省は2020年1月21日より「Beyond 5G推進戦略懇談会」を開催しています。これはBeyond 5Gという名前の通り5Gの次、つまり6Gを見据えた国としての政策の方向性を検討するというもので…

    続きはソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/94a6d7c80814cbb0e3bb879be273a792101f0298

    【5Gがスタートしたばかりなのに「6G」の議論が始まっているのはなぜか】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/08/27(木) 10:58:07.82 ID:CAP_USER.net
    総務省は、同一の電話番号のまま携帯会社を乗り換える際の手数料について原則無料とする案をまとめた。現在は各社が一律3000円を徴収している。乗り換えによって携帯会社間の競争を促し、国際的にみても高いとされる携帯電話コストの引き下げにつなげる。

    同省が27日に開く有識者会議で提案する骨子案に盛り込む。「番号持ち運び制度(MNP)」で他社に移る際の手数料について、ネット手続きを無料とする方向を示す。9月ごろに報告書案をまとめ、一般からの意見公募を経て、関連ガイドラインの改定をめざす。

    携帯各社のコスト負担も勘案し、店舗で手続きする場合は上限1000円までの手数料を認める考え方も併せて示す。そのうえで、ネット上での手続きについて、24時間利用できるようにすることを求める。現在、大手は午前9時~午後8時などに限定している。

    月額料金が安い自社の別プランに誘導したり、買い物などに利用できるポイントを付与したりし、乗り換えを引き留める行為も禁止する。

    MNPは消費者の利便性向上をめざし2006年に導入された。当初は2000円だった手数料は後に3000円に引き上げられた。利用件数は13年度の657万件がピークで、近年は500万件前後で推移している。

    米英仏など主要国では乗り換え手数料を無料としている国が多い。総務省は、手数料の高止まりが消費者に乗り換えをちゅうちょさせ、携帯会社間の競争を阻害する一因になっていると見る。

    総務省によると、3月時点の東京(NTTドコモ)のスマートフォンの通信料金は標準的とされる月5ギガ(ギガは10億)バイトのデータプランでニューヨークに次ぐ2番目の高さだった。改正電気通信事業法の施行で端末代金と通信料金を分離した後も、国際的にみてなお高水準とされる。
    2020/8/27 9:50
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63095290X20C20A8MM0000/

    【携帯会社乗り換え原則無料、総務省案 競争促す】の続きを読む

    1: HAIKI ★ 2020/09/04(金) 23:30:54.79 ID:CAP_USER.net
    Qualcommが9月3日(日本時間)、ミッドレンジスマートフォン向けに5G対応プロセッサ「Snapdragon 4」シリーズを発表した。
    コストパフォーマンスに優れる比較的安価なスマートフォンに適用できるSnapdragon 4が5Gに対応したことで、世界各国の5G普及に弾みをつけたい考え。
    Snapdragon 4シリーズを搭載したスマートフォンは2021年の早い段階で登場予定だ。

    続きはソース元で
    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2009/04/news112.html

    【Qualcommが安価な5Gプロセッサ「Snapdragon 4」発表 「誰もが5Gを利用できるように」】の続きを読む

    このページのトップヘ