モバイル

    1: ムヒタ ★ 2018/11/26(月) 15:06:03.17 ID:CAP_USER.net
    調査会社のMMDLabo(東京・港)は携帯電話のユーザー約2000人に、月々の料金などを聞き取った調査をまとめた。自分の契約プランの内容について「把握していない」と回答した人は35.4%にのぼった。料金プランの複雑化によって利用者が支払い内容を理解できないことが、結果として料金への不満につながっていることが浮き彫りになった。

    契約プランの内容について把握していなかったのは、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3キャリアの契約者で39.7%だった。格安スマートフォン(スマホ)ユーザーでは18.3%しかいなかった。

    通信料金と端末代をセットにして割り引いて売るといった手法のほか、条件付きの割引などで大手の料金プランは複雑になっている。特に大手の契約者で、プランへの理解が追いつかないか、理解すること自体を諦めてしまう人が一定数いることがうかがえる。

    また菅義偉官房長官が携帯電話の料金について「4割程度下げられる余地がある」と発言したことについて、一般ユーザーの意見をヒアリングした。

    「日本の携帯料金は高すぎるので、他の先進国に合わせて安くすることは当然だ」(20歳男性)といった賛同のほか、「格安スマホと変わらなくなり、何を選んだらいいか分からなくなる」(41歳女性)と戸惑う声もみられた。
    2018/11/26 14:33
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38177780W8A121C1X30000/

    【携帯ユーザーの3割超、自らの契約プランを把握せず 民間調べ】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/11/26(月) 18:16:22.52 ID:CAP_USER.net
    かつてスマートフォンでYouTubeなどを見る時には「Wi-Fiにつないだ方が通信が速くて安定する」などと言われることが多かったものですが、世界中の通信状況をまとめたレポートからはもはやWi-Fiは4G LTE通信網よりもスピードが遅くなっている状況が明らかになってきています。

    Mobile networks are killing Wi-Fi for speed around the world ? The Register
    https://www.theregister.co.uk/2018/11/23/mobile_v_wifi_speed_report/

    このレポートは、携帯電話基地局やWi-Fiスポットの通信速度状況をユーザーがアプリで測定して共有するOpenSignalが発表したもの。33カ国・約780万台のデバイスから得られたデータをもとにまとめた内容からは、キャリアの通信網が劇的なスピードアップを果たしてWi-Fiに追いつき、追い越している状況が明らかになっています。

    各国ごとの速度状況を示したのが以下の2つのグラフ。左のグラフではモバイル回線の速度(オレンジ)とWi-Fiの速度(青)が示されているのですが、なんと全ての国でオレンジ色のグラフが青色のグラフを上回っている状況。最もモバイル回線の速度が早いオーストラリアでは、34.6Mbpsという数値がたたき出されています。また、右のグラフはモバイル回線とWi-Fiの速度差を示しており、最大で13.0Mbps(オーストラリア)もの開きが存在していることがわかります。
    https://i.gzn.jp/img/2018/11/26/mobile-network-faster-than-wi-fi/01_m.png

    この調査は、特定のWi-FiスポットではなくOpenSignalアプリを使っているユーザーが自分で測定したデータをもとに実施されているもので、世界各地にある不特定多数のWi-Fiスポットとキャリア通信網のデータがベースになっています。対象となったのは、2018年8月5日から11月3日までの期間に計測された632億2315万678サンプルのデータとのこと。

    この状況は、各国で4G通信が普及してモバイル通信網の速度が劇的に向上したことによるもの。LTE通信だけを取り出してWi-Fiとの速度差を比較すると、以下のようにレバノンでは25.0Mbpsもの速度差が生じていることがわかります。
    https://i.gzn.jp/img/2018/11/26/mobile-network-faster-than-wi-fi/02_m.png

    モバイル通信網の速度(縦軸)とWi-Fiの速度(横軸)をプロットしたグラフだとこんな感じ。このグラフでは下り速度(ダウンロード速度)だけが対象になっているのですが、モバイル通信速度とWi-Fi速度が拮抗する白いエリアを中心に各国が分布していることがわかります。
    https://i.gzn.jp/img/2018/11/26/mobile-network-faster-than-wi-fi/03_m.png

    まだモバイル回線が2G・3G規格の頃はWi-Fiが明確な優位性を示していたはずですが、LTE通信の台頭とともに各国でモバイル通信環境が劇的に改善。さらに今後、5G通信の普及が始まるとこの差はさらに拡大するものと見られています。
    https://gigazine.net/news/20181126-mobile-network-faster-than-wi-fi/

    【もはやWi-FiはキャリアのLTE電波網よりも通信スピードが遅いことが浮き彫りに】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/11/25(日) 11:17:12.70 ID:CAP_USER.net
     総務省が携帯電話料金の引き下げに向け、電気通信事業法を改正し、携帯会社に通信料金と端末代の分離を義務づけることを検討していることが分かった。総務省の有識者会議は26日にも緊急提言をまとめる方針で、法改正を検討する必要性が指摘される見通しだ。

     総務省は早ければ来年の通常国会に法改正案を提出する。携帯会社の通信料金が海外に比べて高いとされるのは、端末代の一部を月々の通信料金から割り引くプランが原因の一つと指摘されている。総務省はこれをできなくして、通信料金と端末代の分離を義務づけることを検討している。

     分離プランの義務化などで端末代を4年間の分割払いで購入し、2年後に条件を満たせば残る支払い分を免除する「4年縛り」も実質的にできなくなる見通し。

    2018年11月25日 09時12分
    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181125-OYT1T50005.html

    【携帯通信・端末料、分離義務付け…法改正提言へ】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/11/09(金) 09:18:53.84 0.net
     携帯電話の料金プランをめぐり、総務省は来春までにNTTドコモなど大手3社に対し、端末代と通信料の分離を徹底するよう求める方針を固めた。

     大手3社はこれまで、2年間の通信契約を結ぶことを条件に、端末代を大幅に値引きする「セット販売」で契約数を伸ばしてきたが、料金体系が不透明で分かりにくいとの指摘が出ていた。

     通信料と端末代を分ける「分離プラン」を普及させ、海外に比べて割高とされる通信料の値下げを促す。

     持っている端末を長く使い続ける人は通信料が割安になるが、頻繁に端末を買い替える人は端末代の値引きが減り、実質価格が上がる可能性がある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000008-asahi-bus_all

    【総務省、通信キャリア各社に端末代と通信料の分離を徹底するよう要請へ】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/11/02(金) 09:28:48.78 ID:CAP_USER.net
    石田真敏総務相は2日午前の閣議後の記者会見で、KDDIが楽天と業務提携し、ローミング(相互乗り入れ)契約を結んで通信設備を貸し出すことについて「電波の割り当てを受けた事業者が自らネットワークを構築するのが原則だ。しかし、新たな事業者について全国規模で自ら(通信設備を)構築し、一斉にサービスを提供することが現実的に困難な場合は、ほかのところを使うことも許容している」と述べた。

    楽天については「4月の(周波数割り当ての)認定の際の条件に基づき、期限内に対応していただきたい」と話した。

    NTTドコモが打ち出した携帯電話料金の引き下げについては「今現在では方針にとどまっているのでコメントを差し控える。一般論として利用者の利益の向上につながるものと思っており、競争をしっかりお願いしたい」と語った。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
    2018/11/2 9:17
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL02H5T_S8A101C1000000/

    【総務相、KDDIと楽天の提携「設備の利用、許容している」】の続きを読む

    このページのトップヘ