モバイル

    1: 田杉山脈 ★ 2019/04/10(水) 18:46:08.22 ID:CAP_USER.net
    楽天の三木谷浩史会長兼社長は10日、10月に参入を目指している携帯電話事業の料金について「通信契約と端末代金のセット値引きという選択肢はとらない」との方針を示した。総務省が通信契約と端末を分離させるプランの義務付けを除外していると一部で報道されたことに対してコメントした。「楽天は携帯電話の民主化活動をテーマに掲げている」と強調した。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43575040Q9A410C1X30000/

    【楽天・三木谷氏「通信と端末のセット値引きせず」】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/04/10(水) 14:32:50.47 ID:CAP_USER.net
     電波監理審議会は、各社からの申請に基づき、第5世代携帯電話(5G)の周波数の割当を決定した。

     割当は、3.7GHz帯および4.5GHz帯(1枠が100MHz幅)と、28GHz帯(1枠が400MHz幅)。各社とも申請時点で第一希望が競合しており、比較審査が実施された。

    3.7GHz帯および4.5GHz帯
     NTTドコモは3.7GHz帯と4.5GHz帯でそれぞれ1枠、KDDI(沖縄セルラーを含む)は3.7GHz帯で2枠、楽天モバイルとソフトバンクは3.7GHzで1枠ずつが割り当てられた。

    28GHz帯
     28GHz帯では、楽天モバイル、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクにそれぞれ1枠が割り当てられた。
    2019年4月10日 12:37
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1179245.html

    【5Gの電波割当が決定、楽天を含む4キャリアに割当へ】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/04/04(木) 16:12:24.21 ID:CAP_USER.net
    【ニューヨーク=清水石珠実、ソウル=山田健一】次世代の高速通信規格「5G」に対応した携帯通信向けサービスを巡り、米国と韓国の通信大手がそろって「世界初の商用化」を宣言する異例の事態がおきている。

    米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズは3日、次世代の高速通信規格「5G」に対応した携帯通信向けサービスを米2都市の一部で開始したと発表した。当初は11日に開始する計画だったが、韓国でのサービス開始に先駆けるためほぼ1週間前倒しした。

    米ベライゾンは世界で初めてスマホ向け5Gサービスを開始したが……(1月、ハンス・ベストベリCEO)
    https://www.nikkei.com/content/pic/20190404/96958A9F889DE6E1E1E3E3EBE4E2E2E6E2E6E0E2E3EBE2E2E2E2E2E2-DSXMZO4331223004042019I00001-PB1-3.jpg

    3日のサービス開始はイリノイ州シカゴとミネソタ州ミネアポリス。2月には年内に30都市で5Gサービスを始める目標を明らかにしている。

    これに対し、韓国SKテレコムなど通信大手3社は4日、5Gをスマートフォン(スマホ)で使えるようにする一般者向けサービスを3日深夜に始めたと発表した。

    韓国の3社は5日の開通を予定していたが、米通信大手の前倒しを察知して対応したとみられ、韓国3社は「世界初は韓国だ」と主張している。

    3社はSKテレコム、KT、LGユープラス。最大手のSKは、フィギュアスケート女子の元選手、金妍児(キム・ヨナ)さんら複数の芸能人を相手に「3日午後11時に5Gサービスを始めた」と説明。KTも同日同時刻に韓国南東部・大邱(テグ)の市民に韓国サムスン電子の5G対応のスマホを渡して「世界初の5Gサービスを開通した」と強調した。

    通信速度が現在の100倍となる5Gの実用化には幅広い分野で産業力を高める効果が期待され、各社や国家間での競争が激しくなっている。

    関連スレ
    【通信】韓国政府、5G推進に躍起 技術立国へ日米追う
    https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1551274240/
    【通信サービス】韓国KT、5Gサービス5日から スマホ対応世界初
    https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1554187887/
    【IT】5G構築、米国と中国が首位タイ 米業界団体が委託調査
    https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1554249646/
    【IT】米ベライゾン、5G開始前倒し 「世界初」韓国から奪取
    https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1554325735/

    2019/4/4 4:47 (2019/4/4 12:52更新)
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43311960U9A400C1000000/

    【5G「世界初」米韓の通信大手が宣言 前倒し合戦】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/02/21(木) 11:00:23.04 ID:CAP_USER.net
    NTTと仏通信大手のオレンジは次世代通信規格「5G」やネットワーク、人工知能(AI)、サイバーセキュリティーなどの研究開発分野で協業に合意したと発表した。両社の研究開発成果を共有したり、相互利用したりすることを想定する。アジアと欧州の大手通信事業者が組むことで、研究開発を応用したサービス開発でリードしたい考えだ。

    両社は2022年までの期間、研究開発分野で協業するという合意書を締結した。

    協業を検討する分野は多岐に渡る。ネットワーク分野では、5Gや、ホワイトボックスと呼ばれるソフトウエア部分を自由に選択できる通信機器の展開などが対象。このほか通信事業におけるAIの活用や、つながる車(コネクテッド・カー)の分野でも協力する考えだ。NTTグループ全体が研究開発分野で協業するのは初めてだという。
    2019/2/21 10:00
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41541880R20C19A2X30000/

    【NTT、仏通信大手オレンジと5Gなど共同で研究】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/02/19(火) 23:04:59.31 ID:CAP_USER.net
    「従量課金に移行しないと、このままではとても立ち行かない」

    ある固定回線系プロバイダーの幹部が悲痛な面持ちで筆者に訴えた。

    「ここ数年の爆発的なトラフィックの伸びに設備投資が追い付かず、ユーザーからのクレームが増加している」

     それは、プロバイダーだけの問題ではなく、NTT東日本・西日本(NTT東西)のフレッツ光にもいえることらしい。ただ、筆者は忘れてはいない。確か10年前にも同じような言葉を聞いた。いや、その前から事あるごとに聞いてきたような気がする。このような「トラフィック問題」は、インフラ事業者の口癖になっているのではないのか。

     だが、件の幹部は「これまでは、設備などのコストダウンがあり、なんとかやっていくことができたが、もうコストダウンも限界に来ている」と訴える。それだけではない。「ここ2~3年のブロードバンドサービスにおけるトラフィックの伸びは尋常ではない」というのだ。

    確かに、総務省が2018年8月に公表した「我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計・試算」(図版1)を見ると2014~15年辺りから国内総トラフィックのグラフが急上昇している様子が見て取れる。

     この資料の中で注目してほしいのは4ページ目の「1契約当たりのトラヒック」(図版2)だ。これを見ると、2015年辺りから毎年3~4割のダウンロードトラフィック増を記録している(赤のグラフ)。その一方でブロードバンドサービスの契約者数の伸びは鈍化傾向にある(緑のグラフ)。双方のグラフを見比べると、あまりに対照的なありように驚きを禁じ得ない。NTT東西といったインフラ事業者やプロバイダーからすると、契約者数の伸びが見込めない中、ブロードバンドサービスが料金定額制のため、今後、大きな収益増は期待できない。そうなると、設備投資のインセンティブも鈍り、ユーザーからは「遅い」「パケづまり」といった苦情が増えかねない。プロバイダーの幹部の愚痴も理解できる気がする。

    動画サービスの台頭やWindows Updateの存在がトラフィック増の原因か
     なぜ、ここまで急激なトラフィック増を招いているのか。三菱総合研究所がまとめた総務省資料「インターネットトラヒックの現状」の16ページ目「4.まとめ」には、次のようにある。

    総トラヒック量のうちコンシューマー向けトラヒックが全体の80%以上、そのうち80%以上がインターネット動画(YouTube、Hulu、Netflix等)。今後、年率30%で増加する見込み。

     なんと、動画サービスのトラフィックが国内総トラフィック数の64%を占める計算となる。NetflixやHuluのような定額制の動画配信サービスの台頭は、かなりのインパクトがあるようだ。iTunes Storeの映画のようなオンデマンド課金とは異なり、定額なので、お金のことを気にせずに、好きなだけ動画を見ることができるわけだからそうなるのも必然か。YouTubeの動画にしても近年HD化が著しく転送容量も増えている。
    以下ソース
    https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1902/19/news013.html

    【固定回線でも「ギガ不足」におびえる時代が到来か、トラフィック急増により現場で起きている悲劇とは】の続きを読む

    このページのトップヘ