Microsoft

    1 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2013/06/15(土) 01:15:21.59 ID:???
    http://japan.cnet.com/news/business/35033399/

     Microsoftは米国の500店のBest Buy、さらにカナダの100店のBest BuyおよびFuture Shopの建物内に「Windows
    Store」を開店する契約を発表した。

     面積1500~2200平方フィート(約135~190平方メートル)になる予定のこの店舗内店舗は、「Windows」タブレットお
    よびPC、「Windows Phone」「Microsoft Office」「Xbox」コンソールを含む幅広い製品を提供する。「Surface」専用のス
    ペースも設けられる予定だ。

     米国時間6月13日に発表されたこの契約では、既にBest Buyで働いているMicrosoftの専門技術者に加えて、1200
    人以上のBest Buy販売員がMicrosoftのトレーニングを受けることが義務づけられている。

     Microsoftの最高マーケティング責任者(CMO)であるChris Capossela氏はインタビューで、「小売担当者が買い物
    客にお気に入りの機能を5つ示すことができたら、大いに役に立つ」と述べた。

    1 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2013/06/13(木) 22:06:58.47 ID:???
    http://japan.cnet.com/news/service/35033376/

     日本マイクロソフトは、同社ブランドのタブレット端末「Surface RT」の参考価格を1万円値下げする。

     6月14日~7月14日の期間限定で、4万9800円の32Gバイト版を3万9800円に、5万7800円の64Gバイト版を4万
    7800円とする。タッチカバーをセットにした、5万7800円の32Gバイト版を4万7800円に、同じく6万5800円の64Gバ
    イト版を5万5800円とする。6月7日から発売しているインテルCPUと「Windows 8 Pro」を搭載した「Surface Pro」は
    値下げはしない。

     日本マイクロソフト代表執行役社長の樋口泰行氏は「Surface RTは、予想を上回る販売実績となっているが、
    エントリーユーザーに、さらにお手軽に使ってもらいたいと考えて価格を見直した」と背景を説明した。

     「3万9800円からという新価格は『iPad mini』に比べて画面が大きく、Officeが標準搭載され、それでいて3000円
    安い。『iPad Retinaモデル』の32Gバイト版と比べると2万円安い。圧倒的な競争力を持った製品になる。Surface
    RTはiPad対抗の製品として、さらに力強く推進していくことになる」(樋口氏)

     アップルは、5月31日に円安を背景に価格上昇に踏み切った。iPad miniは16Gバイト版が2万8800円から3万28
    00円へと4000円の値上げ、32Gバイト版が3万6800円から4万2800円へと6000円の値上げ、64Gバイト版が4万48
    00円から5万2800円と8000円の値上げとなっていた。

     第4世代iPad Wi-Fiモデル 16Gバイト版が4万2800円から4万9800円へと7000円の値上げ、32Gバイト版では、5
    万0800円から5万9800円へ9000円の値上げ、64Gバイト版が5万8800円から6万9800円へと1万1000円の値上げ、
    128Gバイト版では6万6800円から7万9800円へと1万3000円の値上げを行っていた。

     従来のiPad miniの32Gバイト版は3万6800円と、Surface RTの32Gバイト版の4万9800円に比べて1万3000円安
    かったが、両社の価格改定で、この価格差が逆転し、Surface RTの方が3000円安くなる。

     樋口氏は「5月31日にアップルが値上げに踏み切ったことで、これを機に日本独自の施策として値下げに踏み
    切った」と語った。

     「当社は、タブレットの分野ではチャレンジャーであり、チャレンジャーはチャレンジャーなりの戦略を取る必要が
    ある。値上げをす

    【【産廃処理】マイクロソフト、「売れないSurface」を緊急値下げ【恥】】の続きを読む

    1 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2013/05/13(月) 22:02:52.95 ID:???
    http://japan.internet.com/allnet/20130513/1.html

    米国 Microsoft の共同創業者であり前 CEO の Bill Gates 氏は、米国 CNBC のニュース番組に出演し
    「iPad ユーザーの多くは、タイピングできず、文書を作成できず、Microsoft Office が使えない iPad にいら立っており、
    Surface タブレットを欲している」と述べた。

    このインタビューで Gates 氏は、Microsoft による Surface は、キーボードカバーが付属しており、Office が搭載可能
    なことで、iPad よりも生産性が高いことを強調していた。

    だが、Gates 氏の主張は様々な点で誤っている。ここでは、Gates 氏に対する反論を試みたい。

    1. Surface RT は、すでに利用者に見放されている
    2. iPad ユーザーの「いら立ち」とは何だろう?
    3. 顧客は無断なお金は使わない
    4. Surface のキーボードは、購入の決め手にはならない
    5. iPad の仮想キーボードは、Surface よりも使いやすい
    6. iPad の方が持ち運びしやすい
    7. Surface の価格は高すぎる
    8. 企業も Surface に関心を持っていない
    9. 市場調査は、Gates 氏の主張と異なった結果を出している
    10. デスクトップ OS は、タブレットには向かない

    Gates 氏は、Microsoft によるタブレット戦略の目玉として、PC 同様の体験をタブレットでも提供できることをあげた。
    だが、顧客はタブレットに PC 体験を求めてはいない。タブレットには軽量であることが求められており、タブレットの
    OS には起動が高速で、シンプルな作業をスピーディにこなせることが求められている。

    Windows はこの条件を満たしてはいない。

    【■「iPad ユーザーはいら立っている」と述べた Bill Gates 氏に対する10の反論】の続きを読む

    1 名前:名無し~3.EXE[] 投稿日:2013/05/02(木) 23:07:06.48 ID:lkUTtUOg
    http://ggsoku.com/2013/05/microsoft-surface2-june/

    DigiTimesは2日(現地時間)、上流サプライチェーン筋の情報として、米マイクロソフトが第2世代「Surface」を6月26日~
    28日に開催される開発者向けカンファレンスで発表するだろうと伝えています。

    情報によると、サプライチェーン筋はすでに第2世代Surface用のインテルチップを搭載した部品を、マイクロソフトに対して
    100~150万ユニット出荷しているとのこと。マイクロソフトは第1世代Surfaceが予想していたよりも売れなかったので、第2
    世代Surfaceが供給過多に陥らないように用心しているとしています。

    第2世代Surfaceは市場の小さなタブレットを求める声に答えるため、ディスプレイサイズは7~9インチのモデルが用意され
    るとこと。

    マイクロソフトは第2世代Surfaceでも、第1世代Surfaceの部品供給会社と同じメーカーを利用するとしています。具体的に
    は、ディスプレイはサムスン電子やLGディスプレイが供給し、プロセッサはインテルやNvidiaが提供、組立はペガトロンが
    行うとのこと。

    第2世代Surfaceが6月に発表されるということは、同じく6月に正式発表されるインテルの次世代プロセッサ「Haswell」を搭
    載する可能性があります。第1世代Surfaceはその販売国を徐々に広げていますが、日本ではSurface RTは発売されたも
    のの、Surface Proの発売は未だ発表されていません。第2世代Surfaceでは、その状況が覆ることはあるのでしょうか。

    【■マイクロソフト、第2世代 Surface RT を6月発表へ】の続きを読む

    このページのトップヘ