スマホ

    1: ムヒタ ★ 2020/10/09(金) 06:08:39.23 ID:CAP_USER.net
     Counterpoint Technology Market Researchは、米国のスマートフォン市場に関する調査結果を発表した。それによると、8月に販売されたスマートフォンのうち、13.5%が5G対応モデルだったという。

     5G対応スマートフォンの平均販売価格(ASP)は下落傾向にあり、2020年第1四半期に948ドル(約10万円)だったものが、7月には730ドル(約7万7000円)まで下がった。そのため、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックで製品供給と需要が低迷したにもかかわらず、5Gスマートフォンに対する関心は高まっているそうだ。

     さらに、Appleがまもなく「iPhone 12」などと呼ばれている5Gスマートフォンを発表するとみられ、その影響で第4四半期には5Gスマートフォンの販売が急増すると予想した。そして、2020年通年の5Gスマートフォン販売率が約20%になると見込む。
    2020年10月08日 17時23分
    https://japan.cnet.com/article/35160666/

    【米国スマホ販売、8月は13.5%が5Gモデル、価格は下落傾向--5G対応iPhone登場で急増へ】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/10/03(土) 19:56:48.72 ID:CAP_USER.net
    新たに誕生した菅義偉首相が携帯電話料金の値下げに執念を燃やしている。

    菅首相は「国民の財産である電波を使っているにもかかわらず、日本の大手キャリア3社は20%以上の利益を上げている」と指摘。利益を削ることで、欧州の料金水準まで引き下げられるのではないかとしている。

    武田良太総務相も「(値下げは)100%やる。できるできないじゃなくて、やるかやらないかの問題。1割程度じゃ改革にならない」と語り、キャリア…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64176000U0A920C2000000/

    【菅首相が執念燃やす携帯料金引き下げ 実現は可能か】の続きを読む

    1: HAIKI ★ 2020/09/25(金) 22:25:20.10 ID:CAP_USER.net
    KDDIは2020年9月25日、「au 5G」の発表会を開き、5G対応スマートフォンの新製品や5Gの普及に向けた新たな取り組みを発表した。
    発表した5Gスマホは「Galaxy Note20 Ultra 5G」など6機種。今後、auブランドから発売するスマートフォンはすべて5G対応になるという。

    続きはソース元で
    https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/08805/

    【KDDIが5Gスマホ6機種を発表、今後のauスマホはすべて5G対応に】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/10/01(木) 04:39:11.03 ID:CAP_USER.net
     グーグルは、5G対応スマートフォン「Pixel 5」「Pixel 4a (5G)」を発表した。価格はPixel 5が699ドル、Pixel 4a(5G)が499ドル。日本のグーグルストアでもすでに情報が掲載されているが価格は示されていない。

    どちらも手頃な価格での5G対応スマートフォンとして提供される。グーグルでは、5Gの高速通信により、最新の映画、YouTube Musicでの音楽再生などを書いてk二位に楽しめるとアピールする。

     本誌では追って詳細をお伝えする。
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1280/132/16_l.png
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/docs/1280/132/13_l.png
    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1280132.html

    【グーグル、5G対応の「Pixel 5」「Pixel 4a(5G)」発表、日本では10月15日発売】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/09/07(月) 19:02:10.48 ID:CAP_USER.net
    総務省の有識者会議は7日、同じ電話番号で携帯会社を乗り換える「番号持ち運び制度(MNP)」で、現在一律3千円かかる手数料を原則無料とするなどの報告書案を了承した。乗り換えしやすくし、世界的に高いとされる携帯料金の引き下げをめざす。

    報告書案では手数料をウェブサイトでの申し込みは無料、店頭は1千円以下とした。大手で午前9時~午後8時などとするウェブ受け付けを24時間とするよう求めた。機種変更などに使えるポイントを特別に与え、乗り換え希望者を引き留める行為も禁じるとした。

    携帯を販売する代理店が独自に設定する端末価格についても、端末本体の価格に上乗せした利益を「頭金」と表示するのは消費者の誤解を招くとして、是正を求めた。

    携帯電話と光ファイバー回線とのセット割引きにも言及した。携帯では高い違約金が生じる「2年縛り」を2019年に規制した。固定通信では期間拘束中の契約解除に1万円前後の違約金がかかることが多く、携帯利用者を囲い込む状態なら「制度的な対応を検討すべきだ」と明記した。

    総務省は報告書案について一般から意見を募り、秋以降に関連ガイドラインを改正する。携帯電話料金を巡っては自民党総裁選への出馬を表明した菅義偉官房長官が値下げの必要性に言及した。

    2020/9/7 18:00
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63532180X00C20A9EE8000/

    【携帯乗り換え「無料」を了承 総務省の有識者会議】の続きを読む

    このページのトップヘ