スマホ

    1: 田杉山脈 ★ 2020/03/27(金) 00:21:24.80 ID:CAP_USER.net
    今回登場したのは「HUAWEI P40」「HUAWEI P40 Pro」「HUAWEI P40 Pro+」の3モデルだが、注目はやはり最上位の「HUAWEI P40 Pro+」。

     HUAWEI P40 Pro+のカメラはついに5眼構成のLeicaペンタカメラに進化。メインには1/1.25型とさらに大型化した50メガのRYYBセンサー、ここに動画にも強い40メガの超広角カメラが組み合わされる。さらに望遠カメラもデュアルとなり、光学3倍+ペリスコープ型の光学10倍の2つ(ともに8メガ)で、ハイブリッドズームは20倍、デジタルズームは最大100倍まで対応する。ここにToFカメラが加わった5つというわけだ。

    本体サイズが同じHUAWEI P40 Proは、望遠カメラがペリスコープ型の光学5倍のみとなるが、RYYBセンサーの採用で暗い場所でもより光を取り込みやすいという意味では長所があり、ライバルとなる「Galaxy S20 Ultra」に対する強味をアピールした。なお、標準モデルのHUAWEI P40については、50メガのRYYBセンサー+超広角16メガ+光学3倍の組み合わせ。

     ディスプレーサイズについては、HUAWEI P40が6.1型、HUAWEI P40 Pro/P40 Pro+が6.58型。後者については大型画面にも関わらず、左右に加え、上下まで縁が曲線になったベゼルレス設計を採用。横幅は72.6mmと片手で使えるサイズにおさまっている。インカメラ部は左上に比較的大きい領域になっているが、P40 Pro/P40 Pro+は32メガのインカメラに赤外線による被写体深度測定のカメラも搭載し、4Kの自撮りムービー、暗い場所でも可能な顔認識などに対応する。

     デザイン面では、HUAWEI P40/P40 Proには、マットな処理なのに光も反射するBlackのほか、Deep Sea Blue、Ice White、Silver Frost、Blush Goldの5色をラインアップ。最上位にHUAWEI P40 Pro+には加工に5日間要するという、セラミック素材を用いて、耐久性と傷への強さの両面で強味を持つCeramic Black/Ceramic Whiteの2色を用意する。

     SoCには5G機能内蔵の「HUAWEI Kirin 990 5G」の搭載で高性能と省電力性能を両立。ネットワーク面では5G+4GのデュアルSIMで、さらにeSIMも内蔵する。また無線LANでは160MHz幅のWi-Fi 6で最大2400Mbpsまでの通信速度に対応している。

     HUAWEI P40とHUAWEI P40 Proについては海外では4月6日発売で、P40は8GB+128GBモデルで799ユーロ(約9万6000円)、P40 Proは8GB+256GBモデルで999ユーロ(約12万円)。HUAWEI P40 Pro+は、スペシャル的な位置付けなのか1399ユーロ(17万弱)とさらに価格はアップ。こちらは6月の発売予定。
    https://ascii.jp/img/2020/03/26/3025933/l/74a32b8495a82ccb.jpg
    https://ascii.jp/elem/000/004/007/4007423/

    【ファーウェイ「P40」「P40 Pro」「P40 Pro+」発表】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/03/23(月) 10:34:16.45 ID:CAP_USER.net
     KDDIと沖縄セルラー電話は3月26日から、5G通信サービス「au 5G」の提供を開始する。それに伴い、同サービスに対応するスマートフォン7機種を同日から順次発売する。発売に先駆けて、3月24日からはXiaomi(シャオミ)製の「Mi 10 Lite 5G」以外の6機種の事前販売予約を受け付ける。

    https://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/2003/23/si7101-au5GT-01.jpg

     au 5G用に投入されるスマホは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia 1 II SOG01」、サムスン電子製の「Galaxy S20 5G SCG01」「Galaxy S20+ 5G SCG02」、シャープ製の「AQUOS R5G SHG01」、オッポ製の「OPPO Find X2 Pro OPG01」、ZTE製の「ZTE a1 ZTG01」と、Xiaomi製のMi 10 Lite 5G。ハイエンドモデルだけではなく、ミドルレンジモデルも用意している。

    →Xperia 1 II SOG01(5月以降発売予定)
    →Galaxy S20 5G SCG01(3月26日発売)
    →Galaxy S20+ 5G SCG02(5月下旬以降発売予定)
    →AQUOS R5G SHG01(3月27日発売)
    →OPPO Find X2 Pro OPG01(7月以降発売予定)
    →ZTE a1 ZTG01(7月以降発売予定)
    →Mi 10 Lite 5G(7月以降発売予定)
     5Gエリアにおける最高通信速度(理論値)は以下の通り。

    Xperia 1 II SOG01:下り3.4Gbps(※1)/上り183Mbps
    Galaxy S20 5G SCG01:下り3.4Gbps(※1)/上り183Mbps
    Galaxy S20+ 5G SCG02:下り4.1Gbps(※1)/上り481Mbps(※2)
    AQUOS R5G SHG01:下り3.4Gbps(※1)/上り183Mbps
    OPPO Find X2 Pro OPG01:未定
    ZTE a1 ZTG01:下り2.1Gbps/上り183Mbps
    Mi 10 Lite 5G:未定
    (※1)2020年夏以降予定のソフトウェア更新適用後。それまでの速度は2.8Gbps
    (※2)2020年夏以降予定のソフトウェア更新適用後。それまでの速度は183Mbps

    2020年03月23日 10時00分
    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2003/23/news044.html

    【Xperia、Galaxy、AQUOSにOPPOやXiaomiも 「au 5G」対応スマートフォンが7機種登場 3月26日から順次発売】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/03/16(月) 13:54:37 ID:CAP_USER.net
     ファーウェイ・ジャパンが3月16日、SIMロックフリーの新型スマートフォン「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」を日本で発売することを発表した。価格は12万8800円(税別)。

    https://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/2003/16/l_st52693_hm30-01.jpg
    フラグシップスマートフォン「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」

    □3月16日から先行販売、先行予約特典も
     3月16日~25日に公式サイトで先行予約を受け付ける。商品の受け渡しは、3月28日~30日が東京の銀座店、4月4日~6日が大阪の梅田店。先行販売で購入すると、ワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeBuds 3」とワイヤレス充電器「HUAWEI SuperCharge Wireless Charger(最大27W)」を全員にプレゼントする他、端末価格を1万円割り引く。

     4月中旬から一般販売する。販路はヨドバシカメラマルチメディアのAkiba、梅田、横浜、ビックカメラ新宿東口店と、ファーウェイ楽天市場店とPayPayモール店。キャリアからの販売は未定。

    https://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/2003/16/l_st52693_hm30-06.jpg
    一般販売は、一部量販店とオンラインストアに限られる

    □5G対応のフラグシップモデル
     Mate 30 Pro 5Gはグローバルでは2019年9月に発表されており、約半年を経て日本に導入されることになった。「スマホのさらなる可能性を」というキャッチコピーの通り、最先端の技術を投入したフラグシップモデルだ。カラーはオレンジの1色。

     ディスプレイは、側面がカーブした6.53型のフレックスOLED(有機EL)を搭載しており、解像度は1176×2400ピクセル。アスペクト比が18.4:9の縦長にしたことで、幅は73.1mmに抑えている。指紋センサーはディスプレイに内蔵しており、3D顔認証も利用できる。

    https://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/2003/16/l_st52693_hm30-02.jpg
    側面がカーブしたディスプレイを採用

     アウトカメラは、4000万画素の超広角カメラ(18mm)と広角カメラ(27mm)、800万画素の望遠カメラ(80mm)に加え、被写界深度測定用のカメラを搭載する。広角カメラと望遠カメラは光学式手ブレ補正にも対応しており、望遠カメラでは最大3倍の光学ズームが可能。超広角カメラを起点にすると最大45倍のズーム範囲を持つ。センサーサイズは超広角が1/1.54型、広角が1/1.7型と大きなものを採用した。

    https://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/2003/16/l_st52693_hm30-03.jpg
    アウトカメラは4眼

    >>2 へ続く

    □関連ニュース
    Googleのサービスを使えない「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」はどれだけ“使える”のか
    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2003/16/news047.html

    □関連リンク
    ファーウェイ・ジャパン
    https://consumer.huawei.com/jp/
    HUAWEI Mate 30 Pro先行販売キャンペーン│HUAWEI
    https://consumer.huawei.com/jp/campaign/mate-30-pro-register/

    2020年03月16日 10時00分 公開
    ITmedia Mobile
    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2003/16/news052.html

    【「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」が日本上陸、12万8800円 Googleアプリは使えず】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/03/19(木) 12:11:11.25 ID:CAP_USER.net
    米調査会社DSCCはスマートフォン向けパネルの世界出荷が2020年は前年比5%減の15億700万枚にとどまるとの予測を発表した。前年割れは3年連続。新型コロナウイルス感染拡大の影響を織り込み、19年末時点の予測(同3%増の16億枚強)から下方修正した。

    内訳は液晶パネルが6割強を占める。中長期でみると有機ELパネルへの置き換えが進み、DSCCは23年に有機ELの出荷枚数が液晶を逆転すると予測する。

    足元は新型コロナの影響でスマホ生産が停滞しているほか、需要の落ち込みが懸念される。DSCCも韓国サムスン電子や米アップルのスマホ出荷が落ち込み、パネル需要を押し下げるとみる。21年のパネル出荷は次世代通信規格「5G」の普及を追い風に16億枚弱を見込む。
    2020/3/19 11:37
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56981730Z10C20A3X20000/

    【20年のスマホパネル出荷、前年割れへ 米調査会社予測】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/03/07(土) 08:41:32 ID:CAP_USER.net
     中国OPPOは3月6日(現地時間)、同社としては初のスマートウォッチ「OPPO Watch」を発表した。3月24日に中国で発売し、その後グローバルに展開する計画。

    https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2003/07/yu_oppo1.jpg

     価格は、41ミリモデルは1499元(約2万3000円)、46ミリモデルは1999元。ステンレスケースのプレミアモデルは46ミリのみで2499元。

     デザインは昨年11月にXiaomiが発売した「Mi Watch」よりもさらに米Appleの「Apple Watch」に似ている。四角いウォッチフェイスのディスプレイは、46ミリモデルは1.91インチ(402×476ピクセル)の有機ELのフレキシブルスクリーンで、サイズは46×39×11.35ミリ、ストラップを除く重さは約40グラム。

     OSは(Wear OSではなく)Androidベースの「ColorOS Watch」で、「Android 6.0」以降搭載のスマートフォンをサポートする。プロセッサは米Qualcommの「Snapdragon Wear 2500」、メモリは1GB、ストレージは8GB。eSIM搭載なのでスマートフォンがなくても通話できる。NFCも搭載し、中国では複数の交通系カードをサポートする。

     バッテリーは46ミリモデルは430mAhで無線充電による1回の充電で40時間持続する(41ミリモデルは300mAhで24時間)。急速充電で、15分で46%充電できるとしている。耐水性は水深50メートル、運動追跡、心拍数、睡眠追跡、月経周期追跡機能などを備える。
    2020年03月07日 07時45分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2003/07/news021.html

    【OPPO初のスマートウォッチ「OPPO Watch」は1499元(約2万3000円)から】の続きを読む

    このページのトップヘ