スマホ

    1: 田杉山脈 ★ 2018/10/19(金) 20:00:04.17 ID:CAP_USER.net
    スマートフォン(スマホ)の中古市場で、画面が4インチ程度の小型機種が値上がりしている。中古スマホ店では米アップルの旧機種「iPhoneSE」が販売増で品薄となり、値上げが相次ぐ。6インチ前後の大画面化が進むスマホだが、小さな手でも操作しやすい小型タイプを好む女性客らのニーズは根強い。

    「SE」は2016年3月に発売された4インチ画面の機種。米アップルの公式サイトでの販売は終了したが、13年発売の…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36699820Z11C18A0QM8000/

    【中古スマホ 小型が値上がり 操作しやすさで人気】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/10/20(土) 07:30:42.26 0.net
    OPPO ジャパン、本体上部がスライドしてカメラが登場する
    大型6.42インチスマートフォン「Find X」の日本国内投入発表。
    Snapdragon 845 RAM 8GB デュアルカメラなどを搭載したハイスペック仕様。
    価格11,1800円(税別)にて2018年11月上旬発売予定。

    【Oppo(おっぽ?) 日本にフラッグシップ初投入キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!  ノッチ無しの全画面スマホ!お値段はなんと】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/10/17(水) 06:59:30.49 0.net
    HUAWEI Mate 20 Xは7.2インチOLED画面。Kirin 980に5000mAhバッテリなど超重装備
    https://japanese.engadget.com/2018/10/16/huawei-mate20-x-7-2-oled-kirin-980-5000mah/


    サイズ教えて!

    【Huawei様 とうとうスマホの最終進化形態のモデルを発売してあらゆるスマホを公開処刑してしまう】の続きを読む

    1: ガーディス ★ 2018/10/15(月) 21:41:43.88 ID:CAP_USER9.net
     働き方改革が注目されるなか、スマートフォン大手「サムスン電子」は、業務時間の短縮を狙った最新モデルを日本市場に投入します。

     この端末は、スマートフォンに専用のペンでメモした電話番号やメールアドレスなどを端末が読み取り、ペンをかざすことで、電話が掛けられてメールも送れるほか、ホームページ上の外国語の翻訳ができる機能などが特徴です。サムスンなどの実験では、メモをパソコンなどで打ち直す作業がなくなったことなどから、一日あたり38分ほど業務時間を短縮できたということです。一方、ファーウェイやグーグルは今月、AIを強化して、高画質の撮影ができる端末を発表しています。新規契約の減少や買い替えサイクルの長期化などでスマホ市場の成長が鈍るなか、生き残りを懸けて高機能端末の開発競争が激しくなっています。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15446868/
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/1/a/1a063_1641_13319cbe_b3fa2e3f.jpg

    【“業務短縮”スマホ登場 ペンかざせば電話や翻訳が】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/10/11(木) 14:27:56.76 ID:CAP_USER.net
    https://img1.kakaku.k-img.com/Images/prdnews/2018101/20181011101438_256_.jpg
    au(KDDI)は、2018年秋冬モデルのスマートフォンとして、「Galaxy Note9 SCV40」(サムスン電子製)を発表。10月下旬より発売する。

    1440×2960ドット表示の6.4型有機ELディスプレイを搭載したモデル。スタイラスペン「Sペン」での操作が可能で、さまざまなアプリのリモートコントロールに対応した「Sペンリモコン」機能を追加。「Sペン」によるリモート操作で「うたパス」や「Netflix」などの音楽・動画視聴が便利になるほか、自撮りも撮りやすくなっている。

    また、新たに「ウォーターカーボンクーリングシステム」を搭載。冷却機能を約21%アップ(Galaxy Note8比)させており、発熱による機能低下を抑制することで、より快適なゲームプレイを楽しめる。

    カメラ機能では、メインカメラに1220万画素の広角と望遠のデュアルカメラを採用。広角カメラは、周囲の明るさに合わせてF値1.5とF値2.4を自動で切り替え、レンズの絞りを調整する「デュアルアパチャー」を搭載。サブカメラは約800万画素を採用する。

    主な仕様は、プロセッサーが「SDM845」(2.8GHz/クアッドコア+1.7GHz/クアッドコア)、メモリーが6GB、ストレージが128GB。外部メモリーはmicroSD(最大512GB)に対応。OSは「Android 8.1」をプリインストールする。

    バッテリー容量は4000mAhで、連続通話が約2750分、連続待受が約440時間(4G LTE/WiMAX 2+エリア)、電池持ちが約130時間。

    このほか、WiMAX 2+、フルセグ、ワンセグ、おサイフケータイ、NFC、防水、防塵、ワイヤレス充電に対応。本体サイズは76(幅)×162(高さ)×8.8~9.3(奥行)mm。重量は約201g。

    ボディカラーは、ラベンダー パープル、オーシャン ブルー、ミッドナイト ブラックの3色を用意する。
    https://news.kakaku.com/prdnews/cd=keitai/ctcd=3147/id=78519/

    【au、「Sペンリモコン」機能を追加した6.4型スマホ「Galaxy Note9 SCV40」】の続きを読む

    このページのトップヘ